井上順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井上 順
スパイダーズ在籍時の井上順(前列左から2番目)}
スパイダーズ在籍時の井上順(前列左から2番目)
基本情報
出生名 井上 順
別名 井上 順之(旧芸名)
出生 1947年2月21日(67歳)
出身地 日本の旗 日本東京都渋谷区
血液型 AB型
学歴 成城学園高等学校中退
ジャンル ロック
ポップス
歌謡曲
職業 タレント
歌手
俳優
担当楽器 ヴォーカル
パーカッション(「サイドタンバリン」)
活動期間 1963年 -
事務所 オー・エンタープライズ
共同作業者 ザ・スパイダース
公式サイト オー・エンタープライズ:井上 順

井上 順(いのうえ じゅん、本名同じ、1947年2月21日 - )は、日本タレント歌手俳優コメディアンである。旧芸名は、井上 順之(いのうえ じゅんじ)。

来歴[編集]

  • 東京都渋谷馬場を営む家に生まれ、麻布龍土町(現在の港区六本木7丁目)で育った。
  • 小学校の時は映画が好きで、よく映画を観に行っていた。当時の映画館では保護者同伴の場合は小学生は無料だったため、自分の父親に相当する年齢の男性を見つけては後ろにくっ付いて館内に入り、映画を観ていたという[1]
  • 1961年、13歳の時に、峰岸徹大原麗子田辺靖雄ジェリー藤尾などもいた「六本木野獣会」に加入する。後にジャガーズの前身バンドにも籍を置いた。峰岸からは実弟のように可愛がられ、デビュー前から峰岸が亡くなるまで、食事や遊びなどにしばしば誘われた[2]
  • 中学校の卒業集合写真には同級生と一緒に写っておらず、写真左上の欠席枠に入っている。欠席した理由は、ジャズ喫茶に入り浸っていて学校をよくサボっていたため[3]
  • 1963年昭和38年)、成城高等学校在学中である16歳の時に、鑑賞したザ・スパイダースのライブに触発され、その場で自ら門を叩いてグループに加入を申し出る。ほどなくして、グループサウンズ時代の最年少メンバーとして堺正章と共にツインヴォーカルとパーカッション(「サイドタンバリン」とネタにされてもいた)を担当。コンサートでは、堺と共にMCも担当した。後の『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ)などで見せる軽妙なトーク技術と気さくなキャラクターはこの時期に研鑽されたもので、現在の芸風の基盤を作り上げた。
  • 1970年昭和45年)のスパイダース解散後は、芸名を「井上順之(じゅんじ)」と改める。しかし、になったため、「『じ』は良くない」と、1973年に芸名を「順」に戻した。
  • 1971年、『昨日・今日・明日』で歌手としてソロデビュー。歌手を本業としながら、俳優業・司会業にも進出する。「ジャーニー!」「ピース!」など数々の流行語を生み出し、コンスタントにシングルのリリースも続けた。『ラブラブショー』(フジテレビ)での共演をきっかけとして、当時資生堂の人気モデルだった青木エミと大恋愛の末に結婚するが、1982年昭和57年)夏に離婚。以後、独身を通している。
  • 芸能人野球大会』(フジテレビ)では、「堺とのデッドボールのぶつけ合い」「乱闘と見せかけて二人で社交ダンスを踊りだす」などの秀逸なネタが例年見られた。スパイダース解散後も、盟友・堺とは数多くの仕事を共にしており、近年ではジョイントコンサートも開催している。
  • 1976年から1985年まで『夜のヒットスタジオ』3代目男性司会者を担当。同番組の歴代男性司会者としては最長の9年半に渡り司会を務める。干支が一回り上の芳村真理との絶妙なコンビネーションで、番組黄金期を築いた。「茶化し」に徹しつつエンターテイナーぶりをのぞかせる井上の司会ぶりは、当時学生だった三谷幸喜にも大きな影響を与え、三谷の映画監督デビュー作『ラヂオの時間』では「『夜ヒット』の井上順」を髣髴とさせるキャラクターが登場。この役柄を井上本人が演じた。
  • 俳優としては『ありがとう』『ラヂオの時間』『渡る世間は鬼ばかり』などに出演する。
  • 2002年に放送を開始したNHK Eテレ教育番組ピタゴラスイッチ』では、「テレビのジョン」という犬型ロボット役で声優を担当。『みんなのうた』で歌った楽曲「テトペッテンソン」はインパクトのある歌詞が好評を博し、子どもたちの間で人気となった。

