猿飛佐助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今治駅前の猿飛佐助像

猿飛 佐助(さるとび さすけ)は、講談立川文庫小説、ゲームなどに登場する架空の忍者。ただし、モデルとなった人物(上月佐助など)が実在したとする説もある(#架空説と実在説)。

概要[編集]

忍者ものの文学、講談などでは群を抜く知名度を持ったヒーローである。後、猿飛佐助をモチーフにしたキャラクターが、多くの小説や漫画などで生み出されている(#登場する作品#関連キャラクターを参照)。

生涯[編集]

立川文庫によると、信濃の鳥居峠の麓に住む鷲尾佐太夫という郷士の息子という設定で本名は井辺武助である。戸隠の山の中で猿と遊んでいるところ、戸澤白雲斎に見出されてその弟子となる。甲賀流の忍者だが、甲賀の里で修行したという下りがない。

真田幸村に仕え、真田十勇士の第一として登場。同じ十勇士で伊賀忍者の霧隠才蔵は、ライバルでもある。大坂夏の陣で徳川方に敗れた後、幸村と共に薩摩に落ちのびたという。

備考[編集]

立川文庫版の原作者が愛媛県今治市出身の山田阿鉄一族であることから、JR今治駅前に猿飛佐助の銅像が立っている。

架空説と実在説[編集]

司馬遼太郎は、小説『風神の門』において「明治末期~大正年間に立川文庫の作者達が創った」とする説を紹介し「猿飛佐助の命名は、玉秀斎を中心とした作家グループ達が行った」との説を補筆している。それを司馬は「半ば真実かもしれない」と理解を示した上で、「すでに江戸時代には大阪の庶民の間で語り継がれていた」とする岡本良一の異説を紹介し、『淡海故録』および『茗渓事蹟』を出典に「三雲新左衛門賢持の子、三雲佐助賢春が猿飛佐助である」と実在説を支持している。

清正実記には木下藤吉郎(豊臣秀吉)が金ヶ崎の戦いの退き口で殿(しんがり)を務めて浅井朝倉軍から追撃から逃げて京に至る朽木越えの際に猿飛仁助が率いる3000名の盗賊に襲われようとしていたとある。既に藤吉郎の軍は戦う気力さえなかった。この時に蜂須賀小六の配下の日比六大夫(日比野六大夫)は猿飛と旧知の仲だった故に猿飛に盗賊をやめて木下藤吉郎(豊臣秀吉)配下に入り一緒に天下を取るように誘った。猿飛仁助はこの説得に納得して木下藤吉郎(豊臣秀吉)の家来となった。それ以来、猿飛一族は太閤秀吉の天下取りの陰の力となり天下を取った。猿飛佐助とはこの猿飛仁助の子孫であると考えられる。

それ以外にも、伊賀下忍・下柘植ノ木猿の本名が上月佐助である事から、「上月佐助こそが猿飛佐助である」との実在説もある。これについては、大坂夏の陣後、徳川家康の命を受けたと思われる服部半蔵宗家が、本拠地の三重県柘植野を徹底的に殲滅・残党狩りをしており、「大坂夏の陣で当時の忍術(≒現在の諜報・特殊部隊)を駆使したことへの報復・恐怖の傍証」とも取れる。

登場する作品[編集]

年代順。

小説
『猿飛佐助』(織田作之助1945年
『忍者 猿飛佐助』(富田常雄1948年
『猿飛佐助』(柴田錬三郎1955年
風神の門』(司馬遼太郎1962年
『異聞 猿飛佐助』(中田耕治1963年
『草書本 猿飛佐助』(神坂次郎1972年
産霊山秘録』(半村良1973年
『真田十勇士』(柴田錬三郎)1975年

