銀河旋風ブライガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

銀河旋風ブライガー』(ぎんがせんぷうブライガー)は、1981年(昭和56年)10月6日から1982年(昭和57年)6月29日までテレビ東京ほか一部放送局で毎週火曜日17:55 - 18:25の枠[1]にて全39話が放送された、国際映画社製作のロボットアニメ

J9シリーズ
通番 題名 放映期間
第1作 銀河旋風ブライガー 1981年10月
- 1982年6月
第2作 銀河烈風バクシンガー 1982年7月
- 1983年3月
第3作 銀河疾風サスライガー 1983年4月
- 1984年1月

作品解説[編集]

J9シリーズ」三部作の第1作。スタッフは、『サンセット77』や『サーフサイド6』といった1950年代のアメリカの若者向け探偵ドラマの軽妙なセンスを強く意識して制作したという。また、時代劇調のナレーションなど和風の要素と始末屋稼業の組み合わせから、当時からアニメ誌などでは「SFアニメ版必殺シリーズ」などと書かれることも多かった。

本作の特徴として女性ファンが多いことがあげられる。一説によるとファンの9割が女性だったとされている[2]

J9のキャラクターデザイン上のモチーフは『ルパン三世』である。キッドはルパン三世、ボゥイーは次元大介、アイザックは十三代目石川五ェ門、お町は峰不二子を参考にデザインされている。これは放送当時の『アニメージュ』の特集記事で明らかになっており、記事中では初期デザインとともにキャラデザインを担当した小松原一男のコメントも掲載されていた。また、J9のキャラクター4名は、ストーリー上ほぼ同格の位置づけであり、一種の群像劇であったと言える。この点は、続くシリーズ2作も同様の流れにある。

ロボアクションの作画の荒れが目立ち、主演陣はあまりの質の低さに驚愕し「これは自分たちが気合を入れて番組を盛り上げていく他ない」と闘志が湧いたと語られる[要出典]

監督の四辻たかお曰く、「ロボットが出ない代わりに、初めから終わりまでロックが流れ続ける(LPレコード1枚分のロックを聞いた気分になれる)アニメを作りたいと言ったところOKが出た」とのことである。四辻は友人の山本正之にBGMと挿入歌の制作を依頼したところ音響面で人気を博し[3]、J9シリーズが後世まで根強い人気を持つようになる要因の一つとなった。

なお、日本のテレビアニメで初めてベッドシーンが描写された(第28話)[4]

最終回間際にアニメ専門誌でスタッフの「映画化も考えている」旨の発言があったが、結局それ以上の話の進展はなかった。

ストーリー[編集]

時は西暦2111年。人類は本格的な宇宙進出を遂げ、一見華やかな宇宙開発時代を迎えていた。しかし、惑星開発利権や腐敗した権力と結びついた巨大な犯罪組織が台頭、これら「コネクション」と総称される犯罪組織によって、力弱き人々は蹂躙されていた。

そんなある日、隕石群アステロイドベルトの歓楽街・ウエストJ区9番地に4人の若者・かみそりアイザックブラスターキッド飛ばし屋ボウィーエンジェル・お町が集結。宇宙の始末屋「コズモレンジャーJ9」を結成する。J9は、巨大ロボット「ブライガー」を駆り、多額の報酬と引き換えに、のさばる悪を闇から闇へ葬り去ってゆく。

やがて彼らは、犯罪組織「ヌビア・コネクション」の若き首領・カーメン・カーメンと、その恐るべき野望「大アトゥーム計画」と対峙することとなる。

登場人物[編集]

コズモレンジャーJ9[編集]

