プロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロール(Prowl)ハスブロタカラ(現・タカラトミー)のロボット玩具シリーズ、トランスフォーマーに登場する、架空のキャラクターである。

概要[編集]

パトカーをモチーフに変形する最初のロボットで、トランスフォーマーシリーズはもちろんのこと、後に製作された勇者シリーズ、マシンロボと必ず登場する定番変形モチーフの代表格のキャラクターである。 またオートボットのエンブレムはプロールの顔がもとになっているという逸話もある。

G1[編集]

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第1話「地球への道」から登場。声を担当したのは英語版ではマイケル・ベル、日本語版では石井敏郎難波圭一(第13話のみ)。『ザ☆ヘッドマスターズ』では龍田直樹が声を担当した。

性格・特徴[編集]

サイバトロンの戦略家。フェアレディZ・S130型のパトロールカーに変形。海外版玩具、イギリス版コミックでは彼が副官という設定。

慎重で忍耐強く、任務に対して忠実な性格の持ち主。 論理的で、混戦時においても戦況を読む事ができる、バトルコンピュータを持つが、突発的なトラブルに弱い。

武器はセミオートマチックライフル。両耳に当たる部分から、アンテナを出し、オンラインコンピュータのキーボード操作と動きをリンクアップできる。 カーモードではフロントから小銃を展開。

玩具では両肩に「有線式焼夷ミサイルキャノン」を装備しているが、アニメではストリークとの差別化を図るためか、装備していない状態で描かれている。


活躍[編集]

第1話冒頭にて外宇宙へのエネルギー探索を発案。以後前線で戦うことも多く、戦略家としての役割を果たすことは少ない。

第5話「メガトロンの帰還」ではストリークとデストロンを追跡。バトルコンピュータがダウンし、戦闘不能に陥るが、チップのパソコンとリンクし、反撃を開始する。

第11話「フランケンシュタイン・スパイク」では負傷したスパイクを病院へ運ぶために、病院への道を先導する。

トランスフォーマー ザ・ムービー[編集]

地球のサイバトロンシティに向かう途中、デストロンが襲来。調査に向かわせたゴングが倒れた後、応戦するが、スカベンジャーの一撃を受け死亡。

2010』の第8話では、墓地が登場。

トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ[編集]

第1話に登場し、地球サイバトロン部隊として登場。

玩具[編集]

元の玩具は、ダイアクロンのカーロボットNo.13ポリスカーフェアレディZ。『トランスフォーマー』では塗装変更品として、1985年6月に「09」のナンバーを与えられて発売。

2003年7月には『トランスフォーマー コレクション』にて「02」として再発売された。

その他の玩具[編集]

サイバトロン戦士9セット
セブンより発売された塩ビ人形セットに付属。
極小変形トランスフォーマー
変形可能な縮小版。シリーズ第1弾にラインナップ。

アクションマスター[編集]

アクションマスター』では砲座に変形するバイク・ターボサイクル/TurboTurboCycleが付属。

バイナルテック[編集]

バイナルテック』では、軍事戦略家プロールとして登場。インテグラタイプR(AlternatorsではアキュラRSX)のパトロールカーに変形。 本来の生命コアは亜空間で行方不明になってしまったため、チップ・チェイスと融合している。

玩具は「BT-15」のナンバーを与えられて2005年7月に発売。ボディショップ計画による予備ボディという設定の、青い市販車バージョンも存在する。

変形!ヘンケイ!トランスフォーマー[編集]

TRANSFORMERS UNIVERSE』で発売されたものの仕様変更品。G1の玩具同様にミサイルランチャーを装備しているが、収納しアニメ版に見立てることも可能。国内では「C-08」のナンバーを与えられて2008年9月に発売。パトライトの形状が変更され、一部にメッキ加工がされている。仕様変更品としてストリーク/Silverstreakスモークスクリーン/Smokescreenがある。サイズは海外の基準でデラックス(DELUXE)。開発担当は幸日佐志[1]

付属コミックスでは誠実な性格として描かれている。パトロールをしていた際、子供を乗せて猛スピードで走るサンストリーカーを停車させる。彼らは子供がラムジェット、サンダークラッカージェットロンにイタズラ書き(プロール曰く「随分ととしゃれたペイント」)をしたために追われており、プロールはサンストリーカーと共にジェットロンを撃退した後、子供に注意を促す。

2010年には『トランスフォーマーガム』の第2弾にてキット化されている。

実写映画版[編集]

実写映画版ではパトカーは敵にしたいという要望から。プロールをモチーフにバリケードが登場した。こちらはサリーンSチューンドのパトカーから変形し、ディセプティコンのエンブレムを元に顔が作られた。 英語版ではジェス・ハーネルが日本語版では北川勝博が担当。

アニメイテッド[編集]

特徴・活躍[編集]

オプティマス部隊の非正規隊員で、孤高を好む生真面目な忍者タイプの戦士。声は英語版がジェフ・グレン・ベネット、日本語版は遊佐浩二が担当。

詳細はオプティマス部隊を参照。

玩具[編集]

2010年3月27日に「TA-05」のナンバーを与えられて発売。ブリッツウイングとのセット箱「セットE 暗闇の対決」も発売されている。サイズは海外版の基準でデラックス。

8月28日に強化アーマーを追加したサムライプロールが「TA-34」のナンバーを与えられて発売。

[編集]

  1. ^ 谷澤崇編「TFバックステージ 担当! タントウ! スペシャルトーク」『トランスフォーマージェネレーション2009 VOL.1』ミリオン出版、2009年2月20日、ISBN 978-4-8130-2093-6、87頁。