紀伊新宮藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新宮藩(しんぐうはん)は、現在の和歌山県新宮市紀伊国)を治めた(ただし、藩として正式に立藩されたのは明治元年(1868年)のことである)。藩庁は新宮城(和歌山県新宮市)。藩主は紀州藩附家老水野家で、石高は3万5千石。

藩史[編集]

新宮戦国時代豊臣氏の家臣・堀内氏善が領していたが、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで西軍に与したために没落する。

その後、紀伊国に封じられた浅野幸長のもとでは浅野忠長が領していたが、浅野氏安芸広島藩へ移封されると、安藤氏と共に、徳川頼宣の附家老として水野重央が紀伊国新宮に3万5000石を領したのが始まりである。

ちなみに幕藩体制のもとでは、身分はあくまで紀州徳川家の家臣であり、大名としては扱われなかった。水野家は代々家老として藩政に重きを成した。第9代・水野忠央は、後に紀州藩主から第14代将軍となった徳川家茂(慶福)を補佐し、幕末の大老で有名な井伊直弼と協力して、家茂を第14代将軍にしようと奔走した。

徳川御三家の紀州藩直轄から新宮城主・水野藩に知行替えが交付された際、当時の藩士吉田庄太夫が現三重県熊野市木本町周辺の住民が猛反対し知行替えさせなかった。故人を偲んで木本神社に祀った。[1]

歴代藩主[編集]

浅野家[編集]

外様 - 2万8千石

氏名 院号 官位 在職期間 享年 出身家
1 浅野忠吉
あさの ただよし
大通院 右近大夫 慶長5年 - 元和5年
1600年 - 1619年
75 浅野家

水野家[編集]

譜代 - 3万5千石

氏名 院号 官位 在職期間 享年 出身家
1 水野重央
みずの しげなか
全龍院 出雲守 元和5年 - 元和7年
1619年 - 1621年
52 水野家
2 水野重良
みずの しげよし
本廣院 淡路守 元和9年 - 万治元年
1623年 - 1658年
52 新宮水野家
3 水野重上
みずの しげたか
知徳院 土佐守 万治元年 - 宝永4年
1658年 - 1707年
74 新宮水野家
4 水野重期
みずの しげとき
和泉院 淡路守 宝永4年 - 正徳4年
1707年 - 1714年
46 新庄家
5 水野忠昭
みずの ただあき
本徳院 大炊頭 正徳4年 - 寛延2年
1714年 - 1749年
50 定勝流
6 水野忠興
みずの ただおき
本立院 筑後守 寛延2年 - 宝暦13年
1749年 - 1763年
28 定勝流
7 水野忠実
みずの ただざね
法心院 飛騨守 宝暦13年 - 文政5年
1763年 - 1822年
73 忠伸流
8 水野忠啓
みずの ただあき
徳拾院 対馬守 文政5年 - 天保6年
1822年 - 1835年
54 忠伸流
9 水野忠央
みずの ただなか
鶴峯院 従五位下
土佐守
天保6年 - 安政7年
1835年 - 1860年
52 忠伸流
10 水野忠幹
みずの ただもと
真徳院 従五位下
大炊頭
天明9年 - 明治3年
1860年 - 1871年
65 忠伸流

幕末の領地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 吉野熊野新聞2010年6月23日夕刊より抜粋

関連項目[編集]

先代:
紀伊国
行政区の変遷
1600年 - 1871年
(新宮藩→新宮県)
次代:
和歌山県