ブラスター・キッド
- 塩沢兼人 / (スーパーロボット大戦シリーズでは山崎たくみ
本名、木戸丈太郎(きど じょうたろう)。地球・日本に国籍をもつ生粋の日本人。18歳。
ブライガー変形時には頭部に移動し攻撃・防御を受け持つ。J9随一のスナイパー
かつて地球正規軍の特殊部隊「レッドローズ」でエーススナイパーとして活躍していたが、軍上層部の腐敗に失望して脱走、アイザックの許に身を寄せる。ダブルネックエレキギターの名奏者。
エンジェル・お町
声 - 麻上洋子
本名、マチコ・ヴァレンシア。16歳。
ブライガー搭乗時は索敵・遊撃等を担当。ナイフ投げを得意とし、銃器・爆薬の扱いにも長けており「ボンバーギャル」の異名を持つ。敵基地の潜入任務の際に活躍。
木星開発局の長官でガリレオ・コネクションと通じていた父親に反抗。フリーの情報屋としてポンチョの動向を探っていた時に潜入した基地でJ9結成に居合わせ、そのまま居つく。
トランプのポーカーが得意で、彼女が「いいこと」と言って誘うのはポーカーの意味である。
飛ばし屋・ボウィー
声 - 森功至
本名、スティーブン・ボウィー。地球・サンブルックシティ出身。人種はアメリカ系らしい。18歳。
ブライサンダー、ブライスター、ブライガーの操縦担当。
太陽系最大のカーレース、ル・マン・デ・ソールの最多優勝記録を持つ凄腕レーサーで、その腕を見込まれてアイザックにスカウトされた。J9入りしてからも「表の稼業」としてフリーレーサーを続けており、土星カッシーニラリーでもその腕を披露している。
ブライサンダーを「子猫ちゃん」と呼んでかわいがっている。
かみそり・アイザック
声 - 曽我部和行 / (スーパーロボット大戦シリーズでは置鮎龍太郎
本名、アイザック・ゴドノフ。20歳。
J9のリーダーで、ブライガー搭乗時はシステムチーフ担当。冷静で鋭い読みが高い信頼を得ており、その知性の冴えを例えて「かみそり」とあだ名される。電子鞭を自在に扱い、銃撃戦もお手の物。
地球の北ヨーロッパ出身と語られており、父親が無実の罪で獄死したのをきっかけに地球を捨て、アステロイドに移住した過去を持つ。
見かけによらずアルコールに弱い。
パンチョ・ポンチョ
声 - 八奈見乗児
闇の武器商人。アイザックに弱みを握られているらしく、J9結成後は依頼人とJ9を取り次ぐ役目をさせられている。交渉窓口の特権を利用して、依頼料を着服しようと画策するが、大概はアイザックに見抜かれてしまう。戦闘時はブライ・キャリアの操縦を務め、ブライ・カノンの運搬を担当していた。
後に巨万の富を築いたらしく、『バクシンガー』の時代には「ポンチョの隠し財産」が闇商人たちの間でまことしやかに語られていた。
メイ・リン・ホー
声 - 雨宮一美
J9で通信や料理を担当する少女。10歳。
かつて、水星で武器工場を見たために両親を殺され、宇宙を漂流していた所をアイザックに救われた過去を持つ。彼女の作る料理は、ポンチョはおいしそうに食べていたが、ボウィーやキッドを絶句させた。
シン・リン・ホー
声 - 頓宮恭子
メイの双子の弟。メイと共に宇宙を漂流中にアイザックに救われ、以後J9基地で彼のために働いている。
ポヨン
声 - 鈴木富子
J9のマスコット的存在の小型の木星ベム。木星からの仕事帰りのブライスターに紛れ込んでそのままJ9基地に居ついてしまった。蝶ネクタイにスカートをはいた奇妙な姿をしている。「ポヨン」としか話せないためにこの名をつけられた。
「ベム」とは本来、SF作品に登場する昆虫の複眼のような目を持った宇宙生物の総称だが、この作品ではタコ型の宇宙生物の総称とされている。

アステロイド[編集]

マカローネ・スパゲチーノ
声 - 柴田秀勝
アステロイドベルトウエストJ区担当の警察署長。アイザックが何やら画策しているのに目をつけて身辺を探っていた。第33話までにはJ9のことにも気づいていたらしいが、彼らの仕事は必要悪と考え、敢えて見逃していた。
ヌビアの煽動によってアウトローがJ区署を襲撃したとき、自らの身を張ってJ区署を守って意地を見せた。キッドとお町の助力もあったが力尽きて殉職する。その意地と根性はキッドを感服させた。
グラターノ
声 - 龍田直樹
マカローネ署長の助手。いつもマカローネ署長に小突かれていたが、署長に気に入られており、養子にしようとさえ思われていた。J区署がヌビアの攻撃を受けて壊滅寸前の時、瀕死の重傷を負いながらもJ9基地にたどり着き、キッドとお町に救援を要請し、聞き届けられるとそのまま息を引き取った。

