トランスフォーマー/ロストエイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トランスフォーマー/ロストエイジ
Transformers: Age of Extinction
監督 マイケル・ベイ
脚本 アーレン・クルーガー
製作 ドン・マーフィ英語版
トム・デサント英語版
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
イアン・ブライス
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
マーク・ヴァーラディアン
ブライアン・ゴールドナー
出演者 マーク・ウォールバーグ
ニコラ・ペルツ
ジャック・レイナー英語版
ケルシー・グラマー
T・J・ミラー
ソフィア・マイルズ
リー・ビンビン
スタンリー・トゥッチ
ハン・グン
タイタス・ウェリヴァー
音楽 スティーブ・ジャブロンスキー
撮影 アミール・モクリ
編集 ウィリアム・ゴールデンバーグ
製作会社 ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ
ハズブロ
China Movie Channe[1]
Jiaflix Enterprises[1]
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年6月27日
日本の旗 2014年8月8日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
テンプレートを表示

トランスフォーマー/ロストエイジ』(Transformers: Age of Extinction)は、ハズブロの玩具『トランスフォーマー』を基とした2014年のアメリカ合衆国SFアクション映画である。実写映画『トランスフォーマー』シリーズ英語版の4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から4年後の設定となる。前3作品で主演を務めたシャイア・ラブーフは出演せず、マーク・ウォールバーグニコラ・ペルツジャック・レイナー英語版が新たな主要キャストとなった。監督はこれまでと同じくマイケル・ベイが務める[2]。2014年6月27日より3Dで公開される[3]。 本作ではダイノボットがストーリーのメインテーマのひとつとなっている。

キャスト[編集]

人間[編集]

ケイド・イェーガー - マーク・ウォールバーグ[4][5][6]
本作の主人公のひとり。テキサスにて修理解体工をしている。妻を亡くしており、そのせいで娘のテッサに対してかなり過保護な父親。テッサを大学に通わせる資金を得るため部品取りに買い取った廃車の73 マーモン・キャブオーバートラクターが実はオプティマスだったことから事件に巻き込まれることになる。
テッサ・イェーガー - ニコラ・ペルツ[6][7][8]
ケイドの娘。ケイドにより「恋人を作らない」というルールが決められているが内緒でシェーンとつきあっている。
シェーン - ジャック・レイナー英語版[6][8][9]
本作の主人公のひとり。アイルランドのレースカードライバーで、テッサの恋人。
ハロルド・アッティンジャー - ケルシー・グラマー[10]
ジョシュア - スタンリー・トゥッチ[6][11]
ダーシー - ソフィア・マイルズ[12]
ルーカス - T・J・ミラー[13]
サヴォイ - タイタス・ウェリヴァー[6][14]
Su Yueming - リー・ビンビン[6][15]

他に、ハン・グン[16]ヴィクトリア・サマー英語版が役名不明でキャスティングされている[17]。さらにリアリティ番組Transformers 4 Chinese Actors Talent Search Reality Show』で勝利したByron Li、Austin Lin、Candice Zhao、Teresa Daleyが出演する[18]

トランスフォーマー[編集]

前作「シカゴの惨劇」を機に地球人のトランスフォーマーに対する意識感情は大きく変化し、トランスフォーマーのテクノロジーを解析して自己のものにしようとする勢力が台頭を始めていた。

オートボット[編集]

前作において地球人の総意で追放が決定され実行された結果「シカゴの惨劇」をまねく事態となり、結果的にオートボットの協力によって事態が解決された事実をもって地球人の彼らに対する認識は変化しつつある[19]。しかしオートボット否定派による迫害はこの件でもたらされた被害もあって前作の頃より激しくなっており、「KSI」というオートボットを追う秘密機関に狙われているために潜伏を余儀なくされている。

オプティマス・プライム
声 - ピーター・カレン
この物語のメインとなるオートボットのひとり。オートボットの総司令官。今作では当初73 マーモン・キャブオーバートラクターの姿で登場し、ケイドのところに廃車として持ち込まれる。後にウェスタンスター・4900SBトラクターにスキャンしなおす。ソードオブジャッジメントとセンチネルシールドを新たな武装として入手する。
バンブルビー
オートボットの斥候。今作では当初初代カマロ67年式の姿で登場し、後に2014カマロ・コンセプトにスキャンしなおす。人造トランスフォーマー スティンガー(後述)開発の参考モデルとなる。
ドリフト
元ディセプティコンのオートボット戦士。ブガッティ・ヴェイロン・グランスポーツ・ヴィテッセに変形。
ハウンド
メディウム社製軍用トラックに変形。
クロスヘアーズ
シボレー・C7コルベット・スティングレイに変形。

