地球へ…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地球へ…
ジャンル 超能力SF漫画
漫画
作者 竹宮惠子
出版社 朝日ソノラマ
角川書店
中央公論社
嶋中書店
スクウェア・エニックス
掲載誌 マンガ少年
レーベル サンコミックス
愛蔵本
竹宮惠子全集1〜3
中公愛蔵版
中公文庫コミック版
アイランド・コミックス
GFC SUPER 新装版
発表号 1977年1月号 - 1980年5月
巻数 全5巻(サンコミックス)
全2巻(愛蔵本)
全3巻(竹宮惠子全集1〜3)
全1巻(中公愛蔵版)
全3巻(中公文庫コミック版)
全3巻(アイランド・コミックス)
全3巻(GFC SUPER 新装版)
話数 全28話
ラジオドラマ
ラジオドラマ
放送局 NHK-FM放送
番組 NHK-FM夏期特集・ステレオ劇画
発表期間 1979年7月23日 - 7月28日
アニメ
アニメ
原作 竹宮惠子
監督 ヤマサキオサム
シリーズ構成 西園悟
脚本 西園悟、堺三保、根元歳三
出渕裕大野木寛佐藤大
森田繁面出明美山崎理
ヤマサキオサム
キャラクターデザイン 結城信輝
メカニックデザイン 石津泰志、柳瀬敬之、松本秀幸
音楽 高梨康治
アニメーション制作 南町奉行所東京キッズ
製作 毎日放送スカパーWellthink
ANIPLEX
放送局 毎日放送、TBS系列
放送期間 2007年4月7日 - 9月22日
話数 全24話
漫画(その他)
漫画:〜青き光芒のキース〜
原作・原案など 竹宮惠子
作画 林ふみの
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 月刊Gファンタジー
発表号 2007年6月号 - 2008年3月
巻数 全2巻
話数 全10話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画ラジオアニメ

地球へ…』(テラへ)は、竹宮惠子による日本SF漫画作品、およびこれを原作とした派生作品。第9回(1978年星雲賞コミック部門、第25回(1979年小学館漫画賞少年少女部門を受賞。

概要[編集]

月刊マンガ少年』(朝日ソノラマ)に1977年1月号から1980年5月号にかけて連載された。全4部構成。1995年には文庫化し、2006年の時点では10版まで出版されている。2007年4月6日には新装本が出版された。

当初は3回で終了する予定でスタート[1]し、第4話で一旦第1部が完結。その後、断続的に第4部まで3年半にわたり連載が続いた。竹宮は夢に見た“涙を流すナキネズミ”のイメージを元に第1部を描き、初期構想では第1部のみの短編にするつもりだった。また、当初は竹宮とメカデザイン担当ひおあきらとの合作になる予定であったが、「地球へ…」と同じソノラマのコンバトラーV単行本〆切をひおが半年遅らせていたため、担当が許可しなかったせいで合作は幻に終わった[2]

マンガ少年に最終回が掲載されたのは1980年5月号で、その直後の1980年4月26日にアニメ映画が公開された。単行本化の際には、雑誌掲載の原稿に加筆、修正がなされた。第4部には大幅な修正が行われ、S.D.の解釈などが雑誌掲載時と異なっている。

ラジオドラマ版(1979年)、アニメ映画版(1980年)、テレビアニメ版(2007年)がある。

あらすじ[編集]

現代から遠く離れた未来―S.D.Superior Dominance:特殊統治体制、西暦3千数百年)の時代。人類はスーパーコンピュータによる完全な管理の下、子供を教育する専用の惑星と、社会を営む大人の惑星とに分かれていた。

地球から遠く離れた植民惑星アタラクシアで育った少年ジョミー・マーキス・シンは、『目覚めの日』(=14歳の誕生日)の数日前から不思議な夢を見ていた。1人の盲目の美少女と青い髪の若者が会話している場面である。

そして『目覚めの日』、成人検査の最中に、夢に出て来た青い髪の若者に助けられた。実は成人検査とは、社会人としての適性を検査し、過去の記憶を消され洗脳されると同時に、超能力を持つ新人類「ミュウ」を発見し社会から排除するためのものでもあった。“不適格者”(=ミュウ)と診断されたジョミーは抹殺されそうになるが、そこへミュウの手助けが入り、混乱の中ミュウの船へ迎えられることとなる。実はジョミーもミュウだが、繊細なミュウには耐えられないとされる諸検査を、その強靭な精神力でことごとくクリアしていたのだ。

夢の若者の正体は、当代のミュウの長ソルジャー・ブルー。彼らは長年にわたりミュウの人権を訴えてきたが、願いは叶わず、仲間を増やしつつ統治機構がある地球を目指していた。ジョミーは最初は戸惑い、抵抗心剥き出しだったが、障害の補完として超能力を持つ他のミュウとは違って“健常者かつミュウ”である事から、新しいソルジャー(ミュウの長の称号)となるようブルーに請われ、彼の記憶と精神を受け継ぎ“ソルジャー・シン”となる。

一方、統治者候補で“無垢な者”としての養育を受け、執行機関「メンバーズ・エリート」の一員となったジョミーと同い年の青年がいた。彼の名はキース・アニアン。親友サム達とは違い、成人検査を受けた記憶も幼い頃の記憶も一切持たない彼は、様々な出来事の中で、徐々に自身の正体とミュウの廃絶の可能性の有無を見出しながら出世コースをひた走る。

この2人の接触は、十数年にもわたるミュウと人間の戦いと、地球の新時代の幕開けに繋がる様々な事件を引き起こすこととなる。ミュウも人間も葛藤し、悩み、苦しみ、悲しみを味わいながら、戦いに身を投じていく。

果たして、ジョミー達ミュウは地球(テラ)へたどり着くことができるのか……?

世界観[編集]

科学の発展により文明が高度化し、ワープ航法によって宇宙へ旅立つことができるようになった時代、「人類が地球を窒息させている」と結論付けた一部の人間の考えにより、人類の手ではもはや修復不可能なまでに進んだ環境破壊で生命滅亡の淵にある地球を再生するため、全ての人間がマザーコンピュータとともに植民惑星へ退去した。

人類は出生から成長、死に至るまですべてコンピュータによって完全に管理されていた。無作為に選び出された精子卵子を受精させ、人工子宮により『赤ん坊』として生きられるようになると、無作為に選ばれた養親によって『目覚めの日』(=14歳の誕生日)まで安心かつ健全、しかも画一化された教育惑星で育てられる。『目覚めの日』前後になると、星のマザーコンピュータによって《成人検査》が行われ、今までの記憶の消去と地球人として生きるための知識の注入を受け、“大人”としての教育を受けるべく、さらに高度な教育が受けられる“エデュケーショナル・ステーション”に送られる。

しかし、成人検査をパスできない人もいる。また、この成人検査の過程で誕生するのは“大人”とみなされた人間だけではない。超能力保持者“ミュウ”も誕生させていたのだ。ほとんどのミュウは、感情過多などの兆候からESP(エスパー)チェックにより深層心理まで分析され、排除されてきた。だが、管理体制の実態を見抜き脱出に成功したミュウ達は集団を作り、人類にミュウの存在を認めるよう働きかけてきた。しかし、その願いは未だ通じていなかった。

登場人物一覧[編集]

括弧内は登場した後の、最年少時から最後までの年齢である(原作のみ)。年齢が不詳な人物については記載しない。の項は映画版 / テレビアニメ版の順。1人しか記載されていない場合は特記ない限りテレビアニメ版のキャストとし、それ以外のものは別途記載する。

原作[編集]

