難波圭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なんば けいいち
難波 圭一
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本山口県岩国市
生年月日 1957年8月26日(57歳)
血液型 AB型
身長 167cm
職業 声優ナレーター
事務所 藤賀事務所
配偶者 荘真由美声優
活動
活動期間 1984年 -
デビュー作 ロック(『超人ロック』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

難波 圭一(なんば けいいち、1957年8月26日[1] - )は、日本声優俳優ナレーターである。藤賀事務所所属。ケッケコーポレーション代表。山口県岩国市出身。血液型AB型星座おとめ座干支丁酉(ひのととり)。

概要[編集]

経歴[編集]

1976年に高校卒業後、役者になりたいという旨を両親に伝えると「お金になるかどうか分からないような事はやめて、家業を手伝え!」と反対された。しかし、どうしても役者になりたかった難波は尚も食い下がり「生涯通してやるものを見つけた」と言ったら勘当されたという[1]

親から勘当された事で帰る場所を失った難波は、その後上京し入る劇団を探していた頃、声優の野沢那智が主宰する劇団薔薇座の舞台上でレオタード姿で汗を流す先輩の戸田恵子の姿に魅入られ薔薇座に入団。それからは、芝居がうまくなりたい一心で朝から朝まで稽古場にいたという劇団に縋り付くような日々を送った[1]

丁度その頃、薔薇座がミュージカル路線に変更した時期で、薔薇座にいた多くの先輩劇団員が退団したため人手不足であった事と、難波はかつてロックミュージシャンを目指していた事もあってある程度歌唱力があったため、入団早々にいきなり戸田の相手役に抜擢され、以後様々な舞台に立ち続けた[1]

1984年に映画『超人ロック』でデビュー。声優業も並行して活動するようになる。二枚目キャラから三枚目まで、シリアスからギャグまで多数のキャラクターをこなしている。また、トランスフォーマーシリーズにおいて数多くのキャラクターの声を担当し、第1作からVまでの5作品に連続して出演した。

2000年代以降は『嗚呼!バラ色の珍生!!』、『伊東家の食卓』など、バラエティ番組等におけるナレーションを中心に活動。また、インターネット放送等で声優関連企画の講師として顔出しの仕事もこなしている。ちなみにビデオオプションではケロシン難波で通っている。

2012年8月をもって青二プロダクションを退社、同年9月より藤賀事務所に所属。

人物・エピソード[編集]

1980年代には、NHK教育テレビでの小学生向け音楽番組『ふえはうたう』で、初代の司会のお兄さんを務めていたこともある。元妻は声優の鶴ひろみ、現在の妻は同じく声優の荘真由美。荘とは『キテレツ大百科』とOVA作品『ヤンキー烈風隊』で共演したことを機に結婚している。

現在、松濤アクターズギムナジウムという、声優の養成所の代表兼主任講師として後生の育成にも力を注いでいる。『ドラえもん』の野比のび太役を小原乃梨子から受け継いだ大原めぐみは、難波が主宰する養成所の卒業生で難波の教え子である[1]

ナレーターに関しては「そのときの自分で、そのときの自分の世界観で語る」ことと祖父の「圭一の言っている言葉の意味がわからないんだ」という一言から、早口でも理解してもらえるように話すため、幼いときから好きだった落語による経験が生かされているという[1]

近年俳優やタレントなどが声優の仕事を行うことに関しては、「いいですよね。ぼくは声優という小さな世界がなくなることを望んでいます」として好意的に受け止めている[1]

『タッチ』[編集]

タッチ』の上杉和也は、放映当時かなり気合を入れて臨んだが、和也が第1部で事故死するというストーリー上、第2部以降はほとんど登場しないため、悲しい思いをしたという。和也をやっていた頃、共演していた先輩声優によく「難波くん、絵と全然違う芝居やるよね」と言われていた。本人も近年再放送されている『タッチ』を見て、「ずいぶん下手だったなぁ」と感じているという[1]。本人曰く舞台に立っている感覚でやってしまっていたためアニメーションの感覚をいまいち掴めず苦労したと述懐している。

