予知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

予知(よち)は、時系列的にみて、その時点では発生していない事柄について(あらかじめ)ること。

経験則や情報による確定的な予測と異なり、超能力啓示などの超越的感覚によるものを指すことが多い。超越的感覚によらないが予知と呼ばれる例としては、地震予知危険予知、設備等の予知保全などがある。

関連項目[編集]