旧淀川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧淀川
Hachikenya Osaka03-r.jpg
水系 一級水系 淀川
種別 一級河川
延長 13.83 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 -- km²
水源 毛馬水門(大阪市)
河口・合流先 大阪湾(大阪市)
流域 大阪府大阪市
テンプレートを表示

旧淀川(きゅうよどがわ)は、淀川毛馬水門(毛馬閘門)で南へ分岐する旧・淀川本流。

上流から大川(おおかわ)、堂島川(どうじまがわ)、安治川(あじがわ)が旧淀川として一級河川に指定されている。

地理[編集]

かつての淀川本流であるが、淀川放水路が開削された1907年明治40年)以降は旧川扱いとなっている。当初「新淀川」「淀川」だった呼び分けは、次第に「淀川」「旧淀川」となったが、旧淀川は上述の区間ごとの名称で呼ばれることが多い。

中之島より上流が大川、または天満川(てんまがわ)[1]、下流が安治川と呼ばれる。中之島では南北両岸に分かれ、北が堂島川、南が土佐堀川(とさぼりがわ)と呼ばれる。なお、河川調書では土佐堀川は別河川扱いとなる。

都島区毛馬町で淀川(新淀川)より分岐して南流、川崎橋をくぐると西流に転じ、東からは寝屋川が合流、天神橋の直前で、中之島の北へ堂島川、南へ土佐堀川となって分岐する。

堂島川はかつて大江橋の直前で堂島の北側へ曽根崎川を分岐していた。また、1878年(明治11年)には田蓑橋の上流側から大阪駅に向けて梅田入堀川(堂島堀割川)が開削された。しかし、曽根崎川は梅田入堀川より上流部が1909年(明治42年)の「北の大火(天満焼け)」で生じた瓦礫の廃棄場所になって埋め立てられ、1923年大正14年)には下流部も埋め立てられた。梅田入堀川も1967年(昭和42年)には全て埋め立てられ、阪神高速11号池田線オオサカガーデンシティの一部に利用されている。

土佐堀川は堂島川との分岐後すぐに南へ東横堀川を分岐、端建蔵橋の直前で南へ木津川を分岐する。かつては錦橋の直前で南へ西横堀川も分岐していたが、1962年昭和37年)に阪神高速1号環状線の建設のために埋め立てられた。

中之島より下流には、かつて淀川河口に蓋をするように九条島が横たわっていたが、1684年貞享元年)に河村瑞賢が水運と治水のために現在のような直線状に開削し、安治川と命名。九条島は分断され、安治川右岸側は西九条と呼ばれるようになった。沿岸の三角州には江戸時代半ば以降新田が作られたが、明治以降工業地帯へと変わっていった。

河底トンネルである安治川トンネルのエレベーター塔(安治川トンネル及び後述の渡船については大阪市の公営渡船を参照)付近より川幅が急速に広がり、大阪港の安治川内港が広がる。工場などの地下水くみ上げによる地盤沈下が著しかったため、1947年(昭和22年)より川の南岸を削ってかさ上げすると同時に埠頭を整備したもので、川幅の面では2kmほど北を並行する淀川(新淀川)と比べても遜色ない。

天保山大橋より下流の安治川南岸は明治以後の旅客港としての築港(ちっこう)で、最近まで高松市小豆島まで客船が通じていた。またUSJへも観光船で行ける。天保山の対岸、安治川北岸の桜島や梅町は、築港にやや遅れて造られた工業港の北港(ほっこう)で、天保山からは市営渡船で渡ることができる。

かつて築港は遠距離航路の拠点だったが、近年は本格航路のほとんど全てが戦後の埋立地にできた南港(なんこう)発着となった。

支流と分流[編集]

主な支流
支流 第二次支流 第三次支流 第四次支流 第五次支流
城北川(城北運河)  
寝屋川 恩智川 大西川 神宮寺川
水越川 上代川
新川 鬼虎川
音川 音川支渓
古川  
第二寝屋川 玉串川  
楠根川  
長瀬川  
平野川 今川 鳴門川
駒川
主な分流
大川 上流



下流
堂島川
安治川 土佐堀川
東横堀川 木津川
道頓堀川
木津川
木津川 尻無川
大阪湾

流域の自治体[編集]

橋梁[編集]

大川
堂島川・土佐堀川

BridgeOfNakanoshima.png

安治川

旧淀川と結合している河川[編集]

旧淀川は新淀川から分流して大川(天満川)となり、そして堂島川と土佐堀川の両河川に一旦別れて再び合流し、それが安治川、そして木津川、更にそこから別れた岩崎運河とそれに続く尻無川下流部へと進んでいく。このように旧淀川は最終的には三つの大きな流れとなって大阪湾へと注いでいくが、その間にそれらの流れから分流したり、あるいは合流したりする川や運河がいくつもある。それらの川は自然の川だったり人工河川だったりと実に様々であるが、多くは戦後の高度経済成長時に水質汚濁交通渋滞などの解決のため、行政主導もしくは住民側の訴えなどにより埋め立てられてしまった。

現在も残っている河川

現在は無くなった河川

流域の風景[編集]

上流より下流へ向かって並べいてる

流域の施設・関連行事[編集]

トピック[編集]

  • 天満橋から中之島を経由し、なにわ筋が交差する玉江橋まで、京阪中之島線が地下を通っている。中之島線の3駅では堂島川・土佐堀川からポンプで水を汲み上げ熱交換して空調に利用している。
  • 造幣局の通り抜けとは別に、建築家安藤忠雄などにより、毛馬水門から中之島一帯の旧淀川河原にを植栽する「平成の通り抜け」が提唱されている。
  • 旧淀川(大川)流域は巨大の三大生息地として釣り人に著名であり、川面を散策すれば平日でも釣客達に出くわす事が多い。三大生息地については八郎潟、霞ヶ浦、気仙沼など候補はあるものの旧淀川流域が外されることはない。巨大鯉の伝説をモチーフに採用した小説に宮本輝泥の河がある。
  • 以前は堤防上の遊歩道や公園に多くのホームレスがテントや小屋掛けをして住んでいたが、京阪中之島線建設工事や公園の改修工事に併せて排除されている。現在では毛間桜ノ宮公園等にわずかのテントが残るのみである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『角川日本地名大辞典 27 大阪府』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]