松平忠頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松平 忠頼
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正10年(1582年
死没 慶長14年9月29日1609年10月26日[1]
戒名 観翁浄喜円通院[要出典]
墓所 東京都府中市紅葉丘の誓願寺[要出典]
官位 従五位、左馬允[1]
幕府 江戸幕府
武蔵松山藩主・美濃金山藩
遠江浜松藩
氏族 桜井松平家
父母 父:松平忠吉、母:久松俊勝の娘・多劫姫[1][2]
兄弟 異父兄:松平家広[2]
正室:織田長益の娘[3]
忠重[4]忠直忠勝忠久忠好忠利

松平 忠頼(まつだいら ただより)は、安土桃山時代から江戸時代の武将、大名。武蔵松山藩の藩主、美濃金山藩主、のちに遠江浜松藩[5]

のちに摂津尼崎藩主家となる桜井松平家本家を継いだが[2][5]、その死に様についてもしばしば言及される人物である(後述)。

生涯[編集]

天正10年(1582年)、松平忠吉の次男として生まれる[5]。慶長5年(1600年)、兄・家広の跡を継いで武蔵松山の1万石を得て[5]関ヶ原の戦いでは東軍に与して三河岡崎城の守備を務め、戦後は尾張犬山城美濃金山城を守備、1万5000石を加増されて2万5000石となる[1]。次いで、さらに2万5000石を加増され、5万石として遠江浜松藩に移封された[5][6]。慶長12年(1607年)には、徳川家康隠居城であった駿府城が火災にあった後の普請に参加している[1]

慶長14年(1609年)9月29日、従弟の水野忠胤江戸屋敷に招かれて宴席に参加していた際、同席していた久米左平次と服部半八の両名が囲碁の勝敗をめぐって口論、刃傷に及んだ(服部と懇意であった忠頼がしきりに服部に対して囲碁の助言をしたのが喧嘩の原因とされる)。この争いを観た忠頼は仲裁に入ったが、逆上した左平次によって刺殺された[7]。享年28。なお、この事件の責任をとる形で、宴席の主催者である水野忠胤、喧嘩の一方の当事者である服部半八は切腹を命じられている[1]

死後、長男の忠重は幼少(9歳[4])であったため、また殺害された経緯から末期養子による家督相続は認められず、松平家は一旦改易され、浜松には徳川頼宣の家老水野重仲が入った[1]。ただし、忠重は翌年8000石を新たに武蔵国深谷に拝領し[1]、その後は4万石となり大名に復帰している[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 川口 1991, pp. 258-259
  2. ^ a b c 浜松情報BOOK n.d., 生涯.
  3. ^ 織田氏(長益家系・大和戒重藩、芝村藩)”. 平成新修華族大成. 2013年8月9日閲覧。
  4. ^ a b c 『尼崎市史 2』p119に掲載されている松平家の6代家広、8代忠重について知りたい”. 国立国会図書館. 2013年8月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 村礒 1991, p. 354
  6. ^ 兄の遺領を継いだ、という説もある。川口 1991, pp. 258-259。
  7. ^ ただし、忠頼の死には異説もあり(浜松市史など)、「寛永系図」では、この事件にまったく触れられず、この日に没したことのみが記されている。川口 1991, p. 259。

参考文献[編集]

  • 川口謙二 「松平忠頼 囲碁の助言が招いた惨劇」、『大名廃絶読本』、読本シリーズ (新人物往来社)第3号、1991年 
  • 浜松情報BOOK 「松平忠頼04 まつだいらただより」、『ジャンルから調べる(人物)』、読本シリーズ (浜名湖国際頭脳センター)、n.d.。 
  • 村礒栄俊 「廃絶大名三百家人物事典」、『大名廃絶読本』、読本シリーズ (新人物往来社)第3号、1991年