ディセプティコン[編集]

ロックダウン
バウンティ・ハンター。ランボルギーニ・アヴェンタドール LP 700-4 クーペに変形。胸部上部から頭部までが展開し大型キャノンになる。
ガルバトロン
人造トランスフォーマー[20]。黒のダイムラートラックノースアメリカ社製トラクターに変形。
スティンガー
地球人がバンブルビーをモデルに開発した人造トランスフォーマーのプロトタイプ。パガーニ・ウアイラに変形。ロボットモードの姿はバンブルビーに酷似している。

ダイノボット[編集]

オートボット、ディセプティコンとは異なる太古の地球に存在した恐竜の姿を模したトランスフォーマー達。戦いによる勝利のみを求め、自分達を使役しようとする者達を嫌う(グリムロックの英文バイオカード記述より)

グリムロック
頭部にドラゴンの意匠を持つティラノサウルス型の巨大ダイノボット。
ストレイフ
双頭のプテラノドン型のダイノボット。

製作[編集]

企画[編集]

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の製作中、シャイア・ラブーフとマイケル・ベイはシリーズ4作目には続投しないと報じられた[21]。ベイに代わる新たな監督候補としてローランド・エメリッヒジョー・ジョンストンジョン・タートルトーブスティーヴン・ソマーズルイ・レテリエデヴィッド・イェーツが噂された[22]。また噂では4作目と5作目が同時に撮影され、ジェイソン・ステイサムが主演すると言われたが、ベイはこれを否定した[23]スティーヴン・スピルバーグは4作目でのベイの続投を希望した[24]

ベイに監督させるための最終交渉が行われた後[25]、プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラは4作目の決定を発表した[26]。2012年2月、パラマウント映画とマイケル・ベイは、ベイが4作目を監督し、2014年6月27日に公開することを発表した[27][28]。映画はリブートではなく『ダークサイド・ムーン』の続編であり[29]、前作から4年後の設定となる[30]。脚本のアーレン・クルーガーと音楽のスティーブ・ジャブロンスキーもそれぞれ続投する[31][32]。2013年4月、パラマウント映画と共同でChina Movie ChannelとJiaflix Enterprisesが製作することが発表された[33][34]。2013年9月2日、4作目のタイトルが『Transformers: Age Of Extinction』であることが発表された[35][36]

キャスティング[編集]

前3作で主演を務めたシャイア・ラブーフは続投せず、新たにマーク・ウォールバーグが主人公のケイド役にキャスティングされた[37][38][39]。2012年11月、2人の主役級キャラクターのキャストの模索が始まった。イザベル・コーニッシュ英語版ニコラ・ペルツガブリエラ・ワイルド、マーガレット・クアリーはケイドの娘のテッサ役、 Margaret Qualley were all considered to play Tessa, Cade's daughter, while ルーク・グライムス英語版ランドン・リブロン英語版ブレントン・スウェイツ英語版ジャック・レイナー英語版ハンター・パリッシュ英語版がそのボーイフレンドのシェーン役に考慮された[40]。『ハリウッド・リポーター』によると主人公3人の俳優たちはそれぞれ3作分の契約を交わしている[40]。2013年1月、ベイは自身のウェブサイトにて、レイナーがシェーン役にキャスティングされたことを発表した[29]。さらに3月、ベイはニコラ・ペルツがテッサ役にキャスティングされたことを発表した[41]

