真田信繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
真田 信繁 / 真田 幸村
Sanada Yukimura.jpg
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄10年(1567年[1]
一説に永禄13年2月2日1570年3月8日)とも[2]
死没 慶長20年5月7日1615年6月3日
一説に寛永18年(1641年)とも
改名 弁丸(幼名)、真田信繁、好白(法名)
別名 通称:源次郎、幸村、
豊臣信繁、伝心月叟
墓所 長野県長野市長国寺
京都府京都市龍安寺塔頭大珠院、
宮城県白石市田村家墓所、
秋田県由利本荘市の妙慶寺 など
官位 従五位下左衛門佐
主君 上杉景勝豊臣秀吉秀頼
氏族 武藤氏真田氏豊臣贈姓
父母 父:真田昌幸
母:宇多頼忠の娘・山手殿(寒松院)異説有
兄弟 信之信繁信勝昌親ほか
正室:大谷吉継の娘・竹林院(利世)
側室:豊臣秀次の娘・隆清院、
堀田興重の娘、高梨内記の娘
阿菊(石合重定室)、於市、
阿梅(片倉重長後室)、あくり(蒲生郷喜室)、
幸昌、なほ(御田姫、岩城宣隆室)、
阿昌蒲(片倉定広室)、
おかね(石川貞清室)、守信幸信之親
瓢左衛門
大阪府大阪市三光神社の真田幸村像

真田 信繁(さなだ のぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将真田昌幸の次男。

江戸時代初期の大坂の陣で豊臣方の武将として活躍し、特に大坂夏の陣では、3500の寡兵を持って徳川家康の本陣まで攻め込み、家康を追いつめた。

この合戦に参戦した将兵による記録・証言が基となって、後世に江戸幕府・諸大名家の各種史料にその勇将振りが記録された。それらを基に軍記が作成され講談や小説などに翻案、創作されて、真田十勇士を従えて宿敵・徳川家康に果敢に挑む英雄的武将・真田幸村(さなだ ゆきむら)として語られるようになり、庶民にも広く知られる存在となった。

「真田幸村」の由来[編集]

現在でも「真田幸村」の名で広く知られているが、直筆の書状を始め、生前の史料で「幸村」の名が使われているものは無く、その忌み名=諱=実名においては「信繁」が正しい。

「幸村」の名が見られるようになったのは夏の陣以後で、寛文12年(1672年)成立の軍記物語『難波戦記』(万年頼方・二階堂行憲の著)[3]がその初出と判明している。この『難波戦記』が人気を博し流布して広く読まれたため「幸村」名が一般的となったようだ。時代が下るにつれ「幸村」の名があまりにも普遍化してしまったため、幕府編纂の系図資料集である『寛政重修諸家譜』や兄・信之の子孫が代々藩主を務めた松代藩の正史にまで「幸村」が採用されている。

「幸」は真田家(厳密には真田家の本家にあたる海野家)の通字であり、「村」については信繁の姉の村松や、信繁の子孫が仕えた伊達家当主の伊達綱村、徳川家を呪ったとされる妖刀村正に由来するとの説がある。

「幸村」という名は信繁の死後100年以内で広まっているため、真田昌幸の死後に昌幸の片諱を継承して実際に「幸村」と名乗ったのではないかとの推測もあるものの、現在のところ「幸村」という名が記された史料は見つかっておらず、立証されていない。

なお、大坂夏の陣から200年近く後、文化6年(1809年)、徳川幕府の大目付から「幸村」名についての問い合わせを受けた松代・真田家は、「当家では、『信繁』と把握している。『幸村』名は、彼が大坂入城後に名乗ったもの」との主旨で回答している[4]

生涯[編集]

出生から真田氏の自立[編集]

