レーザーウェーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レーザーウェーブ(Shockwave)は『トランスフォーマー』シリーズのデストロンのキャラクター。六角形の顔に単眼だけがあり、その明滅で感情を表すという独特のデザインからか同名のキャラクターが他のシリーズに度々登場する。

ジェネレーション1(G1)[編集]

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の第1話から登場。役割は防衛参謀。光線銃に変形する。声を担当したのは英語版がコーリー・バートン、日本語版が島香裕。上半身だけ、または下半身だけロボットモードにする中間形態も存在するが、劇中では披露していない。

メガトロン/Megatronに絶対の忠誠を誓い、セイバートロンの留守を預かる[1]。メガトロンも忠勇無双かつ己が分を弁えた軍人の鑑と考えている。サンストームらジェットロン部隊や非変形の部下を率いてセイバートロンをほぼ制圧していた[2]

『トランスフォーマー テレフォン』ではメガトロンと同じ銃タイプのトランスフォーマーであることを誇りにしていると発言している。

テックスペックによると、あらゆる周波数の電磁波を致死性レーザーに変化させる能力とホログラム映写能力を持ち、エネルギー消費の多さをカバーするために核燃料を摂取している。手持ち武器は専用のビームガンで、自身のガンモードを模している。左手がレーザー砲になっており、そこから通常のレーザーや当たった物体を消滅させるレーザーを放つ。だが、第1話では左手が普通の形状をしていた。ガンモードではメガトロンと異なり自力で浮遊が可能で、ガンモードに変形した状態でブルーティカス/Bruticusに使用されたことも。また、座右の銘に「軽はずみな行動よりも明晰な思考を先行させよ(Clarity of thought before rashness of action.)」とあるよう論理に重きを置く反面、冷酷で感情に疎い性格をしている。

メガトロンへの忠義に厚いという点では、野心家であり、デストロン軍団のボスの座を狙うスタースクリーム/Starscreemとは対照的だが、そういった上昇志向の違いから、セイバートロン星ではスタースクリームの行動に振り回されたり、怒りを買ってしまうシーンも目立つ。

ザ・ムービー』ではユニクロン/Unicronの襲撃の際、迎え撃とうとするが、以後国内外ともにアニメには登場しておらず、戦死したという見方もある[3]

マーベルコミックではテックスペックの「論理に重きを置く」という設定を踏まえて自分こそリーダーに相応しいと考えている策謀家であり、アニメと逆にメガトロンと敵対し、刺客としてアニマトロンを送り込んだ事もある。

PlayStation 2のゲームソフト「トランスフォーマー」では、レーザーウェーブは2010年にも存在しており、かつて忠誠を誓っていたメガトロンが、ガルバトロンになってから粗暴になった事に失望して反逆、セイバートロン星が破壊されるほどの大事件を引き起こして、歴史を変えるためにロディマス達がコンボイの時代にタイムトラベルを行うきっかけを作る事になる。

玩具[編集]

元の玩具はトイコーの「超激変電子ロボ アストロマグナム」、『トランスフォーマー』初のライト&サウンドギミックを持っていた。ナンバー「49」で、1985年11月に発売されたが、すぐに絶版となり生産数は少なかった。玩具カタログではトリプルチェンジャーとして扱われていた時期がある[4]

その他の玩具[編集]

デストロン軍団22セット
セブンより発売された塩ビ人形セットに付属。
トランスフォーマー ロボットヒーローズ
ディフォルメタイプのフィギュア。海外名称のショックウェーブでグリムロックとのセットで発売。
サントリーコーヒーボス トランスフォーマーオリジナルフィギュア
デストロン側のラインナップ。全10種類。

アクションマスター[編集]

アクションマスターでは銃に変形する相棒フィストファイト/Fist Fightとセットで発売。設定と性格はマーベルコミック版と同様、メガトロン打倒を狙う冷酷な策謀家となっている。

バイナルテック[編集]

アニメとはパラレルワールドの関係にある『バイナルテック』ではラヴィッジの手で復活、デストロン再興のために奔走する。役割は軍事作戦司令官。左腕が銃になっており、専用武装ターボライフルを装着することで、BT化以前の光線銃形態と遜色ないレベルまで破壊力を増幅することができる。 玩具はマイスターの仕様変更品であり、ナンバーは「BT-13」。マツダスピード仕様のマツダ・RX-8に変形する。

マイクロン伝説[編集]

超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』の中盤においてデストロン軍団に提督ショックウェーブ/Tidalwaveが登場。

日本版の名称はショックウェーブだが、海外版の名称はタイダルウェーブ津波)である。航空母艦に変形し、さらに二つの戦艦揚陸艦に分離。メガトロンとリンクアップ(合体)する機能を持つ。「ゴ~ワン!」と「ショック!」が口癖。

パートナーマイクロンはソニック/Ramjet。声は日本版が山野井仁で、英語版がダグ・パーカー

続編の『スーパーリンク』にも引き続き登場(後述するレーザーウェーブとは別人)。前作と比べると冷静で饒舌になっている。また、独特な片言もなくなっており、口もなくなっている。全身の稲妻模様は、エネルゴンの原石に直接触れたダメージによる傷跡である。

