スタントロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタントロン(Stunticons)とは、戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーに登場した、架空の陸上部隊。デストロンに所属する。

概要[編集]

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』41話「ベクターシグマの鍵」PART 1より登場。スポーツカーに変形するデストロンの数少ない陸上部隊である。5体が合体する事により、合体兵士 メナゾール / Menasorとなる。

部隊は軍人気質でチームワークに優れており、全員が時速500km以上で陸上を走行可能。機動力とオートバリアで強化された装甲により派手なスタント走行も可能。物資強奪や拉致などに活躍した。

命令には忠実であるが、デストロンには珍しくレクリエーションを楽しむ心を持っており、第53話「スタースクリーム軍団」では、公道でのぶっ壊しレースの真っ最中だったため、メガトロンの招集に即座に応じないこともあった。

海外版のテックスペックは、アニメとは対照的に「モーターマスターと他のメンバーが不仲であるため、チームワークは良くない」とされているが、日本版ではそういう記述はない。

登場した当初は声のエフェクトが強く、より機械的な声色であった。以後のエピソードでは、他のデストロン兵士たちと同様の声色になっている。

生い立ち[編集]

フレンジーが強奪した自動車をメガトロン自らの手で改造し、ベクターシグマにより悪の魂を与えられ誕生した破壊部隊。

部隊名は生命を与える前の試運転の際、フレンジーが発した「いくらサイバトロンでも、あんな凄いスタントはできませんぜ」という発言に由来している。民間で使用される自動車に変形するためか、よくサイバトロンと間違われ、地球での初任務では、それによってサイバトロンが濡れ衣を着せられるという事態まで発生している。

メンバー[編集]

参謀 モーターマスター/Motormaster
声 - 戸谷公次 / HM - 小林通孝(25話) /英 - ロジャー・C・カーメル
スタントロン部隊のリーダーである、参謀。
コンボイトレーラー(玩具におけるモチーフは、ケンワースK-100 エアロダイン キャブオーバー)に変形する。
メナゾールに合体する際には、胴体に変形する。
そのため、同じコンボイトレーラーに変形するコンボイを必要以上にライバル視しており、陸の王者の座を賭けてコンボイに戦いを挑んだ事もあるが、返り討ちにされた。
『2010』では、エネルギー不足にも関わらず、自らのエネルギーをガルバトロンを復活させるために差し出すなど、メンバーの中では冷静かつ忠実である反面、狂気に満ちたガルバトロンの行動に不信感を抱いていた。
武器はサイクロンガンとアイオナイザーソード。
アニメには登場しなかったが小型車も搭載しており、メナゾールの胸部の装甲とする事もできる。
斥候 ブレークダウン/Breakdown
声 - 難波圭一喜多川拓郎(42話)、速水奨(48話、2010 1話) / 英 - ジャック・エンジェル→アラン・オッペンハイマー
ランボルギーニ・カウンタックLP500Sに変形。
メナゾールに合体する際には右脚に変形する(アニメでは玩具とは逆に、ボンネット側が下向きになった状態で合体する)。
有能で機転が利くタイプだが、時に荒っぽく自意識過剰な面が目立つ。武器は振動ライフルとビークルモード時にリアに装備するブラスターガン。
モーターマスター以外の4人は、メナゾールの手足として自由に合体できる(スクランブル合体システム)。
兵士 ドラッグストライプ / Drag Strip
声 - 片岡弘貴速水奨(42話)、島香裕(61話)/2010 - 堀内賢雄 / 英 - ロン・ガンズ
六輪型のティレル・P34に変形。
メナゾールに合体する際には右腕に変形する。
スタントロンの中では自己顕示欲が強い。
武器は重力を強めるグラビトガン。ビークルモードではリアに装備するプラズマエネルギーブラスターからプラズマエネルギーを発射可能だが、アニメでは使用されていない。
テロリスト ワイルドライダー/Wildrider
声 - 城山知馨夫島香裕(42話)、喜多川拓郎(47話) /2010 - 塩屋翼 / 英 - テリー・マクガヴァーン
フェラーリ・308に変形。武器は無差別銃。
メナゾールに合体する際には左脚に変形する(アニメでは玩具とは逆に、ボンネット側が下向きになった状態で合体する)。
スタントロンの中でも特に乱暴な走りを好み、大声を張り上げ走行する反面、静けさを怖がる騒々しい男。
バイナルテック』の海外版である『オルタネーターズ』のディセプティチャージの正体は彼ではないかという説がある。
その根拠は、ディセプティチャージが『バイナルテック』で発売されると発表された際、ワイルドライダーとして発表されていたためである。
その後ブラックウィドーに修正されたが、最終的にはカラーリングが変更されて、アーシーとなった。
兵士 デッドエンド / Dead End
声 - 江原正士、難波圭一(53話)/2010 - 西村知道、城山知馨夫(1話) / 英 - フィリップ・L・クラーク
ポルシェ 928に変形。武器はエア・コンプレッサーガン。
メナゾールに合体する際には左腕に変形する。
他のデストロン兵士同様に空も飛べるが、その事を卑怯と思っている。
テックスペックでは座右の銘が「俺たちは皆、ただの錆の餌にすぎない(We are all just food for rust.)」となっており、「戦いに意義を見出せない悲観的な運命論者」の一面を覗かせている。
マスク状の口だが、エネルゴンキューブを摂取する際にはマスクの上部が開く。
『2010』では、エネルギー不足に陥っていた際に渋々エネルギーを差し出していた。
バイナルテックではダッジ・バイパーに変形。
このボディは本来、サイバトロン戦士のものになる予定だったものを強奪したもので、サンストリーカーと酷似した顔を持つ。
原隊であるスタントロンとは別行動を取っているが、BT体は合体機構に対応していないため、原隊に戻ると元のボディに戻されるのではと恐れている。
合体兵士 メナゾール / Menasor
声 - 戸谷公次 /HM - 大塚芳忠(2話)、西村知道(2話の途中から)/ 英 - ロジャー・C・カーメル、レジス・コーディック(2010)
スタントロン部隊の5体が合体した姿。スピードはもちろんパワーもすさまじく、デバスターはおろか、アニメではテックスペック上で互角であるはずのブルーティカスも問題としない。
武器はモーターマスターと同じく、サイクロンガンとアイオナイザーソード。 腕の内側にビーム砲を装備している。
OVA『スクランブルシティ発動編』では「パワータイプ(左右の部分を入れ替える)」が登場し、合体に手間取るスペリオンに対し、右腕を発射して取り付かせることにより合体を阻止している。
アニメでは巨大化したモーターマスターの腕や脚に、他の4体が張り付くような描写がなされる事もあった。

