コミックボンボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コミックボンボン
愛称・略称 ボンボン
ジャンル 少年向けコミック誌
読者対象 小学生
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 講談社
刊行期間 1981年10月15日(1981年11月号) - 2007年11月15日(2007年12月号)
レーベル コミックスボンボン
特記事項

巻次共有

コミックボンボン』は、かつて講談社が発行していた日本月刊児童漫画雑誌1981年創刊、2007年休刊。略称は「ボンボン」。

誌名の由来[編集]

過去に本誌と単行本のマスコットキャラクターに爆弾を擬人化したキャラクターを使用していたことから、「爆弾」と「爆笑」をかけているのではないかなどと推測されることが多いが、誌名の由来に関する質問が読者コーナーに来た際、の回答では創刊から在籍するスタッフが編集部にはいないことから、由来については明らかになっていない。

歴史[編集]

創刊時[編集]

月刊コロコロコミック』(小学館)に対抗するかたちで企画され、1981年10月15日に創刊。2か月後に2号を発刊し、その後月刊化される。ホビー漫画・お色気漫画(パンチラが中心)・ギャグ漫画、そして『機動戦士ガンダム』を中心に据える。当初は『スパットマンX』をアニメ化させる約束をジョージ秋山と結んでおり、アサツー ディ・ケイとのアニメ化の締結までには至ったものの、小学館の妨害に遭い実現しなかった、と初代編集長の田中利雄がチャンネル北野でのインタビューで語っている。

ガンプラブームからの発展[編集]

ガンダムブームが小学生以下にもガンプラから火がつき始めたのに注目し、本誌でもガンプラをメインに扱う特集を組むようになる。プラモで戦う『プラモ狂四郎』や既存商品の改造テクニックなどと連動し、一大ガンプラブームを巻き起こし、パーフェクトガンダムを始めとした本誌からのガンプラが登場するなど、大きな影響を与えた。MSVの発展にも大きく貢献し、ガンダムの資料としての価値もあるといわれ、『エースパイロット列伝』は特に評価されている。以後本誌はガンダムと密接なつながりを持つようになった。またガンダムの影響でリアルロボットアニメが多数作られたななか、『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』も漫画版が連載され、プラモデルも『狂四郎』や特集記事に登場している。幼年向け漫画雑誌としては、これら模型関係の記事が長らく組まれていたことも特徴である。

ファミコンブームでは、『ファミコン風雲児』『ファミ拳リュウ』を連載。シールブームでは、コロコロの『ビックリマン』シールに、『レスラー軍団』シール、『秘伝忍法帖』シールなどで対抗した。

その後も『SDガンダム』『ロックマン』などの人気作品を題材とした特集や漫画を連載し、ブームを巻き起こした。また、オリジナル漫画に関しても良好な作品が多く輩出された。特に『SDガンダム BB戦士』シリーズで、『武者七人衆編』後半や、『地上最強編』などの時期の“武者ガンダム”のブレイク時である1991年から3年間は、部数で宿敵コロコロを追い抜いていた[1]

この時期のいずれか数年程度を本誌の黄金期とする読者は多い。具体的にどの年とするかは世代によって分かれるが、「MSVのメディアミックスが行われていた創刊当初」「SDガンダムブームで部数がもっとも多かったと言われる1980年代末期から1990年代前半」「『温泉ガッパ ドンパ カパランテ伝説』などの対象年齢高めの漫画、『新世紀エヴァンゲリオン』やアメコミ(ミュータントタートルズX-MENなど)の漫画やフィギュアの記事などマニアックな題材を扱っていた1990年代中盤」などが挙げられる。

ポケモンブーム以後[編集]

1990年代半ば以降、ライバル誌のコロコロは『ポケットモンスター』発売当初からタイアップを打ち出しブームの一因を担い、1996年に発行部数を前年から倍増させている。その他にも『ミニ四駆』、『ビーダマン』、『ハイパーヨーヨー』、『ベイブレード』、『デュエル・マスターズ』、『昆虫王者ムシキング』等、強力なタイアップを続けるコロコロに発行部数で大きく差をつけられてしまう。加えて、本誌で長年展開していた『ロックマンシリーズ』も、『エグゼシリーズ』以降からコロコロとタイアップするようになった。

本誌も負けじとタイアップ路線を取り、『メダロット』『ロボットポンコッツ』『クラッシュギア』『大貝獣物語 THE MIRACLE OF THE ZONE』『真・女神転生デビルチルドレン』など一定の成功を収めたものもあるが、多くは惨敗に近い結果に終わった。デラックスボンボンなどの増刊も、1990年代後半頃には全て廃刊した。

