金田伊功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金田伊功
生誕 1952年2月5日
日本の旗 日本奈良県
死去 2009年7月21日(満57歳没)
国籍 日本の旗 日本
分野 アニメーター
活動期間 1970年 - 2009年
テンプレートを表示

金田 伊功(かなだ よしのり、1952年昭和27年)2月5日 - 2009年平成21年)7月21日)は、日本男性アニメーター奈良県出身。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。

「伊功」は「いこう」と読まれることもある。別名義に当初は誤字だったものを使用した「金田伊助」や、スクウェア・エニックス在籍中に他社仕事の際に使った「戸隠三郎」がある。

生涯[編集]

航空自衛隊パイロットだった父親を見て育ち、自分もその道を熱望していたが、視力が悪く断念する。この時に映画『空飛ぶゆうれい船』の宮崎駿の作画に衝撃を受けて、アニメーション業界を志すきっかけとなる。高校2年生の時のノートには、当時好きだったテレビアニメアタックNo.1』のヒロイン・鮎原こずえのイラストが多数描かれており、当時からプロレベルに近い画力であった[1][要高次出典]

アニメの通信教育を経て東京デザイナー学院のアニメ科で学び、東映動画(現・東映アニメーション)の契約社員となる。1970年に同社のテレビアニメ『魔法のマコちゃん』で動画デビュー。東映動画を退社後、荒木伸吾のフリー集団のスタジオZ(第1期)[2]、野田卓雄のスタジオNo.1を経て1976年にスタジオZ(第2期)[3]1980年にスタジオNo.1を結成して活動。1974年に野田が作画監督を担当した『ゲッターロボ』で原画として活躍してから1970年代半ばから『大空魔竜ガイキング』、『惑星ロボ ダンガードA』などの東映動画のロボットアニメ、『超電磁マシーン ボルテスV』のオープニングアニメに始まる日本サンライズ(現・サンライズ)での『無敵超人ザンボット3』『無敵鋼人ダイターン3』といったロボットアニメや『サイボーグ009』のオープニングアニメ、『くじらのホセフィーナ』の第03話、第20話で注目を集める。

1980年代前半には『ずっこけナイトドンデラマンチャ』第06話、『銀河旋風ブライガー[4]などのJ9シリーズ、『魔境伝説アクロバンチ』や『機甲創世記モスピーダ』などでオープニングアニメーションの仕事をし、山下将仁など金田の影響を受けたアニメーターを輩出した[5]1979年の劇場版『銀河鉄道999』以来、アニメ映画の仕事が増え『ヤマトよ永遠に』『地球へ…』『宇宙戦艦ヤマト 完結編』『幻魔大戦』などのアニメ映画に参加してメカ作画やエフェクトアニメを担当するようになった[6][7]。それらの作品の中には「スペシャルアニメーション」や「メカニック作画監督」と金田のために特別な役職まで設けられたものもあり、スターアニメーターとも言える地位を築いて[8][9]、当時のアニメ雑誌では機会があるごとに金田の情報を取り上げた[10]。熱心なアニメファンの中には金田を主役にした自主制作アニメを制作するグループまで現れた[11]。1980年代半ばになるとスタジオジブリの宮崎作品の常連になり、主にアニメ映画の仕事をこなすようになっていった[12][13][14][15]

1998年から劇場作品『ファイナルファンタジー』の制作に参加[16]したのをきっかけにスクウェアに入社し、スクウェア・エニックスの旧第7開発事業部所属の社員としてゲームのムービー制作を担当していた。この時期は日本を離れてハワイに滞在しており[17][18]、日本での仕事をしていない。

渡米前にはスパロボ系同人誌を発行する同人サークル「スタジオザルツウェルツ」にも参加している。

映画『ファイナルファンタジー』の仕事を終えて、日本への帰国後はスクウェア・エニックスの開発推進部に所属して2002年発売の『ファイナルファンタジーXI』、2003年発売の『半熟英雄対3D』、2005年発売の『半熟英雄4 7人の半熟英雄』、『武蔵伝II ブレイドマスター』など同社のゲームのオープニングアニメやキャラクターの3Dモーションを担当。中でも『半熟英雄対3D』のささきいさおの歌うテーマソングに合わせて往年の金田びかり、金田パース(後述)が炸裂するオープニングムービーは話題を呼んだ[18]

2009年7月21日心筋梗塞により57歳で死去[19]。同年8月30日に有志によって行われた「金田伊功を送る会」には日本のアニメーション関係者が約800名、一般のファンが300名ほど参加した。野田卓雄庵野秀明りんたろうらによって弔辞が述べられ、亀垣一平山智本橋秀之友永和秀が故人の思い出を語った。また同年12月には第13回文化庁メディア芸術祭特別功労賞を受賞、2014年には東京アニメアワードフェスティバル・アニメ功労部門に選出された。

概要[編集]

ロボットアニメなどにおいて緩急をつけながら舞うように動くアクロバティックなメカ表現やこれに通称「金田パース」と呼ばれる大胆に誇張された遠近感とポージングを加えた独特な作画スタイルを生み出し[20]、日本のアニメーションにひとつの変革を起こした[21][22]。「金田びかり」と呼ばれる実写のレンズの逆光で起きるゴーストを表現として取り入れられている[23]

