エアーボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エアーボット(Aerialbots)とは、戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーに登場した架空の航空部隊。サイバトロンに所属する。

概要[編集]

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第43話「ベクターシグマの鍵 PART II」より登場。

コンコルドやハリアーなどの飛行機に変形するサイバトロン初の航空部隊である。5体が合体する事により、合体戦士スペリオン / Superionとなる。

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』では声にエフェクトがかけられていたが、スペリオンに合体した場合を除いて『2010』以降なくなっている。

生い立ち[編集]

デストロンに新たに加わった陸上部隊スタントロンに対し、コンボイの「メガトロンが陸で来るならこちらは空から迎え撃つ」という案から作り出された航空部隊。元はかつてセイバートロン星で使われていた宇宙船であり、サイバトロンの手により地球の飛行機に改造され、アルファートリンの犠牲により作動したベクターシグマによって正義の魂を吹き込まれて誕生した。

当初シルバーボルト以外の4人は、空を飛べないサイバトロンと人間を見下し、スタースクリームジェットロンに憧れる等といった問題行動が目立ったが、リーダーに選ばれたシルバーボルトの尽力と人間の底知れない力に心打たれ、徐々にサイバトロン戦士として目覚めてゆき、後述の事件をきっかけに、完全に改心した。

エアーボットとコンボイの関係[編集]

コンボイの発案によって誕生したエアーボットだが、彼らとコンボイの関係はこれに留まるものではない。それは第60話「ひきおこされた戦争」にて描かれた「ある事件」である。エアーボットがデストロンの罠により過去へ飛ばされた際、飛ばされた900万年前のセイバートロン星にて、エネルギー集積所で働く青年オライオン・パックスと出会う。だが、彼はエネルギー集積所を襲ったデストロンにより、恋人のエイリアルともども瀕死の重傷を負ってしまった。エアーボットはオライオン・パックスとエイリアルを長老アルファートリンの元に運び込み、蘇生を行わせた。こうして、エイリアルはエリータ・ワンに、オライオン・パックスはコンボイとして蘇ったのである。

つまり、コンボイの発案によって誕生したエアーボットが、コンボイ誕生のきっかけとなっていたのである。また、この経験をきっかけにエアーボットはサイバトロンとして戦う決意を固めたのであった。

メンバー[編集]