ほか多数

漫画
『猿飛佐助』(杉浦茂1954年-1955年
『さるとび佐助』(福田三郎) 1956年-1960年
『魔界衆』(横山光輝
真田十勇士』(本宮ひろ志1975年
『真田十勇士』(原作:柴田錬三郎 / キャラクターデザイン:石森章太郎 / 作画:すがやみつる)1975年
須平巣忍風帳』(石川賢1979年
『学研まんが 猿飛佐助』(中島昌利1980年
花の慶次』(原哲夫1989年-1993年
『真田忍術秘帖』(くもぎり太郎)『こんにちは劇場』収録1994年
真田くノ一忍法伝 かすみ』(原作:神林洋司、作画:平野仁2003年-2005年
BRAVE10』(霜月かいり
『新生真田十勇士』(亜樹新
GATE7』(CLAMP
演劇
 『真田風雲録』(福田善之1962年初演
映画
東宝『エノケンの猿飛佐助 ありゃありゃの巻、どろんどろんの巻』(演:榎本健一1937年-1938年
日活『猿飛佐助』(主演:フランキー堺1955年
新東宝風雲急なり大阪城 真田十勇士総進軍』(演:天城竜太郎1957年
東映長編漫画映画『少年猿飛佐助』1959年
東映『真田風雲録』(演:中村錦之助1963年
松竹『異聞猿飛佐助』(演:高橋幸治1965年
東映『猿飛佐助 闇の軍団』(主演:松方弘樹2004年
TMC真田くノ一忍法伝 かすみ 誕生!猿飛佐助』(演:前田万吉)2007年
GOEMON』(演:ゴリガレッジセール2009年
テレビドラマ
『天下の暴れん坊 猿飛佐助』 (主演:沢村精四郎) 1961年
忍びの者』(主演:坂口祐三郎1964年
『熱血猿飛佐助』(主演:桜木健一)1972年-1973年
猿飛佐助』(主演:太川陽介1980年
『風神の門』(演:渡辺篤史)1980年。
猿飛三世』(声:千葉真一)2012年
人形劇
真田十勇士1975年-1977年にNHK総合で放送。
アニメ
まんが猿飛佐助』1979年~1980年に東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放送。ただし、『テレビ東京20年史』では『猿飛佐助』と紹介されている。
SAMURAI DEEPER KYO2002年
新釈 戦国英雄伝説 眞田十勇士 The Animation2005年
MUSASHI -GUN道-』(モンキー・パンチ2006年
戦国BASARA』シリーズ(声:子安武人
BRAVE102012年
ゲーム
戦国無双2』(koei)
戦国BASARA』(CAPCOM)
パズル&ドラゴンズ』(ガンホー・オンライン・エンターテイメント

関連キャラクター[編集]

年代順。

猿飛佐助
二代目 猿飛佐助(上条明峰SAMURAI DEEPER KYO』)1999年~2006年
猿飛佐助(『猿飛三世』 演:伊藤淳史2012年
猿飛
猿飛猿助(藤子不二雄A忍者ハットリくん』)連載開始は1964年
猿飛エツ子(石ノ森章太郎さるとびエッちゃん』)アニメ版は1971年~1972年
猿飛悦子(石ノ森章太郎『人造人間キカイダー THE ANIMATION』)2000年~2001年
猿飛サユリ(永井豪『ゴエモン先生』)1979年~1980年
猿飛肉丸(細野不二彦さすがの猿飛』)1980年~1984年
猿飛八宝斎(細野不二彦『さすがの猿飛』)
猿飛アスマ岸本斉史NARUTO -ナルト-』)1999年~
猿飛ヒルゼン・三代目火影(岸本斉史『NARUTO -ナルト-』)
猿飛あやめ(空知英秋銀魂』)2003年~
飛猿
あずみ』(小山ゆう1994年~2008年
サスケ
大猿サスケ(白土三平サスケ (白土三平)』)1968年~1969年
流サスケ(黒岩よしひろサスケ忍伝』)1986年
ザ・グレート・サスケプロレスラー1990年デビュー、1992年改名。
からくり忍者サスケ(コナミがんばれゴエモン』シリーズ)
サスケ(カプコンキャプテンコマンドー』)1991年
サスケ(任天堂)『ジョイメカファイト1993年
ニンジャレッドサスケ(『忍者戦隊カクレンジャー』演:小川輝晃)1994年~1995年
サスケ(アスキー火星物語』)1994年~2000年
うちはサスケ(岸本斉史『NARUTO -ナルト-』)1999年~
サスケ(椎名高志MISTERジパング』)2000年~2001年
サスケ(古賀亮一ニニンがシノブ伝』)2000年~2006年
妖精サスケ(篠塚ひろむミルモでポン!』)2001年~2005年
ロジャー・サスケ(アルファ・システム式神の城II』)2003年
佐助
向井佐助『真田太平記』(池波正太郎
佐助『BEHIND MASTER』(坂本あきら

関連項目[編集]

  • サスケ - 曖昧さ回避。商品名、番組名などについては、こちらも参照。

外部リンク[編集]