マジンガーZ対デビルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マジンガーZ対デビルマン
監督 勝間田具治
脚本 高久進
原作 永井豪とダイナミックプロ
製作 登石儁一
出演者 石丸博也田中亮一松島みのり
音楽 渡辺宙明三沢郷
主題歌 水木一郎コロムビアゆりかご会「空飛ぶマジンガーZ」
撮影 平尾三喜、目黒宏
編集 古村均
製作会社 フジテレビテレビ朝日東映
配給 東映
公開 1973年7月18日
上映時間 43分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

マジンガーZ対デビルマン』は、1973年7月18日東映まんがまつりの一編として公開された日本のアニメーション映画

概要[編集]

永井豪原作の『マジンガーZ』と『デビルマン』のクロスオーバー作品。テレビアニメ版『デビルマン』は本作公開時点では終了していたため、『Z』の世界にデビルマンらがゲスト出演する形となっている。『Z』の映画作品としては、本作以前に東映まんがまつりにおいてテレビ版第5話が公開されていたが、劇場オリジナル作品としてはこれが初であると同時に、今日では定番となっているテレビアニメの劇場公開用オリジナル作品の先駆けでもある。

本作以前のヒーローものでのクロスオーバーは、『帰ってきたウルトラマン』におけるウルトラマンウルトラセブンの登場や『仮面ライダーV3』での仮面ライダー1号・2号の登場といったシリーズ内での登場や、『キングコング対ゴジラ』(怪獣対怪獣)のような同じジャンルでの共演などが殆どであったが、本作では巨大ロボットと変身ヒーローという異色の組合せとなっている。以下のロボットもの(マジンガー、ゲッターなど)はフジTV系列で統一されているが本作の『デビルマン』だけがNET系列の作品であり、実現は難しいと思われていた。しかし『デビルマン』のTV放送が既に終了していた事や原作者の希望でNET系側からの認可もおり実現する事になった。後に前述の局の組み合わせで『グレンダイザー鋼鉄ジーグ』の企画もあったが これは実現しなかった。代わりに作られたのがフジTV系列で統一された『UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー』である。

本作のもう一つの見どころとして、テレビ版に先駆けてのジェットスクランダーの登場が挙げられる。以降の劇場版マジンガーシリーズではテレビ版を先取りした展開が恒例となる。

本作のジェットスクランダーは尾翼のマークが「Z」であるなどテレビ版とデザインが少々異なり、翼のポジションもマニュアル操作(テレビ版はオートマチック方式)である。『デビルマン』側においてもシレーヌのデザイン設定がテレビ版と異なる(テレビ版の設定は白土武、本作は角田紘一)ほか、デビルマン・不動明の設定もテレビ版より原作に近いものになっており、魔将軍ザンニンが「悪魔の秘密を知り、悪魔の能力を得た不動明、いやデビルマン」と発言し、シレーヌが光子力研究所を襲撃する際の台詞も原作のものを引用している。不動明も「デーモン・ハンター」を自称している。

なお、タイトルでは「対」となっているが、実際には主人公・兜甲児と不動明のバイクレースがあるのみで、マジンガーZとデビルマンの「対決」は描かれていない(当時の子供たちの期待を裏切ったことに対し、永井は後に「つい」の意味だったと説明している)。しかし本作以降、実際には対決していないものであってもタイトルに「対」もしくは「VS」と付けられるクロスオーバー作品が多数登場している。

キャスト[編集]

光子力研究所[編集]

デビルマンと仲間たち[編集]

機械獣軍団[編集]

妖獣軍団[編集]

なお、新規に妖獣ブゴ以外に妖獣シュラバの登場予定があり、永井のラフ画が存在する。しかしシナリオ決定時には登場は無くなっていた。

登場した機械獣[編集]

  • 対マジンガーZ
    • ザウルスF1
    • ブラッガーS1
    • デモンガーJ5
    • バルバドスF7
    • バイアンS2
    • ゴーストアームV10
    • トロスD7
    • ブリマスW5
    • スクラルドB7
    • マグダスJ3
    • バリアスB5
    • マンテスK9
    • ヘッドホークM3

機械獣の案は殆ど石川賢がラフを起こし、角田紘一がアレンジを行った。

登場メカ[編集]

  • 飛行要塞ナバローン
    • 飛行要塞グールに先立って建造された機械獣輸送用の飛行母艦。地獄島の大地を割って登場した。グールと異なりずんぐりとした機体形状で、コクピットに乗れるのは操縦士2名のみ。コクピット部分は分離して飛行可能。ミサイル発射管8機、ビーム砲2門、暴風発生装置、熱線砲1門を持ち武装ではグールよりも強力だが機動性能が劣り、マジンガーZに後方に回り込まれるとなす術も無く撃破されてしまった。

製作・スタッフ[編集]

  • 製作:登石儁一、フジテレビマジンガーZ)、NETテレビデビルマン)、東映
  • 製作担当:茂呂清一
  • 企画:有賀健、勝田稔男
  • 原作:永井豪とダイナミックプロ
  • 脚本:高久進
  • 音楽:渡辺宙明マジンガーZ)、三沢郷デビルマン
  • 原画:奥山玲子、金山通弘、小田克也、木野達児、菊池貞雄、窪詔之、小松原一男、白土武、中村一夫
  • 動画:森英樹、小林敏明、小川明弘、坂野隆雄、薄田嘉信、服部照夫、阿部隆、長沼寿美子、山田みよ
  • 背景:勝又激、赤保谷アイ子、勝俣希公美子、柿沼雅人、福田和矢、佐野光成
  • 演出助手:遠藤勇二
  • 製作進行:吉岡修
  • トレース:入江三帆子、黒沢和子
  • 彩色:矢部和子、宮城邦子
  • セログラフ:小鯨正豊、森田博
  • 特殊効果:浜桂太郎、佐藤章二
  • 撮影:平尾三喜、目黒宏
  • 編集:古村均
  • 録音:神原広巳
  • 選曲:宮下滋
  • 効果:畑英彦
  • 記録:大橋千加子
  • 録音スタジオ:タバック
  • 現像:東映化学
  • 美術監督:浦田又治
  • 作画監督:角田紘一
  • 演出:勝間田具治

主題歌[編集]

  • 空飛ぶマジンガーZ
作詞:高久進/作曲・編曲:渡辺宙明/歌:水木一郎コロムビアゆりかご会
TVサイズとは編集が異なる劇場サイズが本作のために作られた。1989年発売のCD「マジンガーZ SONG & BGM」に「空飛ぶマジンガーZ」劇場サイズ~オープニング・タイトルBGMと繋がるヴァージョンが収録されている。

映像ソフト[編集]

同時上映作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「DVD & VIDEO Selection」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 102頁、 雑誌コード:01843-05。

関連項目[編集]