Transformers: War for Cybertron

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Transformers: War For Cybertron
ゲーム
ゲームジャンル サードパーソン・シューティングゲーム
対応機種 Microsoft Windows
プレイステーション3
Xbox 360
必要環境
ゲームエンジン Unreal Engine 3
開発元 en:High Moon Studios
発売元 アクティビジョン
音楽 タイラー・ベイツ
メディア 光ディスク
発売日
  • アメリカ合衆国 2010年6月22日
  • PAL 2010年6月25日
レイティング
ゲームモード
テンプレート - ノート 

Transformers: War for Cybertron は、High Moon Studios英語版開発、アクティビジョン販売の、サードパーソン・シューティングゲーム形式のビデオゲーム。Xbox 360PlayStation 3、PC向けに、北米で2010年6月22日に、 PAL地域で2010年6月25日にリリースされた。2種類の携帯ゲーム版が、一方はサイバトロンキャンペーンに、他方はデストロンキャンペーンに特化して、ニンテンドーDS向けにリリースされた(Transformers: War for Cybertron (Nintendo DS) 参照)。Next Level Games開発のWii向けのゲームTransformers: Cybertron Adventuresは、War for Cybertronと同一のキャラクターと設定を利用している。

ゲームは、トランスフォーマーが地球上に現れるよりも以前の、惑星セイバートロン上を舞台とする。サイバトロンとデストロンは、内戦にて、交戦している。ゲームはどちらかの視点(ストーリーモード。以後キャンペーン)で開始できるが、ディセプティコン・キャンペーンでは時系列で開始できる。ゲームは、デストロンの破壊大帝( メガトロン)が黄金時代と呼ぶ時代へと惑星を戻せると信じている、「ダーク・エネルゴン(Dark Energon)」として知られる物質の使用を中心に展開される。

War for Cybertronは、批評家から、総じて、肯定的な評価を受けた。まとめサイトen:GameRankingsMetacriticは、全3プラットフォームで、70%台の中間のスコアを報告した。何人かのレビュアーは、過去のトランスフォーマーゲームへの改善作として、引用した。批評家は、総じて、協力モードと多人数対戦モードが solid だと感じたが、ゲームの設定に関して、繰り返しビジュアルを引用した。

続編、Transformers: Fall of Cybertron が「High Moon Studios」にて現在開発されている。

概要[編集]

設定[編集]

Transformers: War for Cybertronは、トランスフォーマーが惑星「地球」とコンタクトするよりも以前の、惑星「セイバートロン」に設定される。

超ロボット生命体、トランスフォーマー各々は、ロボットモードから、戦車やジェット機のような、別の形態への変型能力を持つ。トランスフォーマーは、内戦にて、互いに交戦している。

志を同じくするトランスフォーマーのグループは、主流派から独立した分派を形成する。デストロンとして知られる分派は、強力且つ冷酷な破壊大帝、メガトロンに従う[1]サイバトロンとして知られる主流派は、 ゼータ・プライムの指令に従う。

ゼータ・プライムは殺され、残された未熟なリーダー(コンボイ)はサイバトロン軍を導き、(それ自身がトランスフォーマーでもある)惑星「セイバートロン」を、メガトロンがダーク・エネルゴンで汚染させないようにしなければならない。

デストロン・キャンペーンは、ゲームの始めの5章で語られ、サイバトロン・キャンペーンがそれに直接続く。

プレイヤーは、時系列順とは無関係に、何れかのキャンペーンを最初に選んで開始することもできる[1]

ディセプティコン・キャンペーン[編集]

メガトロンは、トランスフォーマーの home planet(サイバトロン)を、黄金時代と呼んでいる時代へと戻す為に闘う。

メガトロンは、惑星上の生命を汚染する力を持つ、不安定な物質「ダーク・エネルゴン」に関する伝説を聞き、デストロンは(スタースクリーム軍団に警備される)軌道研究ステーションを攻撃を開始する。

メガトロン、バリケードブロウルは、ダーク・エネルゴン製造プラントに辿り着き、メガトロンは自らその中に浸かる。

ダーク・エネルゴンを扱うメガトロンの能力に触発され, スタースクリームは、メガトロンへの忠誠と引き換えに、ダーク・エネルゴンの制御法を教えてくれるように尋ねる。

スタースクリームの裏切りにショックを受けた同僚( スカイファイアー)は、宇宙ステーションを脱出し、サイバトロンのリーダー、ゼータ・プライムに警告する事を誓う[1]