1990年代後半には、『王ドロボウJING』『おきらく忍伝ハンゾー』『ロックマンX』等、本来の読者層だけでなく高年齢層にも支持が高かった漫画が連載されていたが、編集長の交代(池田新八郎の復帰)によって『JING』が月刊マガジンZへ移籍しそれ以外は全て打ち切られた。

当時の編集長・池田新八郎はこうした連載作品の入れ替えについて「雑誌そのものや本来の読者層に影響を与えかねないマニアックな要素を削るために取った方針」と話している[2]

また、一説では人気がなくなったのではなく、作者を冷遇したことで離反を招いたとも言われている。しかし、上記の様に成功したタイアップ漫画などもあり、『メダロット』『真・女神転生デビルチルドレン』『サイボーグクロちゃん』が流行っていた2000年前後こそが黄金期とする意見もある。

大幅なリニューアル[編集]

2006年1月号から誌面が大判化され、同時に誌面の刷新と連載陣の大幅リニューアルが決行された。ホビー関係の記事を縮小し、講談社の他誌からの作家が急激に増えた。

さらに、同年7月号からはロゴマークが変更され、同時にコミックスの背表紙についていたマスコットキャラの"Bゴン"も"爆弾マーク"に変更された。ただし一部リニューアル以前から続く作品の単行本や、以前のものと装丁を合わせた『海の大陸NOA』3巻などでは継続してBゴンが用いられた。

増刊に関しては、2006年9月29日にファンタジー専門の『アブラカダブラ』と、2006年10月5日に以前にも発刊していたガンダム専門の『ガンダムマガジン』の2冊を10年ぶりにボンボン増刊として発刊した。

しかし、リニューアル後も部数低迷に歯止めがかからず、発行部数が10万部から5万部にまでに半減した。その後、『デルトラ・クエスト』のヒットにより多少勢いを取り戻し、2007年には同作とテレビアニメ第5シリーズが始まった『ゲゲゲの鬼太郎』を大きくプッシュした。『SDガンダム』は人気が低迷し、『武者番長風雲録』『SDガンダム三国伝』の扱いは前記2作品よりも低いという見方もある。また、読み切りや新連載、打ち切りなども増えた。本自体の分厚さは当初は大判前より薄いものだったが、紙質の変更と前述の読み切り掲載などにより次第に『月刊少年ガンガン』や『デラックスボンボン』並みの厚さとなった。

休刊の発表と休刊後[編集]

2007年6月下旬にいしかわじゅんmixiおよび自身のサイトの日記で休刊を示唆する発言をした。公式な情報でないにもかかわらずニュースサイトや匿名掲示板などで情報が流れ、大きな騒ぎとなった。そして部数低迷のため、2007年11月15日発売の12月号をもって休刊することが同年7月17日に講談社より正式に発表されるに至り、同年11月号のボンボン本誌でも休刊を発表した。最終号となる12月号で連載されていた漫画のほとんどが終了し、『デルトラ・クエスト』などの一部の未完作品の受け皿としてテレビマガジンの増刊となる漫画誌「テレまんがヒーローズ」を2008年3月15日に発刊、同誌で連載したことのある作家陣もいくらか参加した。

ボンボンの休刊と合わせて、講談社側は2008年春に中学生向けマンガ誌『月刊少年ライバル』を創刊すると発表したが、ボンボンのコンセプトとは異なり、ライバルの編集長はボンボンの後継誌である事を否定している[3]

以前本誌に『爆笑戦士! SDガンダム』などを連載しつつも諸事情から編集部側とは敵対していた佐藤元は、休刊発表と同日に自身のブログでいくつかの苦言に織り交ぜて、編集側のやり方に関する非難とともに無念の意を露にしていた[4]

休刊から数年後、復刊ドットコムの手でボンボン作品が復刊されるケースが増えてきている。この影響を受けてか、講談社サイドでも2012年から『復活ボンボンシリーズ』と銘打ち、直々に『サイボーグクロちゃん』や『真・女神転生デビルチルドレン』などが復刊されている。

復活ボンボンシリーズ[編集]

廃刊から数年後、連載されていた作品を新装版として復刊したものである。書き下ろしや修正ページなども多い。

連載漫画の特徴[編集]

