松平資昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松平 資昌
時代 江戸時代中期
生誕 延享元年9月29日1744年11月3日
死没 宝暦12年1月18日1762年2月11日
改名 豊之助(幼名)→資昌
戒名 真嶽院殿春誉大廓覚然大居士
墓所 東京都台東区浅草の安養寺
京都府宮津市金屋谷の大頂寺
官位 従五位下、伊予
幕府 江戸幕府
遠江浜松藩主→丹後宮津藩
氏族 本庄松平家
父母 父:松平資訓、母:岡本氏
養子:資尹

松平 資昌(まつだいら すけまさ)は、遠江浜松藩の第2代藩主。後に丹後宮津藩の初代藩主となる。本庄松平家4代。

生涯[編集]

延享元年(1744年)9月29日、三河吉田藩松平資訓の三男として三河吉田で生まれる。父の養子となっていた資順が世嗣のまま死去したため、延享4年(1747年)2月2日に世子に指名される。宝暦2年(1752年)、父の死去により家督を継いで浜松藩主となる。

宝暦8年(1758年)12月27日、丹後宮津藩に移封される。しかし病弱で政務を執れなかったため、宝暦11年(1761年)11月27日、家督を養子の資尹に譲って隠居する。宝暦12年(1762年)1月18日に死去。享年19。