スカイファイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スカイファイアー(Jetfire)タカラトミー(旧タカラ)のロボット玩具シリーズ『トランスフォーマー』に登場するキャラクターである。当記事ではその派生キャラクターについても記述する。

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー[編集]

テレビアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』では航空防衛戦士スカイファイアーとして登場。元デストロン所属であったサイバトロン戦士である。海外版での名称はJetfireとなっているが、アニメではSkyfireとなっている。

原語版ではグレッグ・バーガー、日本語版では阪脩安井邦彦(TV未放映分)が声を担当した。

キャラクター概要[編集]

第62話「スカイファイアーの再生」(原語版第7話『Fire in the Sky』)にて初登場。セイバートロン星の科学者であり、大戦以前はスタースクリーム/Starscreamの旧友だった。大型のSFジェット機に変形。宇宙にエネルギー探索に出た際に遭難、地球に墜落し北極の氷の中で長い間眠っていた。デストロン軍団によって発見され、スタースクリームに勧められるままに軍団に加入するも、温厚で争いを好まないスカイファイアーは彼らの非道なやり方に嫌気が差し、サイバトロン側に就く。デストロンの熱源強奪計画を打ち破るが、力尽きてしまい再び氷の中に消えてしまう。その後、サイバトロン達によって救助され、正式にサイバトロン戦士となった。

武器はミサイルを発射する銃、四門の粒子ビームキャノン、八基の熱追跡光子ミサイル。ビークルモードでは人間やミニボットを初め、通常サイズのトランスフォーマーも乗せる事が可能。

ニュージーランドのコミック版ではコンボイに代わりサイバトロンの司令官となる。

トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』では、第27話において彼らしきトランスフォーマーが後ろ姿で登場している。

玩具[編集]

元となった玩具はタカトクトイスから発売された『超時空要塞マクロス』の「VF-1S スーパーバルキリー」であり、パッケージにはタツノコプロの証紙も貼り付けられている。タカトクトイスの倒産後にバルキリーの設計、製造を請け負っていたマツシロにより生産されたがマツシロも経営危機に陥ったことから金型と販売権がバンダイに譲渡された後にも生産が続けられたためパッケージと本体刻印に「BANDAI」と記載されている物もある。日本では未発売となっており、海外でもごく短期間の販売に終わっている。

備考[編集]

テレビアニメでは当初玩具と同じデザインで登場すべく設定画も起こされ、海外のTVCMではその姿で登場しているが、最終的には異なるデザインが起こされ原語版においては第7話に初登場。日本では発売が不可能であるキャラクターの宣伝を避けるため、当初は彼の登場する回は放映しない方針が取られた。英語版の第22話が日本版では第15話として放映した際にはスカイファイアーの登場シーンは編集により全面カットされている。終盤で方針が変更され、スカイファイアーが初登場した回は第62話という最終回間近になって放映されるも、2話が未放送となり後にLDなどの映像特典として収録された。日本でのテレビ未放映エピソードではガウォークそのものを思わせる形態に変形している。

当時発売された書籍ではサブタイトルリストの「スカイファイアーの再生」を除き、彼に関して触れられておらず、ケイブンシャより発売された『たたかえ!!トランスフォーマー』の「破滅の日」を特集したページではエアーボットのシルバーボルトに名前を取り違えられていた。

トランスフォーマー G-2[編集]

玩具展開『トランスフォーマー G-2』ではデストロンのフーリガンの色替えで空中警護員ジェットファイヤー/JetFireとして登場。

テックスペックの座右の銘「科学の神秘の中に勝利の鍵がある」はG1スカイファイアーと同じ。能力値も地位が10から9になった以外は共通している。

ユニクロン三部作[編集]

超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』に始まるテレビアニメ作品、ユニクロン三部作に登場したキャラクター。シリーズでは一貫して副司令官の地位にある。

超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説[編集]

第1作『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』では副司令官ジェットファイヤー/Jetfireとして登場。

日本語版では千葉進歩、英語版がスコット・マクニールが声を担当した。

第12話「理由(いきさつ) 」にて影の姿で登場。第25話「軍師(ちえもの)」にて初登場。「天空の騎士」を自称するようにサイバトロンの数少ない空中戦力である。スペースシャトルに変形。コンボイ/Optimus Primeたちが地球にいる間、セイバートロン星の留守を任されていたが、中盤において地球を訪れる。まだ若い戦士であるためとても好戦的で活気に溢れており、サイバトロンのムードメーカー的な存在であるが、ノリが軽く調子に乗りやすい面が見られる。武器はブラズマブラスター。コンボイとリンクアップ(合体)することでジェットコンボイ / Jet Optimusになる。パートナーマイクロンはソナー / Cometor

玩具[編集]