永禄10年(1567年)(一説には永禄13年(1570年))、真田昌幸(当時は武藤喜兵衛)の次男として生まれたとされる。母は正室の山手殿。

真田氏は信濃国小県郡国衆で、信繁の祖父にあたる幸綱(幸隆)の頃に甲斐国武田晴信(信玄)に帰属し、伯父の信綱は先方衆として信濃侵攻越後国上杉氏との抗争、西上野侵攻などにおいて活躍している。父の昌幸は幸綱の三男で、武田家の足軽大将として活躍し武田庶流の武藤氏の養子となっていたが、天正3年(1575年)の長篠の戦いにおいて長兄・信綱、次兄・昌輝が戦死したため、真田氏を継いだ。

幸綱は上野国岩櫃城代として越後上杉領を監視する立場にあったが、昌幸も城代を引き継いだ。信繁は父に付き従い甲府甲府市)を離れ岩櫃に移ったと考えられている。天正7年(1579年)には武田・上杉間で甲越同盟が締結され上杉方との抗争は収束するが、一方で相模国後北条氏との甲相同盟が破綻したため、上野国は引き続き緊張状態にあった。

天正10年(1582年)3月には織田徳川連合軍の侵攻により武田氏は滅亡し、真田氏は織田信長に恭順して上野国吾妻郡利根郡、信濃国小県郡の所領を安堵された。同年6月に本能寺の変により信長が横死すると武田遺領は空白域化し、越後国の上杉氏、相模の後北条氏、三河国徳川家康の三者で武田遺領を巡る争いが発生する(天正壬午の乱)。真田氏は上杉氏に帰属して自立し、天正13年(1585年)には第一次上田合戦において徳川氏と戦っている。この際に信繁は上杉氏のもとに人質として置かれ、信繁には徳川方に帰属した信濃国衆である屋代氏の旧領が与えられたという。

織田家臣の羽柴秀吉(豊臣秀吉)が台頭すると昌幸は豊臣政権に帰属し、独立した大名として自立する。信繁は人質として大坂に移り、のちに豊臣家臣の大谷吉継の娘を正妻に迎えている。天正18年の小田原征伐に際しては父昌幸と共に従軍し、石田三成の指揮下で大谷吉継らと忍城攻めに参戦したと伝えられる。文禄3年(1594年)11月2日、従五位下左衛門佐に叙任されるとともに、豊臣姓を下賜される。[5]

豊臣政権期の信繁の動向は史料が少なく、詳細はわかっていない。文禄3年の叙任も史料自体はあるものの、さらに確認のための別の史料による裏付けは困難でもある。なお、年月不詳だが、伏見に滞在していた頃に出したとみられる信繁の書状が残っている[6]

関ヶ原の合戦[編集]

秀吉死後の慶長5年(1600年)に五大老の徳川家康が同じく五大老の一人だった会津の上杉景勝討伐の兵を起こすとそれに従軍し、留守中に五奉行石田三成らが挙兵して関ヶ原の戦いに至ると、父と共に西軍に加勢し、妻が本多忠勝の娘(小松殿)のため東軍についた兄・信之と袂を分かつことになる。

東軍のうち、徳川秀忠(家康の三男)勢は中山道制圧を目的として進軍し、昌幸と信繁(幸村)は居城上田城に籠り、秀忠の大軍を城に立て籠もって迎え撃った(第二次上田合戦)。少数の真田隊に手こずった秀忠勢は家康からの上洛を命じられ、攻略を諦めて去った。

また、秀忠勢が去った後も海津城将の森忠政葛尾城井戸宇右衛門配下の兵を置いて上田城の動きを監視させていた。これに対して信繁は9月18日と23日の2度討って出て、夜討と朝駆けを敢行している。

三成率いる西軍は、9月15日、徳川軍主力といえる秀忠率いる3万5千の兵の到着以前に関ヶ原で敗北を喫する。昌幸と信繁は、本来なら敗軍の将として死罪を命じられるところだったが、信之とその舅である本多忠勝の取り成しで紀伊国九度山に配流を命じられるにとどまった。

蟄居中の慶長16年(1611年)に父・昌幸は死去。慶長17年(1612年)に信繁は出家し、好白と名乗った[7]

大坂入城[編集]

