フェラーリ・308

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ・308GTB/GTS
308GTB
Ferrari308gtb.jpg
308GTS
Ferrari 308 Heck.jpg
販売期間 1975年-1985年
デザイン ピニンファリーナ
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア クーペ(GTB)
2ドア スパイダー(GTS)
エンジン 90度V8 DOHC 2バルブ(1975-1981年型)
90度V8 DOHC 4バルブ(1982-1985年型)
変速機 5速MT
駆動方式 MR横置きエンジン
サスペンション 前・後共
ダブルウィッシュボーン コイル
全長 4,230mm
全幅 1,720mm
全高 1,120mm
車両重量 1,090kg(GTB・1975年型)
ブレーキシステム 前・後とも
ベンチレーテッドディスク式
最高速
0-400m加速
252km/h
14.1秒(1975年型)
先代 フェラーリ308GT4
後継 328
-自動車のスペック表-

フェラーリ・308GTB/GTSは、イタリア自動車メーカーのフェラーリ1975年から1985年にかけて製造、販売したリアミッドシップエンジン・後輪駆動のスポーツカーである。

概要[編集]

1975年に、フェラーリはパリ・サロンにて「308GTB」を発表。1973年のパリ・サロンにて先行してデビューした2+2クーペディーノ308GT4をベースとした2シーターのミッドシップ・スポーツカーとしてデビューしている。GTBのBはベルリネッタの意。

美しいラインを持つクーペ(ベルリネッタ)ボディのスタイリングはピニンファリーナによる。デザイナーはレオナルド・フィオラヴァンティで、彼は個人的に今も308を所有し続けていると雑誌のインタビューで答えている。

初期生産モデルはボディ材質にFRPを採用していた。これはイタリアの労働ストライキにより当初予定していたスチール製ボディの生産が間に合わなくなったためである。当時のFRPによるボディ作成の技術は低く、イメージほど軽量ではない。ヘッドライトには当時のスーパーカーの代名詞とも言える丸型2灯式のリトラクタブルヘッドライトを採用していた。

パワーユニットは2,926ccのV8 DOHCで、車名の「308」はこの排気量約3,000cc 8気筒エンジンを搭載していることに由来している。デビュー当初の2バルブモデルはウェーバー製キャブレターを搭載し、最高出力255仏馬力/7,000rpm、最大トルク30.0kgf·m/5,000rpmを発揮した。V8エンジンを搭載しているとはいえそこはフェラーリ、大きな吸気音とハイトーンを奏でるエンジンおよび排気システムなどによりフェラーリ・ミュージックは健在で、その豪快にして官能的な音もセールスポイントの一つであった。

1977年のフランクフルト・ショーにてデタッチャブル・ルーフ(タルガトップ)を採用した「308GTS」が追加発表された。GTSのSはスパイダーを意味している。このGTSの追加に合わせて、ボディはスチール製に改められた。

1980年、2,000cc以上のガソリンエンジン車に対する税金が高いイタリアの国内(節税)仕様として、排気量1,991ccの「208GTB」「208GTS」が発売され、同様の税制のニュージーランドでも販売(右ハンドル車)された。しかし208GTB/208GTSは顧客からパワー不足を指摘され、1982年に208GTBがターボチャージャーを装着した「208GTBターボ」に、1983年には208GTSが「208GTSターボ」に置換された。生産年次により、高年式の208ターボは328の外装に準ずる。 当時の日本もいわゆる「3ナンバー税制」の最中で2,000cc超えは高額課税ではあったが、正規輸入は行われなかったものの、ごくごく少数が並行輸入されている。

一方で、年々厳しくなる排気ガス規制に対応するため、1981年には燃料供給装置をキャブレター式からインジェクション式に変更、翌1982年にはエンジンヘッドを4バルブ化したモデル「クワトロバルボーレ」(Quattrovalvole 、イタリア語で4バルブの意)が追加された。

1985年に、フランクフルトモーターショーにて後継車の「フェラーリ・328」が発表され、バトンタッチするかたちで10年に渡る生産・販売を終了している。

派生車種[編集]

1984年に、308GTBをベースに大規模な改修を施したグループB規定マシン、「288GTO」が登場している。

モータースポーツへの参戦[編集]

308GTBはFIAのグループ4およびグループB車両規定のホモロゲーションを受けており、世界ラリー選手権ではターマック・ラリー数戦に試験的に参加している。ただし、参戦はいずれもプライベートチームによるもので、車両のマイナートラブル多発もあり好成績は残せず、早々に撤退している。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フェラーリ ロードカータイムライン 1970年代-<- Previous  
タイプ 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
FR V12 365GTB/4 550マラネロ 575Mマラネロ 599GTBフィオラノ F12ベルリネッタ
2+2 365GTC/4 365GT/4・2+2 400 400i 412 456 GT 456M GT 612スカリエッティ
V8 カリフォルニア
MR V6/V8 ディーノ246 308 308QV 328 348 348G 360モデナ F430 458イタリア
208 F355
2+2 ディーノGT4 モンディアル
V12 365GT4BB 512BB 512BBi テスタロッサ 512TR F512M
4WD/4シーター FF
スペシャル 288GTO F40 F50 エンツォフェラーリ ラ・フェラーリ
XXプログラム FXX 599XX