金田流の確立と流行[編集]

元来、金田のスタイルは日本のテレビアニメーションに要求されている限られた時間と予算といった制約の中で、いかに表現を膨らませるかという条件から生み出された苦肉の策でもあった[21]。少ない枚数で動きを出すためのひとつの方策として動きの中割りを極端に省いたり、広角や魚眼のレンズで見たような視点といったアイデアを積み重ねて確立した。

そうして生み出された派手なアクションシーンに当時の若手アニメーターやまだ視聴者であり後にアニメーターになっていく層も感化され、言わば「金田フォロワー」とも呼ぶべき一群を1980年代に形成した。具体的には鍋島修亀垣一越智一裕山下将仁大張正己摩砂雪板野一郎らの名前が挙げられる[5][24]。エフェクト作画で知られる橋本敬史も金田に憧れてアニメ業界入りしたという[25]

以上のような在京の「金田フォロワー」に対し、在阪の作画スタジオとして1980年代の作画シーンにおいて黄金期を形成していたアニメアールの中核メンバーである、毛利和昭[26]吉田徹[27]沖浦啓之[28]逢坂浩司[29]らも金田作画から受けた影響と魅力を証言している。

またその影響はアニメのみならず漫画の世界にも波及し、金田流のパース表現を取り入れる漫画家も現れた[30]

「少ない枚数でも動き重視」というのはひとつのエポックであり[要出典]、それゆえアクション、ロボットアニメ等数多くの作品で彼はその力量を発揮した。また少女を主人公にした宇宙戦争漫画BIRTH』を徳間書店の「リュウ」「ザ・モーションコミック」で描き、これは後に金田とそのフォロワー陣を中心とした作画スタッフによってOVAアニメ化もされた。この頃が商業的ピークであり、金田ブームと言っても良い現象が業界を席捲した。

しかし一方でその絵には顔が斜めになるなど[要出典]若干の癖があり、作画用設定資料に似せて描いていても彼ならではの個性がそこかしこに表れてしまい、各作品の作画監督はキャラクターを似せる修正や登場メカニックの形状的な整合性の維持に苦心する「作監泣かせ」としても知られた[31]。宮崎から「邪道な作画ばっかすんな」と咎められたという逸話もある[21]。一方で宮崎は、苦心の分その効果も強烈であったと評価しており[31]、『風の谷のナウシカ』の当時に「金田の描くナウシカが一番感じが出ていた」と語っていた[32]

ジブリ作品後[編集]

宮崎監督作品である1984年のトップクラフト作品『風の谷のナウシカ』に、プロデューサーの高畑勲を尊敬していたということから参加した[33]。元々共に仕事をする以前から、金田はアニメ映画『空飛ぶゆうれい船』で宮崎が作画を担当したゴーレムのようなものを描きたくてアニメーターになったと発言しており[34]、宮崎の方も1982年に出版された金田の画集に才能を高く評価する寄稿をしていた[32]。以後、スタジオジブリで『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』、『紅の豚』、『もののけ姫』の原画を手がけていく。ちなみに『ラピュタ』においては原画頭(げんががしら)という特例な称号を高畑が考案し[15]、エンディングクレジットでも正式に表記されている。

なお、ロボットアニメで名を馳せたが、自身は「巨大ロボットアニメは線が多くて、それほど好きではなかったが、当時は今ほど作画においての制約がなかったので携わっていた」と語っている[35]。事実『無敵鋼人ダイターン3』の後番組である『機動戦士ガンダム』に僅かしか関わらなかったのはキャラクターデザインの安彦良和からレイアウトに縛られた作画を要求されたからだと語っている[36]。その一方で「性に合っていた」とも語っていた[37]

参加作品[編集]

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

  • X2(原画)

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2009年

2011年

2012年

著作[編集]

  • 『金田伊功スペシャル』(徳間書店、1982年7月31日) ISBN 4-19-402547-4
  • 漫画『わが青春のフローレシア』(月刊ベティ創廃刊号、吉村牧子との共作、1982年8月15日)
  • 漫画版『バース』第1巻 (原案/武上純希・カナメプロ 徳間書店、1983年12月20日)

参考文献[編集]

  • 氷川竜介『20年目のザンボット3』 太田出版1997年
  • 氷川竜介取材・構成「証言・巨大ロボットアニメの時代 金田伊功インタビュー」『動画王 Vol.1 決戦!巨大ロボットアニメ』 キネマ旬報社、1997年、pp.186-200。

出典[編集]