エアーボット指揮官シルバーボルト / Silverbolt
声 - 西村知道 /HM - 山口健 /ザ・リバース - 立木文彦 / 英 - チャーリー・アドラー
エアーボット部隊の指揮官で生真面目な性格。前身であった輸送機の頃は低空飛行しかしたことがなかったために高所恐怖症だったが、テックスペックによると、他者に構っている間はそういった自分のことを忘れてしまうという。コンボイはこれを見抜き、「私にいい考えがある」とあえて彼をエアーボット部隊の指揮官に任命。任務をこなすうちに恐怖症を克服していった。人間や空を飛べないサイバトロン戦士を軽蔑する他のメンバーを諭すなど、リーダーとしての指揮力も遺憾なく発揮する。
アエロスパシアル / BAC コンコルド超音速旅客機に変形。機体下面の静電気バッテリーに、空気中の分子から取り除いた電子を15万ボルトまで貯え、機種から強力な稲妻を放電する。静電放射ライフルが武器。スペリオンに合体する際には胴体に変形する。
航空戦略家スカイダイブ / Skydive
声 - 喜多川拓郎 /OVA - 城山知馨夫 /2010 - 戸谷公次 /HM - 佐藤正治 / 英 - ローリー・ファソ
エアーボット部隊の中では冷静で頭脳派。スリングと共に飛行機泥棒に捕まり、デストロンの元に潜入した事がある。テックスペックでは、一度見たマニューバを、身体能力の許す限り忠実に再現するという特技を持つ。
ロッキード・マーチン F-16ファイティングファルコンに変形。レーザー誘導式ミサイルを搭載。ネガ・ガンが武器。スペリオンに合体する際には右脚に変形する。
シルバーボルト以外の4人は、スペリオンの手足として自由に合体できる(スクランブル合体システム)。
偵察員ファイアーボルト / Fireflight
声 - 城山知馨夫塩屋翼(48話、60話、OVA)/2010 - 堀内賢雄 /HM - 龍田直樹 / 英 - ジェフ・マッコイ
きままでとぼけた感じの性格。しばしば現場に到着するのが遅れる事も。テックスペックによると、注意力散漫で、「俺が飛ぶと、どんな敵も無事じゃすまない…味方も(When I'm flying, no enemy is safe -- nor friend.)」とモットーにあるところを見ると、本人も一応自覚はあるようだ。
マグダネル・ダグラス F-4ファントムに変形。可燃性のファイアーフォッグミサイルを搭載。光子置換銃が武器。スペリオンに合体する際には右腕に変形する。
OVA『スクランブルシティ発動編』では合体フォーメーションを間違えた事で(本人曰く「ややっこしくていけないぜ」)、仲間を窮地に陥らせてしまう。
副官スリング / Slingshot
声 - 鈴置洋孝、堀内賢雄(43話、60話、2010) / HM - 平野正人 / 英 - ロブ・ポールセン
エアーボット部隊の副官。前身はスペースシャトルだったが、現在の姿も気に入っている。サイバトロンに加入した当初は、シルバーボルト以外のエアーボット全員が、他の仲間を軽蔑したり、デストロンに憧れたりしており、特にスリングはアイアンハイドに突っかかるなど部隊の代表のような存在だった。しかし、改心した後は武器用コンソールを失っても、仲間を守るためコンバットロンに立ち向かうなど、その攻撃性を勇敢さに変えて活躍する。
テックスペックでは、自慢屋である反面、あまり自分に自信が持てないのだという。
マグダネル・ダグラス / BAe AV8 ハリアーに変形。ニ連式の迫撃砲を装備。中性子ライフルが武器。スペリオンに合体する際には左腕に変形する。
戦士エアーライダー / Air Raid
声 - 堀内賢雄片岡弘貴(60話) /2010 - 速水奨(6話)、江原正士(15話)、塩屋翼(20話)/ 英 - ロブ・ポールセン
部隊の中で最も好戦的な性格であり、高飛車な言動で相手を挑発する。テックスペックによると、誘爆による一網打尽を狙える長距離攻撃を好むという。
マグダネル・ダグラス F-15イーグルに変形。空対空熱追尾ミサイルを搭載。トルクライフルが武器。スペリオンに合体する際には左脚に変形する。
合体戦士スペリオン / Superion
声 - 西村知道 /HM - 山口健 / 英 - フランク・ウェルカー→エド・ギルバート、ゲイリー・チョークG2玩具CM)
エアーボット部隊の5体が合体した姿。エアーボット全員の意志がデストロン壊滅へと統一された戦闘マシンであり、勇猛果敢に戦う。合体した際、両腕を振り上げガッツポーズをとるのが特徴であり、サイバトロンには珍しく眼が赤色になっている(玩具CMでは青色)。武器は静電気放射ライフルで、アニメでは腕に直に取り付けられていた。
『スクランブルシティ発動編』では「パワータイプ(左右の部分を入れ替える)」が登場し、他に「アタックタイプ(右腕:エアーライダー 左腕:スリング 右脚:ファイアーボルト 左脚:スカイダイブ)」が存在するが合体に失敗している。
知能が低くなりがちな合体戦士の宿命なのか、テックスペックでは、頭脳の機能的な制約のために、戦況の変化に対する柔軟な対応が苦手である。

その後のエアーボット[編集]

日本製作のOVA『スクランブルシティ発動編』では本編と同じく新戦力として登場。スタースクリーム率いるジェットロン、デバスターを撤退させるが、メナゾールとブルーティカスの二大合体兵士に苦戦する。

『トランスフォーマーテレフォン』においては、デバスター対策の為、ホイルジャックが設計したとされる。また、「スクランブル大決戦編」では二度にわたりオペレーターを務め、ガーディアンと脚部の交換を行い(本人曰く「体のバランスが凄くいい」)、電話相手に「君も力が出るフォーメーションを考えてくれ」と訴えていた。

2010』にも引き続き登場。第9話「時の罠」ではクインテッサ星人によって、タイムウィンドウからクインテッサ統治時代のセイバートロン星からやって来た当時のサイバトロンリーダーA-3(エースリー)と出会い、救出するが、そのA-3こそはエアーボットを誕生させたアルファートリンの若き日の姿であった。エアーボットは過去でコンボイを助けたのと同じく、未来に飛ばされたアルファートリンを助ける歴史を守る役目を与えられた。

