トランスフォーマーZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トランスフォーマーZ
ジャンル ロボットアニメバトルアクション
OVA
監督 又野弘道
キャラクターデザイン 金田益美、まがみばん、大島城次、袴田裕二
アニメーション制作 東映動画
製作 タカラ日本コロムビア
発売日 1990年7月21日(VHS)
2004年4月21日(DVD)
話数 全1話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

トランスフォーマーZ』(トランスフォーマーゾーン)は、トランスフォーマーシリーズのアニメ作品第6弾。前のTVシリーズとは違い、OVA(オリジナルビデオアニメ)作品として1990年(平成2年)7月に発売された。タカラ日本コロムビア制作。VHS版は玩具枠として発売され、ナンバーは「C-350」。東映動画が制作した最後のトランスフォーマーシリーズである。

あらすじ[編集]

デストロン九大魔将軍に襲撃されたフェミニア星の救援に向かったビクトリーセイバーは、破壊される惑星の爆発に巻き込まれ行方不明となってしまう。

総司令官不在のサイバトロンは、地球に眠る超エネルギー・ゾディアックを狙うデストロン九大魔将軍に苦戦を強いられる。そこにパワードマスター・ダイアトラスが現れ、ゾディアックの力を得て九大魔将軍を撃退。

ビクトリーセイバーより総司令官の地位を譲り受けたダイアトラスは、新破壊大帝バイオレンジャイガーに立ち向かう。

※OVAは30分1話のみが製作。ダイアトラスとソニックボンバーがゾディアックを手に入れて九大魔将軍のうち四体を倒すところで終了している。キャラクターデザインの金田益実によればビデオ2話目を製作し、テレビスペシャル化する予定があったが、諸般の事情で叶わなかったとのこと[1]。残り五体の魔将軍やメトロタイタン、バイオレンジャイガーとの決着はテレビマガジン誌上での連載で着けられる事になる。

登場人物[編集]

玩具のみのものも含む。

サイバトロン戦士/AutoBots[編集]

パワードマスター[編集]

マイクロトランスフォーマーと連動する基地形態、電動やゼンマイによる走行、自動変形が特徴である。3体合体して超巨大戦闘母艦ビッグパワードとなる。

C-348 総司令官ダイアトラス
声 - 屋良有作
ビクトリーセイバーから新総司令官に任命された。マイクロ星に大型宇宙防衛基地を築く「Z(ゾーン)計画」において、素案を推進させ、これを成功させたパワードマスターの「大地の英雄」。圧倒的な攻撃力でデストロンに立ち向かう。
最強のトランスフォーマーであることに誇りを持ち、仲間を助ける為には死をも恐れない。基本は真面目で人当たりの良い性格だがデストロンに情けを掛けることは一切無く、敗走する相手を両断する一面も持ち合わせている。
武器はマグナショット、リフレックシールド。必殺技は背中の羽根を合体させ、相手に投げつける「ゾーンパワードカッター」。
シャトル、ドリル戦車、基地に変形。作中ではゾディアックの力によりソニックボンバーと基地に変形し合体、「Z(ゾーン)モードアタック」によりデバスター、ダイナザウラーを撃破した。
玩具にはピニンファリーナ・ミトスに変形する彼の息子であるマイクロTFスピーダーが付属している。
企画段階では、ジェット機に変形する上半身とドリル戦車に変形する下半身を合体させロボットモード、基地形態へと変形するというツーインワンなどを彷彿とさせる合体変形ロボであった。
後に勇者シリーズの作品『勇者特急マイトガイン』に轟龍(開発当初の名はアトラスで設計図面にて確認可能)として流用される。
C-347 攻撃参謀ソニックボンバー
声 - 塩沢兼人
「風の戦士」の異名を持ち、空戦能力は親友のダイアトラスを上回る。超音速飛行で敵を宙へと舞い上げ吹き飛ばす戦法が得意。武器はバルカンショット。自分の変形がパワードマスターで一番見事だと誇る、自惚れた性格の持ち主。ジェット機、基地に変形。玩具にはポルシェ928に変形するマイクロTFソニックが付属。
企画段階ではビークルモードの機首に猛禽類の様な意匠があった。
上記のダイアトラス同様に『勇者特急マイトガイン』で飛龍(開発当初の名はソニック)として流用される。
C-349 防衛参謀ロードファイヤー
温和で愉快な性格の反面、有事には猛烈な「炎の勇者」となる。陸上戦闘においてはダイアトラスに次ぐ実力の持ち主。戦車、基地に変形する。玩具にはドリル戦車に変形するマイクロTFドリルバスターが付属。アニメには登場しない。
なお、BOTCON2010開催時に発売されたリトグラフにG1オートボット・エリートガードの一員としてロードファイヤーの姿が描かれている。
  • 2012年には以上の3体が「トランスフォーマーガム」にラインナップされシリーズ初のラインナップ内での合体変形機構を有するシリーズとして登場した。そのデザインの関係でソニックボンバーが一回り大きなサイズになっている。Zパワードカッターも添付するが付属の小型メカはソニック(マシンモードのみの無変形)。

