松平家清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松平 家清(まつだいら いえきよ、永禄9年(1566年) - 慶長15年12月21日1611年2月3日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名徳川氏の家臣で、三河吉田藩初代藩主。竹谷松平清宗の長男。母は深溝松平好景の娘。正室は久松俊勝の娘で家康の異父妹・天桂院。子は忠清(長男)、清昌(次男)、娘(浅野長重正室)、娘(本多康紀正室)、娘(深溝松平忠利正室)、娘(成田泰高室)。

生涯[編集]

竹谷松平家の武将として徳川家康に仕え、元服の際には祖父以来の通字「清」の上に家康から「家」の一字を拝領して家清と名乗った。天正18年(1590年)、家康が関東に移封されたとき、それまでの功を賞されて武蔵国児玉郡八幡山に1万石の所領を与えられ、雉岡城主となる。この国替えの途上で正室・天桂院が産気づいて女児を出産したものの、間も無く亡くなっている。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いのときは尾張国清洲城の守備を務めた。戦後、その功績を家康から賞されて、三河吉田に3万石の所領を与えられ、初代藩主となった。慶長15年12月21日(1611年2月3日)に45歳で死去し、跡を嫡男の忠清が継いだ。

法号は葉雲全霜清宝院。墓所は愛知県蒲郡市の全栄寺(後に龍台山天桂院と改称)。