市川右太衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いちかわ うたえもん
市川 右太衛門
市川 右太衛門
本名 淺井善之助
生年月日 1907年2月25日
没年月日 1999年9月16日(満92歳没)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
死没地 日本の旗 日本千葉県館山市
職業 俳優
ジャンル 時代劇
活動期間 1925年 - 1964年
家族 子:北大路欣也
事務所 東映ほか

市川 右太衛門(いちかわ うたえもん、明治40年(1907年2月25日 - 平成11年(1999年9月16日)は、歌舞伎役者映画俳優。戦前・戦後を通して、時代劇映画スターとして活躍し、映画主演総数は300本を超えた。愛称は「右太さん」。

来歴[編集]

明治40年(1907年)2月25日、大阪府大阪市生まれ、本名は淺井善之助(あさいぜんのすけ)。生家は町工場を経営していたが、5歳のときから日本舞踊上方舞の山村流を習い始める。

6歳の時、子役として中村扇雀(初代) 一座に借り出され、『菅原伝授手習鑑』に菅秀才の役で出演し、初舞台。

歌舞伎界へ[編集]

これをきっかけに小学校卒業後、上方歌舞伎「所作事」の第一人者、二代目市川右團次の門に移り、市川 右一(いちかわ ういち)の名をもらい、「ちんこ芝居」(関西青年歌舞伎)の一員となり、主役を張って人気を集める。屋号は「高島屋[1]

扇雀一座での「ちんこ芝居」では、いずれものちに映画界に移る市川百々之助、林長丸(長谷川一夫)、嵐徳太郎(嵐寛寿郎)とともに、四人そろって腰元役で舞台を踏んだこともあった。

やがて『勧進帳』の武蔵坊弁慶など大役も任せられるようになったが、門閥出身ではないため出世には限界があった。

1924年(大正13年)、帝国キネマから映画界入りの誘いを受けるが、このときは断っている。

映画界へ[編集]

1925年(大正14年)、歌舞伎界の若手俳優を、自ら主宰する映画会社マキノ・プロダクションに迎えようと考えていた映画監督・牧野省三が右一の評判を聞き、「主演者」として映画入りを誘う。18歳の右一はこれを受け、阪東妻三郎が去った後のマキノ・プロダクションへ入社。「市川右太衛門」と改名、『黒髪地獄』(沼田紅緑監督)で銀幕デビュー。

翌1926年(大正15年)にかけて、『快傑夜叉王 前・後篇』、『孔雀の光』、『春日山の月』など、デビューを沼田紅緑作品で飾り、阪妻に次ぐ人気俳優となり、月形龍之介と合わせて「マキノを担う両星」と謳われた[2]

「右太プロ」の設立[編集]

1927年(昭和2年)6月、デビュー以来の作品のほとんど、13本にのぼるコンビを組んできた沼田紅緑監督の早世や、スターたちの独立プロ設立が連続したことなどもあって、マキノプロを退社し、笹川良一の支援で市川右太衛門プロダクション(通称「右太プロ」)を設立して独立し、同時に奈良あやめ池(現在の奈良市あやめ池北1丁目)に撮影所を建設。

1928年(昭和3年)より、自由な「右太プロ」の気風の中、松竹を通じて多数のチャンバラ主演映画を量産。翌昭和4年には『一殺多生剣』(伊藤大輔監督)、『日光の円蔵』(古海卓二監督)などを送り出す。華麗な衣装、颯爽とした美剣士を演じたこの『一殺多生剣』や『東海の顔役』は初期代表作と呼ばれている。

また右太プロ時代の主演作の1本が、佐々木味津三原作『旗本退屈男』(昭和5年)であり、「天下御免の向う傷」を見得に切る主人公「早乙女主水之介」のキャラクターは評判となり、以後30数年に及ぶ人気シリーズとなった。