マイクロトランスフォーマー/MicroMasters[編集]

前年より海外展開されていたトランスフォーマー。

C-330 ムーンレーダー/CountDown
声 - 堀川亮
ロケットベースの指揮官。月面探査車に変形。
玩具ではベースに同梱。
C-350 ラビクレーター
声 - 柏倉つとむ
ギャラクシーシャトルパイロット。スーパーカーに変形。
玩具はメトロボムの色変えであり、本作のビデオソフトにのみに付属する。
C-331 救護戦士レスキューパトロールチーム/RescuePatrol[編集]

前作『トランスフォーマーV』より継続して登場。玩具は本年正式発売。得意技は超音波サイレンアタック。

ホーリー/StakeOut
声 - 頓宮恭子
パトカーに変形。カラーリングは白の部分が黒に変更されている。
ファイヤー/RedHot
消防車に変形。
ボーダー/SeaWatch
ホバークラフトに変形。
ピーポー/Fixit
救急車に変形。
C-332 突撃戦士バトルパトロールチーム/Battle Patrol[編集]

海外版の色替え。デストロン追跡に同乗していた。得意技は敵の回りを囲んで砲撃するサークルアタック。

ガンリフト/Big Shot
声 - 掛川裕彦
チームリーダー。戦車に変形。
サンランナー/Sunrunner
声 - 佐藤浩之
E-2に変形。高性能のレーダーを装備しており、宇宙に逃げたデストロンを発見した。
パワーボム/Flak
ミサイル戦車に変形。
サイドトラック/Sidetrack
マシンガン装甲車に変形。
C-333 電脳戦士スーパーカーパトロールチーム/SportsCarPatrol[編集]

海外ではデストロン。ヒーロー風に色が塗り替えられている。それぞれスポーツカーに変形。得意技は目をつぶすフラッシュアタック。ギンガムはアニメオリジナルキャラクターであるクリッパー(ホーリーのガールフレンド)のベースデザインである。

ブラックヒート/BlackJack
フォード・プローブGTに変形。
デッドアワー/Detour
声 - 堀川亮
シボレーコルベットインディに変形。地球でのダイナザウラーとの戦いの際、足元に爆弾を投げつけていた。
ギンガム/HyperDrive
プリマスX2S(三菱エクリプス)に変形。
ロードハガー/RoadHugger
声 - 佐藤浩之
フェラーリ408に変形。パンツァーファウスト状の武器を持つ。
C-334 高速戦士レースカーパトロールチーム/RaceCarPatrol[編集]

実際、レースカーに変形するのはスピンチェンジのみである。得意技は風車のように回転するサイクロンアタック。

グロリアン/Swindler
デロリアン12に変形。
ホイルラン/FreeWheeler
ランボルギーニカウンタックLP400(黄)に変形。
スピンチェンジ/TailSpin
ポルシェ962Cに変形。
ロードハンドラー/RoadHandler
ポンティアック ファイアーバードトランザム(赤)に変形。
C-335 山岳戦士オフロードパトロールチーム/OffRoadPatrol[編集]

アニメ未登場。

ナットシェル/HighJump
スズキサムライ(ジムニー)に変形。
フットデモ/MudSlinger
トヨタハイラックス50系 ビッグフットに変形。
フラック/Tote
ワンボックスカー(トヨタ タウンエース?)に変形。
フリード/PowerTrain
トレーラートラックキャブに変形。
C-336 飛行戦士ジェットパトロールチーム/AirStrikePatrol[編集]