ジョミー・マーキス・シン(13歳→45歳)
声 - 井上純一 / 斎賀みつき / 富山敬(ラジオドラマ版)
本編のミュウサイドの主人公。育英都市アタラクシアの出身。潜在的なミュウとして14歳まで生きてきた。感情過多であるため、幾度かESPチェックを受けてきたが、“無い”とまで自嘲する太い神経、タフな精神と潜在的な強い思念波のお陰で潜り抜けてきた。他のミュウとは違い、欠けている部分のない健常者であり、人類の太く短い生命力とミュウの細く長い能力を兼ね備えた存在であることからソルジャー・ブルーに見出され、余命わずかの彼の後を継ぎ、ミュウの新しい長『ソルジャー・シン』となる。そしてブルーの遺志を継いで、ミュウが長年目指してきた地球(テラ)へ向かうこととなる。
最初はその乱暴な性分から他のミュウ達に疎まれてきたが、様々な訓練や勉強を経てカリスマ性の高いリーダーになってゆく。その卓越した行動力と強大なESP能力で、仲間の危機を救うために飛び出すこともしばしば。また様々な経験を経て策士としての冷静さも兼ね備えるようになっていき、当初は反発されていたハーレイからも「戦士(ソルジャー)だ」と高く評価されるようになる。感受性が豊かなために感情を表に出しやすいミュウ達を懸命にリードし、まとめあげた。
14歳以降外見は変わっていない。途中、ナスカでの地球軍との衝突がきっかけで全失明失語失聴となり、それからはテレパシーでコミュニケーションをとっている(TVアニメ版ではそれらの喪失は免れている)。
長老達はESP能力でバリアを張らなければならない惑星ナスカの希薄な大気にその強靭な肉体と精神力で適応した。また、地球でS.D.体制の敷かれた特別個室(室内の強烈なエネルギーに、長老達ばかりかトォニィすらも悲鳴を上げたほど)にも適応した。
ナスカで安穏と生きる道を絶たれ、多くの同胞を助けられなかった悲劇は、遠回りしながらも、彼に『地球へ帰ること』の重要性を改めて認識させた。
破壊寸前のグランドマザーに精神を支配されたキースによって射殺される。最後の言葉は「キース、地球を頼む」。しかし、直前で精神が肉体から分離し、コンピュータ・テラを停止させたキースの「そこにいるんだろう?今度こそ俺を殺せ」という言葉を受け、苦痛を伴わないように殺す。
映画では、キースに致命傷を負わされるものの辛うじて生きており、二人でコンピュータ・テラの前に落ちる。最後の言葉は「キース、逃げろ」。
TVアニメ版ではグランドマザーを破壊したものの、隙を突かれてグランドマザーの最後の攻撃で致命傷を負い、助けに来たトォニィを次期ソルジャーに任命した後果てた。最後の言葉は「の最後には希望が残ったんだ」。
名前の由来は、原作者が読んでいたSF小説『スラン』(A・E・ヴァン・ヴォークト作)の主人公にちなむ[3]
キース・アニアン(15歳→45歳)
声 - 沖雅也 / 子安武人
本編の人類サイドの主人公。機械(マザー)の申し子・鉄面皮などと評されるエリートだが、喜怒哀楽の内“怒”と“哀”の感情は誰よりも強い。ジョミーの最大のライバル。地球のどこにいても一目置かれ、一線を画される存在である。
育英都市トロイナスの出身となっているが、幼少時代の記憶及び受けたはずの成人検査に関する記憶を一切持っていない。エデュケーショナル・ステーションでの教育を終えた後は「メンバーズ・エリート」に選出され、その頭角を現して目を見張るスピードでエリートコースを昇進していく。ステーションでの教育過程からミュウと遭遇し、幾度も対決していくことになる。さらに、様々な事件のなかで幾度も葛藤を繰り返しながら、マザーが期待していた通りの成長を続ける。そして、最終的には地球の総帥となり、ジョミー達ミュウの前に立ち塞がる。
20年近くにわたるミュウとの対決の中で、自身の出生の秘密やミュウ発生の原因が人類の遺伝子自体にあること、そしてその素因子の排除の可否、さらには地球そのものの秘密を知ってゆくこととなる。その中で、ミュウの女性フィシスに不思議な縁を感じるようになっていく。
背後に立った者を反射的に撃つよう訓練されている。
実は、フィシスの卵子を元に生み出された、遺伝子上の“フィシスの実子”。15歳まで人工子宮で育ち、知識は脳に直接刷り込まれていた。統治者候補たる「無垢なる者」の1人である故に養親はおらず、成人検査も受けていなかった。
1人の人間としても、1人の統治者としても、ジョミーとは対照的な存在である。マツカとサム以外に心を許せる存在がおらず、表面上は“地球国家元首”という究極の要職に就いても、2人のいない場所では常に孤独だった。
最後までジョミーをライバル視しており、ミュウの存在を認めながらも受け入れようとはしなかった。ジョミーがグランドマザーと戦っている時、彼の心も一緒に戦っていたというが、後もう一歩というところでグランドマザーの思念波に操られ、ジョミーを殺してしまう。正気に戻った直後、それまで心に燻っていた機械への疑念が爆発し、これまで従ってきたコンピュータによる自分の意思への介入を拒絶する。グランドマザーが破壊された後、コンピュータ・テラを停止させ、地球を自然のままにし、機械の管理から離脱することを選択する。その後、精神体として《生きていた》ジョミーの手で殺されることを望んだ。
映画版ではジョミーを大切な同胞として受け入れる。しかし、原作同様グランドマザーに操られ光線銃でジョミーに致命傷を負わせてしまう。正気に返ってジョミーを抱えて逃げようとするが、2人一緒にコンピュータ・テラのもとへ落下。ジョミーの「逃げろ」という言葉を無視、最期はコンピュータの束縛を拒否し、キース・アニアンという1人の《人間》として、自分の意思で死を選んだ。
TVアニメ版ではグランドマザーの攻撃で致命傷を負い、死の間際にセルジュに地球軍の指揮権を託した後、ジョミーと共に果てる。最後の言葉は「最後まで私は独りか…」。ただし、セルジュやマツカなどのキースを慕っている部下の存在を考えると、決して前二作の様に独りではなかったようである。
2007年7月に行われた「テラFes2007」での質問コーナーによれば、名前の由来は“キム・ボール・キースン”という俳優の名から取ったと竹宮は語っている。このような名の俳優はいないので、『レンズマン』のキムボール・キニスンと取り違えている可能性がある。
ソルジャー・ブルー(14歳→約300歳)
声 - 志垣太郎 / 杉田智和 / 石原良(ラジオドラマ版)
ミュウの中で最も長く生き、長としてミュウ達を束ねてきた。虚弱体質で聴覚に障害があり、耳にはヘッドフォン型の補聴器を付けている。TVアニメ版では、さらに銀髪に赤い瞳というアルビノの特徴が加わっている。ただし、第1期オープニングの一部では目が青色である。これについては、原作者も正しい決まりはないと言っている。補聴器は彼の記憶が記録されており、後にジョミーに託された。3世紀もミュウとして生きたといわれるが、青年としか思えない外見を保っている。若く見せたがるのはミュウ全体に見られる傾向だと称する。
ジョミーに、ミュウが発生する原因が成人検査にあることを告げ、自身が実験体として悲惨な日々を送り続けてきたことを告白している。寿命が潰える直前にその意思をジョミーに託し、ジョミーの能力を開花させる。地球への強い思いを残したままアタラクシアで逝くが、死んでもなおジョミーの中で生き続けている(ジョミーが意識し続けている)。時折束縛された姿でジョミーの心に登場するのは、実験体としての彼の姿である。
TVアニメ版ではミュウ達を一人でも多くナスカから脱出させるため、惑星破壊システム・メギドに潜入。命と引き換えにこれを破壊した。なお、この時残されたヘッドフォン型の補聴器が唯一の遺品となり、“ソルジャーの証”としてジョミーに受け継がれる事となる。
名前の由来は「テラFes2007」での原作者のコメントによれば「ソルジャー・ブルーを撃った男」という映画からとのこと。これは原作者による『ソルジャー・ブルー』と『リバティ・バランスを射った男』という2本のアメリカ映画の混同と類推される。
トォニィ(0歳→22歳)
声 - 古谷徹 / 杉山紀彰
声(少年) - 川島千代子 / 喜多村英梨
惑星ナスカで、母体によって生まれた初めての子であり、後に「ナスカチルドレン」と呼ばれる者達の中心人物。オレンジ色の瞳と髪の毛を持つ(普通の人間の体毛瞳孔ではありえない色であるため、キースに気味悪がられた)。3歳の時、ある事件で昏睡状態に陥るが、12歳前後の肉体に成長して覚醒する。それ以後も急激な肉体成長を続け、最終的に成人する。本人曰く『(ジョミーと同じ)完全なミュウ』
彼を覚醒させようとしていたフィシスから、《彼女から逃れるために》知識と予知能力を習得し、彼女の正体すら見抜いてしまう。しかし、精神の成長が肉体に伴っておらず、精神年齢は生きてきた時間とほぼ同じでしかない。ナスカで生まれた子供特有の強い思念波を持つ。
彼にとってジョミーは『グラン・パ』(おじいさん)であり、両親以上に尊敬すべき『親』であり、目指すべきベクトルである。だが、自分を放ってリオやハーレイと行動するジョミーに怒りを感じ、リオとハーレイに嫉妬したりしている他、ジョミーと別れたりジョミーに嫌われたりすることを最も恐れている。TVアニメ版では更に、ジョミーを「へなちょこ」呼ばわりしてトォニィをリーダーにしようとけしかける他のナスカチルドレンに対し、怒りを露わにして一喝する場面もあった。
キース・アニアンを2度も死の淵まで追い込んだ唯一の人物である。最初は3歳の時。幼くしてキースを無理やり自供させるほどの類稀なESP能力と高度な知能を現しており、《殺意》というものもこの時すでに知っていた彼は、キースを殺害しようとした。それが後に実母カリナを死なせてしまうきっかけとなるが、本人はそれをキースとフィシスのせいだと考えている。ゆえにキースはもちろん、キースと通じ、ソルジャー・ブルーに能力を与えられただけの人間に過ぎなかったフィシスも激しく憎悪している。
2回目はジョミーと共に地球へ降りた時。S.D.体制の敷かれた個室でひとり眠りにおちることができなかった彼は、キースを探し出し寝室で彼を心停止状態にまで追い込む。最後には、ジョミーへの思いを残しながら宇宙の果てへ飛んでゆく。
TVアニメ版では、ジョミーによって後継者に指名され、三代目のソルジャーに就任。両親、恋人、そして自分を導く者といった人の絆の深さと大切さを知った彼が、その後ミュウと人類を正しく導いた様子が暗示されている。
フィシス(15歳→96歳)
声 - 秋吉久美子 / 小林沙苗 / 池田昌子(ラジオドラマ版)
ミュウの美少女占い師。生まれつきの盲目で予知能力に秀でている。ブルー、ジョミーと歴代のソルジャーに常に仕え、提言を与えている。占いは占い用のターフル(オランダ語でテーブルの意)で行われ、占いの結果は概ね当たる。
また、なぜか銀河系や地球の外観を知っている。謎の多い女性で、物語上の重要な意味を担う存在である。キースとは敵同士であるにも関わらず情報を与えてしまい、トォニィを目覚めさせようとして却って逃げられ、能力や知識を吸収され、正体すら暴かれてしまう。しかし、その正体を最初から知っていたソルジャー・ブルーにとって、彼女は『女神』である。
ジョミーの願いから、唯一ジョミーを本名で呼ぶ。
キースの遺伝子上の母親。『息子』キースと直接接触した時には、本人の意志に関係なく心を読まれてしまった。実は『無垢なる者』の候補者として15歳まで人工子宮で育てられ、知識は脳に直接刷り込まれていた。銀河系や地球のイメージも刷り込まれた物である。地球のイメージは『無垢なる者』の候補者が地球に忠誠を誓うために刷り込まれており、『無垢なる者』の候補者の特徴でもある。
たとえトォニィに嫌われても、彼を始めとする『ナスカの子』達を我が子のように心配した。それは休む時間もろくに与えず、ひたすら彼らを戦場に送り込むジョミーに自ら忠告を行なったほど。
ESP能力はすべてソルジャー・ブルーから極秘に与えられたものである。人類とミュウをつなぐ『女神』であってほしいというブルーの願いは、皮肉にも地殻変動で滅びつつあった地球でかなえられることになる。
なお、映画版では彼女がキースと遺伝学上の親子であっても、あくまで《ミュウのフィシス》として紹介されている。
ジョナ・マツカ(17歳→39歳)
声 - 薬師丸ひろ子 / 高城元気
ミュウであることを隠し、人間社会に溶け込んでいたミュウ。控えめで大人しい性格。キースを殺そうとするが、反撃されてしまう。その後、助命される代わりに無理矢理キースの副官にされ、彼の片腕として共に人生を歩むことになる。ジョミーやブルーらと同様に、外見年齢は変わらない。