慶長19年(1614年)、方広寺鐘銘事件をきっかけに徳川氏と豊臣氏の関係が悪化する。大名の加勢が期待できない豊臣家は浪人を集める策を採り、九度山の信繁の元にも使者を派遣して黄金200枚、銀30貫を贈った[8]。信繁は国許(上田)にいる父・昌幸の旧臣たちに参戦を呼びかけ、九度山を脱出して子の大助幸昌と共に大坂城に入った[9]

大坂で信繁の率いた軍は、鎧を赤で統一していたという(真田の赤備え[10]

大坂冬の陣[編集]

真田幸村出丸城跡(大阪府大阪市天王寺区心眼寺)

慶長19年(1614年)に開戦した大坂冬の陣では、信繁は当初からの大坂城籠城案に真っ向から反対し、先ずは京都市内を支配下に抑え、近江国瀬田(現在の滋賀県大津市。瀬田川の瀬田橋付近)まで積極的に討って出て徳川家康率いる軍勢を迎え撃つよう主張した。その作戦案に浪人衆は賛成を表明するが結局受け入れられずに終わる[11]

しかし大坂城への籠城策が決定すると、信繁は真っ先に豊臣秀吉が生前、築城の際に悩み込んだ大坂城の唯一の弱点であったとされる三の丸南側、玉造口外に真田丸と呼ばれる土作りの出城(三日月形)を築き、鉄砲隊を用いて徳川方を挑発し、先鋒隊に大打撃を与えた。徳川勢はおびただしい死傷者を出して撤退に至った。

この戦闘で真田信繁は、初めてその武名を天下に知らしめることとなる[12]真田丸の戦い)。

なお、この真田丸を造る際、大野治長を始めとする豊臣方の他の武将は、これを信繁が徳川方に寝返るための下準備と疑っており、少々ながらも警戒していた[13]

冬の陣の講和後、この真田丸は両軍講和に伴う堀埋め立ての際に真っ先に取り壊されてしまった。そして豊臣方の弱体化を謀る家康は慶長20年(1615年)2月に、使者として信繁の叔父である真田信尹を派遣し、「十万石下さるべく候旨」条件を提示し寝返るよう説得している [14] 。信繁がこれを断ると、家康は再び信尹を使者として差し向け、今度は「信濃一国を与える」と説得に出た。これを聞いた信繁は「この信繁、十万石では不忠者にならぬが、一国では不忠者になるとお思いか」と再びはねのけたという[15]

大坂夏の陣[編集]

慶長20年(1615年)年の大坂夏の陣では、道明寺の戦い(5月6日)において、伊達政宗隊の先鋒を銃撃戦の末に一時的に後退させた。その撤収の際には、「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候」(「関東武者は百万あっても、男子は一人も居ないものだな」)と徳川軍を嘲笑しながら馬に乗り、悠然と撤収したといわれている。この言葉は後世にまで語り継がれた[16]

真田幸村戦死跡の碑(大阪府大阪市天王寺区安居神社境内)

ただし、この道明寺の戦いでは、先行した後藤基次隊が真田隊が駆けつける前に壊滅し、基次は討死している。この大幅な遅れの要因としては、当日の濃霧のため、真田隊が行路を誤ったためとする史料がある。また、毛利勝永隊はこの時、真田隊より早く戦闘現場に着陣済みで、真田隊の到着を待っていた。しかも当日の指揮権は、大坂城内の譜代の大野治長が持っていた。そのため、後藤基次討死の責任のすべてが、信繁や勝永ら現場の武将にあるとは言えない。

しかし、所定の時間に着陣できなかった信繁は毛利勝永に向かって「濃霧のために味方を救えず、みすみす又兵衛(後藤基次)殿らを死なせてしまったことを、自分は恥ずかしく思う。遂に豊臣家の御運も尽きたかもしれない」と嘆き、この場での討死を覚悟した。これを聞いた毛利勝永は「ここで死んでも益はない。願わくば右府(豊臣秀頼)様の馬前で華々しく死のうではないか」と信繁を慰留、自らは退却に移った。ここで真田隊は殿軍(しんがり)を務め、追撃を仕掛ける伊達政宗隊を撃破しつつ、豊臣全軍の撤収を成功させた[17]。「関東勢百万と候え、云々」は、この撤退戦の時のことである。