人物[編集]

  • 駄洒落の名人であり、自らの出演番組内で披露することも多かった。
  • ピースサインを日本に流行らせたのは井上である[4]
  • ニッポン放送真理ヨシコと共に『ホイホイホーム』という番組を担当したことがある。
  • 深夜時代の『ネプリーグ』での「ジェームズ・ボンドを日本の芸能人に例えると誰か」という一般人へのアンケートでは、1位に選ばれた。
  • 徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演した際には、無類の機械音痴であることを告白した。ビデオの録画もできないとのこと。
  • 既に還暦を過ぎているが、「見た目が変わらない芸能人」として、雑誌で市毛良枝野口五郎由美かおるらと共に紹介されたことがある[5]
  • 長寿家系でもあり、祖父が2012年1月に102歳で他界したという。
  • 自身は数年前から感音性難聴になっており、現在は補聴器を装用して仕事をしていることを明かしている[6]

主な音楽作品[編集]

主な出演作品[編集]

歌番組・バラエティ系番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

MV[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

ほか

『夜のヒットスタジオ』での「シャレ」[編集]

1976年昭和51年)4月より、初代三波伸介に代わって、芳村真理の3代目パートナーとして『夜のヒットスタジオ』司会に抜擢される。

この番組内で井上は、相手役の芳村やゲスト歌手、挙句の果てには「ご対面」ゲストとして登場した一般人に至るまで、あらゆる人物に対して「茶化し」「冗談」「駄洒落」の類のフレーズを連発した。井上のジョークを芳村が受け流して軌道修正させるという絶妙のコンビネーションが確立され、番組は黄金期を迎えることになる。

このような司会スタイルについて、井上は「(テレビに不慣れな)歌手の緊張感をとにかくほぐして、その人が気持ちよく歌ってもらえるようにするための策として『茶化し』や『シャレ』などを多用した」と述べており、相手方の芳村も「歌の時は、順ちゃんでさえも相当緊張していた。だから、歌手の緊張感を同業者としての視点から誰よりもよく分かっていた」と井上の司会術を評価している。

芳村真理関連[編集]

