織田長益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
織田 長益
Oda Nagamasu.jpg
織田長益像(正伝永源院蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文16年(1547年
死没 元和7年12月13日1622年1月24日
改名 長益→有楽斎如庵(号)
別名 源五、源五郎(通称)、有楽、有楽斎
霊名 ジョアン
墓所 京都府京都市東山区大和大路通四条下ル小松町の建仁寺正伝永源院
官位 従四位下、侍従
幕府 江戸幕府
主君 織田信忠信雄豊臣秀吉秀頼
徳川家康秀忠
摂津味舌藩
氏族 織田氏
父母 父:織田信秀
兄弟 信広信長信勝信包信治信時
信興秀孝秀成信照長益長利
正室:(雲仙院、平手政秀の娘)
長孝頼長俊長長政尚長宥諌、娘(松平忠頼正室)、娘(湯浅直勝室)、永福院殿(津川近治室)

織田 長益(おだ ながます)は、安土桃山時代から江戸時代初期の大名茶人長益系織田家嫡流初代。

織田信秀の十一男で、有楽斎如庵(うらくさいじょあん、有樂齋如庵)と号し、後世では有楽有楽斎と称される。

千利休茶道を学び、利休十哲の一人にも数えられる。後には自ら茶道有楽流を創始した。また、京都建仁寺正伝院を再興し、ここに立てた茶室如庵は現在、国宝に指定されている。

生涯[編集]

信長時代[編集]

織田信長の弟の一人であるが、信長とは年齢が13歳離れており、前半生の事歴はあまりわかっていない。

天正2年(1574年)、尾張国知多郡を与えられ、大草城を改修する。以降、信長の長男信忠の旗下にあったと思われ、甲州征伐などに従軍している。天正9年(1581年)の京都御馬揃えでは信忠・信雄信包信孝津田信澄の後に続いている。また、天正10年(1582年)の左義長での順は信忠・信雄・長益・信包となっている。甲州征伐では木曽口から鳥居峠を攻め、木曽勢に助力して鳥居峠を攻略。降伏した深志城の受け取り役を務める。また森長可団忠正と共に上野国に出兵し、小幡氏を降伏させている。

本能寺の変後[編集]

同年の本能寺の変の際は、信忠とともに二条御所にあったが、長益自身は城を脱出。近江安土を経て岐阜へ逃れたとされる。変後は甥の信雄に仕え、検地奉行などを務める。小牧・長久手の戦いでは信雄方として徳川家康に助力。蟹江城合戦では大野城山口重政救援、下市場城攻略にも参陣しており、蟹江城滝川一益の降伏を仲介した。戦後家康と羽柴秀吉の講和に際して折衝役を務めている。また、佐々成政と秀吉の間を斡旋したともいう。天正16年(1588年)、豊臣姓を下賜された。

天正18年(1590年)の信雄改易後は、秀吉の御伽衆として摂津国嶋下郡味舌(現在の大阪府摂津市)2,000石を領した。この頃、剃髪して有楽斎と称す。姪の淀殿とは庇護者として深い関係にあり、鶴松出産の際も立ち会っている。

関ヶ原の戦い[編集]

秀吉死後、家康と前田利家が対立した際には、徳川邸に駆けつけ警護している。関ヶ原の戦いでは東軍に属し、長男・長孝とともに総勢450の兵[1]を率いて参戦。寡兵ながら小西隊・大谷隊・石田隊・宇喜多隊と転戦して戦闘し、一時は本多忠勝の指揮下に入り、大山伯耆などの石田隊の横撃部隊を撃退している。また長孝が戸田重政内記親子の首を取ると有楽斎も石田家臣の蒲生頼郷を討ち取るなどの戦功を挙げる[2]。 有楽隊は西軍の有力武将の首級を2つ取るという活躍を見せ、戦後に有楽斎は大和国内で3万2,000石、長孝は美濃野村藩に1万石を与えられた。

江戸幕府政権下[編集]

国宝茶室如庵(現在は愛知県犬山市名鉄犬山ホテル内の有楽苑(うらくえん)に移築されている)

戦後も豊臣家に出仕を続け、淀殿を補佐した。このころ建仁寺の子院正伝院を再建し、院内に如庵を設けた。現在、正伝永源院(明治期に名称を変更)には長益夫妻、孫・長好らの墓がある。また、長益夫妻、孫娘(次男頼長の娘)、兄・信包らの肖像画も伝わっている。大坂冬の陣の際にも大坂城にあり、大野治長らとともに穏健派として豊臣家を支える中心的な役割を担った。一方、嫡男の頼長は強硬派であり、和平派としばしば対立している。冬の陣後、治長と共に和睦を締結させ、家康に人質を出すが、大坂夏の陣を前にして再戦の機運が高まる中、家康・秀忠に対し「誰も自分の下知を聞かず、もはや城内にいても無意味」と許可を得て豊臣家から離れた。