メガトロンは、スタースクリーム、サンダークラッカースカイワープを派遣し、生のエネルゴンをステーションに供給し、更なるダーク・エネルゴンの製造を可能にする、エネルゴン・ブリッジを再起動させる。

手下が成功すると、メガトロンは、セイバートロン・コアをダーク・エネルゴンに感染させる計画を練り、惑星が感染すると、惑星の制御を手にできると考える。

メガトロンは、アイアコーン(Iacon)のセイバートロン首都に本格的な強襲を開始し、セイバートロン・コアに侵入して感染させるのに用いる、オメガ・キー(Omega Key)と呼ばれるアイテムを探す[1]

デストロンは、ゼータ・プライムが、キーを個人的な警備下に置いている事を知る。

デストロン軍団は、ゼータ・プライムの部屋に侵入し、戦闘で倒し、収監する。

ゼータ・プライムは、オメガ・キーは、実際には、コアへのアクセスをロック解除するのではなく、真のキー(オメガ・スプリームとして知られる巨大なトランスフォーマー)を起動するのだ、という事をメガトロンに話す。

起動したオメガスプリームは、メガトロンとその手下を、執拗に追跡する。

メガトロン、サウンドウェーブブレークダウンは、砲塔で防御される天井にオメガスプリームを誘き寄せる、巨人トランスフォーマー待ち伏せ計画を考案する。

オメガスプリームは、大ダメージを被り、セイバートロンの下層部へと落下する[1]

デストロンは、オメガスプリームを追跡し、或る永い最終決戦に於いて、オメガスプリームは遂に敗北し、ダーク・エネルゴンに感染し、デストロンに捕えられた。

メガトロンは、セイバートロン・コアへの扉をオメガスプリームに開けさせ、手下と共にそこへ移動する。

到着すると、メガトロンは、(トランスフォーマーでもある)セイバートロン・コアをダーク・エネルゴンに感染させ、汚染は惑星全体へと拡大し始める[1]

オートボット・キャンペーン[編集]

オートボットのリーダー、ゼータ・プライムの死が報告され、バンブルビーオプティマス・プライム に知らせる。これを聞いたオプティマスは一時的な指令権を執ったと皆に伝える事にする。

オプティマス、バンブルビー、ラチェットの3体は都市の防御砲を作動させアイアコン(Iacon)を護る。

しかる後デカゴン(Decagon)に移動し、スタースクリームを撃退。通信グリッドを再起動させる[1]

その後間もなくオートボットは、ゼータ・プライムからの「ケイオン(Kaon)監獄に囚われている」と知らせる救難通信を受信する。バンブルビーと ランボルを連れ、オプティマス達は自らを捕獲させ、ケイオンに潜入する。 エアーライダーの助けを借りて、オプティマスはケイオンの全オートボット囚人の解放に成功し、ディセプティコン輸送機に逃げ込む[1]

オプティマスは、バンブルビーとランボルを伴い、サウンドウェーブに警備されるゼータ・プライムを見つける。サウンドウェーブがその手下( フレンジーランブルコンドル)を展開する中で、戦闘が起こる。最終的に、サウンドウェーブとその手下は退却し、サイバトロンはゼータ・プライムを救出する(ゼータ・プライムは、メガトロンとの闘いの後、以前の負傷が元で、その後間もなく死亡)。

最高評議会は来訪したオプティマスを司令官に選ぶ[1]

オプティマスは、セイバートロン・コアからのダーク・エネルゴン除去の任務を、評議会から与えられる。

オプティマス、アイアンハイドワーパスは最初に、ディセプティコンからダーク・エネルゴンによる拷問を受けている、オメガスプリームの救出を試みる。サイバトロンはオメガスプリームを救い、セイバートロン・コアへのアクセスを手に入れる[1]

謎の邪悪なワームと闘った後、オプティマスはサイバトロン・コアと会話し、コアがダーク・エネルゴンによって大きく損傷している事、シャットダウンにより自己修復できるが、そのプロセスには何百万年も要し、その間サイバトロンは、生命の無い、冷たく不毛の地となるだろう、と伝えられる。そして、コアの小さな欠片を携えるなら、修復の間、コアは生き続ける事が出来る、とオプティマスに教える。オプティマスは「重荷」を受け容れ、コアは歴代司令官のマトリクスを譲渡する[1]