だが、己の能力を恐れ、己を殺しながらエリートコースに在籍していたため、ミュウのESPによる殺傷能力の強さや通常の人間の3倍もあるといわれる寿命のことも知らない。
最初は嫌々ながらキースに従っていたが、やがてその関係は徐々に変わってゆくことになる。地球政府では少尉の階級を与えられる。名前の由来は、原作者によれば、女の子っぽい名前として「ジョナ」、変わった音にしたいから「マツカ」とのこと[3]
彼がキースに仕えて良かったと本気で思えるようになったのは、ミュウとの対談を翌日に控えた夜のこと。サムの死や実母フィシスへの想いから流したに満たされたキースの心を見た瞬間だった。
それから数時間後、キースを襲撃したトォニィを辛うじて撃退するも、右半身を引き裂かれてしまう。そして、心停止状態だったキースを最後の力を振り絞り蘇生させた。殉職したため大尉に二階級特進した。
映画版ではミュウとして基地内を追われ、隠れていたところをキースに発見される。幸運にもキースが面倒を看てくれることになったため、キースに心底感謝し、彼に尽くす。なお、ミュウとしての知識や自覚がない設定は原作通りである。
セキ・レイ・シロエ(15歳)
声 - 神谷明 / 井上麻里奈
キースと同じステーションに在住していた、エリートでありながら機械によって制御された社会を強く拒み、憎んでいた少年。育英都市エネルゲイア出身のジュライ・グレード(7月生)。自分を慈しんでくれた「母」に関する記憶を成人検査で奪われた事をひどく悲しみ、テラズ・ナンバーやマザー・イライザなどの管理コンピュータを憎んでいる。
キースやサムを蔑むような態度を常にとる小生意気な子供でありながら、勉強に精を出してエリートとしての道を歩むという、一見矛盾しているが筋の通った行動をとっている。
やがて、キースが幼少時代の記憶が全くないことを知った彼は、キースを陥れるため、その素性を探るべく行動を開始する。そして、キースの出生にまつわる真実を告白することになる。出番は少なかったが、物語の位置づけとしては比較的大きな存在である。
当初から《要注意人物》に挙げられていた。やがて、キースの行動を調べていく内に監視は強化され、成人検査後にESP検査を受けるという前代未聞の事態に陥る。精神的・肉体的に負担を負った彼は、禁止事項を言葉に出すと心臓周辺を圧迫するベルトにより束縛を受けていたが、キースの前で彼の正体を暴露する。
その後逮捕され、ステーションから逃亡を図るが、キースに撃墜される。この時、キースは涙を流した。ラストでのミーシャの記憶の画に彼も入っている。
サム・ヒューストン(15歳→45歳)
声 - 石丸博也 / 羽多野渉
幼少時代はジョミーの幼馴染で、ステーションではキースの唯一の親友となる。ガキ大将タイプで、面倒見が良い優しい男。
その人間関係が災いして、ミュウと人類の運命に翻弄されることになる。
宇宙からナスカを警備していた時、ジョミー達ミュウに遭遇。人類の敵ミュウの長となり、14歳の頃と見かけが全然変わっていないジョミーを「化け物」呼ばわりしてしまい、挙げ句に殺害しようとしてしまう。
しかし、長老達によってナスカでの記憶が消された彼は地球政府によって発見される。記憶を消されたショックで精神破綻を起こした彼は幼児退行を起こし、成人検査以前の記憶しか残っていなかった。これ以後、親友キースとは付き合い方が変わるものの、亡くなるまでキースの心の拠り所となった。
ジョミーとキースとの会談を翌日に控えたS.D.599年12月、長年入院していた病院にて死去。死因は雨に打たれ続けたことによる急性肺炎。皮肉にも、亡くなるまでの間、ナスカでジョミーと接触した23歳のままの姿で生き続けた。これは「心が若かったため」とされる。
TVアニメ版では、幼児退行後のシーンにて映画版のOPを口ずさんでいる。
スウェナ(15歳)
声 - 増田ゆき
キースの同級生で、教育ステーションE-1077でエリートコースに所属する少女。TVアニメ版ではスウェナ・ダールトンという名で登場し、原作以上に活躍する。
誰もがメンバーズ・エリートになると思っていたが、宙港の技師と恋に落ちて結婚する。このため、エリートコースから一般人コースに所属を切り替え、E-1077から去ることになる。
TVアニメ版では、サムと共にアタラクシアの学校でのジョミーの同級生であり、同時にステーションでのキースの友人でもあった。キースに惹かれていたが恋に破れ、原作と同じく結婚のためステーションを去る。後にレティシアという女の子の養親になるが、離婚により自動的に親権を失ってしまう。その後はジャーナリストとして地球政府やS.D.体制の裏の部分を解明しようと走り回るようになる。サムが入院している病院で何度もキースと接触している。
TVアニメ版では、メールを通じてキースからあるデータを受け取る。それはミュウとS.D.体制に関するキースの演説の映像だった。彼女はそれを全世界に放送し、S.D.体制崩壊のきっかけを作った。
リオ
声 - 三景啓司 / 浪川大輔
ミュウの1人。先天性の言語症を持ち、テレパシーで会話する。ジョミーの左腕。
ジョミーが初めて肉体的に接触したミュウであり、彼の優しさを心から理解している、初めての良き理解者であり、味方でもある。
キャプテン・ハーレイ
声 - 野田圭一 / 小杉十郎太
ミュウの長老の1人。宇宙船船長なので“キャプテン”の肩書き付きで呼ばれる。ブルー亡き後、ジョミーの補佐を務め、ジョミーの右腕として辣腕をふるう。時に暴走するジョミーを諌める一方で、彼の実力と才能を認めている。
外見は壮年でソルジャー・ブルーより遥かに年上だが、ブルーと同じ時代を生き、地球へ向かうための準備を一から整えてきた。
ゼル機関長
声 - 柴田秀勝 / 秋元羊介
ミュウの長老の1人。宇宙船の機関長であるため、ハーレイ同様“機関長”の肩書き付き。最初はその素行から、ジョミーを次期ソルジャーに推すことに懸念を示していた。
外見は『長老』と呼ぶに相応しい老人で、ブルーと同じ時代を生きて来た者の1人。TVアニメ版では若き日の彼が登場する。300年前の彼は長髪で、今の姿からは考えられないほどの美男子。弟を『アルタミラの惨劇』で亡くしたという設定が追加されている。
エラ女史
声 - 野口すみえ / 織田芙実
ミュウの長老の1人。ジョミーに関するソルジャー・ブルーの提案に、最初は難色を示していた。
外見はハーレイと同年齢に見えるが、ブルーと同じ時代を生きてきた長老達の紅一点である。
ヒルマン教授
声 - 北川国彦 / 伊丸岡篤
原作では名前が紹介されていないが、TVアニメ版ではこの名前がつけられている。ミュウの子供達を指導している、古参のミュウ。ミュウの子供達にジョミーの成人検査の様子を見せた。ジョミーにミュウの歴史を教えたのを始め、政治や帝王学など様々なことを教えてきた。
外見は50代前半から60代前半程度で、実際はその3倍以上は生きていると推測される。ちなみに右腕は義手
アルフレート
声 - 塩屋翼 / 寺島拓篤
フィシスに仕えている。
何かと感情を露わにし、フィシスに逢いたがるジョミーを敬遠している。
カリナ(7歳→19歳)
声 - 小山茉美 / 久保さゆり
トォニィの母。S.D.577年、赤い惑星ナスカにて、ミュウで初めての母体での妊娠出産を行った女性。普段は保育部で看護師をしている。
初めて会ったジョミーから『お母さん』という者の存在を読み取って以来、ずっと母親になりたいと切に願っていた。
トォニィがキースに攻撃され、自ら仮死状態になったのを「死んだ」ものと感じ取り、ショックのあまり思念波を暴走させて死んでしまう。
キム
声 - 柿原徹也
シャングリラ(原作ではミュウの船内)にいた子供の一人。黒髪と団子鼻、そばかすが印象的な少年。ナスカチルドレン以前の若い世代の中では年齢が上の方で、ジョミーとほぼ同じ年齢と推測される。
原作での設定では腕は義手になっており、ジョミーを大怪我をさせたことがある。
好戦的で血の気が多く、ジョミーが初めてシャングリラにやってきた時など、彼に殴りかかって喧嘩になった程。
TVアニメ版では、成長してからはシャングリラの主任戦闘班長としてジョミー達の支援に回る。
惑星ナスカ編終盤ではハロルドら他の若い世代の仲間とナスカへ残る事を決めるが、地球へ向かおうとするゼル達と対立してしまう。キースがナスカに攻撃を仕掛けたとき、地下シェルターに隠れて攻撃をしのごうとしたが・・・・。
アルテラ
声 - 高垣彩陽
トォニィと同じく、惑星ナスカで母体から誕生した9人のミュウの内の1人で、ナスカ生まれのミュウ特有の強力な思念波を持つ。トォニィに特別な思いを抱いている。
TVアニメ版では薄い褐色の肌と淡いすみれ色の瞳を持つ。トォニィとの関係は原作より幼く、彼を慕う一方で、ジョミーを追い続け、自分の事をあまり見てくれない事を寂しく思っている。
原作・TVアニメ版ともに人類側との交戦により死亡。
タキオン
声 - 寺島拓篤、水沢史絵(幼少)
トォニィと同じく、惑星ナスカで自然分娩により誕生した9人のミュウの1人。ナスカ生まれ特有の並外れた知能と強力な思念波を持つ。
原作では人類側との交戦により死亡しているが、TVアニメ版では生存したまま最終回を迎えた。
タージオン
声 - 折笠愛
原作では名前が紹介されていないが、TVアニメ版ではこの名前がつけられている。ナスカ生まれのミュウ“ナスカチルドレン”の1人で、アニメではタキオンの弟という設定。黒髪の少年。精神的に幼いせいか、他のミュウに対し小馬鹿にしたような言動が多い。
TVアニメ版では人類側との戦闘中に死亡した。
ツェーレン
声 - 増田ゆき
トォニィと同じく、惑星ナスカで自然出産により産まれた9人のミュウの1人。ナスカ生まれのミュウが持つ強力なESP能力を持つ少女。
原作ではジョミーから重大な使命を任されることになる(TVアニメ版では、その使命はシド・ヨーハンに託された)。金髪で褐色の肌。父親はハロルド・ベイ。
コブ
トォニィと同じく、惑星ナスカで自然出産により誕生した9人のミュウの1人。ナスカ生まれのミュウ独特の強い潜在能力を持って生まれた少年。原作ではミュウとの戦いに対抗するための戦闘訓練を積んだエキスパートに傷を負わされるものの生き延び、TVアニメ版では死亡している。
ペスタチオ
声 - 成田紗矢香
トォニィと同じく、惑星ナスカで自然出産により産まれた9人のミュウの1人。ナスカ生まれのミュウが持つ強力なESP能力を持つ。
TVアニメ版ではお団子にした黒髪のオレンジ色の瞳の少女で、原作とは大きく異なった外見をしている。原作では人類側との戦闘中に負傷しているが、TVアニメ版では無傷である。
グランドマザー
声 - 岸田今日子 / 折笠愛
地球で人類全体を統治する強大なコンピュータ。ミュウを人間社会から拒絶しながらも、設計者によって、“その因子を断ってはならない”という矛盾したプログラム「永久絶対指令」を組み込まれている。これは“人類とミュウのいずれか、再生させ得た側に地球の運命を任せる”という、当時の地球指導部による一種の賭けのためである。
コンピュータ・テラ
声 - 久松保夫(映画版)
地球に最も深く直結し、マグマの流れを変えることすら出来るコンピュータ。グランドマザーが破壊された時のみ現れる。S.D.時代に入る10年前に設置されたコンピュータで、地球の運命は人類よりもミュウが握る確率が高いことを計算していた。しかし、当時の政治家達がこの計算結果に難色を示したためにグランドマザーが創られ、真っ先に到着する者がどちらになるか、地底で長い間待っていた。人類であるキースが先に到着することになるが、グランドマザーとの戦いを経た彼によって永遠に停止させられることになる。
テラズ・ナンバー5
声 - 増山江威子 / 折笠愛
世界に9機ある『テラズ・ナンバー』の1つ。グランドマザーと直結し、育英都市アタラクシアの「目覚めの日」を担うコンピュータ。成人検査を担当する。
マザー・イライザ
声 - 池田昌子 / 折笠愛 / 池田昌子(ラジオドラマ版)
キースが在住していたE-1077ステーションのマザーコンピュータ。ステーションでは、エリート達が彼女とコミュニケーションをとり、時には精神分析ヒーリングなども行う。
人の形を映し出して現れることがあるが、それは母親や恋人など身近な女性に似るとされる。
マザーコンピュータと直結しており、E-1077エデュケーショナル・ステーションで《無垢なる者》となる実験体を創造していた。キースやフィシスもここで創られた。
ミーシャ
最後に登場する少女。ジョミーやキース、ミュウと人類の戦いの記憶を持つ。