右太プロと並行して、映画界はトーキー時代に移行。トーキーは完全な防音設備が必要なため、従来の木造から鉄骨、鉄筋コンクリート造りに順次改築された。松竹やP.C.Lがそのために大がかりな建物となり、資本の弱い個人プロダクションでは経営ができなくなった[3]

1932年(昭和7年)、松竹キネマの発声映画『忠臣蔵前・後篇』に二役出演。翌昭和8年、同じく松竹キネマの発声映画『天一坊と伊賀亮』(衣笠貞之助監督)で山内伊賀亮役。他の多くのサイレント映画のスターたちがトーキー発声に苦戦する中、「セリフとともの演技」を無事演じてみせ映画は成功、この転換期を乗り切った。

1936年(昭和11年)、製作規模が拡大一方の本格的なトーキー時代に入って、独立プロでは製作困難となり、右太プロは松竹へ吸収合併。右太衛門は京都双ヶ丘の松竹第二撮影所に入社。「市川右太衛門プロダクションあやめ池撮影所」を閉鎖する[4]

新興キネマから大映へ[編集]

その後右太衛門は新興キネマに移籍、看板俳優として『国姓爺合戦』(昭和15年、木村恵吾監督)、『大村益次郎』(昭和16年、森一生監督)など大作に主演した。新興キネマ時代に入っても人気の『旗本退屈男シリーズは続き、第8作からはトーキーとなっている。

1938年(昭和13年)、『宝の山に入る退屈男』(西原孝監督)で、「退屈男シリーズ」が一旦打ち止めとなる。軍当局から「非常時にふさわしくない」との横槍が入ったためだった。

『退屈男』を禁じられた右太衛門は『無法松の一生』の映画化に執心していたが、この配役は当初から阪東妻三郎に決まっていたため、稲垣浩監督が説得して断念させた。稲垣は代わる主演作として、以前から右太衛門のためにと構想していた山本有三の『不惜身命』を会社側に推し、情報局からも協力を得た。ところが「原作者の山本が社会主義者である」との理由で、ここでも軍部から横槍が入り、企画は頓挫を余儀なくされた。稲垣は「製作していたら『無法松』以上の作品が作れたろう」と惜しんでいる[5]

1942年(昭和17年)、戦時体制下の新興キネマの合併・改組に伴って、新会社「大日本映画製作株式会社」(大映)に移る。日本敗戦までに八本の時代劇映画に出演。

東映の「重役スター」となる[編集]

1945年(昭和20年)、日本敗戦。占領軍GHQは「チャンバラ映画」が「軍国主義を復活させる」としてこれを禁止。時代劇規制の時代が訪れる。

1946年(昭和21年)、チャンバラの全くない『お夏清十郎』(木村恵吾監督)に出演。規制をうまく潜り抜けながら時代劇作品に出演する一方、苦肉の策として時代劇風味の現代劇諸作にも出演、これらは「髷をつけない時代劇」といわれた。

1949年(昭和24年)秋、大映を退社。東横映画に移籍する。

1950年(昭和25年)『旗本退屈男捕物控 毒殺魔殿』(松田定次監督)で、「旗本退屈男」堂々の返り咲き。

1951年(昭和26年)、本格的な時代劇製作解禁の時代となり、東横が改組して東映が設立される。右太衛門は東映創立に参加し、片岡千恵蔵と共に重役(取締役)兼任のスター(千恵蔵=植木取締役、右太衛門=浅井取締役)となり、興行価値の高い主演映画を多数製作した。この二人の「重役俳優」はどちらも所内で「御大」と並び称され、スタッフや俳優たちから一目も二目も置かれた。相手女優は一作ごとに知名な人気スターを選び、女優競演のようであった[6]

東映の2本立て興行体制もあって、東映入社以来昭和38年までの12年間、右太衛門の作品は年平均9作のペースで主演時代劇を公開した。また昭和31年には『赤穂浪士』で大石内蔵助を演じている。