海外ではデストロン。それぞれ戦闘機に変形。デストロンによるZベース襲撃の後、修理の点検後に合流。隊員全員が翼にレーザーカッターを装備しており、電磁波に包まれ、窮地に陥ったギャラクシーロケットを救っている。得意技はアクロバットアタック。

スタークラウド/StormCloud
声 - 平野正人
チームリーダー。ダッソー・ラファールに変形。
ウインドリム/TailWind
フェアチャイルド A-10 サンダーボルトIIに変形。
ウィスパー/Whisper
声 - 柏倉つとむ
ステルス戦闘機に変形。プレダキングに襲われそうになったアキラを助け出す。その際、腕のみを変形させるフォームを見せている。
ナイトフライト/NightFlight
グラマンF-14 トムキャットに変形。
C-351 建設偵察戦士ビルドパトロールチーム/Construction Patrol[編集]

アニメ未登場。

テイクダウン/TakeDown
ミキサー車に変形。
ニュートロ/Neutro
ブルドーザーに変形。
グランドパウンダー/GroundPownder
ショベルドーザーに変形。
クランブル/Crumble
クレーン車に変形。
C-352 空中偵察戦士スカイパトロールチーム/Air Patrol[編集]

アニメ未登場。

トレードボルト/Tread Bolt
ステルス爆撃機(ノースロップ B-2 スピリット)に変形。
イーグルアイ/Eagle Eye
ミコヤン・グリヴィッチMIG-29 フルクラムに変形。
スカイハイ/Sky High
アエロスパシアル/BAC コンコルドに変形。
ブリーズマスター/Blaze Master
シコルスキーS70 ヘリコプターに変形。


マイクロトランスフォーマーDX/MicroMasterTransports[編集]

ビークルに変形するトレーラーなどとマイクロトランスフォーマーのセット玩具。全てサイバトロン所属。

C-337 ロードジェット/OverLoad
トレーラートラックに変形。キャブ部分が本体であり、トレーラー部はマイクロトランスフォーマーが乗り込めるジェット機に変形。
C-338 ミサイルブル/RoughStuff
軍用トレーラー。トレーラー部は戦闘機に変形。
海外ではデストロンとして販売された。
C-339 クレーガン/Erector
クレーントレーラーに変形。トレーラー部は戦闘基地に変形。
C-340 スカイウェイブ/FlatTop
本体は戦闘機。ビークルは空母からジェット戦闘機に変形。
海外ではデストロンとして販売された。
マイクロトランスフォーマーステーション/MicroMasterStations[編集]

マイクロトランスフォーマーと基地に変形する様々な施設のセット玩具。全てサイバトロン所属。

C-341 ガソリンベース
基地に変形するガソリンスタンドとオフロードパトロールチームのフットデモ色替えであるグラスピット/GreasePitのセット。
海外ではデストロン。
C-342 エアポートベース
基地に変形する空港施設とジェットパトロールチームのナイトフライト色替えであるオーバーエアー/AirWaveのセット。
海外ではデストロン。
C-343 ファイヤーベース
基地に変形する消防署とジェットパトロールチームのウィンドリム色替えであるホットハウス/HotHouseのセット。
C-344 ビルドベース
基地に変形する建設地とマイクロTF、オフロードパトロールチームのフリード色替えであるアイアンワークス/IronWorksのセット。
マイクロトランスフォーマーベース/MicroMasterBases[編集]

基地に変形するビークルとマイクロトランスフォーマーのセット玩具。海外では同梱されたマイクロトランスフォーマーの名で発売されベース自体に名前は無い。全てサイバトロン所属。

C-330 ロケットベース
ムーンレーダー、レスキューチームが同梱されている。戦闘基地がロケット発射台に変形。ギャラクシーシャトルとも絡めて遊べる。
C-345 ランドシェイカー
装甲車が基地に変形。レースカーチーム、ロードハンドラーの色替えであるガンランナーが付属。
海外ではジェットパトロールチームのウィスパーの色替えグラウンドシェイカー/GroundShakerが付属。
C-346 スカイハイパー
ヘリコプターが基地に変形。レースカーチーム、ホイルランの色替えであるデッドホイラーが付属。
海外では色を塗り替えられてデストロン基地として販売。ジェットパトロールチームのスタークラウドの色替えであるスカイホッパー/SkyHopperが付属。

その他[編集]

