テックボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テックボット(Technobots)とは、戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010に登場した架空の部隊。サイバトロンに所属する。

生い立ち[編集]

ハイテクメカへと変形する部隊。初登場は『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』の第23話「ブラックマネー」より登場。

第25話「グリムロックの新しい頭脳」にて彼らの出生が語られた。ユニクロンの頭部にてロディマスコンボイ達サイバトロンがデストロンの新戦力・テラートロンに苦戦する中、一時的に天才になったグリムロックが、ユニクロンの頭部のジャンク品からその知識を生かして作り上げた。

その後、テラートロンの野蛮な力に対抗する為、グリムロックから知性と豊富な情報を与えられコンピューター200台分の計算力とほぼ無限の演算容量を持った合体戦士コンピューティコン / Computronに合体できるようになった。

メンバー[編集]

攻撃指揮官スキャッターショット / Scattershot
声 - 稲葉実 / HM - 江原正士 / ザ・リバース - 落合弘治 / 英 - スティーブ・ブリン
テックボット部隊のリーダー。グリムロックにリーダーに任命された際にはリーダーになる事を躊躇していたが、後のエピソードでは部隊を立派にまとめ上げていた。普段は穏やかだが、ロディマスが自分達を前線部隊に配置してくれないことに不満を抱いていた。スペースジェットと砲台に変形。電子キャノンパルス砲、各破裂弾用大砲、自動酸粒子砲が武器。コンピューティコンに合体する際には胴体に変形する。
スクランブル合体戦士で第3の形態が映像媒体で描写された唯一のキャラクターである。
砲撃員ノーズコーン / Nosecone
声 - 島香裕 / HM - 戸谷公次 / 英 - デイヴィッド・ワークマン
最初に誕生したテックボット(誕生した際、グリムロックを「お父さん」と呼んでいた)。几帳面でのんびりとした性格。ドリルタンクに変形し、頑丈なボディを誇る。2基のロケット推進ミサイルとX線レーザーピストルが武器。コンピューティコンに合体する際には左脚に変形する。
なお、玩具や雑誌での表記は「ノーズコン」。
スキャッターショット以外の4人はコンピューティコンの手足として自由に合体できる(スクランブル合体システム)。
狙撃員ストレイフ / Strafe
声 - 戸谷公次 / ザ・リバース - 坂口賢一 / 英 - スティーブ・ブリン
勇敢な性格で射撃が得意だが、救難信号を出した宇宙船を撃ち落とすなどやや無鉄砲な一面がある。高速ジェットに変形。2連式自動光パルス宇宙銃と熱線ライフルが武器。コンピューティコンに合体する際には左腕に変形する。
探索員ライトスピード / Lightspeed
声 - 喜多川拓郎(23話)、山口健(25話)/ HM - 江原正士 / ザ・リバース - 堀川仁 / 英 - ダニー・マン
敵の弱点を分析する能力に優れる。光より早く走れるのが自慢で、宇宙旅行に憧れる。スーパーカーに変形。2連式赤外線スコープ付きミサイルと光バースト砲が武器。コンピューティコンに合体する際には右脚に変形する。
射撃員アフターバーナー / Afterburner
声 - 石井敏郎 / 英 - ジム・カミングス
勇敢だが短気であり、戦いになると状況を把握せずに突っ込んで行ってしまう。スーパーバイクに変形。レーザー誘導焼夷弾ミサイル、速射型プラズマパルスキャノン砲、半自動音響宇宙ピストルが武器。コンピューティコンに合体する際には右腕に変形する。
玩具や雑誌での表記は「アフタバーナ」。
合体戦士コンピューティコン / Computron
声 - 塩屋翼 / HM - 江原正士 / 英 - バート・クレイマー
5体のテックボット部隊が合体した合体戦士。スーパーコンピューター200台分の計算力を持ち、演算容量はほぼ無限大。武器は自動酸粒子砲と胸部のレーザー砲。常にデータを分析し、戦闘状況や確率数値を口に出しながら戦う。初めて合体した際、自らの存在目的は「デストロン軍団の壊滅」であると発言している。
なお海外名はコンピュートロンだが、日本版においては○○トロンはデストロン側のサブグループ名として使われているため、日本版では逆に海外版のサブグループ名として使われる○○ティコンとなった。

その後のテックボット[編集]

日本オリジナルの『ザ☆ヘッドマスターズ』では戦闘部隊として登場。フォートレスをリーダーとした宇宙探査にも同行した。

海外作品の『ザ・リバース』では第1話「ヘッドマスター誕生」に登場。地球のサイバトロン基地を襲撃したデストロンと戦う。また、本作の日本語吹き替え版では海外名称であるテクノボットと呼ばれているが、DVDに収録されている日本語の字幕ではテックロボットと表示されている。

コミック版[編集]

テレビマガジンで連載されたコミックでは第3作目『トランスフォーマー大戦争』の第2話のみ登場。アニメと異なり、宇宙一の頭脳を誇るエラン星の科学者ダルトン博士により作られたとされている。

第2話冒頭でオボミナスを圧倒するが、分離したテラ-トロンのコントロール粘着液を受けて一時的にデストロンに洗脳される。しかし強化型エクセルスーツを着用したスパイクにより助けられ、テラートロンを撃退する。

玩具[編集]

テックボットはそれぞれ「C-86~90」のナンバーを与えられて発売。単品販売の他にセット販売としてコンピューティコンが「C-91」で発売されたが、いずれも『2010』放送中には間に合わず、『ザ☆ヘッドマスターズ』放送開始後の7月に発売された。スキャッターショットは砲台形態にしてメトロフレックスに接続可能。(主翼にジョイントがある)。

海外版のノーズコーン、ストレイフ、ライトスピード、アフターバーナーの玩具には塩ビ人形(国内にセブンより発売されたものの流用)が同梱されている。

関連項目[編集]