間もなく惑星はシャットダウンし、オプティマスは全オートボットに都市の避難を命じる。オートボットの避難輸送船が軌道上に辿り着くと、輸送船がメガトロンの軌道宇宙ステーションによって攻撃される[1]シルバーボルトエアーライダー、スカイファイアーはステーションに侵入し、主要システムを破壊するが、ステーションがダイナザウラーとして知られる巨大ディセプティコンであることを悟る。ダメージを負ったダイナザウラーは、サイバトロンに突っ込み、そして或る最終決戦に於いて、オートボットは団結し、かろうじてダイナザウラーを打ち倒す 。

戦闘の後、オプティマスは、 アーク号として知られる巨大艦で、残存サイバトロンを宇宙へ移送させる。コンボイと残存サイバトロン戦士たちは、メガトロンから出来るだけ永くを護る為にサイバトロンに留まる[1]

キャラクター[編集]

サイバトロン
デストロン

^ a当初は予約特典
^ b多人数プレイ向けのダウンロード・コンテンツ
^ cキャンペーンではプレイできない
^ d多人数プレイではプレイできない
^ e多人数キャラクターとしてロック解除された

ゲームプレイ[編集]

Transformers: War for Cybertron is played from a third person perspective。

トランスフォーマー are classified in to four main categories, リーダー、Soldier、Scientist、Scout。

Each character in the キャンペーン is classified as one of these types, and their weaponry, abilities and vehicle form are largely influenced by their character class。

Players can change between forms at will, and each form has unique abilities。

While in robot form characters can also collect different weapons, reminiscent of those found in first-person shooters

[2]

While in vehicle form each character can boost their speed。

[2]


Each キャンペーン level gives the player a choice of three トランスフォーマー。

The キャンペーン can be played in シングルプレイ or オンライン多人数協力プレイ, and players can enter or leave the game at any time。

[2]

If fewer than three players are present, the game's AI controls the 残った他の playable characters。

[2]

ゲームの協調モードと競争モード are limited to online play, with no split screen features available。

The game levels are designed to allow characters to comfortably navigate and play the game in either mode。

[2]


マルチプレイヤー[編集]

Competitive 多人数プレイ games do not allow players to control official, named characters, and instead must design their own トランスフォーマー。

Similar to the キャンペーン, generic 多人数 characters are split into four character classes。

Contrary to the キャンペーン, however, each created character features some amount of customization。

Players can select a base model and vehicle form, then alter major colors for their character and modify weapon loadouts and abilities based on that character class。

The 多人数プレイ aspect also features an experience and leveling system, including perks, and upgrades reminiscent of Call of Duty: Modern Warfare 2, another アクティビジョン game。

[2]


War for Cybertron has several 多人数 modes to choose from。

Deathmatch is a free-for-all game type where the player with the most kills at the end of the game is the winner。

In Team Deathmatch players are divided into オートボット and ディセプティコン teams。

[2]

The winning team is the one who earns the most kills。

Conquest is a capture-and-hold style game, similar to the conquest mode found in the Star Wars Battlefront series。

Multiple control points are spread across the level。

The object is for players to capture enemy control points by standing near them for a set amount of time while defending their own control points。

[2]

In Countdown to Extinction players must take an active bomb and place it at an enemy base, similar to the Assault mode in the Halo series。

Power Struggle is the game's equivalent to the common King of the Hill game type。

Finally Code of Power is a mode consisting of two and a half minute rounds where teams vie for a giant melee weapon。

Also available is the Escalation game mode, the only 多人数 mode where players can control characters from the キャンペーン or ダウンロード・コンテンツ

Players choose a faction and then work 協力して to defeat continuous waves of enemy robots until all players are defeated, similar to the Horde mode found in Gears of War and the Halo series Firefight game modes。

Players earn credits by defeating enemies which can be used to unlock ammunition, weaponry, health and new areas in each map。

[2]


開発とマーケティング[編集]

Transformers: War for Cybertronは、 2009年12月16日に発表され[3]、2010年6月22日に北米でリリースされ、続いて2010年6月25日に PAL地域でリリースされた。[4][5]

Unreal Engine 3で駆動する。[1]

