織田長政 (大名)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

織田長政(おだ ながまさ、天正15年(1587年) - 寛文10年2月18日1670年4月7日))は、大和戒重藩初代藩主。長政流織田家初代。

織田長益(有楽斎)の四男。正室は高田藩主・松平重直の娘。子は長定(長男)、政時(次男)、長女(大田原政清正室)、次女(高家旗本織田貞置室)の2男2女。通称は荘蔵、ト斎。官位は従五位下、丹後守、左衛門佐。

生涯[編集]

徳川家康の小姓となり、3,000石を与えられる。慶長10年(1605年4月16日、従五位下丹後守に叙任、後に左衛門佐に改める。

元和元年(1615年8月12日に父から大和・摂津国内で1万石を分け与えられる。長政は大和国式上郡山口村に陣屋を設置、後に戒重村に移転した。こうして大和戒重藩は成立する。同時に弟・尚長も1万石を分け与えられており、大和柳本藩を設立した。長益の長男(庶子)長孝は既に独立した大名(美濃野村藩主)になっていたこと、次男(嫡子)頼長豊臣家の部将であったこと、三男俊長は出家していたこと、もしくは不仲であったことから領地を分け与えられなかったと考えられる。

万治2年(1659年12月23日に隠居し、長男の長定に家督を譲る。以後、ト斎と号する。寛文10年(1670)2月18日死去、84歳。奈良県の慶田寺に葬られる。