ライバル誌の『コロコロ』同様にゲームメーカーや玩具メーカーとのタイアップ作品が多かったが、刊行末期は少なくなっていった。

雑誌の方針としては児童・幼年向けを対象としているが、「プラモの改造などの少々マニアックなもの」「暴力的な要素が強いもの」「哲学的なもの」「お色気要素の強いもの」など濃い内容かつインパクトが強めといった対象年齢が高めの漫画が載せられることもあり、その特殊性も読者に広く知れ渡っている。想定読者年齢より背伸びした(あるいは、ませた)物の中でも少し極端な物でもあったため、「ボンボンを読むとオタク趣味に走るようになる」といった俗説が流布することもあった。

最終回を含んだ単行本が出されていない場合が多い。また、単行本化自体がされない作品も多いほか、未単行本化作品もいくつかある。発刊される単行本についても冊数が少ない。そのため、単行本自体の入手が困難な場合があり、復刊が望まれ、2010年代からは講談社により復活ボンボンシリーズとしていくつかの作品が復刊されている。それ以前にも、一部に復刊ドットコムの協力で復刊されたものもある。当然、それらはほかの雑誌にも言えることであるが、ボンボンの場合は「営業部側の売上の見込み判断」によるものだという。中にはおれのサーキットのように連載後三十年以上経った作品でも復刊にあたり、加筆修正されたものもある。 『海の大陸NOA』や『ロックマンX』などが打ち切り・放置されたり、また『トップス』は「第1部完・次々号より再開」と予告をしておきながら結局再開されないままということもあった。

その他関連項目[編集]

CS放送では、専門番組として『ボンボンチャンネル』が放送されていたこともあった。

また、創刊25周年として『チャンネル北野eX』(フジテレビ721)では特集も組まれ、2006年8月31日から2006年9月6日まで放送された。ほか、CONTINUE36 - 37号では元編集長の池田新八郎が、同誌38号ではほしの竜一が、同誌40号はやまと虹一がインタビューに応じている。

コミカライズ一覧[編集]

テレビ東京系列
テレビ朝日系列
TBS系列
フジテレビ系列
  • ベムベムハンターこてんぐテン丸(アニメーション制作:東映アニメーション・1983年5月26日 - 10月27日・全20話)
  • ゲゲゲの鬼太郎 80's(アニメーション制作:東映アニメーション・1985年10月12日 - 1988年2月6日・全108話)
  • のらくろクン(アニメーション制作:ぴえろ・1987年10月4日 - 1988年10月2日・全50話)
  • ゲゲゲの鬼太郎 地獄編(アニメーション制作:東映アニメーション・1988年2月8日 - 3月21日・全7話)
  • おそ松くん(アニメーション制作:ぴえろ・1988年2月13日 - 1989年12月30日・全86話)
  • 平成天才バカボン(アニメーション制作:ぴえろ・1990年1月6日 - 12月29日・全46話)
  • 丸出だめ夫(アニメーション制作:ぴえろ・1991年11月2日 - 1992年9月26日・全47話)
  • ゲゲゲの鬼太郎 90's(アニメーション制作:東映アニメーション・1996年1月7日 - 1998年3月29日・全114話)
  • ∀ガンダム(アニメーション制作:サンライズ・1999年4月9日 - 2000年4月14日・全50話)
  • 学校の怪談(アニメーション制作:ぴえろ・2000年10月22日 - 2001年3月25日・全19話)
  • ゲゲゲの鬼太郎 00's(アニメーション制作:東映アニメーション・2007年4月1日 - 2009年3月29日・全100話)
日本テレビ系列
NHK

ガンダムシリーズとの関わり[編集]

上記にも記述してあるとおりガンダムシリーズと関わりがあり、本誌がガンダムシリーズに影響を与えた要素がいくつかある。たとえばフルアーマーガンダムは元々「プラモ狂四郎」に登場したパーフェクトガンダムをリファインしたものである。「モビルスーツバリエーション」についても参照。SDガンダムについても、SDガンダムを中心としたMSV「SDV」を展開し、SDガンダムを一つの「キャラクター」として認知させ独自の路線を築いた。

また、MSV90エースパイロット列伝などの本誌掲載特集は別の書籍でまとめられることが少ないため、それらの情報を閲覧するにはその特集が書かれた月のボンボンを参照するしかない。 アニメのコミカライズも『機動戦士Ζガンダム』から『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』まで、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』を除くすべての作品で行われていた。

しかし、ガンダムエース角川書店)の創刊以降は完全なガンダム専門誌である同誌に押され、『機動戦士ガンダムSEED』以降は完全に主導権を奪われている。

休刊時点での漫画作品[編集]