昭和30年代後半、時代劇映画が斜陽化し東映も任侠映画路線に路線変更を図る中、右太衛門の映画出演も昭和39年を最後に途絶え、東映歌舞伎等の舞台に活路を見出すようになる。

1966年(昭和41年)、東映から「取締役から相談役に退いて欲しい」という打診を受け、「時代も変わった。これ以上ここにいれば(北大路)欣也を縛り付ける事にもなりかねない」と考え、東映を退社。

晩年[編集]

東映退社後は京都を引き払い、東京一番町のマンションに居を移し、舞台を中心に活躍。齢80を過ぎてもなお主役を張り続けた。

昭和47年に紫綬褒章、昭和54年には勲四等旭日小綬章を受章。昭和61年の歌舞伎座俳優祭」では、かねてから「同音のよしみ」で親交のあった六代目中村歌右衛門が、たっての願いで女・旗本退屈男に扮し、右太衛門の扮する退屈男との「うたえもん競演」を実現した。またこの年、息子の北大路欣也とも『旗本退屈男』で共演、欣也は若かりし退屈男、右太衛門は壮年の退屈男に扮した。

1999年(平成11年)9月16日、老衰のため死去。享年92。

人物・エピソード[編集]

次男は俳優の北大路欣也。東映を退社したあとは東京へ移ったが、京都に北大路を残してきたことについて訊かれた際には、目を細めて「可愛い子には旅をさせろですなあ」と笑っている[7]

市川右太衛門」の芸名は、それまでの「右一」に名人五代目中村歌右衛門の名と、右一の師匠の右團次の名を合わせて、牧野省三が命名した[8]。しかし当の右團次は「うたえもん」では大成駒屋(中村歌右衛門)と同音になることをしきりに気にしていた。

「御大」と呼ばれた東映では、もうひとりの「御大」の千恵蔵と共に重役スターとして活躍。京都北大路に在住していた右太衛門はその所在地から「北大路の御大」と呼ばれた。次男の芸名(北大路欣也)もここに由来する。

退屈男の他に複数回演じた歴史上の人物は、大岡忠相(5本)、荒木又右衛門(4本)、清水次郎長国定忠治河内山宗俊(いずれも3本)、脇坂淡路守後藤又兵衛近藤勇吉良の仁吉(いずれも2本)がある。

テレビは「せわしない」とあまり好まず、『徳川家康』(1964年)、テレビドラマ版『旗本退屈男』(1973年)に主演したほかは、次男・北大路欣也主演の時代劇への特別出演程度に終っている。

「百歳になっても退屈男を演りたい」と公言、80歳を超えても一日1~2時間の散歩は欠かさず、1か月に一度は皇居1周のジョギングを行うなど鍛錬を怠らず、歯も入れ歯は無くすべて自前であった。

逝去の1年前に老人保健施設に夫妻で入居しており、その経緯や施設での生活が明るみに出るに従い、子息の北大路は自身の兄弟、マスメディア、俳優仲間などから批判を受けることとなった。北大路は現在に至るまでこの件に関するコメントは行っていない。

主演のこだわりについて『雪之丞変化』のテレビドラマ企画が上がった際に、右太衛門に脇役を想定したオファーをかけたところ、本人は主役依頼と心得て「ああ、もう雪之丞は(年齢的に)無理です!」と答え、スタッフもそれ以上は無理押しできなかったというエピソードを、右太衛門の熱烈ファンである上岡龍太郎が語っている。

また、映画評論家の田山力哉は初老期の右太衛門に主演企画の相談を受けた際、ジャン・ギャバンの『ヘッドライト』を翻案するプランを示したが、「私は白塗りでバカ笑いしてないとサマにならない大根でしてね」とかわされたという[9]

映画界入りのきっかけ[編集]

右太衛門の俳優人生は、旅興行の一座に借りられて、白塗りの貴公子「菅秀才」を演じたのがスタートだった。そして大阪の「ちんこ芝居」(青年歌舞伎)で人気者となったが、「活動写真は好きでしたね。尾上の松っちゃん(尾上松之助)が好きで、よく見に行ってました」という。