  1. ^ 「アニメの革命児 金田伊功」『MAG・ネットスペシャル』 NHK衛星第2テレビジョン 2010年8月14日放送。
  2. ^ 「魔女っ子スタッフ人名録 荒木伸吾」『魔女っ子大全集 東映動画篇』たるかす編、バンダイ、1993年、p.147。
  3. ^ 「スタジオZ5の若き獅子たち」『アニメージュ1981年8月号、徳間書店、p.89。
  4. ^ 池田憲章「池田憲章のいいシーン見つけた! 第1回 『銀河旋風ブライガー』のオープニング」『アニメージュ』1982年1月号、徳間書店。
  5. ^ a b 氷川竜介「アニメーション表現の歴史 金田モドキの時代/第三世代・エフェクトアニメーターたち」『SFアニメが面白い』p.170。
  6. ^ 『動画王』p.197。
  7. ^ 「スタジオNo.1 スタジオZ5の俺たちの10大ニュース」『アニメージュ』1983年2月号、徳間書店、p.34。
  8. ^ 氷川竜介「アニメーション表現の歴史 エフェクトの巨匠・金田伊功」『SFアニメが面白い』EYECOM Files編、アスキー、1997年、p.169。
  9. ^ 竹熊健太郎『ゴルゴ13はいつ終わるのか? 竹熊漫談』イースト・プレス2005年、p.135。
  10. ^ 編集部コラム・編集(マ)の『アニメージュ』が愛したアニメ「第10回 元祖スターアニメーター――金田伊功」 アニメージュ公式サイト 2009年5月25日
  11. ^ 「アニメランド 自主制作アニメーションキンタマン東北で大評判 主役はあの金田伊功さん」『アニメージュ』1986年1月号、徳間書店、p.113。制作した4人グループ「アニメーションべろべろ」には玉川達文が参加。
  12. ^ 『動画王 Vol.1』
  13. ^ 赤星政尚、月村了衛、山本元樹「ロボット アニメ殿堂入りスタッフ紳士録」『不滅のスーパーロボット大全』二見書房、1998年、 p.129。
  14. ^ 『20年目のザンボット3』p.142。
  15. ^ a b 「ギョーカイ噂の今さら友だちのWA! 金田伊功さんの巻」『アニメV』1988年6月号、学習研究社、p.44。
  16. ^ 「金田伊功の世界」『アニメージュ』1998年5月号、徳間書店。
  17. ^ 「イベント「小松原一男のアニメーション」記録」『小松原一男アニメーション画集』小松原一男著、なみきたかし編集、東急エージェンシー、2002年、p.153。
  18. ^ a b 「OPを担当したゲームが連続リリース!金田伊功ミニ・インタビュー!!」 WEBアニメスタイル 2005年5月20日
  19. ^ “金田伊功氏死去 アニメーター”. 共同通信社. 東京新聞. (2009年7月23日) 
    独特の迫力で魅了する「金田パース」の開発者でアニメーターの金田伊功氏、心筋梗塞のため死去 GIGAZINE 2009年7月22日
  20. ^ 『動画王 Vol.1』p.193。
  21. ^ a b c 岡田斗司夫氷川竜介 「第三講 エフェクトアニメ進化論」『東大オタク学講座』 講談社1997年9月26日、第3版、67-94頁。ISBN 4-06-208292-62009年7月28日閲覧。
  22. ^ 氷川竜介「アニメーション表現の歴史 第二世代金田伊功の登場」『SFアニメが面白い』p.169。
  23. ^ 『動画王 Vol.1』p.192。
  24. ^ 『庵野秀明 スキゾエヴァンエリオン』大泉実成編、太田出版、1997年、p.146。座談会での摩砂雪本人の発言による。
  25. ^ SPECIAL TALK #03 橋本敬史 トルネードベース・宇宙戦艦ヤマト
  26. ^ 『ヒロインステーション』大洋書房、2007年、p.94。毛利和昭インタビュー。
  27. ^ 岡島正晃、あさのまさひこ、中島紳介『ボトムズ・アライヴ』太田出版、2000年、p.250。吉田徹インタビュー。
  28. ^ 『ドリームハンター麗夢』DVD-BOX2、オンリー・ハーツ、2007年、ブックレット収録、沖浦啓之インタビュー。
  29. ^ 逢坂浩司インタビュー 『ドリームハンター麗夢』DVD-BOX1、オンリー・ハーツ、2006年、ブックレット収録。
  30. ^ 氷川竜介『世紀末アニメ熱論』キネマ旬報社、2000年、p.148。
  31. ^ a b “追悼 アニメーター・金田伊功さん 宮崎監督が「頭(かしら)」と呼んだ男”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社): pp. 1-3. (2009年8月14日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090814/tnr0908140816005-n1.htm 2009年8月16日閲覧。 
  32. ^ a b 叶精二『宮崎駿全書』フィルムアート社、2006年、p.55。
  33. ^ 鈴木敏夫『映画道楽』ぴあ、2005年、p.76。
  34. ^ 友永和秀、金田伊功、貞光紳也、鍋島治、越智一裕、山下将仁「アニメ・ホープ戦闘座談会 目にカミソリといった実感ある戦闘シーンがほしい」『アニメージュ』1981年9月号、徳間書店、pp.86-87。
  35. ^ 『動画王 Vol.1』p.188-190。
  36. ^ 『動画王 Vol.1』p.196。
  37. ^ 同人誌『金田伊功GREAT』p.72。インタビュー記事より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]