ベム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベムBEM)は、Bug Eyed Monster(Big Eyed Monsterとも)の略語で、通常「大目玉の怪物」と訳される。初期のサイエンス・フィクションに登場する宇宙人あるいは宇宙怪物の総称である。

BEMは直訳すれば「昆虫の目玉を持った怪物」であり、その名の通り、昆虫複眼のような巨大なを備えた怪物として描かれる。20世紀前半に粗製濫造されたスペースオペラ作品においてはしばしば敵役として登場する。その類型は、主人公たるヒーローに襲いかかり、ヒロインを拉致しては裸に剥く、いかにも非人間的な、あまり知性の見られない怪物というものである。ベムの呼称は、類人猿トカゲなど地球に見られる動物に昆虫の複眼をくっつけた、安直なアイデアによる造形から来ている。

ベムはスペースオペラの全盛期にはさかんにパルプマガジンの表紙を飾ったが、SF読者の目が肥え、宇宙人を描くにもそれなりの科学的合理性・生物学的考証が要求されるようになってからは、オマージュパロディとして以外はあまりSF作品に登場しなくなった。