コネクション[編集]

カーメン・カーメン
声 - 田中和実
アフリカを拠点とする犯罪組織ヌビア・コネクションの首領。先代亡き後、ライバルを次々と暗殺して首領の地位に就く。その後辣腕を振るい他のコネクションを次々と併合、最終的には太陽系を改造する「大アトゥーム計画」までを実行する。
大宇宙の声を聞けると自ら語るシャーマンでもあり、大アトゥーム計画は、その宗教的使命感の現れでもある。彼が首領に就任してからのヌビア・コネクションはカルト教団の様相すら呈した。
続編『銀河烈風バクシンガー』では、生まれ変わりと称するカーメン18世が、『銀河疾風サスライガー』ではカーメン25世が登場する。また『サスライガー』のI・C・ブルースは「尊敬する歴史上の人物」として彼を挙げていることから、続編の時代では犯罪者ではなく、新太陽系を作り出した偉人と評価されているようだ。

その他[編集]

ドク・エドモン
声 - 雨森雅司
本名:エドモン・バチルス。アイザック曰く「通称・エドモンのおやじ」。
ブライガーをはじめJ9が操るすべてのメカの生みの親で、保有する特許は三桁に上る。シンクロン理論の発見者であり、地球政府の技術顧問も務める超天才。 ヌビアコネクションの大アトゥーム計画による太陽系破壊を防ぐため、保護スクリーン作戦を起案。実際にバリアーをも製造に成功するが、爆発のあおりを受けて死亡。
声 - 戸谷公次
大宇宙の声とされる存在。大アトゥーム計画をカーメンに啓示する。何者かは最後まで不明。
ナレーター
声 - 柴田秀勝
オープニング冒頭のセリフ、次回予告、劇中の最後に流れる時代劇調のナレーションはこの作品の特徴のひとつである。担当した柴田は芥川隆行のナレーションを意識したという[5]

メカニック[編集]

ブライガー
全長32.4メートル、重量315トンの大型ロボット。
J9チームの乗るスーパーカー・ブライサンダーシンクロン原理を応用した物質増大プラズマシステムによって変形・巨大化、宇宙船・ブライスターを経てブライガーに三段変形(ブライシンクロン)する。巨大化のタイムリミットは24時間。
主な武装は、小型戦闘艇が変形した銃「コズモワインダー」、巨大な槍「ブライスピア」、両刃でビーム放射も可能な剣「ブライ・ソード」、そして大口径エネルギー砲「ブライ・カノン」(初登場は第15話)が必殺技。
鼻から頬にかけてのヒゲのように見えるライン、機械然とした3本指のこぶしが特徴的。
ブライサンダー
全長4.89メートル、重量1.535トン。変形システムの基本形となるスーパーカー。地面走行だけでなく簡単な飛行も可能。
平時はこの形態で物質増大プラズママシーン・アストロ・アイガーに収納されている。
「ブライ・シンクロン・アルファ」で宇宙船・ブライスターへ変形する。
ブライスター
全長29.7メートル、重量315トン。変形過程の第2段階となる宇宙船。大気圏突入にも耐えられる仕様になっている。
「ブライ・シンクロン・マキシム」で最終形態である戦闘ロボ・ブライガーに変形する。

用語[編集]