大坂退去後は京都に隠棲し、茶道に専念し、趣味に生きた。元和元年(1615年)8月、四男・長政、五男・尚長にそれぞれ1万石を分け与え、有楽斎本人は隠居料として1万石を手元に残した。元和7年(1621年)12月13日、京都で死去。享年76。

子孫[編集]

庶長子の長孝は関ヶ原の合戦において父と共に東軍として参加して戦功を挙げ、1万石を与えられて大名に取り立てられ(野村藩)、事実上幕府から分家を認められた。嫡子の頼長は関ヶ原の戦い後も父とともに豊臣秀頼に仕えた。また、父の創始した茶道有楽流を継いだ。

四男長政と五男尚長は元和元年(1615年)に父が隠棲した際に、有楽斎が大和国内に領する3万石を分割して1万石ずつを与えられた。長政が戒重藩(後の芝村藩)、尚長が柳本藩の藩祖であり、いずれも1万石の外様大名として明治まで続いた。なお、有楽斎自身が隠居料として取った1万石は有楽斎の死とともに江戸幕府に収公されている。

逸話[編集]

  • 義残後覚』・『明良洪範』など後世の編纂書では本能寺の変の際に信忠に自害を進言したのは長益だとされ、その後の逃亡劇を、民衆たちに「織田の源五は人ではないよ お腹召せ召せ 召させておいて われは安土へ逃げるは源五 むつき二日に大水出て おた(織田)の原なる名を流す」と皮肉られたという。しかし一次史料である『信長公記』にはそのような記述は見受けられず、信忠は自ら腹を切ると述べている。また、信忠が腹を切った時点では、明智軍が二条御所の中にまで侵入しており、脱出はほぼ不可能だという指摘がある。事実としては明智勢の来襲以前に逃亡していたと思われる。ちなみに長益の他にも前田玄以水野忠重山内康豊鎌田新介(信忠の介錯役)が二条御所から脱出している。
  • 大坂の陣では家康の命を受け、隠密として働いていたともされる[3]が、確証の持てる話ではない。しかし、家康・淀殿双方に顔が効く有楽斎が、両者和解のため大坂に入り頻繁に連絡を取り合っていたのは確かで、その行動が間者と誤解された可能性はある。
  • 有楽斎が堺占拠の際捕らえられた今井宗薫を赦すなど穏健的行動をとっていたのに対し、嫡男頼長は片桐且元殺害を計画し信雄を大坂方の総大将に担ごうとするなど、過激的行動を幕府側にも警戒されており、有楽斎とも対立していた。また頼長は冬の陣では病と称して攻撃に加わらないなどの不審な行動が多く、夏の陣前に「自分を司令官にしろ」と主張して諸将の反対にあい出奔している。有楽斎の大坂城退去は、この頼長の奇行も原因のひとつとされている。
  • 大井戸茶碗(おおいどちゃわん)は、長益が所持していた経歴から「有楽井戸」などの別名を持つ。
  • ツバキの一品種「太郎冠者」は別名「有楽」ともいうが、この名は長益(有楽斎)がこの品種を愛したことによる。学名もCamellia urakuである。[4]

有楽町[編集]

東京都千代田区有楽町(ゆうらくちょう)という町名は、長益の号「有楽斎」に由来し、茶人としても名をはせた有楽斎は関ヶ原の戦いのあと、徳川方に属し、数寄屋橋御門の周辺に屋敷を拝領し、その屋敷跡が有楽原と呼ばれていたことから、明治時代に「有楽町」と名付けられたとの説が流布しているが、「有楽斎」の「有楽」と有楽町の「有楽」(ゆうらく)の文字が同一なことから生まれた俗説である。 有楽町は明治初期に有楽町、永楽町の二つの町名が新たに命名されたもので、有楽斎とは関係ない。 しかし、かつて大阪にも、有楽斎が居住したといわれる場所に有楽町(うらくちょう)が存在したのは事実。大阪の有楽町は、現在の大阪市西成区天下茶屋付近であったが、太平洋戦争後の度重なる区画整理などによって消滅した。

関連作品[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本戦史・関原役』
  2. ^ 「慶長見聞書」によると石田隊が黒田隊・細川隊の攻撃を受け崩壊すると、頼郷は有楽斎を見つけ、斬りかかりあわやというところに家臣の千賀兄弟が頼郷を討ち取りその首を主君・有楽斎に取らせた。
  3. ^ 譜牒余録
  4. ^ 国際ツバキ協会 Web Camellia Register Uの項11ページを参照