トリプルチェンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トリプルチェンジャー(Triplechanger)とは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するロボット生命体。サイバトロンデストロン両軍に所属し、それぞれトリプルボットトリプルトロンと呼ばれる。

概要[編集]

3つの形態を持つトランスフォーマー種族。一つは陸上(あるいは海上)に、もう一つは飛行形態へと変形する。

ブリッツウイングとアストロトレインはシーズン2より登場。スプラングは『ザ・ムービー』より、サンドストーム、ブロードサイド、オクトーンは『2010』からの登場である。

トリプルチェンジとしてはこれ以前に3段変形の『無敵鋼人ダイターン3』と『亜空大作戦スラングル』(発売はクローバー)や『銀河旋風ブライガー』(発売はタカトクトイス)があるが、こちらは、差し替えパーツ有りの変形であった。差し替えパーツ無しでの3段変形を実現した3形態変形ロボットは『超時空要塞マクロス』のバルキリー(ビークルからロボットへの変形途中形態、TFにおいてもスカイファイヤーに流用)を除けば、トリプルチェンジャーが最初(但し、スプラングやオクトーンなど2010に登場したメンバーは、一部パーツ無しでは変形できない)である。日本では『2010』放送時期に「トリプルボット」、「トリプルトロン」に分けられた。

以後もビークルと基地形態等に3つの形態に変形するキャラクターも多く登場するが、本記事ではトリプルチェンジャーの名前を冠するキャラクターのみ扱う。

各メンバー[編集]

トリプルボット[編集]

『トランスフォーマーテレフォン』によればトリプルトロンに対抗する為、スクランブルシティで生まれたとスプラングが話している。

空中防衛戦士スプラング/Springer
声 - 堀内賢雄 / HM - 池水通洋 / 英 - ニール・ロス
血の気盛んな若者だが、普段は口が達者で機知とユーモアに富む楽観主義者。アーシーの恋人であり、行動を共にすることが多い。ヘリコプター装甲車に変形。
『ザ・ムービー』ではアーシーと協力しサイバトロンシティにてシティを戦闘モードに変形させる。デストロン撃退後はウルトラマグナスパーセプターらと共にシャトルに乗船し惑星ジャンキオンへ向かい、突如襲ってきたレック・ガーと戦う。
ロディマスコンボイとはロディマスコンボイがホットロディマスであった頃から親友らしい。
武器はローターサーベルとレーザーガンで、右腕にレーザー砲を装備している。またヘリコプターモードでは腹部に当たるところからチェーンを出していた。両膝のバネを生かしたジャンプ力も生かして戦う。
テレビマガジン版コミックでは第2作『超ロボット生命体物語ザ☆トランスフォーマー』の第1話より登場。
ケイブンシャの大百科別冊『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』に掲載された『最強のトランスフォーマーは』ではサイバトロン側の7人のメンバーに選抜。オクトーンを押さえ込むが、場外にメガトロンに投げられてしまう。
空海防衛戦士ブロードサイド/Broadside
声 - 江原正士 / HM - 小林通孝(4話)、山口健(12話) / 英 - ビル・マーチン
大型のトリプルボット。単体で合体戦士並みの巨躯とパワーを誇り、ガルバトロンに堂々と立ち向かうほどの勇敢さを持つ。ジェット機空母に変形するが、テックスペックでは船酔いと高所恐怖症であまり変形したがらないとされる。主に仲間の輸送やエアーボットの母艦として活躍。
武器はプラズマパルスガンとバイブロ・アックス。
『2010』では第25話まで玩具版とは全く異なる目鼻と口のある赤い顔で登場していた。
『2010』では第10話において、脚本のミスでサイクロナスを呼びに来たデストロンとして登場したこともあり、原語版では台詞がなかったが、日本版吹替版でブロードスワイブと呼称されている。
玩具はスプラング等と同じサイズであり、後の『HM』では標準サイズのTFとして描かれた。
偵察員サンドストーム/Sandstorm
声 - 塩屋翼 / HM - 佐藤正治 / 英 - ジェリー・ハウザー
第4次大戦時にセイバートロン星を後にしたサイバトロン達が作った、平穏な性格のトランスフォーマー達が棲む楽園・パラドロン星の住民。しかし、デストロンに星を占拠されてしまい、やむなく星を爆破。以後、サイバトロンに入隊。社交的な性格であり、なおかつ平和主義者だったためか亡命者であるオクトーンにも好意的に接した。ヘリコプターバギーに変形。
武器はサンドブラスターガン。また砂煙を起こす「煙幕アタック」が得意技。
『2010』のOPではブロードサイドと共に多段変形を繰り返し、ブリッツウイング、アストロトレインと戦う姿が描かれている(元は海外CMの流用)。