テレビアニメ版オリジナルキャラクター[編集]

ミュウ側[編集]

ブラウ航海長
声 - 一木美名子
ブルーと同じ時代を生きる長老のひとり。右目が暗いセピア色、左目が明るい茶色のオッドアイ
外見は初老の女性で、両耳に金の大きなリング型のピアスをしている。
大変さばさばした性格で、目上の者にも遠慮しない姉御肌。物言いは厳しいが、さっぱりしているので嫌味がない。後に国家騎士団から奪った宇宙船の1隻の船長を務める。
Dr.ノルディ
声 - 小野友樹
医師。わし鼻と太い眉を持つ男性。辛辣な物言いをするが医師としての腕前は抜群で、ブルーの体調管理やミュウの怪我の手当てなど、彼がかかわる医療活動は多岐に渡っている。惑星ナスカではカリナの分娩に立会いトォニィをとりあげた。
ユウイ
声 - 波多野和俊
シャングリラにいた子供のひとり。ブロンドの髪を坊ちゃん刈りにしている若者。
ジョミーと最初に逢った頃は10歳以下の男の子だった。成長してからはカリナと恋に落ち、惑星ナスカで結ばれる。ナスカでの初めての子であるトォニィの父親となるなど、子宝にも恵まれ、ナスカで平穏な日々を送っていた。
竹宮作品の“オルフェシリーズ”(『集まる日』『そして、集まる日。』など)に登場する超能力者・水凪結惟(みなぎ・ゆうい)からキャラを拝借している。
ルリ
声 - 水沢史絵
シャングリラにいた子供のひとり。幼い頃から美少女だったが、その美しさが損なわれることがないまま成長した。腰まで伸びた黒髪にアクセサリをしている(幼少時は赤いリボン、成長してからは青のカチューシャ)。
成長してからは、シャングリラのブリッジクルーとして活躍するようになる。レーダーの管制官としてシャングリラの航行の管理を行っている。
竹宮作品の『オルフェの遺言』『そして、集まる日。』などに登場するお嬢様・流離(るり)からキャラを拝借している。
ニナ
声 - 成田紗矢香
シャングリラにいた子供のひとり。幼い頃から明るくやんちゃで、ジョミーに憧れを抱いている。くせのあるブロンドの巻き毛をおかっぱ風にしている女の子。
惑星ナスカでは、ハロルド・ベイやカリナら若者同士で徒党を組み、ナスカへの定住を望んだ。キース率いる国家騎士団のナスカ襲撃の際も最後までナスカに残ったが、ジョミーに助けられ脱出する。以後はシャングリラのクルーとして戦闘に加わる。
竹宮作品の『私を月まで連れてって!』のヒロイン=ニナ・フレキシブルからキャラを拝借している。
ショオン
声 - 寺島拓篤
シャングリラにいた子供のひとり。赤みがかった茶色い髪とそばかすがトレードマーク。子供っぽいところがある。影が薄い。
ニナやユウイと一緒にナスカへの定住を希望するが、ナスカが惨劇に見舞われたことで諦めざるをえなくなる。惨劇を生き残ってからはシャングリラの戦闘要員になった模様。
竹宮作品の『そして、集まる日。』に登場する笙園(しょおん)からキャラを拝借している。
マヒル
声 - 水沢史絵
シャングリラにいた子供のひとり。栗色のおかっぱ頭にカーキ色のヘアバンドをしている少女。カリナやニナよりも年下で、頭ひとつ分背が低い。
いつも双子の兄・ヨギと一緒にいる。ヨギの言葉を反復する不思議な癖があり、見た目は似てないとはいえ精神的につながっている双子であるといえよう。ナスカ滅亡後も生き延びた、ナスカチルドレン以前の若い世代のひとり。
竹宮作品の『そして、集まる日。』に登場する真昼(まひる)からキャラを拝借している。
ヨギ
声 - 中塚玲
シャングリラにいた子供のひとり。淡い茶色の髪を後ろでひとつにくくっている。前髪があごまで伸びている。
カリナやニナより年齢が下で、見た目は10代中盤の少年に見える。
いつも双子の妹・マヒルと一緒におり、マヒルと手をつないでいる。誰かの発言を反復する癖がある。
ニナ、ショオン、マヒルらとともにナスカ滅亡の悲劇を乗り越えた、ナスカチルドレン以前の若い世代のひとり。
竹宮作品の『そして、集まる日。』に登場する過(よぎ)からキャラを拝借している。
ハロルド・ベイ
声 - 河本邦弘
キムと同年代の若者。浅黒い肌で、髪は天然パーマ。ナスカチルドレン以前の若い世代のなかでは最年長のほうで、外見からジョミーより年上と推測される。
シャングリラの防御セクションのクルー。行動的なリーダータイプで、若い世代を引っ張っていくようになる。ボイコットやナスカ定住の推進など、彼が行動を進めていけばいくほどゼルたち長老との溝が深くなっていく。長老たちとの溝が修復不可能になりかけたその時、惑星破壊システム・メギドを従えたキースがナスカを襲撃。キムら若い世代とともに地下シェルターへ避難する。ナスカで褐色の肌の女性と結婚し、娘ツェーレンをもうける。
竹宮作品の『エデン2185』に登場する同姓同名の人物からキャラを拝借している。
シド・ヨーハン
声 - 安元洋貴
キムやハロルドと同年代の銀髪の青年。ミュウ専用の制服の上に白いジャケットを羽織っている。ハロルド同様ナスカチルドレン以前の若い世代のなかでは最年長の部類に入る。外見からジョミーより年上と推測される。
シャングリラのブリッジクルーで、操舵を担当。ハーレイ直属の部下。それゆえか、ナスカ定住を呼びかける若者たちの輪に入ることはなかった。最終回では、原作でツェーレンが受けた任務を果たすことになる。
竹宮作品の『エデン2185』に登場する同姓同名の人物からキャラを拝借している。
おヤエさん
声 - 増田ゆき
シャングリラのクルーの1人で、レンズの大きな眼鏡がチャームポイントの女性。グラマーな体型をしており、タイツにブーツをはくのが基本の女性クルーのなかで、唯一素足にパンプスといういでたちをしている。21話での発言から実年齢は少なくとも82歳以上である事が判明している。
科学解析主任として敵の戦力の分析を行う他、兵器の開発も行っている。ナスカチルドレンの戦闘機は彼女が開発したもの。
彼らが登場してからは、コミカルな表情や仕草を見せている。
竹宮作品の『私を月まで連れてって!』シリーズなどで登場する日本人ハウスキーパー・温泉八重(おんぜい・やえ)からキャラを拝借している。
トキ
声 - 安元洋貴
シャングリラにいた子供の1人。長身で、リーゼントを彷彿とさせる髪型と眼鏡が目立つ若者。カリナやユウイと同年代で、ユウイとは大変仲が良い。
成長してからはシャングリラの通信士となる。惑星ナスカに移住してからはナスカに定住しようとする若者たちの輪に入り、地球へ行こうとする長老やジョミーと対立する。後に彼が下した判断がミュウに危機を呼ぶ事となる。
竹宮作品の『集まる日、』などに登場する朱鷺(とき)からキャラを拝借している。