ピーター・カレンは引き続いてオプティマス・プライムの声を務める[42]タイリース・ギブソンにはロバート・エップス役でのカメオ出演の話が持ちかけられた[43]。全3作でモーシャワー将軍を演じたグレン・モーシャワーは2012年9月に次の2作への出演すると述べたが[44]、2013年5月、スケジュールの都合により新作には出演不可能であることを発表した[45]。2013年4月、ベイはスタンリー・トゥッチがキャストに加わったことを発表した[46]。2013年5月1日、ケルシー・グラマーが人間の悪役でキャスティングされた[47]。5月6日、ソフィア・マイルズがキャスティングされた[12]。さらに同月、中国人女優のリー・ビンビンとコメディアンのT・J・ミラーがキャストに加わった[48]。2013年7月14日、ベイはハン・グンがキャストに加わったことを発表した[16]。同月、タイタス・ウェリヴァーもキャストに加わった[14]

撮影[編集]

2013年5月28日よりユタ州モニュメント・バレーで撮影が始まった。ミシガン州デトロイト香港の場面に使われ[49]イリノイ州シカゴマコーミック・プレイス英語版中国の都市のように装飾されて撮られた[50]。撮影には小型のdigitalIMAX 3Dカメラが使われた[46]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Franich, Darren (2013年4月2日). “Paramount co-producing 'Transformers 4' with Chinese company”. Entertainment Weekly. 2013年9月25日閲覧。
  2. ^ Michael Bay Returning to Direct TRANSFORMERS for June 2014 Release | Collider | Page 145200”. Collider (2012年2月13日). 2013年9月14日閲覧。
  3. ^ Transformers 4 will be in 3D
  4. ^ Michael Bay Re-Teams With His 'Pain & Gain' Star Mark Wahlberg for Transformers 4
  5. ^ 07/29/2013 17:23:17 (2013年7月30日). “Mark Wahlberg On 'Transformers 4' Surprise: Dinobots? What Dinobots? - Music, Celebrity, Artist News”. MTV.com. 2013年9月14日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Transformers 4 Casting Sheet Reveals Crosshairs, Drift, Dinobots, Human Characters - Transformers News - TFW2005
  7. ^ Welcome Nicola Peltz to Transformers 4
  8. ^ a b Julian, Mark. “Mark Wahlberg On The TRANSFORMERS 4 Human Element”. Comicbookmovie.com. 2013年9月14日閲覧。
  9. ^ Jack Reynor Lands Starring Role
  10. ^ Kelsey Grammer Lands Lead (Human) Villain In ‘Transformers’ Sequel
  11. ^ CinemaCon: Stanley Tucci Joins Transformers 4
  12. ^ a b Sophia Myles to Join Mark Wahlberg in Michael Bay's 'Transformers 4' (Exclusive)
  13. ^ T.J. Miller Joins 'Transformers4'
  14. ^ a b ‘Transformers 4′ Adds Titus Welliver”. Deadline Hollywood (2013年7月24日). 2013年9月25日閲覧。
  15. ^ China's Li Bingbing Boards 'Transformers 4'
  16. ^ a b Han Geng
  17. ^ 08:41 PM. “Victoria Summer In Transformers 4 - Transformers News”. TFW2005. 2013年9月14日閲覧。
  18. ^ Global Showbiz Briefs: Niels Arden Oplev’s ‘Racewalking’; ‘Transformers 4′ Adds Chinese Cast; ‘Pine Ridge’ UK Sale
  19. ^ [1]
  20. ^ [2]
  21. ^ Transformers 4 | Collider | Page 2”. Collider. 2013年9月14日閲覧。
  22. ^ 6 Directors Who Could Take Over the TRANSFORMERS Franchise | Collider | Page 100332”. Collider. 2013年9月14日閲覧。
  23. ^ TRANSFORMERS 4 and TRANSFORMERS 5 to Shoot Back-to-Back; Jason Statham May Star | Collider | Page 121014”. Collider. 2013年9月14日閲覧。
  24. ^ Steven Spielberg Talks Michael Bay Returning for TRANSFORMERS 4; Says They Have a Genre for INDIANA JONES 5 | Collider | Page 130116”. Collider. 2013年9月14日閲覧。
  25. ^ Michael Bay Returning to Direct TRANSFORMERS 4 | Collider | Page 130854”. Collider. 2013年9月14日閲覧。
  26. ^ Producer Lorenzo di Bonaventura Talks MAN ON A LEDGE, LAST STAND, and FIVE AGAINST THE BULLET | Collider | Page 137068”. Collider. 2013年9月14日閲覧。
  27. ^ Chitwood, Adam. “Paramount Eyeing a 2014 Release for TRANSFORMERS 4? [Updated with Details]”. Collider. 2013年9月25日閲覧。