右太衛門がマキノ省三の「マキノ・プロダクション」に誘われ、映画界入りしたのは大正14年だが、前年の大正13年にも帝国キネマから誘いを受けていて、これを断っている。このいきさつについて、次のように語っている。

「その頃、帝キネには舞台で一緒だった市川百々之助がいまして、百々之助ができるんなら、私にもできるのではないかと思いました。若かったですからねえ。でもその頃私、舞台で主役やってましたから、舞台が面白くて面白くて。それで、このときはお断りしました」
「マキノに入りましたのは、マキノ省三さんが私の“勧進帳”を観て、とてもいいとほめてくれたからでもあるんです。ええ、弁慶やってました。去年も活動写真から誘われて、今年も誘われた。しかも今度はマキノ、主演者として迎えてくれるという。それで心が動きましたね」

主演を張っていても梨園の御曹司ではない右太衛門にしてみれば先を読んだところもあり、高額の出演料も魅力だった。が、母親は「舞台で主演させてもらってるのに、どうして活動写真なんか行くの」、「活動写真に行くと、みんな(照明で)眼を悪くして、中には眼をつぶす人もいるというではないの」と、最後までカツドウ入りを反対していたという。当時映画界に転じた役者は「板から泥に下りた」と軽んじられる風潮があった。しかしこの頃は、市川猿之助がマキノに誘われ『日輪』、『天一坊と伊賀亮』を撮り、澤田正二郎が新国劇一党を率いて『月形半平太』、『恩讐の彼方に』に出演するという時勢でもあった。19歳の右太衛門はこの時代の転換期にいち早く身を投じた一人だったのである[10]

剣戟スタア・ 市川右太衛門[編集]

右太衛門は尾上松之助以来の歌舞伎・所作の美しさを若々しく、流麗にテンポアップしてみせ、千恵蔵や嵐長三郎らとともに「マキノ黄金時代」を創った。マキノ雅弘は右太衛門の殺陣について、「初めからうまかった。踊りがうまかったんですね。狭い部屋の立ち回りなんか、彼が一番うまかったんじゃないかな」、「立ち回りがうまい、ちゅうよりカッコがよかったですね。その(華麗である)かわり、リアルさがない」と述べている。

右太衛門の編み出した「諸羽流青眼くずし」の型は、狭い室内での立ち回りも考慮したものだった。『旗本退屈男』の第一作は室内の立ち回りであり、右太衛門はその狭い空間を自由自在に踊ってみせる。隣の部屋に移っていくとき、わずかに膝を開くと切先は実に1センチの間合いで鴨居をすり抜けていくのである。目線そのまま、次の殺陣に備えて諸羽流青眼くずし、“所作事”の約束でいうなら「道行き」、「踊り地」、「ちらし」と“序破急”のテンポを踏んで、颯爽と闊達に立ち回る。

映画デビュー作である『黒髪地獄』の浪人役の立ち回りはかなり派手なものだった。この映画では、舞台時代の右太衛門を知っている人が殺陣師に付いて、右太衛門本人いわく「手数の多い立ち回り」を見せたのだという。当時の活動写真では普通、十手くらいだった動きを、これがデビューの右太衛門は同じ時間内にその倍の二十手動いてみせた[11]

昭和2年6月、右太衛門は笹川良一の支援を受け、マキノプロを脱退して「右太プロ」を設立する。このマキノ脱退のいきさつについて、右太衛門は次のように語っている。

「マキノは約束通り一年いて独立の計画を進めたが、『影法師』の後篇を御礼奉公に一本無給で撮って去った。マキノ方から荒虎[12]が戻れと交渉に来、こちらは笹川良一の友人大阪北野の親分が相手に立ち、話し合った。『三年契約すれば五万円無条件で前渡しする』との申し出があったが結局別袖した。独立の動機はいろいろあったが、その一つに契約末に約束のボーナスをくれなかった事もあった。先方は忘れていたのか、又こっちも騒ぐ必要はなかったが、私も若かったのであろう[13]