シンクロン原理
この宇宙の質量やエネルギーを他の宇宙空間と融通しあうことよって、その投影像である物体の拡大・縮小を自由にするもの。作中では「多元宇宙論質量保存の法則を適用したもの」と説明。なお、実際に既知宇宙でそれを行う場合、太陽並みのエネルギーが必要とされる。
コネクション
22世紀の宇宙の裏社会にのさばる犯罪組織。その勢力は政治の中枢まで及び、警察はごく一部を除いて骨抜きにされ、ほとんど機能することが出来なかった。ロシアやヨーロッパを基盤とする「ボルガ・コネクション」、中国などアジアを基盤とする「赤竜(レッドドラゴン)・コネクション」、南北アメリカ大陸を基盤とする「オメガ・コネクション」、アフリカ大陸を基盤とする「ヌビア・コネクション」の4つを地球の4大コネクションという。その他金星の「ビーナス・コネクション」、火星の「バイキング・コネクション」、木星の衛星を本拠とする「ガリレオ・コネクション」など多数のコネクションが存在し、人々の暮らしを脅かし続けていた。
もともとヌビア・コネクションは大手犯罪組織の一つでしかなかったが、前代表の死後にカーメン・カーメンが彗星のごとく現れ、瞬く間に全権力を掌握する。それからカーメンのカリスマ性の下、ヌビアは次第に宗教色を強めると共に、地球の他のコネクションの首領を暗殺し、その勢力は一国家を上回るほどとなった。終盤には「犯罪組織」というよりはむしろ、大アトゥーム神とカーメンを崇拝する「カルト宗教団体」のような存在となっていた。後の『銀河烈風バクシンガー』『銀河疾風サスライガー』の時代においては、犯罪組織としての「ヌビア・コネクション」ではなく、「ヌビア(教)」という宗教団体として存続している。
大アトゥーム計画
カーメン・カーメンが構想・実行した、木星を爆破解体しそれを資材として地球型惑星を数十個創造する計画。アトゥームとはエジプト神話の創造神アトゥムの名に由来する。
ただし木星はいわゆるガス惑星であり、地球型惑星の資材とするためには熱核融合によって水素を重金属に変える工程が必須である。しかしこの作業を遮蔽壁なしで行うと、この際に発する放射線などによって地球は死の惑星になることが避けられない。
カーメンはこれを利用、自分に従う「ヌビアの民」のみを安全な外宇宙に避難させ、それ以外の者が死に絶え太陽系が安全になってから、ヌビアだけの新天地を築こうと企んだ。その意味では選民主義的あるいは終末論的思想に基づくものいえる。
保護スクリーン作戦
J9たちが大アトゥーム計画阻止に失敗したため、せめてその放射線から地球を守ろうとドク・エドモンが発案した作戦。水星および木星や海王星の衛星を木星付近で爆破、木星軌道を取り囲むようにチューブ状の遮蔽壁を造り、外部への放射線を低減しようというもの。
一応は成功し地球は守られたものの、その実行のために多くの犠牲を払った。しかもアステロイドベルトなど木星近辺にある宇宙ステーションやドーム施設への被害、およびこの後の太陽系社会の混乱は避けられなかった。この時の混乱を鎮める際に主導的役割を果たしたのがゴーショ家とアーウィン家だった。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

※レーベルは全てキングレコード

オープニングテーマ
「銀河旋風ブライガー」
作詞・作曲 - 山本正之 / 編曲 - 高田弘 / 歌 - たいらいさお / 台詞 - 柴田秀勝
エンディングテーマ
「さすらいキッド」
作詞 - 木久池勉 / 作曲 - 山本正之 / 編曲 - 高田弘 / 歌 - たいらいさお
挿入歌
「星影のララバイ」
作詞 - 山本優 / 作曲・編曲 - 山本正之 / 歌 - 山形ユキオ
第28話から第30話のTV放映時にはエンディングでレコードプレゼントの告知が行われ、この曲がエンディングテーマとして使用された。ビデオ、DVD等では「さすらいキッド」に差し替えられている。
「太陽の子ら」
作詞 - 山本優 / 作曲・編曲 - 山本正之 / 歌 - 山形ユキオ
「ABAYO FLY BYE」
作詞 - 山本優 / 作曲・編曲 - 山本正之 / 歌 - 山形ユキオ