その後のスタントロン[編集]

日本製作のOVA『スクランブルシティ発動編』では、エアーボットに対抗して作られた新戦力として登場。エアーボットが合体したスペリオンと戦い、増援のコンバットロンとともにスペリオンを追い詰める。

ムービー』に登場しなかったものの、『2010』の冒頭では他のデストロンと同様、エネルギー不足に苦しみ、エネルゴンキューブの奪い合いに参加していた。その後クインテッサの手により持ち直す。

その後は一部隊として活躍するが、5人がかりでロディマスコンボイとウルトラマグナスの両名に敗れるなど、コンバットロンと比べると、あまり活躍の場は描かれなかった。

ザ☆ヘッドマスターズ』ではダイノベース駐留部隊として登場。

Z』では、メナゾールがデストロン九大魔将軍の一人「情報将軍」として登場。
メナゾールに電子機器を搭載した姿となっている。声は平野正人

コミック版[編集]

第1話では日本の資源を狙う先発隊として、街中に潜んでいた。
サイバトロンの登場と同時にメナゾールに合体するが、サイバトロンの高速道路を利用した攻撃の前に撤退。

第5話では野球場を前線基地にするために出撃。駆け付けたガーディアンを倒すも、スペリオンに足を撃たれる。
その後グレイズとグルーブに合体され、空高く飛ばされてしまった。

第7話ではサイバトロンに変装し、街を破壊するが、企みがばれ、メナゾールに合体しようとする。だが、モーターマスター以外は撤退してしまい、モーターマスターはオンスロートとともにサイバトロンを攻撃するも、インフェルノとホットスポットの連携攻撃により基地にふっ飛ばされる。

玩具[編集]

