ブラー (トランスフォーマー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラー/Blurrハスブロタカラ(現・タカラトミー)が展開するロボット玩具シリーズ、トランスフォーマーに登場する架空のキャラクター。

G1[編集]

トランスフォーマー ザ・ムービー』から登場。英語版ではジョン・モシッタ二世。日本語版では山口健、『ザ・リバース』では伊藤栄次が声を担当した。

性格・特徴[編集]

落ち着きがなく、早口で話すサイバトロンの情報員。無輪式のスーパーカーに変身する。日本語版ではオネエ言葉交じりで、多くの語彙を交えて話す。せっかちで陽気な性格だが、ネガティブな部分もあり最悪の結果を口にすることもある。時に早口を他人から言われることもあるが、本人はあまり気にしていない。スピード自慢であり、『ザ・ムービー』では残像を伴う演出が見られた。毎晩月(特に満月)を見るのが好き。コウモリが苦手。

武器は「エレクトロレーザー」と、両腕からのビーム。右手を収納して溶接用のバーナーを展開することも可能。玩具では車体前部がシールドになる。

活躍[編集]

トランスフォーマー ザ・ムービー[編集]

地球のサイバトロンシティが敵襲に遭った時にウルトラマグナス/UltraMagnusに援護を頼まれる。「頼りになる男」を自称し不満を口にしながらも、デストロンに攻撃していた。

ユニクロン討伐に向かった際はウルトラマグナスらのシャトルに同行。この時、シャトルに乗らず戦おうとするダイノボットに手を焼いていた。

最後のユニクロンとの戦いでの所在は不明だが、ラストシーンには登場していた。

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010[編集]

第1話「新たなる戦い」より登場。パーセプターにメトロフレックスのトランスフォームコグの運搬任務をウィーリー/Wheelieと共に任される。道中、衛星イオにて宇宙船を失いアニマトロンに襲われるが、地球軍のメリッサ大尉やスカイリンクスの協力を得て、やり遂げている。

第27話「テレパシー惑星を救え」でクインテッサの支配する惑星ザモジンに墜落。ロディマスらが鋼鉄で出来た木に墜落する中、一人岩に墜落して両脚を負傷。カーモードにもトランスフォーム不能になり、その場に置いていって貰う。しかし、ザモジン星の民にクインテッサの手先と勘違いされ、熱湯に釜茹でにされる。その場にいたパーセプターの手により、誤解は解かれるものの、クインテッサの手により熱湯に落とされる。しかしその熱湯はオイルの役割を果たし、ブラーは全快。クインテッサの宇宙船に突撃し、パーセプターのパーツを取り戻す。

終盤、宇宙ペストに感染したスペリオンによりリペア不能の重傷を負うが、クインテッサ星人の手により復活する。

トランスフォーマー ザ・リバース[編集]

サイバトロン星に残留。本作ではネビュロン人ヘイワイヤー/Heywire(声 - 堀川仁 /英 - ロブ・ポールセン)をパートナーにターゲットマスターになる。

冒頭でホットロッド[1]とレースを演じて負ける。その後デストロンが奪ったプラズマエネルギー貯蔵庫の鍵を取り返すために、慌ててシャトルに乗り込む。鍵はセレブロスが取り戻すもエネルギーのオーバーロードにより、シャトルがネビュロン星に不時着。

そこに住む、ネビュロン人に星の支配者であるハイブの一味と勘違いされ拘束され、さらには追跡してきたデストロンに攫われてしまう。ヘッドマスターとなった仲間達に救出された後は、デストロンのターゲットマスターに対抗するため、ヘイワイヤーをパートナーとしたターゲットマスターとなる。

その後、コンボイと合流。

トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ[編集]

第1話「空から来た四人の戦士」より登場。チャーやアーシーと共に惑星アセニアに駐留している。

第10話「セイバートロン星危機一髪 後編」では故郷セイバートロン星がスコルポノックの手により爆破され、新たなトランスフォーマーが住める星を探すためロディマスコンボイとチャーと共に旅に出る。

終盤、『リバース』同様ターゲットマスターとして再登場の予定だった[2]

コミック版での活躍[編集]

テレビマガジン版コミックでは第2作『超ロボット生命体物語ザ☆トランスフォーマー』の第1話より登場。

第5話ではフェミニア星に降り立ったデストロンに攻撃を仕掛けようとするが、ロディマスに「焦るな」と言われていた。

ケイブンシャの大百科別冊『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』に掲載された「最強のトランスフォーマーは」ではサイバトロン側の7人のメンバーに選抜。スタースクリームに倒されたウィーリーの仇を取るために、スタースクリームに攻撃を仕掛ける。彼の反撃を避けるが、4対4になった後、ガルバトロンとメガトロンに場外に投げられてしまう。

玩具[編集]

国内では1986年11月に「C-79」のナンバーを与えられて発売。出荷された時期によりシールドの色合いが異なる。開発担当は石澤隆行[3]

海外ではターゲットマスター版が発売。パートナーとしてヘイワイヤーが同梱し、胸部に寄り付け穴が設けられている。国内でもホットロディマスやチャーと共に発売予定があったが中止された[2][4]

