リブート (作品展開)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リブート(reboot) または再起動とは、フィクション作品において、シリーズにおける連続性を捨て、新たに一から仕切り直すことを意味する用語[1][2]

様々なメディアにおけるリブート[編集]

リブートは、シリーズにとって核となる要素とコンセプトを整理することで、あらゆる「不可欠でない要素」を取り除く事を可能にし、シリーズをやり直す手法である[3]。リブート作品は、シリーズの初期タイトルをあまり知らない消費者にも簡単に触れることができる[3]

映画[編集]

映画のシリーズ作品においては、新しいファンを獲得し、興行収入の向上させることを狙ってリブートさせることがある[1]。したがって、リブートは「停滞する」ようになったシリーズを救済する試みであると言える[4]。ファン層が確立された作品のリブートは商業的なリスクが少なく、スタジオ側にとって「安全な」プロジェクトでもある[5]

ほとんどの作品はスタッフキャストを大幅に変更しており、時系列は最も初期の段階から始まることが定番である。

コンピュータゲーム[編集]

リブートはコンピュータゲーム業界で一般的であり、[3] 特にシリーズに多数の作品があるフランチャイズで用いられる[3]。コンピュータゲームにおけるリブートは物語の流れやゲーム要素を一新するのに用いられる[3]

語源[編集]

語源はコンピュータ用語におけるリブート(再起動)から来ている[1]

リメイク・プリークェルとの比較[編集]

リメイクとリブートは設定を一から作り直した作品という点は似ているが、リメイクは作品によって異なるものの基本的なリメイク作品は元の作品と大体同じようになるので元の作品と同じになるように作ってはいないリブート作品とはそこが違う。

プリークェルは前編前日譚という意味であり、プリークェルであるとそれまでのシリーズの連続性・設定は保持される為、リブートとは異なる[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Willits, Thomas R. (2009年). “To Reboot or Not to Reboot: What is the Solution?”. bewilderingstories.com. 2009年12月9日閲覧。
  2. ^ 新「スーパーマン」監督に、「300」のザック・スナイダーが決定
  3. ^ a b c d e Why Franchise Reboots Can Be A Good Thing - CraveOnline
  4. ^ Tallerico, Brian (2009年4月27日). “Twenty Film Franchises in Need of a Reboot”. movieretriever.com. 2009年12月9日閲覧。
  5. ^ Sunday Discussion: The Mighty Hollywood Reboot Trend”. FirstShowing (2008年10月6日). 2010年8月11日閲覧。