  28. ^ Chitwood, Adam (2012年2月13日). “Michael Bay Returning to Direct TRANSFORMERS for June 2014 Release”. Collider. 2013年1月10日閲覧。
  29. ^ a b Jack Reynor : Michael Bay Dot Com”. Michaelbay.com. 2013年1月10日閲覧。
  30. ^ Goldberg, Matt (2012年11月11日). “TRANSFORMERS 4 to Take Place Four Years after TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON”. Collider. 2013年1月10日閲覧。
  31. ^ Goldberg, Matt (2012年4月26日). “Ehren Kruger Returns to Write TRANSFORMERS 4; Shia LaBeouf Definitely Out”. Collider. 2013年1月10日閲覧。
  32. ^ Sol Fury (2012年6月16日). “Steve Jablonsky Scoring Transformers 4 - Transformers News”. TFW2005. 2013年1月10日閲覧。
  33. ^ Zakarin, Jordan (2013年4月2日). “'Transformers 4' to Film in China, Star Chinese Actors as Paramount Enters Co-Production Agreement”. The Hollywood Reporter. 2013年9月25日閲覧。
  34. ^ Shackleton, Liz (2013年4月3日). “Paramount partners with China on Transformers 4”. Screen International. 2013年9月25日閲覧。
  35. ^ Transformers 4 Title Revealed And Possible Spoilers Via Trademarks
  36. ^ September 1, 2013 (2013年9月1日). “Transformers 4 film to be titled Apocalypse or Last Stand? Domains privately registered [UPDATED”. Fusible. 2013年9月14日閲覧。
  37. ^ Mark Wahlberg May Star in TRANSFORMERS 4”. Collider. 2013年1月10日閲覧。
  38. ^ Michael Bay Considering Mark Wahlberg for TRANSFORMERS 4”. Collider (2012年11月7日). 2013年1月10日閲覧。
  39. ^ Mark Wahlberg Confirmed for TRANSFORMERS 4, Plus a New Logo for the Film”. Collider. 2013年1月10日閲覧。
  40. ^ a b Kit, Borys (2012年11月14日). “Michael Bay Testing Hot Young Actors for 'Transformers 4' Leads (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/michael-bay-testing-hot-young-390516 2013年6月25日閲覧。 
  41. ^ Nicola Peltz cast as Transformers 4 female lead
  42. ^ 06:10 PM (2012年9月21日). “Michael Bay Talks Transformers 4 - Peter Cullen Is Returning As Optimus Prime - Transformers News”. TFW2005. 2013年1月10日閲覧。
  43. ^ 02:05 PM. “Tyrese Gibson In Talks For Transformers 4 - Transformers News”. TFW2005. 2013年1月10日閲覧。
  44. ^ 04:20 PM (2012年9月23日). “Glenn Morshower Talks Transformers 4 And 5 - Filming Starts December - Transformers News”. TFW2005. 2013年1月10日閲覧。
  45. ^ General Morshower not returning to Transformers 4”. Transformers Live Action Movie Blog. 2013年6月25日閲覧。
  46. ^ a b Exclusive: Michael Bay Reveals TRANSFORMERS 4 Will Shoot the ‘Showcase Scenes’ With the New IMAX 3D Digital Camera
  47. ^ Kelsey Grammer Lands Lead (Human) Villain In ‘Transformers’ Sequel
  48. ^ T.J. Miller Joins 'Transformers 4'
  49. ^ Williams, Candice (2013年8月9日). “'Transformers 4' ends filming in downtown Detroit with one last glimpse for fans”. The Detroit News. http://www.detroitnews.com/article/20130809/METRO01/308090132/1032/ent/-Transformers-4-ends-filming-downtown-Detroit-one-last-glimpse-fans 2013年8月15日閲覧。 
  50. ^ “Photos: Transformers 4 Filming in Chicago”. Chicago Tribune. (2013年8月21日). http://galleries.apps.chicagotribune.com/chi-130823-transformers-films-in-chicago-pictures/ 2013年8月25日閲覧。 

外部リンク[編集]