人間側[編集]

セルジュ・スタージョン
声 - 岡本信彦
ナスカ襲撃からキースの配下に加わった青年将校の1人。戦闘機のパイロット。マツカより年下だが地位は彼より高い。21話ではアルテラと死闘を繰り広げる。最後までキースの側近として活躍し、またマツカとは親しく、彼(マツカ)とはキース以外に交流のある数少ない人物で、キースを守って殉職した彼の亡骸の埋葬を自分から進んで行い「・・ばかやろう・・先に逝っちまいやがって・・マツカ・・」と彼の死を悔やんでいた。
彼のいれるコーヒーは、マツカいわく「あまり旨くない」との事。キースとジョミーがグランドマザーに謁見するため地下に降りていく最中、ブリーフィングルームでキースの身の心配をしている様子だった。
キースの最期の言葉からグランドマザーに反旗を翻すことを決意する。
竹宮作品の『風と木の詩』の登場人物セルジュ・バトゥールからキャラを拝借している。
グレイブ・マードック
声 - 成田剣
教育(エデュケーショナル)ステーション時代のキースの先輩で、元上官。他人を見下しているところがあり、マツカを散々けなしていたが、キースの度を越したやり方を批判するなど誠実な一面も持つ。最初の頃は時折キースをからかっていたものの、逆に理論で論破され、度々苦汁を舐めさせられていた。更に、ナスカ襲撃の時点で、出世スピードが人の何倍も速いキースが上官になってしまう。それ故、表面上はキースに従っているものの、実は折り合いが悪い。
メンバーズエリート候補だったが結局選ばれず、軍人となる。その後はソレイド軍事基地に勤務し、やがて指揮官として艦隊を率いるようになる。最終的には部下のミシェルと共にキースの側近の1人となり軍事作戦で活躍。最終話でグランドマザーが操る発射寸前のメギドに特攻し壮絶な最期を遂げた。
ミシェル・パイパー
声 - 中塚玲
グレイブ直属の部下。有能な軍人にして彼の秘書でもあり、常にグレイブの傍にいる。常に冷静沈着で上官の命令に従うが、最終話で初めて上官命令を無視した。
長い間グレイブと同じ時間を過ごすうちに彼を愛するようになり、最終話でようやく本懐を遂げ、グレイブと運命を共にした。
パスカル・ウォグ
声 - 河本邦弘
セルジュの同僚。背が高く、眼鏡をかけている。心停止したキースを助けようとするセルジュに「諦めろ」と言ったり、半身を引き裂かれたマツカを冷めた目で見下ろすなど冷たい一面を持つ反面、同僚がミュウの可能性ありとして更迭された際には、ミュウであればたとえその忠誠心に疑念の余地がなくとも排斥対象にしかならないのかという疑問をキースにぶつけた。
竹宮作品の『風と木の詩』の登場人物パスカル・ビケからキャラを拝借している。
レティシア・シン
声 - 小林沙苗
アタラクシアに住む少女。生まれた当初はスウェナが養育していたが、離婚によりジョミーの両親が新たな養親となる。スウェナが養育していた頃の記憶はすべて消されているため、両親の計らいでスウェナと再会することはあっても彼女を“母の友達”としか思っていなかった。
ジョミーがテラズ・ナンバー5を破壊してからは、穏やかだった日々が一変。過酷な運命に巻き込まれることとなる。
ミュウを恐れる両親に連れられてアタラクシアを脱出するが、途中で自分がミュウであることが判明してしまう。自分をかばった両親と一緒に木星にあるミュウ収容ステーション・コルディッツに収容されるが、ナスカチルドレンに救助された。それからはシャングリラにいるものと推測される。
自身がミュウだと分かってからはサイオンにめざめてゆき、他人の心の声が聞こえたりテレパシーを送ったりすることができるようになる。消された記憶は最終的には復活した様子で、最終話ではスウェナを母と認識していた。

用語[編集]

S.D.(Superior Dominance―特殊統治体制)
機械により、完全な生命管理を行う体制。人類の叡智をもってしても解決できない地球の環境汚染を、人類が出て行くことで解決するために創られた。
人間は精子と卵子の無限とも言える組み合わせから、試験管で人工受精させられて誕生し、人工子宮で成長して『赤ん坊』としてこの世に生を受ける。各惑星で『純粋な子供』に育つべく養父母に養育されて幼少期を過ごした後、先述の「目覚めの日」に「成人検査」を通過したのち、宇宙ステーション「エデュケーショナル・ステーション」にて教育を受け、それぞれの能力に適した職業に就く。よって、地球に降り立たぬまま一生を終えることもある。
植民惑星
環境汚染が止まらない地球を保護するために、人類が移住した惑星。ジョミーが14歳まで過ごした育英都市アタラクシアも植民惑星にあたり、マザーコンピュータの管理体制の下で人類が暮らしている。住民は普通人(=コモン)が主で、エリートが住民の管理にあたっている。
植民に成功している惑星がある一方、開拓に失敗し放棄されたナスカのような惑星も数多く存在する。
育英都市
「目覚めの日」を迎えるまで子供達を《純粋に》育てる都市。14歳までの子供達と彼らの養親が住む。アタラクシア(ギリシャ語:ataraxia エピクロス派が唱えた“魂の平安”の意)はこの一つで、他にエネルゲイア(同:energeia アリストテレス学派における概念の一つで「現実態」「現実性」)、トロイナス、サースリア、ソーラデヤなど計8つの都市が存在する。それぞれに『テラズ・ナンバー』と呼ばれるマザーコンピュータが存在している。
アタラクシアにあったマザーコンピュータは『テラズ・ナンバー5』、エネルゲイアにあったマザーコンピュータは『テラズ・ナンバー3』。
成人検査
マザーコンピュータ『テラズ・ナンバー』が「目覚めの日」の前後1年以内に行う検査。特定された場所にテラズ・ナンバーが現れ、思念波による過去の記憶の抹消と「16歳の大人の地球人」として生きていくための基本的な知恵の享受を行う。
成人検査は1人につき最大3回まで実施され、97パーセントは合格する。残りの3パーセントは知的障害や、検査の過程でコンタクトに失敗した者、検査の過程で精神障害を患ったりする者達である。
ESP検査
感情過多の子供、S.D.体制への批判といった反抗的な思想をもつ子供、ミュウと思しき能力を持つ子供に行われる検査。コンピュータから送られる思念波で深層心理をくまなく調べられ、ミュウかどうか判断する。
ミュウの場合は、精神が繊細なため、この検査に耐えられない。
ミュウ
現生人類(ホモ・サピエンス・サピエンス)から発生しつつある新人類。虚弱体質で、身体障害を持つ者が多い。しかし、その反面非常に長寿で、思念波エネルギーを操ることができる。超能力の発現は障害の補完のためであるとされている。普通は意思伝達や読心程度だが協力し合うこともでき、また力の強いミュウであれば、念動力(サイコキネシス)の使用や幻覚を見せることが出来る。
ミュウだと判明した者は即座に抹殺されるが、かろうじて生き延びた者達はソルジャー・ブルーのもとに集結し、コミュニティを作って生活している。成人検査の後に覚醒する者も多く、ソルジャー・ブルーや彼と同じ時代を生きてきたミュウはこれに該当する。マザーの思念波エネルギーに呼応した結果、彼らはESPに目覚め、迫害を受けたりモルモット同然の扱いを受けたり、悲惨な扱いを受けてきた。
現在では『人類と敵対する存在』として、脅威とされている。
S.D.体制が始まる前から自然に発生し始めており、当時の科学者の間では将来の主導的な人類として認知されつつあったが、政治家などの保守層には忌避されていた。その為、純粋に科学的見地から作られたコンピューター地球に対して、旧人類に適応した保守的なグランドマザーが創られ、ミュウ排除をS.D.体制の原則とした。その一方で一つの賭けとしてミュウ発生の原因である遺伝的素因子排除は禁止された。
キースの実験により、出生時ミュウで無かったものも、ミュウと交際していると次第に超能力を獲得し、最終的にはミュウに変わることが確認されている。つまり、旧人類社会がミュウを受け入れると最終的には全員がミュウに変化するのである。
ソルジャー
宇宙船シャングリラを中心としたミュウ達のコミュニティの長の尊称。初代のブルー、二代目のジョミーがいる。TVアニメ版では三代目にトォニィが就任。
ナキネズミ
声 - 小森まなみ / 竹宮恵子(ラジオドラマ版)
火星で発見された新種の生物。リスとネズミの中間のような姿をしており、大きさはリス位。微弱な思念波を持つ。
実はミュウが人工的に作り出した生物である。テレパシーの中継能力を持つ。
教育(エデュケーショナル)・ステーション
成人検査をパスした「16歳の大人の地球人」を教育する機関。それぞれの植民惑星から連れてこられた、精神的に不安定な少年少女達の集団に基本的なS.D.の教育を施した後、集団を性別・生まれ月ごとに振り分けて教育する。
「エリートコース」と「一般(ユニバーサル)コース」の二つの種類のステーションが存在し、教育期間はそれぞれ2年。少年少女達はステーションのマザー・コンピュータの管理下で生活を送る。一般コースからエリートコースへの変更は不可能だが、エリートコースから一般コースへの変更は特例として許されることがある。主な特例には恋愛が挙げられる。コース変更が認められると、一般コースで最初から2年間、普通人としての教育を受けることになる。
無垢なる者
感情や思想に左右されず、グランドマザーの完全なる《支配》のもとでの自己決定により地球を完全に統治できる者のこと。グランドマザーに直結した各「ステーション」では、候補者となる実験体を創造している。タンパク質と遺伝子体から創られた彼らは、15歳まで人工子宮のなかで育てられ、脳に直接“知識”を刷り込まれる。実験体に共通しているのは、地球の外観と太陽系銀河系のビジョンである。
しかし、普通人(コモン)や肉体及び精神に障害をきたす者ばかりが生まれており、そういった存在は処分されている。
普通人(コモン)
成人検査後、「一般コース」に振り分けられ、普通人としての学習を受けた者。地球もしくは植民惑星で一般人として暮らし、結婚した者は育英都市で養親となって、人工受精で誕生した子供を成人検査の日まで育てる。
下記の“エリート”がマザーや地球政府の上層部の指示で動くのに対し、コモンはマザーの直轄下にある「ユニバーサル・コントロール」と呼ばれる組織の指示で行動する。
エリート
成人検査後、「エリートコース」に振り分けられ、エリートとしての教育を受けた者。下記の“メンバーズ・エリート”に選ばれなかった994人がこれに該当する。
地球及びその配下にある組織に所属し、上層部の指示のもと、軍人医師学者などの要職に就く。だが、メンバーズ・エリートを上回るレベルへの昇進は絶望的に不可能である。
メンバーズ・エリート
各「ステーション」で行なわれる定員1000人の「エリートコース」教育の結果に基づき選ばれる、6人の上位者。政治の中枢に行くか軍部参謀となるかを選択出来る他、地球へ行き、定住するという特権を得られる。
惑星ナスカ
人間が移民に失敗し、打ち捨てられた惑星。二重太陽系にあり、空の色は赤い。第2部ではジョミーの指揮のもと、ミュウ達がひっそりと暮らしていた。ミュウたちはそこで農作業に勤しみ、迫害に明け暮れ暗い地下に潜んでいた日々を忘れて平和な生活を送っていた。
母胎によるミュウの出産が行われた惑星で、トォニィの生まれ故郷でもある。この星で産まれた子供たちは9人おり、全員、突出したESP能力の持ち主であり、旧世代のミュウに対し「ナスカの子」と呼ばれる。
キース率いる国家騎士団の攻撃で滅亡。
VIP
地球の地下都市の各首都からひとりずつ集められた首脳たちの集合体。地球に関する重要な決定を下す機関だが、活動形態は内勤の者でも具体的に判らない最高機密機関。メンバーズ・エリートは最年少にしてVIPに近づける重要な立場であり、昇進次第ではその輪の中に入っていくことができる。
地球国家元首
地球およびそれに追随する惑星国家の統治者、最高権力者。200年間の間、その座に就いた者はいなかった。