豊臣方は後藤基次や木村重成などの主だった武将が相次いで討死し、疲弊していった。真田信繁は兵士の士気を高めるためには、豊臣秀頼本人の直接の出陣あるのみと直訴したが、豊臣譜代衆や、秀頼の母・淀殿に阻まれ、秀頼の出陣は困難を極めた(5月7日)[18]

5月7日、信繁は大野治房・明石全登・毛利勝永と共に最後の作戦を立案する。それは右翼として真田隊、左翼として毛利隊を四天王寺茶臼山付近に布陣し、射撃戦と突撃を繰り返して家康の本陣を孤立させた上で、明石全登の軽騎兵団を迂回・待機させ、合図と共にこれを急襲・横撃させるというものだった[19]

しかし毛利隊が合図を待たずに射撃を開始してしまったため、作戦を断念せざるを得なくなった。これを受けて信繁は、「今はこれで戦は終わり也。あとは快く戦うべし。狙うは徳川家康の首ただひとつのみ」とつぶやき[20] 、真っ正面から真一文字に家康本陣のみに狙いを定めて突撃を敢行した。この突撃は真田隊のみではなく、毛利・明石・大野治房隊などを含む豊臣諸部隊が全線にわたって奮戦し、徳川勢は壊乱して総崩れの観を呈するに至った[21]。中でも信繁率いる真田隊は、合わせて10部隊以上の徳川勢と交戦しつつ[22]越前松平家松平忠直隊・15,000の大軍をも突き崩すと、後方の家康本陣にまで攻め込み、家康の親衛隊・旗本・重臣勢を蹴散らして、その本陣を蹂躙した。

ちなみに、本陣に攻め込まれ馬印が倒されたのは「三方ヶ原の戦い」以来二度目であり真田隊の凄まじさに家康は自害を二度も覚悟したほどだったという。これにより、奇しくも家康は武田家ゆかりの武将に二度馬印を倒されたこととなる[23]

しかし最終的には兵力で勝る徳川勢に追い詰められ、ついに四天王寺近くの安居神社大阪市天王寺区)の境内で、味方の傷ついた兵士を看病していた[24]ところを襲われ、「わしの首を手柄にされよ」と最後の言葉を残して討ち取られた。信繁の首は忠直隊鉄砲組の西尾宗次に授けられた[25]。享年49。

人物[編集]