ゲーム内の物理現象は、 Havok物理ライブラリーを用いて処理される。[1]

ゲームのキャラクター・クラス2つを用いた、多人数対戦をプレイできる、デモが2010年6月10日にリリースされた。[6]

開発社「High Moon Studios」は、プレイヤーがストーリーを進行すると、同行キャラクターがプレイヤーを助けるように、フレンドリーAIを設計したが、それでも、プレイヤーがゲームを進める必要がある。

(ゲーム・ディレクター、Matt Tieger曰く)『仲間は、あなたの為にはストーリーを進行できない。彼らは何処へ行くかを示すポイントを得るが、後は守備位置に移り、あなたがストーリーを進行するのを待つ。』

『彼らは、あなたの目的を達しないが、傍に留まり、あなたが酷い負傷を受ければ、とても機敏に癒す。』[7]

設定とプロット[編集]

War for Cybertronの開発社「High Moon Studios」と販売社「アクティビジョン」は、ハズブロと密接に働いて、ゲーム向けのデザインとストーリーを生み出した。

(Tieger曰く)『25年もプレイを待ち望んだゲームを作りたい。』[8]

スタジオは、ハズブロの承認を得る為に、コンセプトとアイデアを持ち込んだ。バンブルビーのスケッチから始まった。

(Tieger曰く)『テーブル越しに滑らせ「ハズブロさん、どう思う?」と訊いた、その最初のスケッチこそが始まりだった。』[8]

「High Moon Studios」は、オートボットとディセプティコン間のトランスフォーマーの内戦下にあるサイバートロンに、ゲームの舞台を設定するアイデアを提示した。

(対ハズブロ上級デザイン・ディレクター、Aaron Archer曰く)惑星「サイバートロン」ベースの設定は、『本当にクールな場所で(…)オートボットとディセプティコン間の内戦の初期の頃は、実際、どのようなフォーマットでも具体的にされていなかったストーリーだった。』[8]

キャラクター各々は、以前の版やトランスフォーマー知識を手掛かりに、ゲーム向けに完全にリデザインされた。

(Tieger曰く)『それらは、ライセンス済み財産権を取得させてくれ、全く新しいIPのように取り扱わせてくれた。』[8]

車両ベースのキャラクター向けビークル・モードは、当初、車輪で構成したが、開発社は、ビークル・モード時、プレイヤーの 機銃掃射能力を除去すると、ゲームプレイを不自由にすることが判った。ハズブロにジレンマを相談し、ビークル・モード時、キャラクターは車輪を真下に回転させ、(より多くの挙動を可能にさせる)ホバリングすることに、2社は同意した。そして、キャラクターがブースト使用時、ビークルは伝統的な車輪モードに戻り、以前の カノンで確立されたトランスフォーマーライセンスを維持する。[7]

サイバートロン世界は、トランスフォーマーは、自身の homeworld に適切なスケールを持つ、というような方法でデザインされている。

(Tieger曰く)『彼らの世界では、モノが彼らより小さく感じられるのではなく』、加えて『彼らの世界では、キーとなるキャラクターは、巨人のように巨大である。』[7]

(「High Moon Studios」の首席デザイナー、Matt Krystek曰く)『ゲームは映画に縛られないので、彼らのストーリーを語れた。』

彼は、ゲームのインスピレーションとして、 G1世界を挙げている[8]

Jim Daly, Lead Concept Artist at High Moon also cited the G1 universe as the main inspiration for the design of サイバートロン itself, also stating that there were elements from Disney's TRON, Blade Runner, and the Aliens franchise[8]


ハズブロ's Aaron Archer stated the game would be only part of a bigger group of media。

"This won't be the only touch point。It's a big place that we're going to build off of。"

[8]

At a BotCon 2010 panel, War for Cybertron Creative Director Matt Tieger stated アクティビジョン is currently in talks with ハズブロ on creating additional titles。

He also added that ハズブロ is "considering" expanding the brand further into the realm of video games。

[9]

Joe Moscone, Senior Account Manager for ハズブロ's public relations team, further clarified that War for Cybertron is in the same continuity as the Transformers: Prime animated series and Transformers: Exodus novel, and that this would be the primary continuity going forward。

[10]

ハズブロ has released a toy line based on the War for Cybertron setting。

[11]