芳村への「茶化し」や「シャレ」は、芳村の服装を揶揄するものが多かった。

  • 「カトリーヌ・ドブース」(元ネタはカトリーヌ・ドヌーヴ
  • 「蜘蛛巣城」(元ネタは黒澤明監督の映画、芳村のモジャモジャとした髪型や濃い目のメイクを揶揄したもの)
  • 「老婆A」(元ネタは中森明菜の歌『少女A』。中森の『夜ヒット』初登場回で出たシャレ)
  • 「月光仮面」(白いマントのようなコートを着て芳村が登場した時のセリフ)
  • 「今日の東京がいかに風が強かったかよく判る」(芳村がパンク風の髪型で登場した時のセリフ)
  • 「丁度倍ですね」(石川さゆりの年齢を聞いた後、芳村に対して発したセリフ)
  • 「芳村さんの場合はここ(テレビ電話の画面)に皺がたくさん…」(テレビ電話を番組内で初めて使用した際のセリフ)
  • 「芳村さんなんか"はちまきおじさん"と呼ばれてるんですから」(恐らく某マンガの登場人物を引き合いに出したセリフと思われる)
  • 「(芳村のヘアスタイルに視線を置きながら)毎週何かあるんですか?」(芳村の「女の子が髪形を変えるときは何かがある」という発言を受けてのセリフ)
  • 「(芳村を指指しながら)女性でこういうのは毎週見慣れているからいいけど、男性では見たことが無いから驚いたよ」(西城秀樹が老人風の特殊メイクでオープニングメドレーに登場した際に発した言葉)
  • 「(芳村・美空ひばり北島三郎の3人を画面に並べて、美空の歌を)大人のムードでお届けします」(1984年12月24日放送での一コマ。因みに芳村は1935年生まれ、北島は1936年生まれ、美空は1937年生まれ、放送当時は全員40代後半であった) 
  • この他にも、その時の着物の絵柄から「月見草と団子」(芳村の顔を指して)、「チャイナ服はよほど自信がある人じゃないと着れませんよ」(チャイナドレス風のスカート姿で芳村が出演した際のセリフ)、「急に金髪が嫌いになりました」(芳村が金髪風のカツラを着用して登場した際のセリフ)など枚挙に暇がない。井上はかつてモデルであった青木エミと結婚していたことでも推察されるように、女性のファッションにもある程度の見識を持っており、これらの芳村への「茶化し」の中にもそういった見識がなければ瞬時に思い浮かばないセリフが多い。

ゲスト歌手関連[編集]

  • 「今日は『麦と兵隊』でも歌うの?」(西城秀樹が青年将校風の服装で登場した際のセリフ)
  • 「梓、寒さも彼岸まで」(お彼岸の頃の放送回に梓みちよがゲスト出演したことから出たセリフ)
  • 「めっきり暑くなってまいりましたね」(同じく梓みちよ関連。梓が露出度の高い衣装で登場した際に出たセリフ。ちなみに、このセリフを述べた時にはすでに季節は深い秋を迎えようとしていた)
  • 郵便受け百恵」(松田聖子初登場時、「ポスト山口百恵」の急先鋒として紹介する際に出たセリフ)
  • 「今日は○○さんで見事に年齢層が上がりました」(年配・ベテランの歌手が登場する際のセリフ。ダーク・ダックスなどが標的にされることが多かった)
  • 「下半身沈殿デブ」(山口百恵が「下半身の体型がふくよかであることを気にしている」との発言をした際に出たセリフ)
  • 「服がガッチャマンで、顔がガッチャマン」(芳村が「山口百恵の衣装が戦闘服みたい」と発言した際、当日の芳村の化粧に引っ掛けて出たセリフ)
  • 「丈夫な足してるじゃない」(中森明菜が風邪を引きやすい体質だという話の際、「か細い人は風邪を引きやすい」といった趣旨の話になり、明菜の足首のほうを見て発したセリフ)
  • 「冗談じゃ済まないよ!」(吉川晃司が過激な衣装でオープニングメドレーに登場した際に発したセリフ。もちろん本気で注意したのではなく、シャレの一環として出たものである)
  • 「(歌は)僕みたいに朗読すればいい」(極限の緊張状態に陥った中井貴一に発した、井上特有の毒舌混じりのフォロー)
  • 「かもめがかもめって言うかね? かもめが翔んだ日」(渡辺真知子が『かもめが翔んだ日』を歌う前、フォローの意味で発言したシャレ)

井上順を演じた俳優[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ウチくる』 2009年12月20日放送分より
  2. ^ 峰岸が逝去した際の追悼インタビューにて、本人談。
  3. ^ ウチくる2009年12月20日放送分より
  4. ^ 2007年9月放送 『ダウンタウンDX』にて本人談。
  5. ^ 文藝春秋2013年5月号「見た目が変わらない芸能人の生活習慣」
  6. ^ 「病に学んだこと - 井上順さん」『NHKきょうの健康』5月号テキスト102頁

関連人物[編集]

外部リンク[編集]