書籍情報[編集]

ラジオドラマ版[編集]

第1部のみラジオドラマ化された。1979年7月23日から7月28日まで、NHK-FM放送にて『NHK-FM夏期特集・ステレオ劇画』と題して放送された。全6回。

声の出演
  • ジョミー・マーキス・シン - 富山敬
  • ソルジャー・ブルー、ナレーション - 石原良
  • フィシス、ジョミーの母、マザーコンピュータ - 池田昌子
  • ナキネズミ(7月25日放送分) - 竹宮恵子
スタッフ
  • 脚色 - 仲倉重郎
  • 演出 - 郡司雄彦
  • 効果 - 大八木健治・原口哲・菅野秀典
  • 技術 - 太田時雄・星野雄一

アニメ映画版[編集]

地球へ…
監督 恩地日出夫
脚本 恩地日出夫、塩田千種
製作 今田智憲
出演者 井上純一沖雅也
秋吉久美子志垣太郎
音楽 佐藤勝
主題歌 ダ・カーポ
撮影 吉村次郎、池田重好
編集 鳥羽亮一、片桐公一
配給 東映株式会社
公開 日本の旗 1980年4月26日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1980年4月26日に東映によりアニメ映画化された。前年に大ヒットした「銀河鉄道999」に続く人気コミックの映画化作品として期待された。アニメを制作した経験のない恩地日出夫が監督に就任したことで、アニメとしては異色の作品となったこともあり、作品内容は賛否が分かれた。しかし原作者自ら「私の作品で『地球へ…』が最も有名になったのはアニメ化された為かもしれない」と語っているように最初の映像化作品であり、原作との違いも含めて「地球へ…」を語る上で欠かせない作品である。

映画版は、オリジナルにはないラブストーリーや戦闘シーンが追加され、原作とは違った雰囲気のものとなっている。このことを質問された作者は、「映画化を許諾した時点で全く別の作品と思っているので、全く気にしていない」という趣旨のコメントをしている。特に目立った相違点としては、

  • 地球(テラ)の運命。物語のクライマックスから結末にかけての展開で、原作と大きく異なっている。
    • 原作 -“コンピュータに左右されるのはもう御免だ”とキースがコンピュータ・テラを止めたため、地球内部は崩壊、パニックになる。人間もミュウもマグマ溶岩が噴出する地上で死に、フィシス他ごく少数だけが生き残る。
    • 映画 - コンピュータ・テラはグランド・マザーに直結されており、その停止とともに始動、ミュウ発生のいきさつをキースに伝えて停止する。人間はグランド・マザーの爆発に巻き込まれて多数が死に絶えるが、地上にまでは被害が及ばなかったため、救助に降りてきたミュウ達に助けられる。人間とミュウは手を取り合い、自然がほぼ完全に再生しつつある地上で助け合いながら混乱を乗り越えた。トォニィは戦争が終われば自分はただの災厄になるだけだと判断し、25人の有志とともに地球を離れる決意をする。そして、遠い惑星から地球を見守り、人間とミュウが完全に共存できた時に再度地球に呼びかける決意をして旅立つ。
  • トォニィがジョミーとカリナの間に生まれた子になっている。そのため、カリナの設定年齢が高い。
  • 原作ではSFによくあるメカニックな意匠だったミュウ側の宇宙船や兵器が生物(貝類)を想起させるデザインとなっている。

などが挙げられる。

主要な役に有名俳優を多数起用し、主要キャラクターはコスプレをしながらアフレコを行なった。本作品の公開に先立って声優コンテストが行われ、砂子弘美、木内一裕の2名が優勝した。

声の出演(アニメ映画)[編集]

スタッフ(アニメ映画)[編集]

主題歌(アニメ映画)[編集]

オープニングテーマ
「地球へ…(Coming Home To Terra)」
作詞 - 竜真知子 / 作曲 - 小田裕一郎 / 編曲 - 川上了 / 歌 - ダ・カーポ
エンディングテーマ
「愛の惑星(All We Need is Love)」
作詞 - 竜真知子 / 作曲 - ミッキー吉野 / 編曲 - ミッキー吉野、岸本博 / 歌 - ダ・カーポ

ソフト化(アニメ映画)[編集]

すべて東映ビデオが発売。

20世紀までにVHSLDで発売された。(詳細な情報求む)

21世紀には下記2メディアで発売された。

DVD 2007年6月21日発売

※同日には竹宮の別アニメ化2作品(『夏への扉』・『アンドロメダ・ストーリーズ』と共に1BOX化した「竹宮惠子 DVD-BOX」も発売された。

Blu-ray 2013年9月13日発売

高解像度化収録された本編に特報と予告編、竹宮・恩地監督・田宮プロデューサーによる新規トーク映像を収録。
ボーナストラックとして、途中まで制作されたが諸事情により本編には組み込まれなかった未公開シーン〝 マツカの死 〟が特別収録された。(制作当時の未修復状態なラッシュフィルムからの収録なので映像にキズ多くて見にくい不具合あり。音声は未収録)[4]

テレビアニメ版[編集]

2007年4月から同年9月まで毎日放送製作・TBS系列で放送された。全24話。提供クレジットのナレーションは主人公のジョミー(斎賀みつき)。

当初は深夜枠での放送を想定して制作されていたが、4クール放送を予定していた前番組『天保異聞 妖奇士』が諸事情により2クールで終了したため、後番組『機動戦士ガンダム00』(第1シーズン)までのつなぎ番組として放送されることとなった。

原作との相違点[編集]