レーザーウェーブ加入後は信用出来ない為にお互いに反発し合い、後にレーザーウェーブとウイングダガーとの戦いにて倒れてきたエネルゴンタワーで大ダメージを負うが総督ショックフリート / Mirageとして復活。ミサイルを4発搭載したミサイル駆逐艦に変形。性格は自信過剰のナルシスト気味になっており、昔の姿を貧弱と思っている。また、ハンサム口調になり鈍さは消えた。口癖も「ショックショックショ〜ック」と微妙に変わっている。

トランスフォーマー スーパーリンク[編集]

ユニクロン三部作の二作目『スーパーリンク』ではデザインを踏まえた衛星参謀レーザーウェーブ/Shockblastが登場する。 メガトロン同様、銃規制の影響を受け、軍事衛星に変形。玩具は戦車にも変形させることが可能。武器は左腕のオプティカルゲイザー。声を担当したのは日本語版が神奈延年、英語版がブライアン・ドラモンド

かつてセイバートロン星のデストロン収容所に収監されていたが、ガルバトロン襲来に便乗して脱走、そのままデストロンに舞い戻った。野心家であるが、理論的な観点からデストロンのためにも自分がリーダーにふさわしいと考えていたマーベルコミック版と異なり、己の欲望を満たすためにガルバトロンに反逆し、性格や口調も粗野かつ乱暴であるなどG1に登場した同名のキャラとは正反対なキャラクターとして描かれている。中盤でガルバトロンの隙を突いてユニクロンを操ろうとするが、ガルバトロンが操るユニクロンによって最期を遂げる。

色違いの弟シックスショット/SIX SHOTも登場しており、声を担当したのは日本語版は神奈延年、英語版はテリー・クラッセン。シックスチェンジャーであった同名のキャラとは名前以外に関連性はない。

玩具[編集]

2004年5月に「SD-14」のナンバーを与えられて発売。サウンドギミックを有している。サイズは海外版の基準でデラックスクラス。

同型にシックスショットが存在するが、日本未発売。

トランスフォーマー アニメイテッド[編集]

アニメイテッド』では一部のキャラクターを除き日本語版の名称が英語版に準拠しているため、ディセプティコンの潜入諜報兵ショックウェーブ/Shockwaveとして登場。英語版はコーリー・バートンが、日本語版では檜山修之が声を担当。スタースクリーム以外の肩書が異なるものの、G1におけるデストロンの主要参謀格(スタースクリーム、サウンドウェーブ、ショックウェーブ)が同じ作品に登場したのはおよそ20年振りとなる。

ショックウェーブ、ショックウェーブとして行動する際に変形する戦車、オートボットの情報長官ロングアーム/Longarm Prime、ロングアームとして行動する際に変形する四脚クレーン車と計4つのモードを持っており、メガトロンの命令でスパイとして活動していた。性格はG1同様メガトロンに忠実な性格で、メガトロンから最も信頼されている部下でもある(同じくメガトロンに心酔しているラグナッツと張り合ったこともある)。ディセプティコンに戻ってからもラグナッツスプリームの建造やその起動コードの取得など常に重要な任務に携わっていたが、バルクヘッドとバンブルビーとの闘いに敗れ、メガトロンやラグナッツと共にサイバトロン星へ送還された。

スパイ活動をしていた頃はグレーを基調としたカラーリングをしていたが、メガトロンの元に戻るとG1のショックウェーブを彷彿とさせる濃い紫を基調としたカラーリングに変化した。

玩具[編集]

2010年4月24日に「TA-14」のナンバーを与えられて発売。サイズは海外の基準でボイジャー(VOYAGER)。当時のCMではブリッツウイング、ラグナッツ、サウンドウェーブと共に四幹部と称されていた。開発担当は蓮井章悟[5]

10月2日に配色を紫に変更したものが「TA-45 ショックウェーブ オリジナルVer」として発売された。

実写映画[編集]

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』に登場。本作でも名称は英語版準拠なためショックウェーブ/Shockwaveと呼ばれる。原語版の声はフランク・ウェルカー、日本語版では斎藤次郎が演じたが、台詞が非常に少ない。

常に効率性と理論を重んじる冷静かつ寡黙なディセプティコンの戦士兼科学者で、真の意味でメガトロンと比肩しうる存在と恐れられている。ドリラーと呼ばれるワーム型のマシーンを自在に制御し、ロシアのチェルノブイリからアメリカのシカゴまで執拗にオートボットを付け狙い続けた。その後もディセプティコンの大隊を指揮して人類と交戦していたが、一瞬の隙を突かれて目を破壊され、最後はオプティマスのナックルを受けて倒された。

こちらも濃い紫のカラーリングにモノアイだけの頭部、そして右腕は胴体とチューブでつながれたキャノン砲になっているなど限りなくG1のそれに近いデザインになっている。本作でのディセプティコン側のメインビジュアルキャラクターを担当していた。