和也が死亡した後は、回想シーンで多少の出番を期待していたようだが、実際には達也や南は写真の前で語ることが多く、和也の台詞が登場する機会はほとんどなかった。これについて浅倉南役の日高のり子は、2部以降難波に「番組まだ続いているんだね。たまに見てるよ」と沈んだ調子でよく声をかけられたとエピソードを語っている。これらもあって、後の劇場版製作にあたってパンフレット上に彼の復活にとてもうれしそうなコメントをしている。上杉達也役の三ツ矢雄二によれば、オーディション時には難波も達也役でオーディションを受けていたという。

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

  • 名探偵コナン(加納照也)

2003年

2004年

2005年

  • ケロロ軍曹(土下座衛門)
  • ブラック・ジャック(鈴田小太郎)

2006年

2007年

  • 名探偵コナン(片品陸人)

2009年

2010年

2011年

  • デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち(ピノッキモン)

2013年

2014年

OVA[編集]

1985年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

  • MINKY MOMO IN 旅だちの駅(駅員)

1995年

1996年

1998年

  • 銀河英雄伝説外伝 千億の星、千億の光(ライナー・ブルームハルト)
  • BADBOYS5(小鳥田康男)

1999年

2002年

2006年

  • 聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編(魚座のアフロディーテ)

2008年

劇場アニメ[編集]

1984年

1985年

1986年

  • キャプテン翼 明日に向って走れ!(カール・ハインツ・シュナイダー)
  • キャプテン翼 世界大決戦!! Jr.ワールドカップ(カール・ハインツ・シュナイダー)
  • タッチ 背番号のないエース(上杉和也)
  • タッチ2 さよならの贈り物(上杉和也)
  • ハイスクール!奇面組(切出翔)

1987年

1988年

1989年

1989年

1990年

1991年

1992年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2010年

2011年

ゲーム[編集]

1990年

1991年

  • ファイナルゾーンII(ヴェルダー大佐)※PCエンジン版

1992年

1993年

  • 魔物ハンター妖子 〜遠き呼び声〜(ショウマ、魔王ヴァルベム)

1994年

1995年

1996年

  • THE KING OF FIGHTERS '96(アンディ・ボガード)
  • 闘神伝3(ヴァーミリオン、カオス)
  • 七つの秘館(黒谷剛矢)

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

  • GUILTY GEAR XX(アクセル・ロウ)
  • THE KING OF FIGHTERS 2002(アンディ・ボガード)

2003年

2004年

2005年

2006年

  • SDガンダム GGENERATION PORTABLE(カツ・コバヤシ)
  • GUILTY GEAR XX Λ CORE -ACCENT CORE-(アクセル・ロウ)

2007年

2008年

2009年

  • THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMTED MATCH(アンディ・ボガード)
  • THE KING OF FIGHTERS XII(アンディ・ボガード)

2010年

  • THE KING OF FIGHTERS XIII(アンディ・ボガード)

2011年

2012年

2013年

2014年

吹き替え[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

CD[編集]

特撮[編集]

2006年

2007年

2008年

2009年

2012年

人形劇[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

ナレーション[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 山本健翔「1章 ドキュメント 芝居は想像力 五感を磨いて、活用すること 難波圭一さん」『なるにはBOOKS 53 声優になるには』ぺりかん社、2007年3月10日、ISBN 978-4-8315-1155-3、47-57頁。
  2. ^ 最終話では、ナレーションも担当している。
  3. ^ TOKYO MX * アニメ「怪盗ジョーカー」 - キャラクター”. 東京メトロポリタンテレビジョン. 2014年12月19日閲覧。
  4. ^ キャラクター ジュリアン・ソロ”. 聖闘士星矢Ω アルティメットコスモ. 2012年10月25日閲覧。
  5. ^ Character”. GUILTY GEAR Xrd Portal Site. 2013年11月21日閲覧。
  6. ^ 「スーパーヒーロージェネレーション」,ステージの展開が変化する「ブレイクシステム」と,主要キャラクター達の戦闘シーンを公開”. 4Gamer.com (2014年8月8日). 2014年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]