マキノ省三監督が右太衛門入社の際に口約束で「一万円のボーナスをやる」と言ったのは事実なのだが、「映画はスタア一人だけで出来るものではない」とのマキノの持論からすると、右太衛門だけでなく全従業員にも一万円のボーナスを弾まないわけにいかず、これでは個人経営のマキノプロは潰れてしまう。マキノ雅弘はこのことについて「言訳ではあるが」と前置きしながら、「その意味ではこれは失言であり、破約でもあった」と語っている。

また「三年契約すれば五万円無条件で前渡しする」との言は確かで、「映画は契約の世界だから、それは当然のことなのだ。『約束のボーナス』は契約ではなかったことも確認すべき事柄なのだ」とも語っている[14]

二十歳で「右太プロ」を立ち上げた右太衛門だが、若い監督たちに思想色の強いものをかなり持ちこまれ、自身も若かったので、いささか押され気味だったという。「若い監督というのは、いつの時代でも同じですなあ」と語っている。

戦時中は『大村益次郎』(森一生監督)、戦後チャンバラが禁止された時代には『ジルバの鉄』(小杉勇監督)で、右太衛門は舶来のリズムを踊って見せている。

「現代劇と時代劇、両方がなくては不自然でしょう。現代劇はまずリアルさを要求されますが、時代劇には夢があります。時代劇の形を借りてこそ、初めて言えることもあるのではないですか[15]

右太衛門と「旗本退屈男」[編集]

右太衛門の代表的キャラクターである「早乙女主水之介」が活躍する「旗本退屈男」シリーズは、昭和5年の『旗本退屈男』を皮切りに戦後まで通算31本製作された。日本映画で同じ俳優が同じ役を33年間主演した例は他にない。次点である石坂浩二による金田一耕助の31年間(現時点)は本数6本で、最終作のみ大きく間隔が空いているので、コンスタントに作られたこのシリーズは、ずば抜けた不倒記録となっている。

右太衛門によると、右太プロを設立し、「映画というものは、結局は大衆娯楽である」というふうに考えがまとまって来た頃、佐々木味津三の『旗本退屈男』を読んだところ、「これは面白いと思ったですよ」と、思わず膝を打ったという。早速、これを映画化した右太衛門は、この天衣無縫の主人公について、次のように語っている。

「これだけ言いたいことを言って、大暴れして、強くって、しかも弱い者は助け、哀れな者は救い上げる。相手が大名であろうと、なんであろうと、言うべきことは言いますからね。これはいつの時代にも通用する主人公ですよ」

「早乙女主水之介」の必殺技「諸羽流青眼くずし」は、右太衛門本人の考案したものである。様々な角度から見てもらえる舞台と違って、映画の場合はアングルが限られ、クローズ・アップになったときに刀が写っていなくてはしようがない。このため、左手前に構えるという、独特の構えを考えたのだという。大歌舞伎の大名代の芝居をたくさん見てきた、舞台出身の右太衛門ならではの強みだった。右太衛門はトーキーでの発声についても、次のように語っている。

「トーキーになったときですか。このとおり私は声が大きいですから、そりゃもう、待ってました! って感じでしたね。セリフを言いたくて言いたくて、しようがなかったんですから」

退屈男の主人公、「早乙女主水之介」は額の三日月傷、派手派手の衣装が有名で、ことに衣装は作る毎にエスカレートしていった。

「私の芝居そのものが派手でしょう。だから地味な衣装だと寂しく見えてしまうんですね。それに戦後は奢侈禁止令が解けてその時分、デパートの展示会なんてそりゃあ派手なものが並びました。それでデザイナーの絵描きさん、美人画の甲斐荘さんというのですが、この方にも見に行ってもらいまして、ああいう衣装ができたわけです。派手さを狙ったのは戦後の作品からですが、これはホントに良かったと思いますよ」

