さるとびエッちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

さるとびエッちゃん』は、石ノ森章太郎漫画、及びそれを原作とする日本テレビアニメ

内容[編集]

エッちゃんこと猿飛エツ子は小柄な小学生。しかし、猛スピードで走り、怪力を持ち、動物と会話できる、自称猿飛佐助33代目の子孫。そのエッちゃんが三つ葉小学校に転入、時にトラブルの種となり、時にトラブルを解決するコメディ作品。

原作[編集]

石ノ森原作で週刊マーガレット集英社)に創刊号より連載されていた『おかしなおかしなおかしなあの子』。後に単行本もアニメに合わせて改題された。

  • 第1部 「おかしなおかしなおかしなあの子」 昭和39年(1964年)9号 - 昭和40年(1965年)7号(42回)[1]
  • 第2部 「おかしなあの子」 昭和40年(1965年)10号 - 18号(8回)[1]
  • 第3部 「さるとびエッちゃん」 昭和40年(1965年)47号 - 昭和41年(1966年)8号(12回)[1]
その他

単行本[編集]

  • サンコミックス『おかしなあの子 さるとびえっちゃん』(朝日ソノラマ)全5巻
  • サンワイドコミック『おかしなあの子 さるとびえっちゃん』(朝日ソノラマ)全2巻
  • 愛蔵版『おかしなおかしなおかしなあの子 さるとびえっちゃん』(中央公論社)全2巻
  • 双葉文庫『さるとびえっちゃん』(双葉社)全4巻

アニメ[編集]

東映魔女っ子シリーズ
第3作 魔法のマコちゃん 1970年11月
- 1971月9月
第4作 さるとびエッちゃん 1971年10月
- 1972年3月
第5作 魔法使いチャッピー 1972年4月
- 1972年12月
さるとびエッちゃん
ジャンル テレビアニメ
放送時間 月曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1971年10月4日 - 1972年3月27日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NET東映動画
企画 宮崎慎一(NET)、籏野義文
演出 芹川有吾ほか
原作 石森章太郎
脚本 山崎忠昭ほか
出演者 野村道子
永井一郎
千々松幸子
ほか
オープニング エッちゃん」(増山江威子
エンディング エッちゃんが好きや」(熊倉一雄
テンプレートを表示

解説[編集]

1971年10月4日から1972年3月27日までの毎週月曜日19時 - 19時30分に NET (現:テレビ朝日)系列にて全26話が放送された。

時間帯としては『魔法のマコちゃん』の後番組に当たり、「東映魔女っ子シリーズ」の1つに数えられるが[1]、従来の作品と比較して絵柄や作品内容などに「少女向け」という要素は希薄になっている。

一方、サブキャラクターの犬のブクは、大阪弁をしゃべり、人語を解する設定となっており、その後の魔法少女アニメで一般的になる「主人公と会話ができるペット」の先駆的存在でもあった[1]

全エピソードの内、第4回・第6回・第14回はシリーズでも珍しい2話構成となっており、特に第14回Bパート「たのしくやろうエッちゃんかるた」は、全キャラクターをいろはがるたに例えて[2]紹介するという、シリーズ最大の珍作となっている。

2013年7月10日(水)午後11時45分、NHKBSプレミアム「手塚治虫×石ノ森章太郎 TV作品初回・最終回大集合!」にて、初回と最終回が放送された。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:宮崎慎一NET)、籏野義文
  • 原作:石森章太郎
  • 製作担当:原徹
  • 音楽:宇野誠一郎
  • 作画:上村栄司、田村晴夫、山口賢裕、小坂由美、村松美子、金田伊功、池田由美子、綾部重雄、奧山玲子、菊池貞雄、小田部羊一宮崎駿、金山通弘、壇合昇、小林敏明、篠原征子、伊藤良行 他
  • 背景:山口俊和、原田謙一 他
  • 仕上:森田博、岡田良明 他
  • 撮影:武田寛、町田賢樹、菅谷正昭、池田重好、片山幸男、目黒宏、与那原良明、山田順弘、林昭夫
  • 編集:古村均、本山収
  • 録音:波多野勲、神原広巳、二宮健治、高橋拓夫
  • 効果:大平紀義
  • 記録:井上ふみ子、黒石陽子、早見佐代子、的場節代、大橋千加子、高野ヒサ子
  • 選曲:賀川晴雄
  • 演出助手:佐々木勝利、寒竹清隆、福島一三、松橋英夫、磯本憲昭、大谷恒清、早川啓二、遠藤勇二、上島昭男
  • 製作進行:佐藤哲雄、久保田弘男、難波隆司、菅原吉郎、佐伯雅久、吉岡修、大野清、堀正春、隈要次郎
  • 現像:東映化学
  • 制作:東映動画(現・東映アニメーション)、NET

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 『エッちゃん
作詞 - 山元護久 / 作曲 - 宇野誠一郎 / 歌 - 増山江威子
エンディングテーマ - 『エッちゃんが好きや』
作詞 - 山元護久 / 作曲 - 宇野誠一郎 / 歌 - 熊倉一雄