その後もサイバトロン航空戦力として活躍し続けるが、終盤においてウルトラマグナス、スロットルボットと共に宇宙ペストに感染し、チャー達を戦闘不能に追い込み、ガーディアンに宇宙ペストを伝染させる。

ザ☆ヘッドマスターズ』では地球サイバトロン部隊として登場。第6話「悪魔の隕石接近」ではガルバトロンが作ったメタモルフォーゼ星により苦戦を強いられる。

ザ・リバース』ではセイバートロン星を襲撃したデストロンと戦うが、シックスショット1人に撃墜される。その後ブレストオフに全滅させられ、パワーパックを抜かれて廃棄されるが、プラズマエネルギーの起こした太陽エネルギーの吸収により復活している。

リターン・オブ・コンボイ』では、スターコンボイの玩具パッケージの裏の活躍想像図に登場している。

玩具[編集]

国内ではエアーボットはそれぞれ「C-50~54」のナンバーを与えられて発売。単品販売の他にセット販売としてスペリオンが「C-55」で1986年4月に発売された。スクランブルシティ時期の主力商品として、スタントロン部隊のライバルに位置づけられた。当初は『ダイアクロン』の手足を自由に入れ替えられる合体ロボットのコンセプト「自在合体」[1]「スクランブル」[2]の一体として開発されていた。開発担当は大野光仁[1]

シルバーボルトは玩具オリジナルの基地形態にも変形、国内版のみスプリングによるカタパルトを搭載。またメトロフレックスに接続可能。

トランスフォーマー リターン・オブ・コンボイ』の時期に海外版がロボットポイントによる通信販売が行われた。

トランスフォーマー G-2』では海外にて仕様変更品が発売された。

その他の玩具[編集]

ウォッチボット
時計型玩具。ボタンを押すことにより液晶部分のスペリオンが立ち上がる。ナンバーは「W-2」。
トランスフォーマーガム
カバヤから発売。組み立て式の軟質プラ樹脂ミニプラモ。 シリーズ第3弾にラインナップ。シルバーボルトのみ発売された。

その他の作品に登場するエアーボット・スペリオン[編集]

ビーストウォーズシリーズ[編集]

シルバーボルト/Silverbolt
ワシオオカミのフューザーに変形するフューザー戦士。続編である『リターンズ』ではコンドルに変形する。G1のシルバーボルトにも通ずる、生真面目な性格の持ち主。

超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説[編集]

シルバーボルト/Blurr
スーパーカーに変形。パートナーマイクロン・ターボとエヴォリューションすることにより、飛行形態に変形。

トランスフォーマー スーパーリンク[編集]

スペリオン/Superion Maximus
デザイン及び玩具は新たに造形されたもの。アフターバーナー/Stormjetを中心にした戦闘機に変形するトランスフォーマーであるエアライダー/Treadshotスリング/Skyshadowスカイダイブ/Terradiveファイヤーボルト/Windrazorの5人から成る。手足を入れ替えるスクランブル合体も可能。日本版ではエアーボットのメンバーの名称が流用されているが、前作『マイクロン伝説』にてシルバーボルトが登場したため、合体の中核を成すトランスフォーマーの名称がテックボットのメンバーに変更されている。

トランスフォーマー ユニバース[編集]

スペリオン/Superion
『スーパーリンク』に登場したスペリオンの塗装変更品。日本未発売。

トランスフォーマー リベンジ[編集]

スペリオン/Superion
『ユニバース』で発売されたスペリオンの流用品。ユニバース同様、日本未発売。

[編集]

  1. ^ a b 谷澤崇編「スタッフインタビュー 大野光仁」『トランスフォーマージェネレーション デラックス』ミリオン出版、2004年3月22日、ISBN 4-8130-1094-6、142頁。
  2. ^ 坂本章編「ROBOT IN DISGUISEを生み出した人々(1)」『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー ファーストシリーズ・コンプリート』ジャイブ出版、2004年12月23日、ISBN 4-86176-036-4、120頁。

外部リンク[編集]