トリプルトロン[編集]

空陸参謀ブリッツウイング/Blitzwing
声 - 難波圭一、堀内賢雄(39話)、島香裕(48、51話)/ ザ・ムービー、2010 - 江原正士 / HM - 山口健 / 英 - エド・ギルバート
好戦的な性格の空陸参謀。74式戦車(セイバートロン星においても戦車状の車輌)とミコヤン・グリヴィッチ MiG-25フォックスバットに変形する。
スタースクリーム曰く「大ボラ吹き」。物事を戦いに結び付けようとする癖がある(例:ロングパス→長距離射撃)。
アストロトレインと結託して反乱を起こし成功させた事もある。なおその際はアメフト会場を占領し、その場に居合わせたコーチを作戦参謀とし、ビルドロン部隊と結託するが、そのビルドロン達の反発に遭い、最終的に失敗する。
『ザ・ムービー』では戦車形態でホットロディマスを砲撃するが、チャーの機転により狙いを逸らされてしまう。
『2010』では惑星ジャールにやってきたクインテッサ星人を怪しみ、仲間が彼らについたにも関わらず一人残る。その後クインテッサ星人の策略を聞き、ガルバトロンに伝えるが聞き入れてもらえずサイバトロンと協力、デストロンを脱退する(ただし、その後台詞はないものの、デストロンとして登場している)。
『HM』では第16話において陽動作戦の囮として出撃し、宇宙空間にてクロームドームとハードヘッドを翻弄した。
武器はジャイロ爆破ライフルと電子サーベル、ジェットモードでは機首からのビームミサイルを装備。また戦車モードでの主砲も強力な武器である。
後期のOPではオメガスプリームに踏み潰されボーンクラッシャーに回収されている。また、海外版のシーズン3(日本版の『2010』にあたる)『ザ・リバース』のOPでは、戦車形態で多数の同型のトランスフォーマーと共に横一列に並んでいる。
テレビマガジン版コミックでは第1作の第4話に登場。ガンモードに変形したメガトロンとスタースクリームを乗せ、横浜を襲う。
輸送参謀アストロトレイン/Astrotrain
声 - 喜多川拓郎 / 英 - ジャック・エンジェル
宇宙刑務所から脱走した前科を持つ空陸輸送参謀。スペースシャトルSL(モチーフは国鉄D51に近い)に変形、仲間達の輸送に活躍した。また作中ではSLで助走を付け、飛び立つことが多かった。
傲慢な性格であり、漂着した惑星タイタンで先輩格のスタースクリームを出し抜き、アストロ教団を結成したり、ブリッツウイングと共にメガトロンに楯突いたこともあった、同僚のブリッツウイングとの会話でも主導権を取る。また、メガトロンに反逆した際に機関車を押収してコンピュータを組み込み、アストロ軍団を結成したが、メカの取り扱いは苦手らしく暴走させてしまった。
輸送任務という都合上、エネルギー探査中に自身がエネルギー切れになって近くの星に不時着し、仲間にエネルギーを取ってくるように命令し、それを嘆く場面もある。
『ザ・ムービー』では戦闘するシーンが描かれていないが、デストロンが撤退するシーンに登場。セイバートロン星への帰還中、エネルギー残量の関係から「荷を軽くしてくれ」と嘆いていた。
『2010』では、第1話でエネルギー調達に行かされ、命からがら持ち帰ったエネルゴンキューブを仲間に横取りされたり、輸送に使えるという理由でスタースクリームの幽霊に憑依されサイバトロンの捕虜にされたりと損な役回りが多くなった。
『HM』においても序盤は輸送出弾として利用され、最終話では他のデストロンとともに地球を脱出していた。
武器はイオンライフルと顔の両側からのビーム。また胸は収納庫になっている。シャトルモードでは翼のプラズマ砲。
玩具は初期版が白と黒、後期版が白と紫のカラーリングだったが、アニメでは灰色と紫の試作版のカラーリングで登場。また、ロボットモードにおいてシャトルモードの尾翼は胸に収納される用に描かれている(設定画では背中に移っている)が、玩具カタログ等では胸に広げている。
補給兵オクトーン/Octane
声 - 堀内賢雄 / HM - 田中亮一 / 英 - ボー・ウィーヴァー
惑星ジャールでエネルギー不足に苦しんでいたデストロンの一人。クインテッサ星人の手により持ち直した後はガルバトロンを裏切りダイナザウラーと組んで反逆を画策したが、失敗に終わり逃亡。その後ジャンキオンやサンドストームと交流していた(知り合った経緯などは不明)。最終的にデストロンに戻った模様。また、同じ野心家であったためか、スタースクリームとは仲が良かった。なお、サンドストームによればオクトーンは旧式モデルらしい。女性型ロボット(かわいこちゃん)のビデオ鑑賞が趣味。ボーイング727ジャンボジェットタンクローリーに変形。
『HM』では惑星ザラックにて鞭を手にビーストフォーマーを監視していた。
武器は火炎放射器、玩具では尾翼がシールドになる。
『最強のトランスフォーマーは』ではデストロン側の7人のメンバーに選抜。スプラングに潰され、メガトロンに助けを求めるが、二人ともメガトロンに場外に投げられてしまう。

