アイランド (2005年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイランド
The Island
監督 マイケル・ベイ
脚本 カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
原案 カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
製作 マイケル・ベイ
イアン・ブライス
ウォルター・F・パークス
製作総指揮 ローリー・マクドナルド
出演者 ユアン・マクレガー
スカーレット・ヨハンソン
音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー
撮影 マウロ・フィオーレ
編集 ポール・ルベル
クリスチャン・ワグナー
製作会社 ドリームワークス
パークス/マクドナルド・プロダクションズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年6月22日
日本の旗 2005年7月23日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $126,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $35,818,913[1]
世界の旗 $162,949,164[1]
テンプレートを表示

アイランド』(原題: The Island)は2005年アメリカ映画である。マイケル・ベイ監督のSFアクション。ワーナー・ブラザーズドリームワークスの共同制作。

ストーリー[編集]

リンカーン・6・エコーは毎晩のように悪夢にうなされていた。彼が生活しているのは、汚染された生存者を治療する医療施設。適切な治療を受け抽選に選ばれた者だけが、汚染のない最後の楽園『アイランド』に行く事を許された。彼は医療施設内での生活に退屈し、そして疑問を抱いていた。

ある日、悪夢によって目が覚めたリンカーンは部屋を抜けだし施設を徘徊するが、そこで恐るべき真実を目撃してしまう。彼がそこで見たのは、『アイランド』へ行ったはずの男が臓器を摘出され、また代理出産に選ばれた母親が出産後に薬殺されてしまう姿だった。真実を知った矢先、友人のジョーダン・2・デルタがアイランド行きに選ばれてしまい、リンカーンは彼女を連れて施設から脱走する。地上に出た彼らが目にしたのは、汚染とは程遠い澄み切った空と、どこまでも広がる大地だった。そして施設内で知り合ったマッコードに、自分達が移植臓器代理母を提供するビジネスに使われるただの製品、クローン技術によって作られた人造の存在でしかない事を知らされる。

二人は生きる尊厳と自由を求め、彼らを抹殺しようとする経営者達からの逃避行を図る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
リンカーン・6・エコー / トム・リンカーン ユアン・マクレガー 平田広明
ジョーダン・2・デルタ / サラ・ジョーダン スカーレット・ヨハンソン 甲斐田裕子
ローラン ジャイモン・フンスー 楠大典
メリック医師 ショーン・ビーン 大塚芳忠
スタークウェザー マイケル・クラーク・ダンカン 楠見尚己
マック(ジェームス・マッコード) スティーヴ・ブシェミ 梅津秀行

Blu-ray・DVD・UMD[編集]

ワーナー・ホーム・ビデオよりBlu-ray Disc/DVD/UMDの3フォーマットでリリース。

  • UMD
    • アイランド(2005年11月25日発売)

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Island (2005)” (英語). Box Office Mojo. 2009年10月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]