Transforming figures of オプティマス・プライム、バンブルビー、メガトロン、サウンドウェーブ from the game have been released by ハズブロ under the Transformers: Generations banner。

音声[編集]

コンソール版向けのサウンドトラックは、タイラー・ベイツが作曲した[12]。エンディングテーマは、スタン・ブッシュの2007年のアルバムIn This Lifeから、"Till All Are One"[13]

ピーター・カレンが、オプティマスの声を演じている(トランスフォーマーフランチャイズにて、キャラクターの声を何度かアテている)[1]

他の声優は、カリ・ウォールグレン(アーシー)、en:Liam O'Brien(エアー・レイド)、ジョニー・ヨング・ボッシュ(バンブルビー)、フレッド・タタショア(メガトロン、ラチェット、オメガスプリーム、ダイナザウラー)、en:Keith Szarabajka(アイアンハイド)、スティーヴン・ブルーム(バリケード、ショックウェーブ)、ノーラン・ノース(ブロウル)、サム・リーゲル(スタースクリーム)。[1]

ダウンロード・コンテンツ[編集]

ダウンロード・コンテンツが2パック、ゲームのコンソール版向けにプロデュースされた。

Character and Map Pack 01とシンプルに表題された第1弾は、2010年7月2日に発表された。 [14]

Character and Map Pack 01には、以前の予約限定キャラクター(デモリッシャー、Jazz、ショックウェーブ)、ならびに新キャラクター(オンスロート、スキャッターショット)が含まれる。

多人数プレイの新マップ4つも含まれる。マップ2つは、ゲームの「エスカレーション・モード(Escalation mode)」内限定で、他のマップ2つはゲームの全モードで使用される[14]

2010年7月27日にリリースされた[15]

Character and Map Pack 02として知られる第2弾は、キャラクター(デッドエンド、ゼータ・プライム)と新しいマップ5つを追加する。

2010年9月7日にリリースされた[16]

これらのダウンロード・コンテンツは、360とPS3版でのみ利用できる。PC上ではリリースされていないので、リリースデータがない。

反応[編集]

 Transformers: War for Cybertron
レビュー結果
レビュー元 結果
1UP.com B+[17]
Eurogamer 6/10[18]
G4 4/5[19]
Game Informer 8.5/10[20]
GamePro 星5つのうち 4つ[21]
IGN 9/10[22]
PSM 7.5/10[23]
集計結果
集計元 結果
GameRankings 76.25% (PC)[27]
78.47% (PS3)[28]
79.45% (X360)[29]
Metacritic 75/100 (PC)[24]
77/100 (PS3)[25]
76/100 (X360)[26]

Critical reaction has been generally positive, with many reviews citing that War for Cybertron is an improvement over past トランスフォーマー games。

Aggregate scores across all three platforms were fairly uniform。

The PC version holds a score of 76.25% at en:GameRankings and 76/100 at Metacritic

[27][24]

The PlayStation 3 version has a 78.47% and 77/100 at the two aggregate sites,

[28][25]

while the Xbox 360 version reports scores of 79.45% and 76/100。

[29][26]

Individual review scores ranged from a 50% approval by Edge magazine to a 94% approval by Gaming Trend。

[30][31]


Reviewers praised the in-game voice acting。

G4 TVのMatt Kell noted that ピーター・カレン's voice work as オプティマス was "commanding and familiar", adding that the other actors "even do their best to replicate the voices of the original cartoon。"

[19]

Mike Nelson of en:Game Informer agreed and noted the game's excellent dialogue, stating "the script has all the overwrought melodrama you’d expect from giant talking robots。"

[20]

Several critics also gave high marks for War for Cybertronの多人数プレイ。

IGNのArthur Gies noted the influences from en:Unreal ChampionshipTribesTeam Fortress 2バトルフィールド:バッド カンパニー2 adding that "War for Cybertron leverages its transformation mechanic to create something that feels shockingly new。"

[22]

GameSpotのTom McShea noted that the game's Escalation mode provided a トランスフォーマー twist on Gears of Warの Horde mode。

[32]

en:GameProのKat Bailey noted that the 多人数プレイ was "probably the most appealing part of the package", adding it had a "strong suite [of] options。"

[21]

en:1UP.com's Matt Miller lauded the ability to play through the game's キャンペーン with up to three players online, as did G4 TVのMatt Kell。

[17]

[19]