スタントロンはそれぞれ「D-50~54」のナンバーを与えられて発売。
単品販売の他に、セット販売としてメナゾールが「D-55」で86年4月に発売された。

モーターマスターは玩具オリジナルの基地形態にも変形。
日本版のみ、スプリングによるカタパルトを搭載。ダイナザウラーに接続可能。

その他の作品に登場するスタントロン・メナゾール[編集]

『トランスフォーマー G-2』[編集]

ブレイクダウン
スタントロン全員が発売される予定だったが、中止となり、ボットコンで彼だけ販売された。

『TitaniumSeries Transformers』[編集]

メナゾール
ロディマスプライムの塗装変更品が、アメリカのイベントで限定発売され、日本でもトミーダイレクトから輸入発売された。

『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズネオ』[編集]

デッドエンド
アンモナイトに変形する破壊工作兵 デッドエンドが登場。
名前以外の共通点はない。

『サイバートロン』[編集]

メナソー
トランスフォーマー ギャラクシーフォース』のモールダイブの海外版での名称だが、名前以外の共通点はない。

『トランスフォーマー クラシック』[編集]

メナゾール
EZコレクションのギャラクシーコンボイの海外版を、モーターマスターのカラーリングに塗り替えたもの。

『トランスフォーマー リベンジ』[編集]

デッドエンド
玩具のみの展開として、スポーツカーに変形するデッドエンドが発売された。

『トランスフォーマー アニメイテッド』[編集]

  • アニメには登場していないが、ボットコンにて販売された。従来のアニメイテッド商品の仕様変更品であり、合体機構はない。デザインは同作でキャラクターデザインを担当したデリック・ワイアットが担当した。
モーターマスター
ヴォイジャークラスのオプティマスプライムの仕様変更品。
フロント部分が足になっていないが、頭部はG1のような箱の中に顔が付いているデザインを再現している。
ワイルドライダー
ブレイジングロックダウンの仕様変更品。
デットエンド
ジャズの仕様変更品。
カラーリングが変更されている。
ドラッグストリップ(ドラッグストライプ)
アーシーの仕様変更品。
カラーリングが変更されている。
ブレークダウン
ロディマスの仕様変更品。

超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム[編集]

偵察兵 ウォーブレークダウン / Breakdown
声 - 伊丸岡篤
青いMRAP(耐地雷待ち伏せ防護車両)風の大型装甲車に変形する。
重傷を負ったメガトロンの治療のため、メディックノックアウトの助手としてスタースクリームによって呼び寄せられた。
ディセプティコン屈指のパワーファイター。口癖の「壊すのだ~い好き! ウォーブレークダウーン!」に現れているように非常に好戦的で、戦いでは常に最前線に飛び込んでいく。オートボットのバルクヘッドとは互いを認め合う因縁のライバル同士であり、劇中でも何度も激突している。
「偵察兵」に似合わない巨躯の持ち主だが、元は小柄なボディだったのを、バルクヘッドとの戦いのために強化改造を繰り返した末に現在に至ったとされる。後に玩具で発売されたスタントワイルドライダーの設定によれば、彼と同じく「スタンティコン部隊」の一員であるとのこと。
原語版では「Breakdown」だが、日本では商標の関係か「ウォーブレークダウン」に変更された。
玩具は日本限定。
暴走兵 スタントワイルドライダー
玩具のみでアニメ未登場。販売は日本限定。ホイルジャックの仕様変更品。
ウォーブレークダウンと同じスタンティコン部隊の一員。メガトロンですら持て余すほどの凶暴性の持ち主で、他のディセプティコンと関わらずに単独で行動している。
ホイルジャックを永遠のライバルとし、彼との決着のために同型の自動車をスキャニングした。
デッドエンド / Deadend
玩具のみでアニメ未登場。販売は日本未発売。ホイルジャックの仕様変更品。
元はお喋りな性格だったが、長時間ダークエネルゴンを浴び続けた結果、寡黙な性格へと変わってしまった。その視線は、仲間のスパークすらも獲物として狙っている。

Transformers:War for Cybertron[編集]

ブレークダウン/Breakdownが初期キャラクター、デッドエンド/Dead Endが購入特典として操作可能。性格がほぼ初代の設定で、合体はしない。

関連項目[編集]