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術
1 情無用のJ9 山本優 四辻たかお
松浦錠平
山崎正美 下川忠海
2 爆走アステロイド 明石正二
康村正一
菊池城二
3 地獄のビーナス 松浦錠平 山崎正美
4 無法のウエストJ区 富田祐弘 井内秀治
松浦錠平
5 墓場からの依頼人 馬嶋満 高山秀樹
康村正一
塩沢洪世
6 復讐の紅いバラ 山本優 康村正一
松浦錠平
山崎正美 高島平
7 金星監獄大突破 松浦錠平 菊池城二
8 月に涙の後始末 松崎健一 康村正一 塩沢洪世 下川忠海
9 激走・土星ラリー 富田祐弘 高垣幸蔵
松浦錠平
大木雪享 高島平
10 霧に消えた愛 馬嶋満 康村正一 塩沢洪世 下川忠海
11 燃える大雪原 山本優 中野健治
松浦錠平
大木雪享 高島平
12 バルカンの双生児 松崎健一 松浦錠平 塩沢洪世
13 黄金大作戦 富田祐弘 康村正一
松浦錠平
菊池城二
14 木星ベムの襲来! 馬嶋満 松浦錠平 大木雪享
15 シンクロン凶惑星 松崎健一
16 銀河の死美人 山本優 中野健治 塩沢洪世 下川忠海
17 怒りのクーガ 金子修介 康村正一
松浦錠平
大木雪享 高島平
18 星影の子守唄ララバイ 山本優 中野健治
松浦錠平
塩沢洪世
19 襲撃のメロディー 高垣幸蔵
松浦錠平
大木雪享
20 甦った復讐鬼 馬嶋満 中野健治
松浦錠平
21 誓いのWネック 四辻たかお 康村正一 塩沢洪世 下川忠海
22 暗殺指令ヌビア 山本優 又野弘道
松浦錠平
大木雪享 高島平
23 ヌビアは笑う 中野健治
松浦錠平
塩沢洪世
24 勝手にしやがれ 高垣幸蔵
松浦錠平
菊池城二
25 天王星は死の匂い 松崎健一 康村正一 塩沢洪世 下川忠海
26 もいちどブルース 四辻たかお 小鹿英吉
松浦錠平
大木雪享 高島平
27 カルナバルの嵐(前編) 山本優 中野健治
松浦錠平
塩沢洪世 下川忠海
28 カルナバルの嵐(後編) 康村正一
松浦錠平
大木雪享 高島平
29 たそがれの挑戦者 又野弘道 塩沢洪世 下川忠海
30 るのは奴らだ(前編) 新田義方
松浦錠平
菊池城二 高島平
31 殺るのは奴らだ(後編) 高垣幸蔵
松浦錠平
大木雪享
32 祈りの銀河 金子修介 塩沢洪世 下川忠海
33 金環食に別れ歌 四辻たかお
山本優
松浦錠平 大木雪享 高島平
34 その名はカーメン 山本優 高垣幸蔵 塩沢洪世 下川忠海
35 水星大抗争(前編) 又野弘道
松浦錠平
菊池城二 高島平
36 水星大抗争(後編) 池田裕之
松浦錠平
大木雪享
37 木星破壊宣告(前編) 明石正二
松浦錠平
塩沢洪世
38 アステロイドの攻防(中編) 高垣幸蔵
松浦錠平
大木雪享
39 ABAYO(後編) 中野健治
松浦錠平
塩沢洪世

ネット局[編集]

1982年5月時点の情報に基づく。

商品展開[編集]

『トイジャーナル』1982年2月号によると、スポンサーのタカトクトイスは1981年の年末商戦で「『ブライガー』が大ヒットし、当社としては対前年150%を記録できた」としている。また同誌によると同年末商戦でタカトクが同時期、スポンサーをしていた『戦国魔神ゴーショーグン』や『ヤットデタマン』より売れたそうである。

玩具以外の関連商品としては、プラモデルがマークから発売されている。全高13センチ前後で価格は300円とガンプラの主力商品だった1/144スケールの商品仕様に合わせてあり、その上外箱の大きさも同価格のガンプラと同じと、パッケージングからして販売店の棚でガンプラと共に置かれることを狙ったかのような仕様になっていた。変形はしないものの全身各部の関節が可動し、特に腰部分に回転軸を備えていたため、取らせられるポーズの幅がかなり広かった。この腰の回転ギミックは、デザインの関係もあるが同価格のガンプラには存在しないもので、この商品を語る上でのキーポイントでもある。アニメ雑誌や模型誌等での紹介では「オープニングの金田アクションも再現可能」という、やや大げさなあおり文句でこの特徴がうたわれていた。特徴的な手のかぎ爪も付け根で開閉できるため、付属のブライソードを握らせることも可能だった。なおガンプラでの流行を意識した「リアルカラー」版も発売された。これは成型色や塗装指定がプラモデルオリジナルのものになっているだけで商品自体は全く同一で、価格も300円だった。この他に「J9ベース2」という商品名の、子供向けプラモデルの定番だった秘密基地がモチーフの商品も同社から発売されている。