C-328 ビクトリーセイバー
声 - 田中秀幸
前作『トランスフォーマーV』に登場した総司令官。ダイアトラスに総司令官の地位を譲る。
C-326 ギャラクシーシャトル
前作より登場。マイクロTFと同じマイクロ星の出身。本作用に仕様変更して販売された。作中では冒頭シーンのみ登場。
カイン
声 - 山田栄子
フェミニア人。フェミニア星がデストロンに襲われた際、ビクトリーセイバーに助けられ、惑星Zで暮らしていた。
アキラ
声 - 渡辺菜生子
地球人。サイバトロンに助けられ、彼らと知り合う。地球物理学者の父を持ち、ゾディアックのことを知っていた。
エムサ
声 - 冬馬由美
ウサギに似たカインのペット。背中に羽根をはやしている。自然のない惑星Zに不満を持っており、地球に来た際は感激していた。

デストロン軍団/Decepticons[編集]

バイオレンジャイガー
声 - 郷里大輔
三つの顔を持つ魔神のような新破壊大帝。テレビマガジンでの肩書きは“最強大帝”。長い戦いで死んでいったデストロン兵士の怨霊の集合体として生まれた設定。
クインテッサ星人の様に複数の顔があり、正面を向いている顔によって声が異なる。
トランスフォームの可否はおろか、トランスフォーマーなのかも不明。

九大魔将軍[編集]

バイオレンジャイガーの手下であるデストロンの元幹部や兵士。地球での戦闘で九体のうち四体がパワードマスターに破壊された。

D-307 超神将軍オーバーロード
声 - 野田圭一
超神マスターフォース』の破壊大使。九大魔将軍のリーダー格。アイアコーンに代わりデストロンの紋章がついた。Zベース襲撃の際、エネルゴンZを発見した。声はかつてのゴッドマスター・ギガと同一だが現在の人格はデビルZに与えられた別物であり、共に合体していたメガの人格は完全に消滅していると思われる。
D-318 怪魚将軍キングポセイドン
声 - 平野正人
超神マスターフォース』のシーコンズ合体兵士(ただし、オーバーバイトが欠けている)。三又の槍と錨つき鎖が武器。ゾーンモードの攻撃でダイナザウラー共々葬り去られる。
D-78 野獣将軍プレダキング
声 - 岸野幸正
2010』で登場したアニマトロン巨獣合体兵士。流暢に喋れるようになった。頭部のデザインは大きく異なる。剣は刃が鋸状のものを使い、獰猛さにも磨きがかかっている。ダイアトラスとの戦いで戦意を失い逃亡を図るが、追撃のゾーンパワードカッターを受け、真っ二つになって爆発した。
37 技術将軍デバスター
声 - 掛川裕彦
初代トランスフォーマー』から登場しているビルドロン巨人兵。右腕のドリルで地中に潜行可能。地中でのダイアトラスとのゾディアックを巡る戦いで溶岩に飲み込まれて溶解された。
余談だが、初代アニメでもビルドロン師団が溶岩に飲み込まれるシーンがあり、その時は生存している。
D-55 情報将軍メナゾール
声 - 平野正人
初代トランスフォーマー』から登場しているスタントロン合体兵士。なぜか猫背になっている。両手にレーダー類を備える。漫画では“諜報将軍”。
D-69 火炎将軍ブルーティカス
初代トランスフォーマー』から登場しているコンバットロン合体兵士。その名の通り装飾は炎を象っている。アニメではほとんど登場しない。
D-63 恐竜将軍ダイナザウラー
声 - 郷里大輔
スクランブルシティ発動編』及び『2010』で登場したダイノベース。彼だけが口調が乱雑であり、棍棒を振るい頭脳はそのまま。大きさは他の巨大兵士と同サイズ。ゾーンモードの攻撃でキングポセイドン共々葬り去られる。
D-84 妖獣将軍オボミナス
声 - 岸野幸正
2010』で登場したテラートロン合体兵士。流麗に銃を構え、やはり知力が増したようだ。
D-311 暗黒将軍ブラックザラック
声 - 岸野幸正※ムックでは掛川裕彦とされるが誤り
超神マスターフォース』の暗黒大帝。スコルポノックとデビルZのどちらのパーソナリティを持つかは不明。漫画では“悪霊将軍”。

全員玩具などは発売されていない。

メトロ戦隊[編集]