真田家の家紋である六文銭
  • 旗印である六文銭(もしくは「六連銭」)は、冥銭を表しているといわれている。冥銭とは、亡くなった人を葬る時、棺に入れる六文の銭の事で、三途の川の渡し賃のことである。これを旗印にすることは「不惜身命」(ふしゃくしんみょう:仏法のために身命をささげて惜しまないこと)を意味するといわれている。
  • 信繁の人柄は、兄・信之の言葉によると柔和で辛抱強く、物静かで怒る様なことは無いという、およそ勇猛な武将のイメージとはかけ離れたものであったようである。また、信之は『幸村君伝記』において「幸村は国郡を支配する本当の侍であり、それに対して我らは見かけを必死に繕い、肩をいからしている道具持ちという程の差がある」とも語っている。
  • 家康を追いつめた勇猛な名将として語り継がれた。夏の陣の戦功においては、自らも参戦した証人とも言える黒田長政は生前に、大作大阪夏の陣屏風を描かせ、ほぼ中央に真田信繁軍の勇猛果敢な姿を配している。江戸時代中期の文人・神沢杜口(かんざわとこう)は、自身の著した随筆集『翁草』のなかで、「史上、単独一位は真田、第二の功は毛利」と、信繁を絶賛し、さらに「惜しいかな、後世、真田を言いて、毛利を言わず」と、毛利勝永の活躍をも賞賛した。幕府・諸大名には当然ながら知られていたが、庶民には夏の陣から後、主に軍記物や講談等でその名将ぶりが知られていった。徳川に敵対したにも関わらず幕府側は、真田の名将ぶりの流布を敢えて禁ずることはなかった。これに関しては、「その忠勇に敵方も武士として尊意を示した」「主君に最後まで忠義を尽くすという筋立てが幕府に容認された」とされる。他に「二代将軍となった秀忠の関ヶ原での遅参を誤摩化すため、真田親子が名将の方が都合が良かった」「大坂の陣でやや不甲斐なかった徳川勢を遠回しに擁護するため」といった見方も存在する。
  • 家康は大坂方の諸将の中で最も活躍した信繁に脅威を覚え、大坂冬の陣の後には信繁の兄・真田信之に命じて信濃一国40万石で彼を調略しようとしているが、この破格の条件に興味を微塵も見せず豊臣家への忠誠を最期まで貫き通している(一説には叔父真田信尹に命じて上田10万石とも)。
  • 信繁の忠臣説には異を唱える者もある。
    • 信繁と徳川氏は「不倶戴天の敵」であったといわれるが、これは後世の俗書や小説等による影響である。
    • 関ヶ原に西軍として参戦して改易され、復活を遂げた数少ない大名である立花宗茂丹羽長重も、本領に復帰する前に与えられた所領は、宗茂が陸奥棚倉1万石、長重が常陸古渡1万石であった。宗茂や長重より知名度も実績も劣る信繁が信州40万石もの大封を与えられる可能性は低く、信繁自身も真に受けなかったと推察される。
    • 家康から提示された、豊臣氏を裏切るための「破格の条件」を断ったのが豊臣家への忠誠のためであったか否かは実証困難である。逆に信繁の兄や叔父らが徳川家の臣下であるために「信繁は徳川方の間者である」という豊臣家譜代からの誹謗中傷もあったという。
    • 既に触れたように「幸村」の名は後世に流布したもので、兄・信之が、信繁の人柄を語る『幸村君伝記』の記述において、信之が幸村名を使った記述となっていることから、少なくとも名前のみは後世の取り込みと判断できる。後世の真田関係の資料は信繁を「幸村」としていたり、幕府・諸大名家の記録類でも「幸村」が使われていたりする。
  • 真田信繁の方が実は長男で、信之が次男なのだが、信繁の母の方が身分が低いので長男と次男を入れ換えられたという異説があり、源三郎、源二郎の順序入れ替わりの謎もその傍証の一つとされる。しかし、父の昌幸(幼名:源五郎)とその弟である信尹(幼名:源次郎)も幼名は順番になっていないことから、この異説は憶測の域を出ていない。
  • 信繁の愛槍は「十文字槍」というもので、両鎌槍を強化して作られた細めの槍であった。槍の柄は朱色に塗られ、真田の赤揃えに恥じぬ名槍だった。刀は正宗、脇差しは貞宗。徳川に仇なす妖刀として有名な村正を所持していたという説もあるが、こちらは資料そのものの信憑性が疑問視されている[11]
  • 徳川家康はあの世に行ったら真っ先に酒を酌み交わしたい人物であるとまで評した[要出典]
  • 大坂の陣において後藤基次の近習を務めた、長沢九郎兵衛という者が後年に口述筆記させた『長沢聞書』によると、「真田左衛門佐(信繁)は四十四、五にも見え申し候。ひたひ口に二、三寸の疵跡あり小兵なる人にて候」とある事から、年齢相応(大坂入城時、信繁48歳)な容姿をした小男であったと想像される。

評価[編集]

