保科正貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
保科 正貞
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正16年5月21日1588年6月14日
死没 寛文元年11月1日1661年12月22日
改名 甚四郎(幼名)、正貞
戒名 源松院天永高本大居士
墓所 東京都杉並区和泉大円寺
官位 従五位下、弾正忠
主君 松平定勝徳川氏
上総飯野藩
氏族 保科氏
父母 父:保科正直
母:久松俊勝の娘・長元院
養父:保科正光
兄弟 正光、正貞北条氏重、女(安部信盛室)、
女(小出吉英室)、女(加藤明成室)、正之
正室:舟橋枝賢の娘・盛光院
正景、娘(永井尚保正室)
養子:保科正英

保科 正貞(ほしな まささだ)は、上総飯野藩の初代藩主。父は保科正直、母は徳川家康の異父妹多劫姫保科正光の異母弟、松平忠頼らの異父弟に当たる。

生涯[編集]

天正16年(1588年)5月21日、保科正直の三男として生まれる。異母兄の正光に実子が無かったため、伯父徳川家康の命で文禄3年(1594年)に養子となった。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では本多忠朝に属して出陣し、体に槍や鉄砲傷を4箇所も負う重傷を負ったが、武功を挙げた。

しかし元和3年(1617年)、徳川秀忠の落胤とも言える保科正之が正光の養子となったため、廃嫡された。また、兄とは仲が悪かったらしく、元和8年(1622年)には保科氏を去って、諸国を放浪した後に母方の叔父である伊勢桑名藩主・松平定勝久松俊勝の三男)のもとに身を寄せた。寛永6年(1629年)に幕臣となり、3000石を与えられた。

その後、大坂城二条城の在番を務め、慶安元年(1648年)6月26日、7000石を領していた正貞は大坂定番となって摂津国有馬郡河辺郡能勢郡豊嶋郡などにおいて1万石を加増されたことから、1万7000石の大名として諸侯に列し、ここに飯野藩を立藩した。一説には保科正之が正式に秀忠の子と認められたことにより、将来的には松平姓を名乗る可能性が出てきたため(正之自身は辞退したが、子孫は会津松平氏となる)、正之に代わって正貞に保科氏を継承させるため、第3代将軍徳川家光(正之の異母兄)の配慮があったといわれている。のちに正之は正貞に対し、自身が所有していた保科家代々伝来の文物の返還(譲渡)を行っている。

寛文元年(1661年)11月1日に江戸で死去した。享年74。跡を子の正景が継いだ。