後藤基次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
後藤基次 / 後藤又兵衛
Gotou Mototuhgu.jpg
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄3年4月10日1560年5月5日
死没 慶長20年5月6日1615年6月2日?)
改名 基次、氏房、正次、年房
別名 弥八郎、又兵衛
戒名 西照院殿夏安道蓮大居士、心岩宗伝居士(福岡金龍寺過去帳)、他
墓所 奈良県大宇陀町薬師寺
大阪府柏原市玉手山公園
愛媛県伊予市長泉寺
大分県中津市(旧耶馬溪町
鳥取県鳥取市景福寺
官位 従六位下隠岐守
主君 黒田孝高仙石秀久黒田長政豊臣秀頼
氏族 後藤氏
父母 父:後藤基国
母:神吉頼氏
兄弟 基秀基次基景
不詳、継室:三浦四兵衛女

一意基則正方、又市郎、基芳三浦為勝

娘(野村祐直室)、山中藤太夫室、他子女数名

後藤 基次(ごとう もとつぐ)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将黒田氏豊臣氏の家臣。通称は又兵衞で、後藤 又兵衛(ごとう またべえ)として広く知られる。黒田如水豊臣秀頼に仕え、数多くの軍功を挙げ、江戸時代に、「黒田二十四騎」「黒田八虎」「大坂城五人衆」の一人に数えられた。

生涯[編集]

出生[編集]

諸説あるが、『大日本史』などによると、永禄3年(1560年)に播磨国姫路近郊の神東郡山田村に生まれる。父は別所氏家臣で、後に小寺政職の下にいた後藤新左衛門[1]基国?後藤氏当主・伯父説あり[2][3])の次男として生まれた。小寺氏が滅亡した後は、仙石秀久に仕えた。

黒田家臣期[編集]

当時の記録に基次の具体的な足跡が現れるようになるのは、天正14年(1586年)、九州征伐の宇留津城攻めの頃からである[1]戸次川の戦いにおいて仙石秀久が島津家久に大敗し、領国の讃岐国に逃げ帰った後には、黒田孝高の重臣である栗山利安の元に、100石で仕えている。領地替えを巡って徹底抗戦を行った城井氏との戦い、文禄元年(1592年)から始まる朝鮮出兵慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いなどに従軍。朝鮮出兵の第二次晋州城攻防戦では亀甲車なる装甲車を作って城壁を突き崩し[4]加藤清正配下の森本一久らと一番乗りを競った。関ヶ原の戦いでは石田三成家臣の剛槍使い、大橋掃部を一騎討ちで破るなどの武功を挙げ、戦後大隈城(益富城)16,000石の所領を与えられた。

黒田家出奔後[編集]

如水(孝高の法号)の死から2年後の慶長11年(1606年)、基次は一族揃って黒田長政が後を継いだ黒田家を出奔する。当初は豊前国細川忠興を頼ったが、元から関係がこじれていた両家(黒田家・細川家)が一触即発の状況となり、徳川家康などの仲裁により細川家を退去する。基次の智勇を惜しんで全国の大名福島正則前田利長池田輝政結城秀康など)[要出典]から召し出しがかかる。一旦故郷である播磨国に戻り、領主となっていた輝政を介して岡山池田忠継に仕えた[5]。しかし、長政が基次への「奉公構」という措置を取って干渉していたため、慶長16年(1611年)より京都で浪人生活を送ることになる。

大坂の役[編集]

後藤又兵衛基次之碑
大阪府柏原市玉手町7-1

慶長19年(1614年)、大坂の役が勃発すると、先駆けて大坂城に入城する。旗頭として天満の浦での閲兵式の指揮を任された際、その采配の見事さから「摩利支天の再来」と称される。徳川家康からは、基次と御宿政友のみが警戒される名望家であった[6]。歴戦の将として大坂城五人衆[7]の一人に数えられ、山川賢信北川宣勝以下を与力として、大野治長治房らを補佐した。冬の陣では6000人[8]の遊軍を任され、鴫野今福方面を木村重成と協力して守備し、上杉及び佐竹勢と相対した。

翌年5月、大坂夏の陣道明寺の戦いにおいて、大和路の平野部の出口・国分村での迎撃作戦の先鋒として2,800の兵を率いて、6日の未明、平野郷から出陣した。しかし、徳川方先鋒大将の水野勝成が率いる部隊が、既に国分村まで進出していた。次善の策として、中間にあった小松山に布陣し、寡兵ながらも抜け駆けしてきた奥田忠次奥田忠高の子)を討ち取るなど、孤軍で奮戦[9]し賞賛された[10][11]。しかし、後続の薄田兼相明石全登真田信繁らの軍が霧の発生により到着が遅れ[12][13]、逆に伊達政宗の家臣片倉重長率いる鉄砲隊など、10倍以上となった相手に対し、基次は山を降りての展開・突撃を敢行し、乱戦の中に討死した[14]

