ロブ・ポールセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rob Paulsen
ロブ・ポールセン
アニー賞授賞式にて
アニー賞授賞式にて
プロフィール
本名 ロバート・フレドリック・ポールセン三世
(Robert Fredrick Paulsen III)
愛称 Vocal Magic
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト
生年月日 1956年3月11日(58歳)
血液型 O型
所属 ストン・バース&ヴェナリ
配偶者 あり
活動
活動時期 1981年 -
デビュー作 『小さな森の精 あいあむ!スマーフ』
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

ロブ・ポールセン(Rob Paulsen、1956年3月11日 - )は、アメリカ合衆国の男性声優。代表作は『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』(ラファエロ※1987年度版)、『アニマニアックス』(ヤッコ)、『ピンキー&ブレイン』(ピンキー)など。グランド・ブランク・コミュニティー高校卒。ロブ・ポールソン(Rob Paulson)と表記されることもある。

ヤッコ役およびピンキー役が評価され、2度デイタイム・エミー賞を受賞し、アニー賞も受賞した。1999年のアニメ映画『Wakko's Wish』では、ヤッコ以外に Dr. スクラッチャンスニフを演じた。『リトル・マーメイドII Return to The Sea』ではエリック王子の声を当てた。

今までに250以上の異なるアニメキャラクターを演じ、1000以上のコマーシャルで声を当ててきたポールセンは、アニメ映画では助演を務めることもある。

人物[編集]

ミシガン州デトロイト生まれのグランド・ブランク(en:Grand Blanc, Michigan)育ち。妻パリッシュ・トッドとの間に一人息子がいる。幼少期から思春期まで聖歌隊に参加し、グラマー・スクールの舞台に上がり始める。しかし、 彼はデトロイト・レッドウィングスゴーディ・ハウにあこがれ、演劇の才能を二の次とし、一番の夢はプロのホッケー選手となることだった。1981年『小さな森の精 あいあむ!スマーフ』のエキストラで、声優としてデビューした。数年後、 地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョーThe Snorksと言った作品で脇役を演じるようになり、テレビシリーズ『星銃士ビスマルク』では リチャード・ランスロットを演じた。このキャラクターはポールセンの演技力もあって、ある種のカルト信者を生み出した。

1983年にEyes of Fireで俳優としてデビューして以来(なお、このころからテレビドラマ『チアーズ』のアナウンスも行った)、1980年代のポールセンは 『ボディ・ダブル』、『スチュワーデス・アカデミー』、『Warlock』と言った実写映画、『冒険野郎マクガイバー』や『en:St. Elsewhere』と言ったテレビ番組への出演もあった。なお、インタビューにおいてポールセンは 『ボディ・ダブル』の演技に満足しなかったらしく、息子(このときはまだとても幼かった)に見てほしくないとした。

1987年より『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』で初のメインキャラクターとなるラファエロの役を演じた。

1990年代初期、ポールセンは実写映画への出演を控えテレビアニメやCMアナウンスに専念した。1993年『マイティ・マックス』と『マスク・アニメーション』で主役のキャラクターを演じた。また、この年ABCのテレビシリーズ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』に"Antoine D'Coolette" 役で出演。1995年にはスーパーヒーローアニメ『The Tick』のアーサー(羽の生えたのコスチュームを着た頼りない会計士)を演じた。

ホンダのテレビ・ラジオCMにおいて「Mr. Opportunity」の声を当て、『Buffalo Dick's Radio Ranch』のアナウンスや、西海岸の食料品チェーン店Lucky Storesのスポークスマンは、1998年にその企業がAlbertsonsに買収されるまで続けた。しかし、これより有名なのはGot Milk?キャンペーンCMで、1993年に公開された『Who Shot Alexander Hamilton?』によりGot Milk?は大成功をおさめた。ポールセンは最も人気のあるコマーシャル声優として名を残し続けている。現在はカナダのMini-Wheatsのテーマソングを歌っている。シカゴのテレビステーションでのインタビューにおいて、 ポールセンは自身を俳優になると決めた歌手と称した。

また、ポールセンは長期にわたって チャリティ団体を支援し、がん検査の寄付もしている。

青少年のためのプログラムである GOALmodelsへの仕事も多く、発達障害児のためのプログラム Camp Will-A-Wayのスポンサーの一人である。1995年から1997年半ばまでタコベルの児童向け食品のコマーシャルでイヌのキャラクターの声を当てた。なお、このとき相方である猫のキャラクター「ナチョ」の声を当てたのはエディ・ディーゼン

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

映画[編集]

テレビ映画[編集]

ビデオ映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

  • Funniest Pets & People(ナレーター)

吹き替え[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]