玩具[編集]

ブリッツウイングは『ダイアクロン』・「可変戦隊トリプルチェンジャー」のジェット機タイプの流用。TFに流用する前から開発の進んでいたアストロトレインとともに85年11月頃にそれぞれ「43」と「48」のナンバーを与えられて発売。またブリッツウイングに付属している電子サーベルは先端が丸められたものに改修されている(復刻版では戻されている)。アストロトレインはハスブロで発売された際では白と紫だが、国内では開発段階の白と黒で発売され、パッケージアートも異なる。

86年11月頃にサイバトロン側が「トリプルボット」、デストロン側が「トリプルトロン」に分けられサンドストーム以下の3体が「C-83~85」、オクトーンが「D-72」のナンバーを与えられて発売。またアストロレインはボディカラーが白と黒から、アニメ版を意識した白と紫に変更された。

2003年に『トランスフォーマー コレクション11』ではアストロトレイン(前期版)が復刻され、またe-Hobby限定ではアニメ版として採用されたプロトカラー版(灰色と紫)が発売された後、2005年12月にアメリカ合衆国でも初期版が数量限定で復刻された。2005年1月には「17」でブリッツウイングが復刻、2月にはダイアクロン版がクインテッサ宙挺降下兵オーバーチャージ / Overchargeの名前が付けられe-Hobby限定で発売された。

当時トリプルトロンの開発に携わった大野光仁は「ブリッツウイングとアストロトレインは並んで傑作、パズルとを説いているような感じでと楽しんで作らせてもらいました」と語る、オクトーンに関してはロボット時のシェイプに心残りがあると話している。また当初のアストロトレインが当初の配色イメージである「白と黒」から「白と紫」に変更された際、酷く驚いたという[1]

その他の作品に登場したトリプルチェンジャー[編集]

変形!ヘンケイ!トランスフォーマー
トリプルチェンジャー輸送参謀アストロトレイン/Astrotrainトリプルトロン補給兵デストロンオクトーン/Tankorが発売。アストロトレインは海外版における『Classics』では白と黒のカラーリングだが、『ヘンケイ』版では灰色と紫に変更されている。
アニメイテッド
戦車と戦闘機に変形するブリッツウィング/Blitzwingが登場。多重人格者であり、人格が変化する度に顔が変わる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 坂本章編「ROBOT IN DISGUISEを生み出した人々」『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー ファーストシリーズ・コンプリート』ジャイブ出版、2004年12月23日、ISBN 4-86176-036-4、120頁。