逸話[編集]

長政との確執・出奔[編集]

黒田家出奔までの主君・黒田長政との不仲説は、後世の憶測によるものであるが、以下のような逸話が理由とされている。

  • 城井氏との緒戦での敗戦である城井谷崩れの後、一揆鎮圧軍を率いていた長政は頭を丸めて父・如水に詫び、それに追従して物頭以上の他の武将達も頭を丸める中、基次は従わなかった。周囲から危惧されたが、特に悪びれる様子もなく平然とし、「戦に勝敗はつきもの。負け戦の度に髷を落としていたら、生涯、毛が揃う事がないわい」と言い放った。如水は不問に付した[15]。先に頭を丸めた長政は大いに面目を失った。
  • 文禄の役で長政が朝鮮軍の敵将と組み合って川中に落ちた際、基次は傍に居たが、この一騎打ちにまったく加勢しなかった。不思議に思った小西行長の家来に問われると、基次は「敵に討たれるようなら我が殿ではない」と言って、悠然と見物を続けたという。長政は、どうにか敵将を討ち取ったものの、この一件で基次を非常に恨むようになったとされる。
  • 慶長の役で長政の営中に虎が出現し馬を噛み殺し暴れまわった。家臣の菅正利が虎に斬りつけ、虎が逆上して正利に襲い掛かろうとしたところを基次が割って入り斬り、正利が虎の眉間に一撃を加えて即死させた。このとき、夜襲かと疑って井楼に昇り、一部始終を見ていた長政は、「一手の大将たる身に大事の役を持ちながら、畜生と勇を争うは不心得である」と二人を叱責した[16][4]
  • 報奨に不満があった[6](但し、母里友信の2万石を除けば、栗山利安など、他の宿老たちと同格以上であり、大隈城も東方国境線「筑前六端城」最大の要衝である。)。
  • 武家社会に置いて名が広く知られていたために交友関係が広く、それが長政と仲の悪かった細川忠興との内通を、最前線の大隅城主でありながら疑われ、叱責を受けた事による[1][17]
  • 嫡男であり、石垣原の戦いでも功名のあった後藤太郎助(一意?)が、女性問題などで黒田家から領外退去させられていた。
  • また、四男の後藤又一郎は小鼓の演奏に秀でていたが、長政から祇園神事の能の伴奏を命じられた事により、「武士の務めにあらず」と関係が冷え込んだ[17][15]

生存説[編集]

上述の通り、定説では大坂夏の陣で討死したことになっているが、この戦役を生き延びたという伝説が各地に残っている。

  • 奈良県宇陀市では、隠遁生活の後に一生を終えたという伝説が残る。彼の屋敷跡と伝えられる場所には又兵衛桜[18](瀧桜)と呼ばれるの大木が残っている。
  • 大分県中津市耶馬渓には、市の史跡として「後藤又兵衛の墓[19]」が残っている。大阪夏の陣で戦死した基次は影武者で、大坂城落城の前に豊臣秀頼を護衛し、真田幸村と共に瀬戸内海から豊後国日出に上陸して薩摩国島津氏を頼りに落ち延びるという計画を実行していた。上陸後、秀頼一行との再会を誓い日田の地で別れた基次は、かつて黒田氏が中津を領していた頃の知人である女性・お豊のいる伊福の里に向かう。お豊や里の人々と平穏な日々を過ごしていたが、やがて秀頼の病死を知った基次は、豊臣家再興の夢が断たれた悲しみから、承応3年(1654年1月29日、お豊の家で自刃した。基次の死後しばらくしてから、村人が墓を建立したが年月を経て欠壊し、現在残っている墓は、宝暦13年(1763年)に伊福茂助が建て替えた物である[20]
  • 岡山の戦いにおいて、真田幸村により家康の本陣が突き崩され、逃げ回る家康が基次に討たれたとする有名な講談[21]があり、南宗寺には「家康の墓」も遺されている。類例に、基次戦死の翌日、従兄弟で娘婿であった配下の山中藤太夫が、家康を追い回した。戦後、兵たちの赦免が行われ、藤太夫も徳川頼宣に召抱えられたが、家康により暗殺されたという[22]

人物・その他[編集]