一本の映画で衣装が12、3着用意され、これらは東映映画村に保存されている。全て新品を誂え、同じものを着たことは一度もない。主人公一人の衣装代が全衣装代の8割を占めていたという[16]

右太衛門と「三日月党」[編集]

昭和41年ごろ、柳家小さんが音頭取り(家老)となって、「三日月党」という右太衛門の後援会が結成された。これは稲垣浩によると、「右太衛門を『殿様』と祭り上げ、各界の著名人・芸人が集まって時間や新聞、テレビを忘れて飲んで歌い、新作芸や隠し芸を披露するという全く意味のない会」で、興津要が立てた党の規約は「いったん入党したものは死ぬまで脱党は許さず」というものだった。

会費は集まりごとに消化して、運営費などは無かったが、一度税務署が政治団体かネズミ講と間違えて党の内情を調べに来て、この規約を聞かされて呆れて帰ったという。この会は10年を超す定例となり、稲垣はその理由として「旗本退屈男を中心とした仕掛け人のうまさと、殿におさまる右太さんの人間的なおおらかさだったと思う」と語っている。大映で『不惜身命』を撮りそこねた稲垣は、のちにテレビで右太衛門の『旗本退屈男』を二話撮っているが、そのきっかけは「三日月党」党員だったことからだった[17]

主な出演映画[編集]

黒髪地獄(大正14年)
宝の山に入る退屈男(昭和13年)
旗本退屈男捕物控 毒殺魔殿(昭和35年)左は宮城千賀子

脚注[編集]

  1. ^ 『ひげとちょんまげ』(稲垣浩、毎日新聞社刊)
  2. ^ 『映画渡世・天の巻 マキノ雅弘伝』(マキノ雅弘、平凡社)
  3. ^ 『あゝ活動大写真 グラフ日本映画史 戦前篇』(朝日新聞社)
  4. ^ 同年5月、同撮影所の跡地で右太衛門の実兄・山口天龍全勝キネマを設立、撮影所を復活、映画の量産を始めたが、右太衛門は全勝の作品には出演していない
  5. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩著、毎日新聞社刊)
  6. ^ 『あゝ活動大写真 グラフ日本映画史 戦前篇』(朝日新聞社刊)
  7. ^ 『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』市川右太衛門インタビュー「“退屈”知らずの大らか人生」(サンケイ出版)
  8. ^ 『映画渡世・天の巻 マキノ雅弘伝』(マキノ雅弘、平凡社)
  9. ^ 『日本映画俳優全史』(現代教養文庫)
  10. ^ ここまで『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(サンケイ出版)より
  11. ^ ここまで『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』市川右太衛門インタビュー「“退屈”知らずの大らか人生」(サンケイ出版)より
  12. ^ 当時三条で有名な侠客だった、京都千本組の荒虎三左衛門親分のこと。マキノ省三の妻知世子の父親虎之助とは兄弟分であり、マキノ・プロの後見人を務めていた。
  13. ^ 『日本映画の父 マキノ省三傳』(桑野桃華、マキノ省三傳發行事務所)
  14. ^ 『映画渡世・天の巻 マキノ雅弘伝』(マキノ雅弘、平凡社)
  15. ^ ここまで『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』市川右太衛門インタビュー「“退屈”知らずの大らか人生」(サンケイ出版)より
  16. ^ ここまで『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』、市川右太衛門インタビュー「“退屈”知らずの大らか人生」(サンケイ出版)より
  17. ^ 『日本映画の若き日々』(稲垣浩著、毎日新聞社刊)

関連項目[編集]

著書[編集]

  • 『旗本退屈男まかり通る』 「この道」シリーズ(東京新聞出版局、1992年)

外部リンク[編集]