トランスフォーマー ギャラクシーフォース[編集]

セイバートロン星からの避難民として登場。スーパーカーに変形する。初登場は第4話「地球での暮らし方教えます」。

アニメ本編ではビークルモードのみ登場。ボディカラーが赤い同型のトランスフォーマーも登場。惑星スピーディアにも同型が存在。

玩具[編集]

マイクロン伝説』のシルバーボルト/Blurrの仕様変更品。バズソー/Buzzsawとのセットで2005年2月下旬に「GS-01」として発売された。フォースチップは「スピーディア」。サイズは海外の基準でデラックスクラス(DELUXE CLASS)。

トランスフォーマー アニメイテッド[編集]

総司令官直属の精鋭部隊エリートガードから派遣された特務調査員として登場。初登場は第21話「視聴率レース!」。レーシングカーに変形する。声優は英語版がG1と同じジョン・モシッタ二世、日本語版が櫻井孝宏

性格・特徴[編集]

エリートガードの特務調査員としてディセプティコンと地球にいたオプティマスプライム一向を監視する目的で派遣されていたオートボット。カーモードの際は無言であるが、ロボットモードに変形すると周りの人物が聞き取れないほど早口で喋る。自称「宇宙一の早口ロボット」。スピードも速く、バンブルビーも負けを認める程である。

武器はエナジーソーだが、アニメでは使用しなかった。

活躍[編集]

第21話では海賊番組『ストリートデーモン』の主催者であるマスター・ディザスターがオールスパークが封印されたリモコンで操るレーシングカーとして登場。群を抜いたスピードで他の車を妨害する、レースのスターにされていたが、潜入していたサリとバンブルビーの活躍により助けられ、その場を去っている。

第28話「それぞれの思惑」にてロボットモードに変形する。メガトロンとショックウェーブの会話を傍受。メガトロンのサイバトロン星征服計画を阻止するために行動するが、バンブルビーの介入もあり失敗する。その後、オプティマスの部隊と合流し、ディセプティコンのアジトへ案内する。

アジトでの戦いでは電子手錠を使い、ブリッツウイング、ラグナッツ、スカイワープらを拘束するも、ミックスマスターのセメント固めを受けたサンダークラッカーとぶつかり、サンダークラッカーやスカイワープと共にセメントに固められた状態でスペースブリッジを通って宇宙の果てに飛ばされてしまう。

その後、セメントから脱出しサイバトロン星まで走って、諜報部であるロングアーム(正体はショックウェーブ)にスパイのことを伝えるも、ロングアームに攻撃され、ロングアームが自分を何故攻撃したのが分からないまま逃走。しかし、壁に押し潰される罠に誘導された後、投棄された。

次回予告では自分の名を絡めた早口言葉(「ブラー麦、ブラー米、ブラー卵」など)を披露していた。

玩具[編集]

日本では2010年7月24日に「TA-30」のナンバーを与えられて発売。サイズは海外の基準でデラックス(DELUXE)。開発担当は蓮井章悟[5]

トランスフォーマー ユナイテッド[編集]

海外の玩具展開『TRANSFORMERS GENERATIONS』にて発売されたものの塗装変更品。頭部がIDW版に準じたデザインになっている。国内では2011年2月26日に「UN-16 オートボットブラー」として発売。オリジナルデザインのスポーツカーに変形する。先に発売されたドリフト/Driftの仕様変更品であり、武器はドリフトの剣からライフルに変更されている。サイズは海外の基準でデラックス(DELUXE)。

ブラー発売以前の2010年12月には「トランスフォーマーユナイテッド 発売記念キャンペーン」にてミニコン・キャリバーストの配色変更品がヘイワイヤーとしてヤマダ電機で関連商品を3000円以上購入者に配布された。

コンピュータゲーム[編集]

PlayStation 2専用ソフト『トランスフォーマー』ではサイバトロン側の使用キャラクターの1人として登場。ステージ7クリア後に仲間になる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『2010』では「ホットロディマス」。
  2. ^ a b 谷澤崇編「ジェネレーション1 1987」『トランスフォーマージェネレーション デラックス』ミリオン出版、2004年3月22日、ISBN 4-8130-1094-6、30頁。
  3. ^ 谷澤崇編「TF MANIAX TF紳士録<プリテンダー開発秘話>●大野光仁×石澤隆行」『トランスフォーマージェネレーション2012』ミリオン出版、2012年4月26日、ISBN 978-4-8130-2181-0、70頁。
  4. ^ アニメに登場したターゲットマスターに続く玩具は日本オリジナル玩具「C-108 アートファイヤー」「C-109 ステッパー」が発売されたが、「C-110」は欠番となっている。
  5. ^ 谷澤崇編「TF BACKSTAGE 2010 アニメイテッド座談会 幸日左志×国弘高史×江島多規男×蓮井章悟」『トランスフォーマー ジェネレーション2010』ミリオン出版、2010年11月24日、ISBN 978-4-8130-2130-8、92頁。