  • 幼少の8歳頃、父が病死したことから、父の友人であった黒田孝高(如水)に引き取られた。しかし、如水が荒木村重によって幽閉された際に、主君の小寺政職と共に、叔父基信、その子の基徳基長兄弟(基次のいとこ)、母方の伯父の藤岡九兵衛なども村重方に属したために、基次は一族の謀反に連座したと見なされる破目となり、黒田家中からの退去を余儀なくされたと言う。
  • 城井谷崩れの際、殿を務めたと主張したが、目立たないように捨てた猩々緋の陣羽織を、同僚の原種良に拾われており、認められなかった[23](ただし、種良は深田に落ちて動けなくなり、自棄になって謡曲を唸ったところ敵から見逃されたと菅正利の記録に残っている[24]。)。
  • 城井氏ら国人一揆との戦いで、雷火砲という武器を用いたと言う[25]
  • 一揆勢の野仲鎮兼長岩城攻めの際、南弥介に討たれかけたが、堅い具足と援護に助けられた。戦後、弥介が栗山利安配下の同輩となり、基次は食べ足りていなかったので不覚を取ったと釈明している[23]
  • 文禄の役における、平壌城攻略戦での嘉山城攻めで一番槍、迎撃戦での白川城において黒田一成とともに殊勲者となっている。
  • 戦況判断に優れていた事を示す幾つかの逸話を残している。斥候中に、上流から日本の馬の沓(くつ)が流れてくるのを見つけて既に味方が渡河を開始していると判断。山かげで敵に遭遇した先鋒部隊の鬨(とき)の声が近付いてくるのを聞いて、圧されていると判断。遥か向こうの敵陣の馬煙を見て、近付いてくるなら黒く見えるはずだが、白く薄くなっているので、敵の敗北と判断。いずれも外すことは無かったと言う[4]
  • 第二次晋州城攻防戦で、加藤清正の家臣と一番乗りを争い、森本一久が転落した後、飯田直景に下帯を引っ張られながらも、基次は寄騎の堀正勝とともに崩した城壁をよじ登ったが、直景に旗を放り込まれ、先に一番乗りの名乗りと一番首を挙げられたと記録されている[26]
  • 母里友信黒田一成と、一日交替で先陣を任された[27]
  • 講談では、名槍「天下に二ツの槍(日本号)」は、虎退治で母里友信の窮地を救った基次が譲り受け、これを出奔時に友信の弟の野村祐勝の息子、野村祐直に渡されたとされる。
  • 合渡川の戦いにおいて、西岸で石田方が待ち構える長良川を、強行渡河するか、それとも後続を待つ迎撃策かの軍議が乙津寺(鏡島弘法)で行われ、藤堂高虎から具申を求められる。「既に福島軍が竹ヶ鼻城を落とし、池田軍が織田軍を打ち破り、我らは岐阜城攻めに遅れ、まだ何の戦果も上げずにいる以上、論点ではない。」と答えて方針を決定させた。その後、黒田隊の一番渡河を果たしている[4]
  • 黒田家から出奔した後、黒田長政から刺客を差し向けられていた。刺客が送られたことを忠告に来た者に対して、「噂に怖気づいているようでは、武士の名折れである」と動じずに語ったとされる。
  • 外出中に2名の刺客の存在に気付いたが、刺客は基次を恐れて手が出せず筑前に逃げ帰った。しかし、長政はそれを止むを得ないものとして、その刺客を逆に100石を加増した[15]
  • 子の左衛門が大坂で長政の刺客に誘拐された時、秀頼により救出され、毛利家に仕えたという。これに感謝して大坂方に付いたと言われる。左衛門は大坂の陣後、自刃を言い渡されている。
  • 大坂の陣で基次に近侍した長沢九郎兵衛が、大坂の陣の様子を書いた『長沢聞書』を遺している。「傷を風呂で数えると、53箇所あった。」「指揮の声が通りやすいように、外していた面頬を持たされていた。」「真田丸の戦いは偶発戦ではなく、城兵と内通していた松平忠直を偽矢文で誘い出したもので、基次も采配を振るって雷のような攻撃を行った。」などの要旨の記載がある。
  • 身長は六尺(180cm)を超えていた。大坂の陣の頃の体格は、肥満で巨漢だったと言う[13]
  • 冬の陣の開戦前、伏見城を奪取し、瀬田・宇治川を防衛ラインとする作戦を具申し、真田幸村らに賛同を得たが、多くの反対派に退けられ大坂城での籠城戦と決まった[17][21]
  • 今福の戦いでは、上杉景勝の家臣直江兼続の鉄砲隊に狙撃され、当たった数発の中の1発に脇腹を負傷させられたが、傷口を指で確認した後、「秀頼公のご武運は強い」と言い放った。一部の味方には、「一人で豊臣家を背負っているつもりか」とあざけられた[28]
  • 野田・福島の戦いの後、豊臣方は船場に火を放って撤退した。この時、基次は煙に紛れて敵が夜襲してくる事を予測し、「若い者は手柄を立てよ」と伏兵を促したが徳川方は現れず、読み違いをあざけられた。しかし、夜襲は池田忠雄らに計画されていたが、基次を良く知る花房職秀の引き止めにより中止されていたという[4]
  • 塙直之米田是季御宿政友らの本町橋の夜襲戦の際には、直之の上司である大野治房から求められ教授している[14]
  • 大野治長と並ぶ主将格でありながら、戦闘放棄を繰り返す織田長益頼長父子に対して、最も反感を持っていたとされる[28]
  • 道明寺の戦いの前、小侍と嫡子の従軍を禁じた。長沢九郎兵衛は、すぐ退却できるように下馬して戦わない事を条件に認められた[14]
  • 道明寺の戦いの数日前、平野郷での滞陣中に家康の参謀本多正信の親族で、基次と長宗我部盛親の旧知であった京都相国寺・揚西堂が、家康からの使者として訪れる。播磨で50万石という法外な条件での帰順を持ちかけられたが、感激するもこれを拒絶する。これにより、徳川方への内通との噂も立っている。[4]
  • 配下の神西不楽は、仙石秀久に仕える前からの盟友であり、夏の陣に先立って流れ矢を受け、戦死した,[22]
  • 夏の陣で激突し、自ら槍を持って小松山に突入してきた水野勝成[29]とは、城井氏の長岩城の戦いで殿(しんがり)の功名を競い合い、共に高名な存在であった。
  • 伊達家では片倉重長鉄砲隊が討ち取ったとしている。『武功雑記』では、松平忠明配下の山田十郎兵衛が討ち取ったとしている。『難波戦記』では、腰を撃たれ歩行不能となったため部下の吉村武右衛門に命じて介錯された後、『長沢聞書』では奪い返した後、その首を深田に隠されたとしている。
  • 『伊予古跡誌』では、基次の首は後日、武右衛門に持ち帰られ、藤岡九兵衛が住職を務めていた伊予国の長泉寺に埋葬されたとしている。

