太田資宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太田 資宗(おおた すけむね、慶長5年11月22日(1600年12月27日) - 延宝8年1月22日(1680年2月22日))は、江戸時代前期の譜代大名六人衆下野山川藩主、三河西尾藩主、遠江浜松藩初代藩主。官位官職は従五位下・備中守。掛川藩太田家初代。

太田重正の次男として生まれる。母は都築秀綱の娘。

妻子[編集]

正室は板倉重宗の娘。子に資政(長男)、資次(次男)、資良(三男)、娘(加藤泰義正室)、娘(稲葉正吉正室)、娘(永井尚庸継室)、娘(一柳末礼正室)、娘(土井利益正室)、娘(角倉玄恒室)ら。

経歴[編集]

関連項目[編集]