日本では2003年3月~5月頃に行われた「エボリューションキャンペーン」にて海外版が懸賞品として配布。6月に色彩を変更した国内版が「MC-09」のナンバーを与えられて発売。玩具はパートナーマイクロン・はソナー / Cometorが付属し、コンボイと合体することによりジェットコンボイ。さらにウルトラマグナスが加わることによりマグナジェットコンボイに合体できる。海外版の基準ではサイズはギガコン(GIGACON)。

その他の玩具[編集]
BIGトランスフォーマーver.2
カバヤから発売。彩色済みフィギュア。

トランスフォーマー スーパーリンク[編集]

第2作『トランスフォーマー スーパーリンク』では副司令官スカイファイヤー/Jetfireとして登場。G1とは日本語表記が微妙に異なっており、G1のキャラクターはスカイファイアーであるがこちらはスカイファイヤーである。

日本語版では檜山修之が声を担当。英語版は前作と同じ。

前作に引き続きスペースシャトルに変形するサイバトロン副司令官として活躍。グランドコンボイ/Optimus Prime率いるチームコンボイの一員であり、何事も恐れない熱血漢として描かれている。その一方でロードバスターたちの成長を見守る面や、「平和とは何のためのものであるか」を語るなどのシリアスな面も見せている。

第38話(英語版では第37話)「死闘!オメガコンボイ」にて、ユニクロンの攻撃により負傷するが、プライマスエネルゴンの力によってスカイファイヤーS(ソニック)にパワーアップする。

劇中では明確な形で前作のジェットファイヤーと同一人物であるとは明言されていないが、『テレビマガジン』の付録のビデオによれば地球人との交流に備えて姿を変えたとされている。

玩具[編集]

2003年12月27日に「SC-05」のナンバーを与えられて発売。ロードバスターとのセット箱「SS-02 スーパーリンクセット」も発売されている。 9月29日に「SC-25」のナンバーを与えられて「スカイファイヤーS」が発売された。エネルゴンウェポン(スピアー)が付属。海外版の基準ではサイズは共にメガクラス。国内版では音声ギミックが削除されている。

アップグレード形態であるスカイファイヤーSの玩具は、海外ではOvercastという別キャラクターとして発売された。スカイファイヤーの兄弟であり、戦争を嫌って何世紀もの間、宇宙探索に出かけていたと設定されている。

その他の玩具[編集]
トランスフォーマー チューイングガム
カバヤから発売。彩色済みフィギュアで、他フィギュアとスーパーリンク(組替え)可能。上半身・下半身共にロードバスターと合体している。

トランスフォーマー ギャラクシーフォース[編集]

第3作『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』では副司令官ドレッドロック/Jetfireとして登場。マーケティング方針の違いにより、日本版と海外版では設定が異なっており、海外版では前作のスカイファイヤーと同一人物という設定。

日本語版では石川英郎、英語版がブライアン・ドラモンドが声を担当した。

An-225風の輸送機に変形。常に冷静で論理的に物事を考える慎重派。生真面目な性格なため、周囲のメンバーやコビー達に振り回されることも多い。しかし、デストロンの横暴な振る舞いに激情したり、意外と挑発に乗りやすかったりするなど熱い面も持ち合わせている。予防プログラムのインストール(予防注射に近い)を何がなんでも拒否しようとするなどといったコミカルな一面も見られた。

フォースチップをイグニッションすることで「ドレッドキャノンバーストアタック」を撃つことができる。

序盤から登場したサイバトロンのメンバーの中で唯一パワーアップしておらず、次々にパワーアップしていく仲間たちの中では少し影が薄くなってしまう傾向が見られた。しかし、最終回では新スペースブリッジ建設のため宇宙に旅立つギャラクシーコンボイ/Optimus Primeに代わり、宇宙連合の議長に任命された。

海外版では『Energon』(スーパーリンク)での戦争が終結した後、一時期Nebulonという惑星に移住し、この間に現地人に近い訛りの喋り方で喋るようになったという、声優が変更された事に配慮したと思われる設定がなされている(英語版では、実際にオーストラリア訛りの英語で喋るという演出が見られる)。

玩具[編集]

2004年12月28日に「GC-04」のナンバーを与えられて発売。海外版の基準ではサイズは共にウルトラクラス。付属フォースチップは「地球」。

トランスフォーマー/リベンジ[編集]

実写映画『トランスフォーマー/リベンジ』ではジェットファイア/Jetfireとして登場。

声はマーク・ライアンが担当。日本語吹き替え版のキャストは乃村健次。ゲーム版ではクライヴ・レヴィルが担当。

オプティマスやメガトロン並みの大柄な体格を持ち、超音速偵察機SR-71ブラックバードに変形する。かつてはディセプティコンの兵士であり、シーカーの一人として「リーダーのマトリクス / Matrix of Leadership」を求めるザ・フォールン / The Fallenの命令で地球に潜伏していた。しかし、非道なディセプティコンを嫌ってオートボット側に寝返り、自身の身を隠すためSR-71に擬態。その後、スミソニアン航空宇宙博物館に展示されていた。