作品[編集]

書籍
  • 『乞食大将 後藤又兵衛』大仏次郎
  • 『城塞』 司馬遼太郎
  • 『軍師二人』 (短編)司馬遼太郎
  • 『売ろう物語』(短編、「人斬り以蔵」収録) 司馬遼太郎
  • 『後藤又兵衛』 手塚治虫
  • 『戦国艶武伝』竹内けん
映画

脚注[編集]

  1. ^ a b c 貝原益軒 『黒田家臣伝』
  2. ^ 綿谷雪 『実録 後藤又兵衛』
  3. ^ 「北摂三田の歴史」(北康利著)等で紹介される『上津畑ノ庄茶臼山記』と言う史料によると、三木城主別所長治家臣の後藤基国が、天正8年(1580年)の落城の際に、長治の千代丸という8歳の子を乳母、家来とともに上津城に逃がしたとされている。
  4. ^ a b c d e f 湯浅常山常山紀談
  5. ^ 『播磨鑑』によると、基次が5000石、神西不楽が3000石である。
  6. ^ a b 『武功雑話』
  7. ^ 長宗我部盛親毛利勝永、真田信繁の大名格3人に、後藤基次、明石全登を加えた5人。
  8. ^ 『大坂御陣山口休庵咄』
  9. ^ およそ8時間戦っていたという俗説があるが、これは誇張表現。徳川方が後藤隊を発見したのが午前2時。奥平忠次が抜け駆けをしたのが午前4時。予定通り背後に回り込んだ水野隊が片山村から攻め上がり、伊達政宗、松平忠明らが総攻撃を開始したのが午前9時。薄田兼相が打ち取られのは午前10時。又兵衛は人知れず自害しているので最期の時刻は不明ながら、兼相より先である。
  10. ^ 『芥川文書』
  11. ^ 『細川家記』
  12. ^ 夜間の出立時刻を霧のために誤ったとされる。
  13. ^ a b 『北川覚書』等。
  14. ^ a b c 長沢九郎兵衛『長沢聞書』
  15. ^ a b c 真田増誉『明良洪範』
  16. ^ 古老物語
  17. ^ a b c 『新東鑑』
  18. ^ 又兵衛桜
  19. ^ 耶馬溪の史跡「後藤又兵衛の墓」
  20. ^ 後藤又兵衛と伊福の里
  21. ^ a b 『難波戦記』
  22. ^ a b 平野庸脩『播磨鑑
  23. ^ a b 貝原益軒 『黒田家譜』
  24. ^ 『菅氏世譜』
  25. ^ 『新書太閤記』
  26. ^ 『森本儀太夫筆記』
  27. ^ 『志士清談』
  28. ^ a b 『大坂御陣覚書』
  29. ^ 『日向守覚書』

参考文献[編集]

『福岡藩 吉田家伝録』上巻 pp.217-223

関連項目[編集]

外部リンク[編集]