てれびくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

てれびくん小学館により発行されている雑誌。講談社テレビマガジン(テレマガ)と同じく、未就学児童の男子を主な読者層としている。

概要[編集]

『小学館BOOK』の流れを汲む形で1976年5月に創刊。創刊当時は教育評論家の阿部進が監修を行っていた。特撮アニメ、ホビー(玩具など)の特集、漫画、厚紙を組み立てる付録で構成される。創刊当初は『週刊少年サンデー』、小学館の学習雑誌で掲載されていた作品や講談社が掲載権を獲得していなかった作品を主に連載。かつては、徳間書店の『テレビランド』や秋田書店の『冒険王』も存在しており、ライバルとしてしのぎを削っていた。2013年現在、児童向けテレビ情報誌は、『テレマガ』と本誌のみである。

創刊時のキャッチコピーは「小学館のテレビ教育雑誌」。1977年の中頃から1979年の初めごろまで「小学館のテレビ雑誌」、その後「テレビ雑誌日本一」1980年4月号から「日本一のテレビ雑誌」となり、実に25年間も続いた。2006年からは「日本一のヒーロー雑誌!!」となっている。誌名ロゴは創刊から現在まで変わっていない。

特徴[編集]

記事[編集]

スーパー戦隊シリーズタイムボカンシリーズ東映本社制作のロボットアニメ藤子不二雄アニメが初期のメインで、1978年ごろからリバイバルブームの影響を受けてウルトラシリーズの特集記事や漫画化作品を活発的に掲載した。同時期にザ・ドリフターズピンク・レディーといった当時の人気タレント、読売ジャイアンツ王貞治選手(当時)の特集記事も組まれていた。またテレビ教育雑誌というキャッチコピーもあって、創刊時から77年頃までは保護者向けに「おうちの方のページ」が設けられ、阿部進と著名人との対談記事が掲載されていた。

創刊当初はテレビ番組のコミカライズ作品を含め12本の連載漫画作品があり、他に絵物語4本が掲載された。2000年以降は3 - 5本に減少している。現在の連載漫画は、4コマ漫画中心となっている。まれに、コロコロイチバンで連載されている漫画も読みきりで掲載されることもある。

キャラクター[編集]

ホビー[編集]

付録・全員サービス[編集]

  • 付録には掲載されている作品のキャラクターや登場メカのペーパークラフトがメインである。またトランプポスターの付録も多い。なお、掲載されている作品のキャラクターのペーパークラフトを使ったコスプレコンテストも開催されている。コンテスト審査員には制作会社の関係者や番組出演者など多種多様。また、掲載されている作品に登場する関連アイテム(DXなりきり玩具などにも対応)や彩色フィギュアなどの雑誌限定玩具付録を出すこともある。
  • 1990年代以降CDやDVD・ビデオなどの読者全員サービスを行っている。かつては競合誌『テレビマガジン』と共に、平成仮面ライダーの最強形態、スーパー戦隊のレッドリーダー、ウルトラマンなど特撮ヒーローの大型サイズの彩色PVCフィギュアの読者全員サービスを行っていた。2014年現在は、『平成仮面ライダー』シリーズのオリジナルDVDの読者全員サービスのみ行われている。オリジナルDVDは本編には登場しなかったもう一つの戦闘形態や新武器などを披露している。DVDは『てれびくん』に限らず、東映の公式サイトや他社の特撮情報誌、模型情報誌にも情報が掲載される。また、東映の動画配信サイト(『東映特撮YouTubeオフィシャル』『東映特撮BB』)でも紹介している。なお、競合誌『テレビマガジン』で展開している『スーパー戦隊』オリジナルDVDは、東映の公式サイトや他社の特撮情報誌、模型情報誌では一切掲載していない[3]

その他[編集]

  • 掲載された特撮作品の中で人気があった作品は『超全集』シリーズというムックも発売されることがあった。最初の発売は1992年初頭。特に読者に人気が高かった作品は上下巻に分割して発売されることが多い。場合によっては、上巻、下巻、最終巻と3冊に分割して発売されることもある。仮面ライダークウガ超全集、仮面ライダー龍騎超全集がそれに該当する。アニメの場合でも、『超全書』シリーズというムックも発売されている。(超全集シリーズの項目も参考のこと
  • バンダイビジュアルの『ウルトラシリーズ』のDVD商品の解説書の製作やバンダイボーイズトイパークと魂ウェブのホームページ製作協力やバンダイの玩具の商品開発や21世紀以降の『ウルトラシリーズ』劇場版の制作や映画の公式パンフレット製作にも関わっている。

増刊号[編集]

  • 最初の増刊号の発売時期は不明。2014年5月現在までに63冊刊行されている。21世紀に入ってからは辰巳出版の発行誌だった「ウルトラマンAGE」の後継誌を定期で発刊していた。現在はデータカードダス関連のファンブックをコンスタントに刊行している。この他、ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊などの特撮作品の情報をさらに盛り込んだ臨時増刊号「SUPERてれびくん」も刊行されている。

現在の掲載作品[編集]

※()内は掲載期間を表す。 ※☆はメインに取り扱っている作品。▲は不定期掲載。◇は関連玩具のみ掲載。

過去の掲載作品[編集]

1970年代掲載[編集]

1980年代掲載[編集]

1990年代掲載[編集]

2000年代掲載[編集]

掲載開始年不明作品[編集]

関連書籍[編集]

  • 別冊てれびくん
  • てれびくん特別編集
  • てれびくんデラックス(超全集シリーズは特撮、超全書シリーズはアニメ)
    • 超全集シリーズ(以前は大全集シリーズ)
    • 超全書シリーズ
  • ヒーロー超ひゃっか(てれびくん編集)
  • 小学館のテレビ絵本(てれびくん編集部が関わっている場合のみ)
  • てれコロコミック - コロコロコミック編集部共同

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 放送当時、本誌では『宇宙刑事シャリバン』のみ掲載され、本格的に掲載されたのは『特警ウインスペクター』から。
  2. ^ 本誌の掲載は2012年9月号をもって掲載終了。
  3. ^ 東映の動画配信サイトには紹介していることがある。

外部リンク[編集]