トランスフォーマー THE GAME』においては映画と別設定のショックウェーブが登場する。声はダニエル・リオーダン。PSP版とそれ以外とでデザインが異なる。

玩具[編集]

映画公開より先行して玩具が発売。サイズはボイジャークラスで、エイリアンタンクに変形する。発売リストでは発表当初はニュービラン(NEW VILLAIN)と記載されていた。

超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム[編集]

シーズン1のDVD/BlueRayソフト特典コミックおよび本編の第43話にてディセプティコンの科学参謀ショックウェーブ / Shockwaveが登場。英語版の声優はデイビッド・ソボロフ。日本語版では三宅健太。 シーズン2および日本版では変形しなかったが、シーズン3では実写版とアニメイテッドのそれを掛け合わせたようなデザインの戦車に変形する。

ディセプティコンの技術開発担当として様々な兵器や技術開発・復元に携わったマッドサイエンティスト。第13話でオートボット達がメガトロンに使用した脳内侵入プログラムを開発した他、過去の文献からスペースブリッジの設計図を復元し、サイバトロン星の古代生物であるプレダコン/Predaconをクローン技術で復活させて軍事転用するなど高い技術力を誇る。 武器は左腕の巨大なレーザーカノン。戦闘力も高く、通常のブラスターでは歯が立たない強固な装甲とアーシーを軽々と投げ捨てる怪力の持ち主で、バルクヘッドホイルジャックの二人を同時に相手できるほどだが、動作が鈍重なため小柄で機敏な相手との接近戦時は翻弄されやすい。

性格は非常に無機質かつ冷静沈着であり、行動は常に論理的で感情を露わにする事は殆ど無い。スタースクリームサウンドウェーブにも一目置かれているが、スタースクリームとは後述のスペースブリッジの一件もあって仲が悪く、互いに嫌味を言ったり手柄を奪い合うなど張り合う場面も多い。

各地からエネルゴンを集めてディセプティコンの本拠地であるケイオン / Kaonにてスペースブリッジを建造していた。スタースクリームの依頼を受けて脳内侵入プログラムでアーシーが持っていた解読コードを抽出しオートボット達の暗号を解読したが、戦闘においてスペースブリッジを暴走させられてしまい、逃亡するアーシー達を追ったものの眼に銃撃を受けて撃退された。

その後は戦死扱いされていたが、シーズン3BeastHuntersにおいて自身の研究成果であるプレダコンのプレダキング/Predakingを伴ってディセプティコンへ帰還し、メガトロンの新たな副官として活動する事になる。消息不明となっていた間、基地の爆発に巻き込まれて重傷を負いながらも自らのラボで単身CNA(CyberNuclearAcid)の研究を進め、プレダキングを復元する作業を行なっていた。また、かつてサイバトロン星での戦争中、数多くのプレダコンを復元し地球へ送り込んでいた事が明かされている。

日本語版での一人称は「俺」で、何かにつけて「ショック」という単語をセリフに織り交ぜて喋る。原語版での口癖は「Logical(論理的)」

G1のデザインをベースにしつつ、実写版の赤い大きな単眼にキャノンから伸びる太いチューブ、ゲームTransformers:War for Cybertronの翼、アニメイテッド版の車体前部に腕のようなパーツのあるビークルモード、というようにこれまでのシリーズに登場した同名のキャラクターを習合させたデザインをしている。性格描写にはスタートレックスポックがモチーフにされている。

玩具[編集]

ジェネレーション枠で発売されたTransformers:Fall of Cybertronの玩具にマイクロンジョイントの追加、武器をアームズマイクロンビドに置き換えるなどの改修を加えた「AM-29」が発売された。また続編BeastHuntersの玩具展開にて、作中に合わせたデザインの玩具の塗装変更品が『トランスフォーマーGo!』ラインにて「G13 ハンターショックウェーブ」として発売された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 作画ミスで地球にいる場面も度々見られた。
  2. ^ 但し、アルファートリン/Arphatrionや、ウーマンサイバトロン/Autobotwomanの完全駆逐までは出来なかった。
  3. ^ 2010』では、作画ミスによって色違いのレーザーウェーブが(場面によっては二体も)登場しているシーンもある。因みに『ザ・ムービー』の脚本段階では、ユニクロンがセイバートロン星を攻撃した際に戦死している。
  4. ^ 谷澤崇編「TF MANIAX カタログマニアックス[第4回]」『トランスフォーマー ジェネレーション2011 VOL.1』、ミリオン出版、2011年5月2日、ISBN 978-4-8130-2141-4、65頁。
  5. ^ 谷澤崇編「TF BACKSTAGE 2010 アニメイテッド座談会 幸日左志×国弘高史×江島多規男×蓮井章悟」『トランスフォーマー ジェネレーション2010』ミリオン出版、2010年11月19日、ISBN 978-4-8130-2130-8、91-93頁。