  • 島津忠恒
    「五月七日に、御所様の御陣へ、真田左衛門仕かかり候て、御陣衆追いちらし、討ち捕り申し候。御陣衆、三里ほどずつ逃げ候衆は、皆みな生き残られ候。三度目に真田も討死にて候。真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由。徳川方、半分敗北。惣別これのみ申す事に候。」[26]
  • 細川忠興
    「左衛門佐、合戦場において討ち死に。古今これなき大手柄。」[27]
  • 『大坂御陣覚書』
    「真田は味方の諸軍乱走るも機を屈せず、魚鱗に連なりて駆け破り、虎韜に別れては追い靡き、蜘蛛手十文字に掛け破らんと、馬の鼻を双べて駆け入り、其の速かなるは疾雷の耳を掩ふに及ばざるが如し。」
  • 『翁草』
    「真田は、千載人口に残る奇策幾千百ぞや。そもそも信州以来、徳川に敵する事数回、一度も不覚の名を得ず、徳川の毒虫なりと世に沙汰せり、当世の英雄真田を非ずして誰ぞや。絶等離倫、一世の人物、今にいたりて女も童もその名を聞きてその美を知る。」
  • 『北川覚書』
    「車軸を流す雨の如く候へども、真田が備、一人も散らず真丸に堅り、とてものがれぬ処にて候間。一寸も後をみせ候なと、皆々念仏を唱へ、死狂に懸り候。」
  • 『元和先鋒録』
    「真田左衛門合戦の様子奇怪の節多し、此の日初めは茶臼山に出、夫より平野口に伏兵を引廻し、又岡山に出て戦ふ。後に天王寺表に討死す。其の往来抜け道の跡、今に相残り候旨、実にしやかに書き記し候。」
  • 『山下秘録』
    「家康卿の御旗本さして、一文字にうちこむ、家康卿御馬印臥せさすること。異国は知らず、日本にはためし少なき勇士なり、ふしぎなる弓取なり真田備居侍を一人も残さず討死させる也。合戦終わりて後に、真田下知を知りたる者、天下に是なし。一所に討死にせるなり。」
  • 『言緒卿記』
    「五月七日、癸丑、天晴。大坂落城す。天王寺にて、真田、たびたび武辺、その後、討死なり」

こうして、真田信繁(幸村)の名は不朽のものとなり、武勲にあやかろうとした諸将が信繁の首から遺髪をこぞって取り合いお守りにしたと言われる[28]

墓所[編集]

真田信繁の墓所(正確には供養墓・供養塔)は、以下の複数が確認されている。

  • 龍安寺塔頭大珠院(京都府京都市
    信繁の七女おかねの夫石川貞清(宗林)は、竹林院を始めとする信繁の遺族を援助したことでも知られ、龍安寺に信繁夫妻の墓を建立した。この墓は鏡容池の弁天島に現存するとされるが、非公開となっている。
  • 田村家墓所(宮城県白石市
    田村家出身の片倉定広(田村清顕の甥宗顕の子)に嫁いだ五女・阿昌蒲の縁で、田村家の墓所に墓が建立された。
  • 長国寺長野県長野市
    松代藩真田家の菩提寺。信繁や嫡男大介の供養塔がある。
  • 孝顕寺(福井県福井市
    信繁の首を取った越前松平家の家臣西尾仁左衛門が、自家の菩提寺に首塚を建立。実際に首が埋葬されたかは不明(真田一族の奪還を恐れ、別の場所ともいわれる)。
  • 妙慶寺(秋田県由利本荘市
    四女・御田姫(顕性院)が真田家(信繁系統)の菩提寺として建立した寺。墓はないが位牌が残されている。

また、逃亡伝説に基づいた墓所も全国に点在する。

  • 田原家私有林墓石(鹿児島県南九州市頴娃町牧ノ内の雪丸地区)
    真田幸村は大阪の陣の後、島津の軍船で鹿児島に逃れ、谷山(今の鹿児島市谷山地区)に上陸した。鹿児島では幸村は芦塚左衛門と名乗ったが、現地の者は、幸村を芦塚大左衛門、その子・真田大助幸昌を芦塚中左衛門、孫を芦塚小左衛門と区別していた。その後、豊臣秀頼を谷山においたまま、尾根伝いに揖宿郡頴娃村(今の南九州市頴娃町)に潜入し、(牧ノ内)雪丸に居を構え住んだ。その名残として墓が立てられたが、その墓には何の刻印もない。真田幸村は、頴娃村摺木の百姓娘との間に隠し子をもうけたが、徳川幕府の追及を逃れるため、その娘を(別府)大川の浦人に嫁がせ、生まれた子は瓢左衛門と名づけられた。その子孫は幕末になって名字帯刀を許され、真江田姓を称し、(別府)大川の真江田家・難波家の墓には六文銭が刻まれている。
  • お篭もり堂(長崎県南島原市西有家町)
     ここには、真田幸村の墓(推定)があり、大助幸昌の子孫とされる山田芦塚家の墓は雲仙旧山田村牧之内にある。
  • 一心院(秋田県大館市
    大坂の陣では死なずに、島津を頼って鹿児島に落ち延びたとする伝説に由来する。島津家が徳川に恭順したため、その後は各地を放浪。寛永2年(1625年)から四女御田姫の嫁ぎ先の実家佐竹家に庇護され大館に住み、寛永18年(1641年)に75歳で没したと伝えられる(嫡男大助の墓もある)。