  • 年長者と幼少者の「親子」関係が重視された演出が多数追加されている。
  • スウェナの設定が、「学生結婚後、離婚。娘と離別したやり手のキャリアウーマンで反体制ジャーナリスト」という、原作から大幅に改変されたものになっている。
  • 原作ではミュウの脆弱さを表す特徴として義手を装着している者がリオをはじめ多く居たが、本作では教授を除いてそうした設定は無くなっている。
  • 長老の性別の構成が変わっている。また、キムやカリナ以外の子供達の名前が設定されている。
  • ミュウの母船に「シャングリラ」という名前が付けられている。
  • シャングリラのブリッジクルーやキースの部下など一部の脇役は、『集まる日』『私を月まで連れてって!』『風と木の詩』『エデン2185』等、他の竹宮惠子作品からキャラクターを拝借して置き換える、言わばスター・システムに近い変更が施されており、各キャラクターの名前も元の作品と同じである。このうち、前2作は超能力者が登場する作品だが、元の作品では超能力者でないキャラクターも本作ではミュウとして登場している。
  • 原作では各人各様だったシャングリラにいる子供たちの服装が制服になっている。
  • リオが負傷した原因は、アタラクシアからシャングリラへ逃走する途中、乗っていた飛行機が攻撃されたからではなく、ESP検査を受けて精神に損傷を受けた上、ジョミーの力の暴走で収容施設が破壊されたからとなっている。
  • 原作・劇場版ではミュウの母船は地中深く隠れていたが、本作のシャングリラは雲海に隠れて空中に待機していた。
  • 原作で使われている「ESP(エスパー、超感覚)」という言葉を、多くの場合「Psyon(サイオン)」という言葉で置き換えている。
  • キースが惑星ナスカ攻撃に用いた兵器が、「メギド」と呼ばれる惑星破壊システムとなっている。外見は黒色の巨大な十字架のような形であり、本体とコントロール艦を接続して粒子ビームによる攻撃を行うものである。
  • ブルーの最期が異なる。
  • ジョミーと10歳当時のシロエとの交流が描かれている。
  • 育英都市エネルゲイアが、育英都市アタラクシアと同じ惑星アルテメシアの別な場所に存在する。
  • エデュケーショナル・ステーションでの教育期間が4年間である。
  • ジョミーとサムの再会時に、サムはジョミーの姿に戸惑いながらも再会を喜んだものの、グランドマザーに仕組まれていた催眠暗示によって正気を失い、ジョミーに襲いかかった。同伴していたサムの同僚も彼を制止しようとしたが、サムに殺されている。
  • ステーション内でのキースは、本作ではシロエによって徐々に眠っていた感情を呼び覚まされるという設定になっている。
  • シロエはミュウとされている。また、ピーター・パン=ジョミーを求め、ネバーランドに憧れるという新たな設定も加えられている。
  • キースの出生の秘密は、本作では惑星ナスカ破壊後、キースがグランドマザーの命により放棄されていたステーションに戻った時に明らかになっている。
  • 職業ジャーナリストや反体制派が存在し、学生結婚後に離婚したスウェナがその職に就いている。この設定は、SD体制が原作に比べて矮小化されているために報道の自由がまだ残されているのか、逆に強調されているために情報が完全に統制されてマスコミが傀儡と化しているのか、いずれにも捉えられるものになっている。
  • 原作では名前がなかったナキネズミに、視聴者からの公募によるレインという名が付けられた。
  • 同じ竹宮作品であるSF『ジルベスターの星から』は、本作の過去に当たるという設定になっている。惑星ナスカはミュウが改名したジルベスター星系第7惑星であり、碑文のリルケの詩や登場人物の肖像画が本作にもそのままの形で登場した。
  • ナスカ戦での犠牲者はナスカ脱出を拒んだキムやハロルドなど、一部のグループのみである。
  • フィシスが昏睡状態のトォニィを覚醒させようとして超能力を奪われるまでの展開が変更されている。フィシスの超能力は、ブルーが自らが与えた力に苦悩する彼女を思い、その呪縛から解放するという形でブルーの手により消された。
  • ナスカチルドレンが9人から7人に変更されている。また、彼らの強力な力を持つゆえの傲慢さや年長者への反発が原作以上に強調されており、ジョミーを退けてトォニィをリーダーに祭り上げようという極端な発言をする者も出るほどになっている。
  • スウェナが結婚生活中に養育していた娘レティシアは、スウェナが離婚により養育親の資格を失った後、かつてのジョミーの養父母が新しい養父母となって育てている。ただし、レティシアの「母」スウェナに関する記憶はユニバーサルによって消されている。また、ジョミーの養父母とスウェナとの間に、現在交流がある。現在のレティシアから見たスウェナは、「両親の友達」である。
  • ジョミーの養父母にフルネームが設定され、養父がウイリアム・シン、養母がマリア・シンという名になっている。
  • 出発時は「シャングリラ」だけだったが、首都惑星ノア襲撃後には人類統合軍の艦3隻を鹵獲して自らの艦として使用している。それぞれの艦でゼル、エラ、ブラウが艦長を務めるうち、ゼル艦はステルス機能を強化改造を施しており、監獄ステーションに投獄されたジョミーの養父母やレティシアたちをその機能を生かした作戦で救出した。
  • 原作ではアルテラとタキオンだったナスカチルドレンの戦死者が、本作ではアルテラとコブとタージオンである。
  • 地球には「カナリア」と呼ばれる幼い子供達がおり、地球の再生が完了した後に彼らが大地を謳歌し、次世代を作ることができるようになった時点で地球の浄化が完了するという予定だった。
  • クライマックスが、「人類とミュウの双方を見限って抹殺しようとするグランドマザーに対し、人類とミュウが共闘する」という展開に変更された。また、ラストも原作と若干異なっている。
  • 原作では地球はある程度再生するもまだ生物が住めないという環境になっていたが、本作では長老達が「こんなもののために…」と絶望するほど荒廃しており、それより時間が経過したらしきエンディングの最終画面のみ再生した地球が見える。
  • コンピュータ・テラが存在しない。そのため、原作でテラが示した選択に近いものを本作ではグランドマザーが示す。
  • キースは「お前(ジョミー)に会えて良かった」と和解し、ジョミーも彼に同感する。
  • 長老達の最期が、閉じ込められたフィシスとカナリアの子供達を逃がすために超能力を使い果たし、自分達はそのまま瓦礫の下敷きになるという展開へ変更されている。
  • リオが瓦礫の下敷となった際、下半身が生き埋めになっただけで致命傷を負っていない。
  • 生きている地球の民はすべて宇宙へ避難し、地球は人類がいない状況で回復していくことになる。
  • DVD版では、エンディングの後にジョミーとキースの生まれ変わりと思しき2人の少年が出会うエピローグが追加されている。

声の出演(テレビアニメ)[編集]

スタッフ(テレビアニメ)[編集]

  • 原作 - 竹宮惠子
  • 監督・音響監督 - ヤマサキオサム
  • キャラクターデザイン - 結城信輝
  • コンセプトデザイン - 出渕裕
  • メカニックデザイン - 石津泰志、柳瀬敬之、松本秀幸
  • ディスプレイデザイン - 佐山善則
  • SF考証 - 堺三保
  • 美術監督 - 吉原俊一郎
  • 美術設定 - 藤瀬智康、塩沢良憲(第1話)
  • 色彩設計 - 金丸ゆう子
  • 撮影監督 - 廣岡岳
  • 3Dディレクター - 早崎竜生
  • 編集 - 福田豊
  • 音楽 - 高梨康治
  • 音楽監督 - 原田扶美子
  • サウンドデザイン - 山田稔
  • 音楽プロデューサー - 篠原廣人、木村唯人
  • アニメーションプロデューサー - 青木清光
  • プロデューサー - 諸冨洋史、林田師博、阿部愛
  • アニメーション制作プロダクション - 南町奉行所東京キッズ
  • 製作 - 毎日放送、スカパーWellthinkANIPLEX

主題歌(テレビアニメ)[編集]

オープニングテーマ
endscape」(第1話 - 第13話)
作詞 - TAKUYA∞ / 作曲 - UVERworld / 編曲 - UVERworld&平出悟 / 歌・演奏 - UVERworld
JET BOY JET GIRL」(第14話 - 第24話)
作詞 - 高橋瞳、mavie / 作曲・編曲 - TAKUYA / 歌 - 高橋瞳
  • レーベル - gr8! records
エンディングテーマ
Love is...」(第1話 - 第13話)
作詞・作曲 - Miliyah / 編曲 - 3rd Productions / 歌 - 加藤ミリヤ
This Night」(第14話 - 第24話)
作詞・作曲 - 谷口尚久 / 編曲 - Tomokazu“T.O.M”Matsuzawa / 歌 - CHEMISTRY