サムたちが接触したことにより活動を再開したが、長い間エネルゴンを摂取していなかったため、動くたびにパーツが零れ落ちるなど激しい肉体の老朽化が見られた。常に腰を曲げ、ランディングギアを杖として使用している。スペースブリッジにアクセスする能力を持ち、長距離のテレポートを行うことができるが、劇中では老朽化の影響のためか完全に使いこなし切れていなかった。

性格は豪快そのもので、「私の時代の戦い方を教えてやる!!」と相手を引き倒し踏み潰していた。言動にはかなりいい加減で曖昧な部分がある。しかし、誰も解読できなかった古代のサイバトロン語の意味やザ・フォールンの野望、マトリクスの重要性をサムたちに伝え、終盤では彼らのピンチに駆けつけるなど、物語のキーマンとして活躍した。最後は「自分は今まで価値ある行いをしてこなかった」と自分の行いを償うかのように自らスパークを引き抜いて命を絶ち、オプティマス・プライム / Optimus Primeと合体(ユナイト)しザ・フォールンすら凌ぐ圧倒的な力を与えた。

小説版ではシーカーの一人であるランサック/Ransackとの因果関係が描かれている。

歴代のジェットファイア(スカイファイアー)の設定が踏襲されたキャラクターであり、古い時代から地球に潜伏していたというG1の設定と、オプティマスとの合体・好戦的な性格といったユニクロン三部作で見られたキャラクター性が統合されている。

玩具はリーダークラスのものの他にEZコレクション版が発売しており、ともにオプティマス・プライムとの合体ギミックが備わっている。

トランスフォーマー アニメイテッド[編集]

テレビアニメ『トランスフォーマー アニメイテッド』ではエリートガード初級士官ジェットファイアー/Jetfireとして登場。ジェットストーム/Jetstormの双子の兄弟。

原語版ではトム・ケニー、日本語版は山口勝平が声を担当した。

第34話[1]「ワスプの復讐」(原語版第34話「Where Is Thy Sting?」)にて初登場。SFジェット機に変形。エリートガードの一員。ジェットストームと共にスタースクリームのデータを解析して生み出された戦士であり、ジェットストームと合体することでエリートガード超速戦士セーフガード / Safeguardになる。また、ビークルモードの状態でドッキングすることもできる。

スパイ容疑を掛けられたワスプを逮捕するべく、センチネル/Sentinel Primeの部下として地球を訪れた。当初は地球の航空機とあまりに違う飛び方で飛行していたため、オプティマス部隊の面々にディセプティコンと間違われてしまった。名前の通り、炎を操る能力を持っている。メンバーの中でも年少なためか、やや無邪気な面が見られた。

勇者エクスカイザー』のレイカーブラザーズや『勇者王ガオガイガー』に登場した竜型ロボット兄弟のオマージュ的なキャラクターであり、その合体シークエンスは超竜神のものとほぼ同じ構図になっている。

玩具[編集]

2010年6月19日に「TA-21」のナンバーを与えられて発売。ジェットストームとのセット箱「セットG」も発売されている。アニメでの登場よりもかなり早い段階で発売されたため、劇中でこのことをネタにした台詞がある。開発担当は蓮井章悟[2]

変形!ヘンケイ!トランスフォーマー[編集]

玩具シリーズ『変形!ヘンケイ!トランスフォーマー』では、デザインはIDW版コミック『The Transformers: Stormbringer』のものがベースとなっており、アニメ版のデザインとバルキリーを思わせる旧玩具の意匠をミックスしたものになっている。開発担当は邦弘高史[3]

玩具に付属しているコミックではG1アニメとほぼ同様の経緯で登場するが、スタースクリームが製作したマスク型の洗脳装置によって操られ、デストロンの手先となってしまう。しかし、途中で自身の意思を取り戻し、弱者を守るためにサイバトロン戦士となる。

かなり強引であるが、この玩具ではガウォークを思わせる形態に変形させることもできる。

2010年には『トランスフォーマーガム』でキット化されている。

脚注[編集]

  1. ^ 本放送時は第31話
  2. ^ 谷澤崇編「TF BACKSTAGE 2010 アニメイテッド座談会 幸日左志×国弘高史×江島多規男×蓮井章悟」『トランスフォーマー ジェネレーション2010』ミリオン出版、2010年11月24日、ISBN 978-4-8130-2130-8、92頁。
  3. ^ 谷澤崇編「TFバックステージ 担当! タントウ! スペシャルトーク」『トランスフォーマージェネレーション2009 VOL.1』ミリオン出版、2009年2月20日、ISBN 978-4-8130-2093-6、87頁。

関連項目[編集]