系譜[編集]

信繁には多くの子がいたが、真田氏における真田信繁家としては、嫡男の大助(真田幸昌)が生まれた時には既に九度山へ幽閉されており、幸昌は大坂城にて子を作らぬまま自害し、この系統は絶えた。

次男の大八(真田守信)は、伊達家重臣で後に三女・阿梅の夫となる片倉重長の元で姉達と共に保護され、後に元服し片倉守信となった。以降、公式に残る信繁唯一の家系・仙台真田家として現在も続く事となる。なお、片倉姓から真田姓に復したのは守信の子・辰信の時である。

伝説[編集]

元和元年(1615年)5月7日、享年49で死去したものとされるが、影武者が何人も居たとの伝承があり、そのため大坂城が落ちるのを眺めつつ、豊臣秀頼を守って城を脱出し、天寿を全うしたという俗説がある。

「花のようなる秀頼様を、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり加護島(鹿児島)へ」というわらべ歌が流行したという。当時の人々の心情が流行り歌になったのだろうとも見られる。

真田三代記[編集]

『真田三代記』は江戸元禄期に成立した、真田昌幸・幸村・大助の三代が徳川を相手に奮闘する物語である。後に生まれる真田十勇士の内、猿飛佐助と望月六郎を除いた八勇士が登場する。これが十勇士の原型とみられ、幸村を題材にした講談の流布とともに真田人気に繋がった。

土橋治重による現代語訳がPHP文庫から刊行されている。

真田十勇士[編集]

真田幸村の忍者として著名な「真田十勇士」は、『真田三代記』や『難波戦記』を底本として、大正時代に一世を風靡した立川文庫の中の一冊『猿飛佐助』が大好評を博し、その総集編のタイトルとして使われたのが始まりとされる。類似したケースに「尼子十勇士」がある。ただし、資料によって若干のばらつきが見られる。

主に挙がる名前は、猿飛佐助霧隠才蔵根津甚八由利鎌之助筧十蔵、三好清海入道、三好伊三入道、望月六郎海野六郎穴山小介。ただし、幸村の息子である真田大助を入れるケースもある。

いわゆる現在の幸村伝説と、彼をとりまく十勇士の顔ぶれが確立したのは、明治末から大正初期にかけて子どもの人気を集めた立川文庫からである。猿飛佐助や霧隠才蔵は架空とも言われるが、海野六郎・根津甚八・望月六郎の姓は真田の本家である海野氏など滋野三家であり(根津に関しては、浅井長政の忘れ形見とされる浅井井頼がモデルという説もある)、また三好兄弟はそれぞれ三好政康三好政勝がモデルと言われている。ただし、政勝は家康側として参陣した。

真田領の近くに、忍びの里として有名な「戸隠の里」がある。

参考文献[編集]

関連作品[編集]

小説[編集]

真田信繁(幸村)が主人公の小説
その他の小説

映画[編集]

真田信繁(幸村)が主人公の映画
その他の映画

テレビドラマ[編集]

真田信繁(幸村)が主人公のテレビドラマ
その他のテレビドラマ

人形劇[編集]

ミュージカル[編集]

ゲーム[編集]

漫画[編集]

アニメ[編集]

歌謡曲[編集]