Both reviewers also praised the new character designs, with Kell calling them "inventive。"

[17]

[19]

en:Wired NewsのJohn Mix Meyer gave praise to the game's キャンペーン length, stating "The game’s 10-hour シングルプレイ キャンペーン means there’s plenty of time for the crazy transformations to strut their stuff。"

[33]

en:EurogamerのJohn Hamblin praised the transformation animations。

He stated players will "occasionally wish there was a マックス ペイン slow-mo option so you could appreciate the nuance of these feats a little more。"

[18]


The repetitive visual design of Cybertron drew criticism from critics。

GameSpotのTom McShea stated that "the majority of the game entails walking through similar-looking corridors。"

[32]

en:Giant BombのJeff Gerstmann also cited repetitive visuals, but conceded that "the metallic world of サイバートロン doesn't lend itself particularly well to a lot of environmental variety。"

[34]

1UP.comのMatt Miller also raised issue with the repetitive visuals, but provided a counterpoint in saying "there are a host of features in place to save the game from spiraling into mediocrity。"

[17]

EurogamerのJohn HamblinとGameSpotのTom McShea also pointed out the game's vast lack of ammunition。

"Watching Lord メガトロン repeatedly suffering the indignity of being shot at by drones while he desperately scours the debris looking for an elusive ammo box [...] is just sad" stated Hamblin。

[18]

He was further critical of the game's checkpoint system, which often leaves players in difficult situations upon respawning。

[18]


The first ダウンロード・コンテンツ pack received mixed reception from IGNのArthur Gies。

While he praised the design of the 多人数プレイ・マップ, he noted that the lack of online players for War for Cybertron hurt the ability to play the new content online。

Gies stated that he attempted to host the Escalationマップ2つ, adding that he waited for several minutes for players to join, but had no success。

"That's the problem", he stated。

"War for Cybertronの多人数プレイ is all-but-abandoned。"

[35]

Gies went on to cite a peak population of approximately Xbox Liveで約4,600人、 PSNで800人、PC版で158人のみ at the time of his writing。

Despite the lack of online players he felt the content may fit a player's needs, stating "If you've got nine other friends who bought War for Cybertron and can set up your own private matches, then Character and Map Pack 01 might be worth checking out。"

[35]

関連項目[編集]

War for Cybertronの続編は、2010年11月に発表された。ハズブロ代表 Mark Belcher は「これは、最高の評価を得た、ハズブロ・ブランドで最大の成功を収めたゲームで、私達は2012年の続編を楽しみにしている」 と述べた。

ゲームは2012年にリリースされる予定である[36]

ゲームの正式タイトル、Transformers: Fall of Cybertronは、2011年10月6日に明らかになった[37]