※『エッちゃんが好きや』は、第9話や第19話ではブク役の永井一郎が歌っている。

各話リスト[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術
1 1971年
10月4日
おかしな転校生 山崎忠昭 芹川有吾 高橋信也 土田勇
2 10月11日 わたスのおうち 辻真先
山崎忠昭
勝田稔男 木暮輝夫 内川文広
3 10月18日 ママのさんかん日 雪室俊一 岡崎稔 永樹凡人 伊藤攻洋
4 10月25日 運動会がはじまるよー
ああ友情
山崎忠昭 高見義雄 横井三郎
5 11月1日 ヨチヨチあばば 辻真先 明比正行 古沢日出夫
6 11月8日 ブクよいずこ
二人はしあわせ
池田宏 小田克也 土田勇
7 11月15日 星から来た少年 雪室俊一 金子允洋 細田暉雄 内川文広
8 11月22日 近くて遠いふるさと 岡崎稔 香西隆男 辻忠直
9 11月29日 さよならとサヨナラ 辻真先 久岡敬史 木暮輝夫 内川文広
10 12月6日 お母さんの手 大谷恒清 山崎誠
11 12月13日 チビはチビでも 雪室俊一 岡崎稔 香西隆男 内川文広
12 12月20日 クリスマスだいすき 山崎忠昭 池田宏 永樹凡人 横井三郎
13 12月27日 雪山讃歌 辻真先 山本寛巳 細田暉雄 伊藤英治
14 1972年
1月3日
ここほれワンワン
たのしくやろうエッちゃんカルタ
山崎忠昭 勝田稔男 高橋信也 土田勇
15 1月10日 わが愛しのメリイ 辻真先 芹川有吾 落合正宗 横井三郎
16 1月17日 わたスの動物語教室 雪室俊一 佐々木勝利 永樹凡人 土田勇
17 1月24日 七色の夢映画の夢 金子允洋 細田暉雄
18 1月31日 オニはそと! ブクはうち! 辻真先 岡崎稔 香西隆男 内川文広
19 2月7日 ブクとチビマル 山崎忠昭 佐々木勝利 永樹凡人 横井三郎
20 2月14日 父ちゃんの家庭科 辻真先 芹川有吾 落合正宗
21 2月21日 おかしなおかしなお手伝いさん 押川国秋 池田宏 永樹凡人 内川文広
22 2月28日 ああ、神様...! 城山昇 勝田稔男 高橋信也 土田勇
23 3月6日 夢みる少女 岡崎稔 香西隆男 内川文広
24 3月13日 小さなお庭 大谷恒清 細田暉雄 土田勇
25 3月20日 狼少女エツ子 辻真先
山崎忠昭
佐々木勝利 永樹凡人 内川文広
26 3月27日 二人のエッコ 辻真先 芹川有吾 木暮輝夫 横井三郎

放送局[編集]

ほか

劇場版[編集]

前後番組[編集]

NET 月曜19時台前半
前番組 番組名 次番組
さるとびエッちゃん

その他[編集]

  • アニメ化以前の時期に、実写ドラマ化の企画が存在したが、実現しなかった[3]
  • すがやみつるは石森プロで、細井雄二、菅野誠(ひおあきら)、土山よしきとともに『怪傑ハリマオ』のトレースをしていた[4]が、次に「同人誌サークル『墨汁三滴』で丸っこい絵を描いていた」という理由で本作のキャラクター商品の絵描きを担当した(『エッちゃん』の漫画は描いていない)[5]。すがやは絵についてはまだ全て石森のチェックを受け、石森にデッサンなどを修正されることも多かったが、『エッちゃん』の仕事が認められたことにより、次に『仮面ライダー』の漫画を任されることになった。

その後のエッちゃん[編集]

  • 後に同じ石ノ森の漫画『幻魔大戦』で最終盤に登場する超能力者軍団の中に混ぜて、本作の主人公猿飛エツ子を登場させている。
  • 石ノ森原作の「人造人間キカイダー」を2000年からアニメ化した、「人造人間キカイダー THE ANIMATION」でも猿飛エツ子をモデルとした猿飛悦子というキャラクターが登場する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 「ヒーローファイル さるとびエッちゃん」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』 Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、73頁。ISBN 978-4-05-610166-9
  2. ^ 」は(一部を除く)全キャラが新年の挨拶をして「いちばんはじめがごあいさつ」、「」は花壇前にミコが登場したら花がしおれた所で「はなよりきれいな広岡ミコちゃん」など。中には、「」では頭上に老婆を乗せたエッちゃんが横断歩道を歩き「ろうじんはいたわるべし」、「」ではスキーをしたブクが横に滑って「へたのよこスキー」(「下手の横好き」のもじり)など、キャラと関係ないのも有った。そしてラストは今までのは広岡家のかるた会で、全札をエッちゃんが取ったというオチ。
  3. ^ 『懐かしのTVアニメ99の謎』二見書房、赤星政尚、早川優、高橋和光 ISBN 4576941992 68頁
  4. ^ 原稿が紛失していたため、『少年マガジン』掲載分の写真を撮り、その上からトレースするという方法で原稿を作り直した。
  5. ^ すがやみつるblog - 『仮面ライダー青春譜』第59回 - 第7章『仮面ライダー』騒乱記