  • 長編歌謡浪曲 真田軍記 沼田城物語 (三波春夫
  • 長編歌謡浪曲 続・沼田城物語 関ヶ原前夜 (三波春夫

吹奏楽曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 生年は没年齢の49歳から逆算されたもので、月日は不明。
  2. ^ 『仙台真田系譜』
  3. ^ 大阪市立図書館デジタルアーカイブ『物語で見る大坂の陣』
  4. ^ 『御事績類典』
  5. ^ 『柳原家記録 資勝卿符案御教書等』『柳原家記録 口宣案』、村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」
  6. ^ 『真田家御事績稿』に、「信繁」名と、任官名の「左衛門」で記載され、「自伏見」(ふしみより)とある。
  7. ^ 「真好白」「真好白信繁」などと署名した木村綱守や河原左京などに宛てた書状が現存している。
  8. ^ 『駿府記』
  9. ^ 『本光国師日記』には、信繁の大坂入城を崇伝が書状で家康側近の本多正純に知らせたことが記されている。『高野春秋』は、大助と共に入城したことが記されると共に、九度山脱出時の信繁の直卒人数を記している。『高野春秋』は、信繁の大坂入城時の引率人数、または入城後の信繁の下に集まった直卒人数については300人と記すものの、『真田家譜』は150人、『真武内伝』は130人との注記を記す。また、信繁が信州・上田の旧臣たちに参戦を呼びかけたことも記されている
  10. ^ 『大坂御陣山口休庵咄』
  11. ^ a b 『名将言行録』
  12. ^ 『當代記』『子爵松平定晴氏本・大坂御陣覚書』
  13. ^ 『俊藤合戦記』。大野治長が後藤基次に相談したが一笑に付されたとされる。
  14. ^ 『慶長見聞書』
  15. ^ NHK『その時歴史が動いた』「真田幸村 どん底からの挑戦 〜家康を追いつめた伝説の名将〜」2003年4月9日放送。
  16. ^ 『北川覚書』
  17. ^ 『北川覚書』『大坂陣聞書』
  18. ^ 『大坂御陣覚書』。秀頼は本丸桜門まで出陣したが、その時、真田隊を含む前線諸部隊壊滅の報がもたらされ、それ以上の出陣は中止となった
  19. ^ 『大野主馬軍令状』『土佐国諸氏系図』『大坂御陣覚書』『大坂陣物語』。この作戦立案を踏まえて大野治房が発出した”大野主馬軍令状 ”(福山壽久氏所蔵文書)は、豊臣方の作戦や毛利隊の早期開戦等を考証するための、より確かで希少な史料であるため下掲する。 「重而申遣候、敵押寄候共、ちゃうす山岡山より、主馬人数出シ候ハゝ、かならずかならず大事ニて候間、此段侍共ニ能々申付、法度ちかへ候ハゝ、則成敗可申付候、昨日之かせんも、餘ニあし長ニ出候て、不覚取候間、今日合戦一大事ニ候、主馬一人之手柄ニても惣様之まけニなり候へハ、せんなく候間、軍法堅可申付候、謹言、     五月七日             大主    猶以真田毛利申合、そつしのかつせん不可然候今日一大事、天下わけめの合戦ニて候間、ぬけかけ無之様ニ堅く堅く軍法せん用ニ候、兎角敵を引請候て、一戦およひ候ハゝ、かならずかならずりうんたるべく候」
  20. ^ 『武徳偏年集成』
  21. ^ 『紀州家大坂御陣覚書』『元和先鋒録』『譜牒余録後編』『前田創業記』『慶長見聞書』『山本日記』『高山公実録』
  22. ^ 『笠系大成』『本多家記録』『前田創業記』『寛政重修諸家譜』『慶長見聞書』『田中文書』
  23. ^ 『細川家記』『薩藩旧記』『本多家記録』『寛政重修諸家譜』『元和先鋒録』『山下秘録』『三河物語』『言緒卿記』
  24. ^ 信繁自身が、傷つき疲れた身体を休ませていただけとの説もある
  25. ^ 『銕醤塵芥抄』『譜牒余録』『武邊咄聞書』『慶長見聞書』
  26. ^ 薩藩旧記雑録。
  27. ^ 『細川家記』
  28. ^ 『滋野世記』

外部リンク[編集]