コミックボンボンの漫画作品[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

コミックボンボンの読みきり作品[編集]

  • 1981年11月号 『ボロ猫ボロ』:石川球太
  • 1981年11月号 『ロリーポップ』:ミスターどおなっつ
  • 1981年11月号 『ゴロにゃん』:石川球太
  • 1982年2月号 『パニックベストテン』:沢田ユキオ
  • 1982年2月号、1982年5月号 『アイあいロック』:高島しげる
  • 1982年9月号、1982年11月号 『かいけつカッコマン』:細井雄二
  • 1982年10月号 『SOS!カラフルマン』:ごとうかずお
  • 1982年11月号 『ヒットくん』:えびはら武司
  • 1982年12月号 『ドッジボーイとび太』:高島しげる
  • 1983年2月号 『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』:原作・松本零士、作画・のなかみのる
  • 1984年9月号 『闇に浮かぶ手』:石原しゅん
  • 1984年10月号 『血を吸うマンション』:原作・安井尚志、作画・近藤和久
  • 1985年2月号 『ひょうきんまんがスペシャル』:やまと虹一、山口博史、佐藤元、坂本しゅうじ、他
  • 1985年11月号(前編)、1985年12月号(後編) 『熱風の拳』(読みきり版):上田久治
  • 1986年2月号 『オニマル先生』:暴竜力
  • 1986年2月号(前編)、1986年3月号(後編) 『闘魂野球軍』:しもさか保
  • 1986年4月号(前編)、1986年5月号(後編) 『合体ポリス ユニオン』:川三番地
  • 1986年5月号(前編)、1986年6月号(後編) 『死に神カムルチー』:原作・田水一郎、作画・出井州忍
  • 1986年6月号 『ファミコンハウツーまんが ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』:みやぞえ郁雄
  • 1986年7月号 『ファミコンハウツーまんが 魔界村』:みやぞえ郁雄
  • 1986年7月号 『ファミコン殺人事件』:細井雄二 ※読者参加企画あり
  • 1986年8月号 『ファミコンハウツーまんが スーパーマリオブラザーズ2』:みやぞえ郁雄
  • 1986年8月号 『6年おじさん組だぞ!』(読みきり版):ぼおりゅうりき(暴竜力)
  • 1986年9月号 『ファミコンハウツーまんが がんばれゴエモン!からくり道中』:みやぞえ郁雄
  • 1986年11月号 『ファミコンハウツーまんが スーパースターフォース』:みやぞえ郁雄
  • 1986年12月号 『ファミコンハウツーまんが トランスフォーマー コンボイの謎』:みやぞえ郁雄
  • 1987年6月号 『さんまの名探偵』:二宮博彦

コミックボンボンの過去の主な掲載作品(漫画家別)[編集]

企業との提携[編集]

タイアップ[編集]

メディアミックス[編集]

マスコットキャラクターと読者コーナー[編集]

ボン太
爆弾をモチーフにしたキャラクター。
Bゴン
水谷謙之助がデザインした王冠をかぶった恐竜(1994年より使用)。名前は一般公募による。AゴンやHゴンなどアルファベットの数だけ親戚がいる。
ボンボンチャンネル

未収録作品(最終話未収録含む)[編集]

並び順は、作者の名簿順。

最終話(または一部)未収録[編集]

未単行本化作品[編集]

発行部数[編集]

  • 1988年 30万部
  • 1989年 50万部
  • 1990年 63万部
  • 1991年 62万部
  • 1992年 60万部
  • 1993年 50万部
  • 1994年 47万部
  • 1995年 48万部
  • 1996年 45万部
  • 1997年 33万部
  • 1998年 30万部
  • 1999年 32万部
  • 2000年 30万部
  • 2003年 22万部
  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 186,666部[5]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 136,417部[5]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 98,000部[5]

増刊関係[編集]

関連企業[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今こそ『ガンダム』を凌駕する新しいキャラが生まれるべきだ!!(後編) - 日刊サイゾー
  2. ^ CONTINUEでの対話(後編)より
  3. ^ 編集長激白!「ジャンプがライバル」 度肝を抜く厚さで勝負に出た「月刊少年ライバル」 - 日経トレンディネット
  4. ^ 当該ブログ[1][2] 記事は現在削除されているため、リンク先はインターネット・アーカイブに残されたキャッシュにしている
  5. ^ a b c 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]