avex trax

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
avex trax
親会社 エイベックス・グループ・ホールディングス
設立 1990年9月
設立者 松浦勝人
販売元 エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
ジャンル J-POP
日本の旗 日本
公式サイト http://avexnet.jp/

avex trax(エイベックス トラックス)は、エイベックス・グループ・ホールディングスレコードレーベル

概要[編集]

avexのレーベル中では最も規模が大きく、アーティストの数も多い。規格番号はCDがAVCD、DVDがAVBD、BDがAVXD、USBメモリなどの特殊商品がAVZD。近年では同業他社からの移籍も頻繁に行われており、重複在籍状態にあるアーティストも目立つ。また、同じエイベックスグループのレーベル間での移籍も多く、後発レーベルのrhythm zoneやtearbridge records、HPQ(ヴィジュアル系アーティスト向けレーベル)への移籍も行われている。なおオリコンランキングではAVTと略されている。

レーベル[編集]

所属アーティスト[編集]

かつて所属していたアーティスト[編集]

※長期間リリースが無いアーティストに関しても以下に記載

エイベックス内の他のレーベルへ移籍したアーティスト[編集]

コンピレーション・シリーズ[編集]

番組企画によるリリース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 現在は離脱、なお2012年にFolder5(事実上活動終了)が移管された
  2. ^ DEAD ENDのみ一部タイトルの品番がavex traxのものになっている
  3. ^ 但し2011年の一時期のみavex傘下のインディーズレーベルMAXIMUM 10を利用
  4. ^ レーベル名を影別苦須 虎津苦須(avex traxの当て字)としている
  5. ^ 当時所属していた個人事務所によるインディーズレーベル
  6. ^ 一時インディーズでも活動
  7. ^ a b c SMエンターテインメント所属アーティスト用の規格番号"AV*K-79***"を用いている
  8. ^ 「cod-E 〜Eの暗号〜」のみavex trax扱いで品番がHPQのものになっている