惑星「サイバートロン」崩壊の、そして、トランスフォーマー「出サイバートロン記」の、物語を完成させる、War for Cybertronの直接の続きである。

タイトル発表の際に、1体の新しいオートボット、グリムロックが確認された[37]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q High Moon Studios. Transformers: War for Cybertron. (アクティビジョン). (2010-06-22)
  2. ^ a b c d e f g h i Casamassina, Matt (2010年2月26日). “Transformers: War for Cybertron Eyes-on”. IGN. 2011年2月2日閲覧。
  3. ^ Transformers: War for Cybertron Officially Announced”. TeamXbox (2009年12月16日). 2010年10月20日閲覧。
  4. ^ Sinclair, Brendan (2010年4月8日). “War for Cybertron erupts June 22”. GameSpot. 2010年6月10日閲覧。
  5. ^ Woodstock, Sven (2010年6月23日). “War for Cybertron”. Sony Computer Entertainment. 2010年6月10日閲覧。
  6. ^ Westbrook, Loga (2010年6月10日). “Fight the Decepticons in War For Cybertron Demo”. The Escapist. 2010年6月10日閲覧。
  7. ^ a b c Transformers: War for Cybertron - Developer Interview”. GamePro (2010年3月19日). 2010年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月9日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g Designing Cybertron Developer Diary”. GameTrailers (2010年3月15日). 2010年10月19日閲覧。
  9. ^ bwbm (2010年6月26日). “BotCon 2010 - Activision: Transformers in Gaming”. tformers.com. http://tformers.com/article.php?sid=13781 2010年7月13日閲覧。 
  10. ^ CST (2010年12月9日). “Hasbro clarifies continuity of Transformers Prime, WFC, Exodus”. Seibertron.com. 2012年5月24日閲覧。
  11. ^ Plunkett, Luke (2010年1月26日). “Transformers: War For Cybertron Gets Its Own Toy Line”. Kotaku. 2010年6月17日閲覧。
  12. ^ MrKLM (2010年5月20日). “Transformers: War for Cybertron - Interview”. Universal Gaming Database. 2010年12月9日閲覧。
  13. ^ Bush, Stan (2010年6月22日). “Stan Bush » War For Cybertron game features "Til All Are One"”. stanbush.com. 2010年10月28日閲覧。
  14. ^ a b Fahey, Mike (2010年6月22日). “First Transformers: War For Cybertron DLC Contains All Three Preorder Characters”. Kotaku. 2010年10月28日閲覧。
  15. ^ Fahey, Mike (2010年6月22日). “First War For Cybertron DLC Dated, Priced, And Set To Music”. Kotaku. 2010年10月28日閲覧。
  16. ^ Transformers: War for Cybertron: DLC 2 Trailer”. Videogamer.com (2010年9月9日). 2010年10月28日閲覧。
  17. ^ a b c d Miller, Matt (2010年6月22日). “Transformers: War For Cybertron - High Moon has the touch”. en:1UP.com. 2010年6月22日閲覧。
  18. ^ a b c d Hamblin, Jon (2010年6月25日). “Transformers: War for Cybertron Review”. en:Eurogamer. 2010年6月27日閲覧。
  19. ^ a b c d Kell, Matt (2010年6月22日). “Transformers: War for Cybertron Review”. G4 TV. 2010年6月22日閲覧。
  20. ^ a b Nelson, Mike (2010年6月22日). “Transformers: The War for Cybertron (PS3)”. en:Game Informer. 2010年6月22日閲覧。
  21. ^ a b Bailey, Kat (2010年6月22日). “Transformers: War for Cybertron”. GamePro. 2010年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月22日閲覧。
  22. ^ a b Gies, Arthur (2010年6月22日). “Transformers: War for Cybertron Review”. IGN. 2010年6月22日閲覧。
  23. ^ Williamson, Steven (2010年7月5日). “Transformers: War For Cybertron review”. psu.com. 2010年7月5日閲覧。
  24. ^ a b Transformers: War for Cybertron (PC) reviews at Metacritic”. Metacritic. 2010年10月19日閲覧。
  25. ^ a b Transformers: War for Cybertron (PS3) reviews at Metacritic”. Metacritic. 2010年10月19日閲覧。
  26. ^ a b Transformers: War for Cybertron (Xbox 360) reviews at Metacritic”. Metacritic. 2010年10月19日閲覧。
  27. ^ a b Transformers: War for Cybertron for PC - GameRankings”. en:GameRankings. 2010年10月19日閲覧。
  28. ^ a b Transformers: War for Cybertron for PlayStation 3 - GameRankings”. GameRankings. 2010年10月19日閲覧。
  29. ^ a b Transformers: War for Cybertron for Xbox 360 - GameRankings”. GameRankings. 2010年10月19日閲覧。
  30. ^ Edge(2010年8月号)、p 94
  31. ^ Youngblood, Mitch. “Transformers: War for Cybertron”. Gaming Trend. 2010年10月23日閲覧。
  32. ^ a b McShea, Tom (2010年6月25日). “Transformers: War for Cybertron Review”. GameSpot. 2010年6月27日閲覧。
  33. ^ Meyer, John Mix (2010年6月22日). “Review: Transformers Shooter Cribs From the Best”. en:Wired News. 2010年10月28日閲覧。
  34. ^ Gerstmann, Jeff (2010年6月25日). “Transformers: War for Cybertron Review”. en:Giant Bomb. 2010年6月22日閲覧。
  35. ^ a b Gies, Arthur (2010年6月29日). “Transformers: War for Cybertron DLC Impressions”. IGN. 2010年10月28日閲覧。
  36. ^ Reilly, Jim (2010年11月12日). “Transformers: War for Cybertron 2 Confirmed”. IGN. 2010年11月13日閲覧。
  37. ^ a b Fahey, Mike (2011年10月6日). “There’s a New Transformers Game Coming, and Grimlock’s Coming With It”. Kotaku. 2011年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]