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 2007年
4月7日
目覚めの日 西園悟 ヤマサキオサム 清水聡 波風立流
2 4月14日 ミュウの船 面出明美 つるやまおさむ 柳瀬雄之 高乗陽子
3 4月21日 アタラクシア 小林浩輔 渡辺伸弘
4 4月28日 宙(そら)からの帰還 堺三保 吉田英俊 高山秀樹 中野りょうこ
5 5月5日 死の跳躍 面出明美
山崎理
つるやまおさむ 星野真 滝川和男
渡辺伸弘
6 5月12日 ステーション E-1077 清水聡 波風立流
7 5月19日 反逆のシロエ 根元歳三 羽多野浩平 小林浩輔 宮前真一
8 5月26日 震える心 吉田英俊 佐々木勝利 須田正巳
9 6月2日 届かぬ思い 柳瀬雄之 高乗陽子
10 6月9日 逃れの星 出渕裕 つるやまおさむ 高山秀樹 中野りょうこ
11 6月16日 ナスカの子 大野木寛 江島泰男 平山英嗣
12 6月23日 孤独なるミュウ 佐藤大 藤原良二 清水聡 波風立流
13 6月30日 星に潜むもの 大野木寛 金﨑貴臣 星野真 渡辺伸弘
大泉影道
14 7月7日 同じ記憶 根元歳三 吉田里紗子
つるやまおさむ
明珍宇作
齊藤百
新井伸浩
15 7月14日 変動の予兆 森田繁 南康宏
ヤマサキオサム
小林浩輔 宮前真一
16 7月21日 赤い瞳 蒼い星 佐藤大 高山秀樹 中野りょうこ
早乙女啓
17 7月28日 永遠と陽炎と 高田淳
佐藤恵
神瀬雄之 高乗陽子
18 8月4日 再会のアルテメシア 根元歳三 吉田里紗子
つるやまおさむ
渡辺正樹 高乗陽子
宮前真一
19 8月11日 それぞれの場所 高梨光 星野真 佐々木敏子
20 8月18日 決戦前夜 森田繁 つるやまおさむ 清水聡 齊藤百
21 9月1日 星屑の記憶 高梨光 小林浩輔 宮前真一
22 9月8日 暮れる命 根元歳三 石井久志 阿部智之
23 9月15日 地球(ちきゅう)へ 大野木寛 金﨑貴臣 柳瀬雄之 高乗陽子
24 9月22日 地球(テラ)の緑の丘 大野木寛
ヤマサキオサム
久城りおん 中野りょうこ

放送局[編集]

地上デジタル放送では16:9フルサイズ放送。土6枠放送作品としては初である。ただしハイビジョン制作ではなく、16:9SDマスターからのアップコンバートである。そのため、「HV」マークは出ていない。番組と連動したデータ放送が実施されていた。アナログ放送では13:9レターボックス放送

当番組の特別番組が放送されたが、東京地区ではTBSではなくTOKYO MXで放送された。

キッズステーションでは、第15話から第17話までを中心としてソルジャー・ブルーに焦点を当てたキッズステーションオリジナルバージョンの総集編を放送した。

アニマックス、キッズステーション、TBSチャンネルではレターボックスで放送された。ただし、TBSチャンネルでは番宣のみ16:9のフルサイズ画面である。

放送局 放送期間 放送日時
毎日放送TBS系列
(SBS・RCCを除く)
2007年4月7日 - 9月22日
(SBS・RCCは1週間遅れ)
土曜 18:00 - 18:30
GyaO 2007年4月9日 - 10月1日 月曜 12:00 更新
BANDAI CHANNEL
SBSRCC 2007年4月14日 - 9月29日 土曜 17:30 - 18:00
ANIMAX 2007年5月12日 - 10月27日 土曜 23:00 - 23:30
(リピートあり)
キッズステーション 2007年5月15日 - 10月30日 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜)
(リピートあり)
TOKYO MX 2007年10月13日 - 2008年3月22日 土曜 22:30 - 23:00(第1話 - 第12話)
土曜 17:00 - 17:30(第13話 - 第24話)
TBSチャンネル 2009年3月2日 - 4月13日 月曜 - 金曜 18:30 - 19:00
3月30日 - 4月3日は特別編成のため休止
(リピートあり)

ソフト化(テレビアニメ)[編集]

本編のDVDは2007年8月8日から2008年3月5日にかけて発売された。全8巻。

Premium Fan Disc[編集]

DVD初回限定版に付属されているCD。毎回キャストの2、3人が進行を務め、裏話などを披露する。Disc3の井上によると本当は30分番組のようだが、ほとんどが1時間近くやっている。

コーナー
  • オープニング
  • トークセクション
    • お便りを読んだりするフリートーク。その中に『地球へ…アドリブ作文』があり、60秒間に決められたワードを盛り込んで作文を作る。
  • 勝手にオーディオコメンタリー
    • 各話のあらすじを読み上げ、キャストが裏話を披露する。
  • コミックリーディング
    • キャストが原作を朗読するコーナー。シーンに登場する全登場人物の台詞を出演キャストが担当し擬音語も音読するため、シリアスなシーンが笑いになってしまう事もある。
    • 第6回以降は廃止され、代わりに毎回違うコーナーが開始された。
  • スペシャルドラマシアター
    • TVアニメ版「地球へ…」の番外編。詳細は下記参照。
  • エンディング
ゲスト
  1. ジョミー×ブルー
  2. ブルー×ジョミー
  3. キース×シロエ
  4. ジョミー×ブルー×フィシス
  5. キース×マツカ
  6. ブルー×キース×ジョミー
  7. ジョミー×トォニィ×グレイブ
  8. キース×ジョミー

私立シャングリラ学園[編集]

本編では戦い合うジョミー、キース、ブルーなどが一堂に会するドラマをコンセプトに製作された番外編。

私立シャングリラ学園にジョミーが入学してくる下りから物語が始まるが、内容はかなりギャグテイストの強いものとなっている。キャストによるとほぼアドリブらしい。

脚本は、アニメ本編でも脚本を担当した根元歳三。

登場人物
ジョミー・マーキス・シン
シャングリラ学園に入学してきた主人公。入学直後に次期生徒会長に選ばれてしまい、不本意ながらも成り行きで引き受ける事になる。
良くも悪くも個性的な生徒会メンバーに翻弄される苦労人にして、ボケ属性の人間が多い生徒会の中での唯一のツッコミ役。
ソルジャー・ブルー
シャングリラ学園の生徒会長(ソルジャー)。部活は落語研究会。
1年の時から生徒会長を務めていたが、体を壊した事を理由に、強引にジョミーを次期生徒会長に任命してしまう。
しかし実際は、宝くじを買いに行こうと生徒会室から走って飛び出したりするなど、本当に体を壊したのかは疑問が残るところ。
また、何か自分に不利なことがあると、必ず仮病を使う。
リオ
シャングリラ学園生徒会書記で美術部員。ブルーの命によりジョミーを誘拐に近い形で生徒会に連れて来た。
生徒会メンバーの中ではジョミーに次ぐ常識人だが、どこかずれているところがある。
フィシス
シャングリラ学園生徒会副会長。原作同様占いが得意で、占い部に所属している。だがジョミー曰く、全く当たらないらしい。次期生徒会長候補としてジョミーを見出した。
マイペースで奔放なブルーについていける、ある意味凄い人物。昼ドラマが大好き。
キース・アニアン
第2話から登場するE-1077学園からの転入生。生真面目な性格で、シャングリラ学園の自由な校風にはあまり好感を抱いていない。
学園の風紀改善を徹底すべく、転入早々、マザーコンピュータによる校内管理を強行するもマザーが暴走してしまい失敗に終わる。
マザーコンピュータを従えているにも関わらず、本人はテレビとゲームの接続ができないほどの機械音痴らしい。
実はぬいぐるみ作りが得意で学園祭では手作りの人形劇をやっていた。また、本編と同じく自分の後ろに立った人物を反射攻撃するように訓練されている。
マザーコンピュータ
声 - 子安武人(一人二役)
第2話より登場。キースと行動を共にしている。現在2号まで存在が確認されている。
E-1077学園の校内管理を成功させたものの、シャングリラ学園では失敗に終わってしまった。
セキ・レイ・シロエ
第3話にて登場。TVアニメ版同様、周囲のことが目に入らず暴走するタイプ。
転校生の上、何もかも完璧なキースをライバル視しており、中間テストの全科目の成績で打倒キースを宣言するも、学年が違うため無意味だった。
ゼル
第4話にて登場。シャングリラ学園の教師。TVアニメ版よりのほほんとしている。ジョミーからは尊敬されている模様。ブルーからは師匠と呼ばれていた。
林間学校場所でとれる“赤い大地のナスカ高原トマト”をこよなく愛している。
トォニィ
第6話にて登場。ジョミーの幼馴染。本編と変わらずジョミーのことを「グランパ」と呼ぶ(今回は尊敬の意味で)。
勘違いしてジョミー以外の生徒会のメンバーを攻撃した。爆発音がしていたがサイオンの力でなのかは謎。
マツカ
第7話にて登場。キースのクラスの学級委員長だったか無理矢理キースに代わられ副委員長にさせられる。
それ以来キースにこき使われる日々を過ごすが怒りがわくどころかむしろ楽しいと感じるようになる。
タイトル
  1. 「入学式」
  2. 「転校生」
  3. 「中間試験」
  4. 「林間学校」
  5. 「学園祭」
  6. 「クリスマス」
  7. 「バレンタイン」
  8. 「卒業式」

タロットカード[編集]

オープニング、エンディング各CD、サウンドトラック、DVDのそれぞれ初回限定版に付属しているタロットカード。CDには1枚ずつ、DVDには2枚ずつ封入されている。

地球へ… 〜青き光芒のキース〜[編集]

作画:林ふみの。前述のテレビアニメ化に合わせて制作された外伝漫画作品。『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス)で2007年6月号(5月18日発売)より連載された。単行本は全2巻。キャラクターデザインはTVアニメ版に準じている。

なお、本作の連載開始に合わせて原典の単行本もスクウェア・エニックスより新装版(全3巻)が2007年4月に刊行。

登場人物[編集]

キース・アニアン
サム・ヒューストン
スウェナ・ダールトン

単行本[編集]

Gファンタジーコミックス(スクウェア・エニックス)より刊行。

  1. 2007年9月27日発売 ISBN 978-4-7575-2119-3
  2. 2008年4月26日発売 ISBN 978-4-7575-2273-2

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中公文庫コミック版・第1巻のあとがきを参照。
  2. ^ 月刊OUT」S53年5月号P32インタビューでひお本人が語っている。
  3. ^ a b 地球へ…”. Aniplex. 2011年3月16日閲覧。2007年イベント「テラfes2007」での発言・公式サイトより
  4. ^ 劇場アニメ版『地球(テラ)へ…』幻の未公開シーン初収録でブルーレイ化!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

毎日放送製作・TBS系列 土6
前番組 番組名 次番組
地球へ…