文具関連の商品は、セイカノートから発売された。因みに後番組の『銀河烈風バクシンガー』の文具は、セイカのライバル企業のショウワノートが製造・販売している。

ゲームでの登場[編集]

本作はゲーム『スーパーロボット大戦α外伝』・『スーパーロボット大戦GC(XO)』・『スーパーロボット大戦NEO』に登場している。制作当時、キッド役の塩沢兼人は故人であり、アイザック役の曽我部和恭は引退していたため、それぞれ山崎たくみ置鮎龍太郎が代役として声を当てている。また、GC(XO)では「自分達の活躍を聞き、それにあやかって『J9』をチーム名にしている異星人」という形で、原作では600年後と800年後の未来の人間である続編『銀河烈風バクシンガー』の銀河烈風隊や『銀河疾風サスライガー』のJJ9チームと出会っている。

パロディ曲、関連書籍など[編集]

銀河熱風オンセンガー
音楽を担当した山本によるパロディ曲。歌のイントロ部に、ブライガーのオープニング曲を意識したナレーション(鈴置洋孝)が付く。後に、山本による小説も発表された。「銀河シャンプー リンスガー」という楽曲もある。世界観などは、まったく異なっている。
ソノラマ文庫「銀河旋風ブライガー」山本優 (朝日ソノラマ1984年刊)
シリーズ構成・脚本を手がけた山本優による小説。
アニメ最終話からの続きとなる内容で、太陽系を抜けてバーナード星系へ向かったJ9のその後を描いている。アニメ本編では分かりづらかった時間経過が、今作ではJ9結成から太陽系を離れるまでの期間が約2年と明確にされている。各キャラの年齢設定もアイザック22歳、キッド及びボウィー20歳、お町18歳となっている。
アニメ文庫19「銀河旋風ブライガーJ9ファン集合!」(朝日ソノラマ1982年刊)
アニメ第1話〜第37話のあらすじ紹介、38・39話のアフレコ台本、キャラ・メカ等の設定資料・ラフ画等を収録した資料本。
ロマンアルバムデラックス59「銀河旋風ブライガー」(徳間書店1984年刊)
アニメ全話のあらすじ紹介、キャラ・メカ等の設定資料・ラフ画、スタッフ声優陣のコメント等を収録したムック。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1982年2月23日までは火曜18:00 - 18:30枠で放送。5分繰上ったのは平日18:55 - 19:00に帯ミニ番組『楽しいのりもの百科』が設置されたのに伴い、平日18:30の『マンガのひろば』が5分繰上がったため。
  2. ^ 『80年代アニメ大全』1988年、双葉社刊。
  3. ^ ハンドメイド・カフェ』第17号、2006年12月16日配信分より。
  4. ^ ただし、ルパン三世 (TV第2シリーズ)等でベッドシーンに近い描写は既に行われている。
  5. ^ 『ロマンアルバム・デラックス (59) 銀河旋風ブライガー』 徳間書店1984年、99頁。
テレビ東京 火曜18:00 - 18:30
前番組 番組名 次番組
銀河旋風ブライガー
(1981年10月 - 1982年2月)
銀河旋風ブライガー
(17:55 - 18:25)
※5分繰上げ
マンガのひろば
(平18:25 - 18:55)
※5分繰上げ、最初は
風船少女テンプルちゃん
テレビ東京 火曜17:55 - 18:25
天気予報
(平17:55 - 18:00)
銀河旋風ブライガー
( 18:00 - 18:30)
銀河旋風ブライガー
(1982年3月 - 6月)