D-340 コマンダーメトロタイタン
2010」登場のメトロフレックスの仕様変更品。アニメ未登場。部下は全て同梱品。
D-340 メトロボム/SkyStalker
参謀のマイクロトランスフォーマー。前年の「トランスフォーマーV」にてロボットポイント通販商品だったサンダーアローの海外版に付属していたものなので『トランスフォーマー ザ・ムービー』のスカイストーカーとは体色が異なる。なお前者の玩具の方が色が薄い。
D-340 メトロショット
副官。シックスガンの色替え。
D-340 メトロダッシュ
情報兵。スキャンパーの色替え。
D-340 メトロタンク
スレマーの色替え。

マイクロトランスフォーマー/MicroMaster[編集]

D-341 突撃兵レースカーパトロールチーム/RaceTrackPatrol[編集]

メトロタイタンの忠実な部下。アニメ未登場。

バリケード/Barricade
F-1マシンに変形。
ローラーフォース/RollerForce
バギーカーに変形。
グランドホッグ/GroundHog
スポーツカーに変形。
モータースター/MotorHead
スポーツカーに変形。

その他[編集]

ナレーター
声 - 野田圭一

用語[編集]

フェミニア星
カイン達フェミニア人の母星。九大魔将軍の攻撃で破壊される。
惑星Z(ゾーン)
サイバトロンの本拠地である惑星。
ゾディアック

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 『トランスフォーマーZ(ゾーン)のテーマ』
作詞 - 竜真知子 / 作曲 - 根岸考旨 / 編曲 - 石田勝範 / 歌 - 水木一郎
フルコーラス版と本編使用の1コーラス版で、歌詞の一部(漢字の読み)が異なっている。
なお水木が同じZ文字繋がりのロボットアニメマジンガーZ』のOPを歌ったことからOP自体がマジンガーOPのパロディ(ダイアトラスが敵の体を突進で突き破るシーンなど)になっている。
エンディングテーマ - 『未来(あした)の君へ』
作詞 - 竜真知子 / 作曲 - 根岸考旨 / 編曲 - 石田勝範 / 歌 - 水木一郎
TFの中で初めて歌詞の中に「トランスフォーマー」という単語が含まれておらず、ED作画もそれまでとは打って変わって通常のTVアニメ風に仕上がっている。

海外展開[編集]

海外では前年よりマイクロトランスフォーマーが主流となった。国内未発売商品について記述する。

MicroTransformers[編集]

バトルフィールドヘッドクォーターズ/BattleFieldHeadQuaters
前後2体合体でトレーラーに変形するマイクロTFフルバレル/Full-Barrelオーバーフロウ/OverFlow。彼らと、分離して二機の戦闘機に変形する大型トレーラービークルとのセット。サイバトロン。
アンチエアクラフトベース/Anti-AirCraftBase
前後2体合体で爆撃機に変形するマイクロTFスペースショット/SpaceShotブラックアウト/BlackOut。彼らと、偵察ビークルと戦闘基地に分離変形する大型戦車とのセット。デストロン。

MicroTransformersWTeamTransport[編集]

タンカートラック/TankerTransport
前後2体合体でショベルロングトラックに変形するマイクロTFパイプライン/PipeLineガッシャー/Gusher。後にリターンオブコンボイで発売されたマイクロTFの色替え。彼らが前後に合体する事が可能であり、さらに基地になるタンクローリーとのセット。サイバトロン。
ミサイルランチャー/MissileLauncher
前後2体合体でショベルクレーン作業車に変形するマイクロTFレトロ/Retroサージ/Sirge。後にリターンオブコンボイで発売されたマイクロトランスフォーマーの色替え。彼らが前後に合体する事が可能であり、さらに基地になるミサイルトレーラーとのセット。サイバトロン。
キャノントランスポート/CannonTransport
前後2体合体でダンプカーに変形するマイクロTFセメントヘッド/Cement-Headテラートレッド/Terror-Tread。後にリターンオブコンボイで発売されたマイクロトランスフォーマーの色替え。彼らが前後に合体する事が可能であり、さらに基地になる装甲戦車とのセット。デストロン。

脚注[編集]

  1. ^ 谷澤崇編「あとがき◎金田益実」『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー ザ☆コミックス』ミリオン出版、2002年10月23日、ISBN 4-8130-0093-2、639頁。