アニマックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アニマックス
ANIMAX
アニマックスHD/BSアニマックス
ANIMAX HD/BS ANIMAX
アニメ見るならアニマックス
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン
本社(本部) 〒105-0022
東京都港区海岸1-11-1 ニューピア竹芝ノースタワー
放送(配信)開始 1998年7月1日
HD放送(配信)開始 2009年10月1日
ジャンル アニメ
放送内容 日本のテレビアニメ、アニメ映画、OVA
視聴可能世帯数 9,029,761世帯(2011年8月15日現在)
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン
チャンネル番号 Ch.BS236 (HD)
物理チャンネル BS-7
視聴料金 月額798円(税込)
放送開始 2002年5月1日
HD放送開始 2011年10月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.670 (HD)
視聴料金 月額798円(税込)
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン
チャンネル番号 Ch.724
視聴料金 月額798円(税込)
放送開始 1998年7月1日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 302、350 (HD)
eo光テレビ 870 (HD)
J:COM 600 (HD)
JCN 403、453 (HD)
その他 auひかり Ch.233
BBTV Ch.305 他
公式サイト
特記事項:
2011年10月1日、衛星基幹放送は東経110度CSデジタル放送、物理チャンネルND20、Ch.332(衛星基幹放送事業者:株式会社サテライト・サービス)から移行。
株式会社アニマックス
ブロードキャスト・ジャパン
Animax Broadcast Japan Inc.
Animax.png
種類 株式会社
略称 ANIMAX アニマックス
本社所在地 日本の旗 日本
105-0022
東京都港区海岸1-11-1
ニューピア竹芝ノースタワー
設立 1998年5月20日
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの放送業務
アニメーション番組の企画、制作、原作権取得 等
代表者 代表取締役社長 滝山正夫
資本金 4億9,800万円
主要株主 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 66.0%
東映アニメーション株式会社 8.5%
株式会社サンライズ 8.5%
株式会社トムス・エンタテインメント 8.5%
株式会社日本アドシステムズ 8.5%
外部リンク http://www.animax.co.jp/
テンプレートを表示
2012年5月現在の視聴可能な国

アニマックスANIMAX)は、ソニー・ピクチャーズ(SPEJ)傘下のアニマックスブロードキャスト・ジャパンが運営するアニメ専門チャンネル

日本では、アニマックスブロードキャスト・ジャパンが衛星基幹放送事業者としてスカパー!BSデジタル放送[1])で放送を行っている他、スカパー!プレミアムサービスケーブルテレビレオパレス21居住者向けのプロバイダーである『レオネット』などに番組を供給している。日本国外では香港台湾韓国東南アジア欧州でも放送が行われている[2]

キャッチコピーは、「アニメ見るならアニマックス」。

概要[編集]

専門チャンネルで国内トップの視聴可能世帯数を誇り、多くのケーブルテレビ局で視聴できる。特に、デジタルケーブルテレビでは99%の世帯に導入されている[3][4]。 『アニマックス』というチャンネル名は、「アニメ」(anime)と「マックス」(max)を掛け合わせたもので、最強のアニメチャンネルを目指すという願を込めたものである。

沿革[編集]

  • 1998年
    • 5月20日 - 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン設立。
    • 7月1日 - スカイパーフェクTV!(現在のスカパー!プレミアムサービス)のスカイサービスにおいて放送を開始。
  • 1999年 - 日本の衛星放送・ケーブルテレビ向け専門チャンネルとしては初めて海外進出
  • 2002年
    • 5月1日 - 「スカイパーフェクTV!2」(現在のスカパー!)にて放送開始。
    • 11月1日 - 「J:COM TV」に導入。
  • 2004年
    • 1月 - ANIMAX ASIA 開局。
    • 7月 - ANIMAX INDIA 開局。
  • 2005年7月 - ANIMAX LATIN AMERICA 開局。
  • 2006年
    • 4月 - ANIMAX KOREA 開局。
    • 8月 - ANIMAX MALAYSIA 開局。
  • 2007年
    • 4月1日 - モバHO!で放送開始(2009年3月31日放送終了)。
    • 10月 - 2007年10月15日から28日にかけて行われた機械式視聴率調査(CS放送では初の回)で、全日視聴率トップを獲得。
  • 2008年7月 - 視聴料金を630円に値上げ。
  • 2009年
  • 2010年1月 - 総加入世帯数調査で視聴可能世帯は約830万世帯となりキッズステーションとスペースシャワーTVを抜きトップとなる[5]
  • 2011年
    • 8月15日 - 総加入世帯数が900万世帯を突破[6]
    • 10月1日 - 午前0時にスカパー!e2(現:スカパー!)の放送を東経110度CSデジタル放送からBSデジタル放送に移行、チャンネル名を「BS アニマックス」に変更[7]
  • 2013年
  • 2014年5月31日 - スカパー!プレミアムサービス(標準画質)での放送を終了。

チャンネルの特徴[編集]

各時代を代表する作品[9]を揃え、昼夜間はファミリー向け、深夜はコアなファン向けのアニメを放送するなど、老若男女幅広い層をターゲットとした編成で、AT-Xキッズステーションの中間的チャンネル。ファミリー劇場と同様に、放送禁止用語に関しての扱いが厳しい[10]

株主に日本の代表的なアニメスタジオや広告代理店が名を連ねているため放送番組はこれらの関連作品に加えて、ソニーと並びJスカイB(スカパー!の前身の一つ)のイコールパートナーであったフジテレビの製作作品[11]も多い。ソニーが大株主である毎日放送の製作作品や、幹事局担当のUHFアニメも比較的多く放送されている[12]。また、『名探偵コナン』や『プリキュアシリーズ』などといった近年の地上波での人気作品もCSで初放送している。

サンリオのキャラクターを起用した作品も放送されており、『おねがいマイメロディ』シリーズ(衛星放送初放送)[13]や「キティズパラダイスPLUS」も放送されている。

放送形態[編集]

  • 曜日・時間帯により番組枠が設けられており、その時間帯に一番多い視聴者層向けの番組が放送されている。
  • 地上波の本放送時に使用される提供クレジット画面は原則としてカットされる[14]
  • 民放と同様に番組中にはCMが挿入され、常時局のロゴが表示されている(CM中は除く。消去は5秒前、点灯は5秒後に行われる[15]。海外では常時表示)。日本では右下に薄く表示されているが、海外では右上に濃く表示されている[16]
  • 番組の開始前には、次の番組を含めた4つの番組と放送時刻の一覧が表示され、その後に放送作品の一部をまとめたアニメーションが挿入される[17]
  • 深夜(22時00分から翌朝6時00分まで)の番組を除き、番組の開始前には『テレビを見るときは部屋をあかるくし、離れて見る』ように注意する映像が流れる[18]
  • 2012年7月7日より、毎週土曜22時台をノンスクランブル枠(無料放送枠)とし、そこでは最新作アニメが無料開放される。その第1弾として『アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-』・『TARI TARI』の2作品が選定された[19][20][21][22]。また、続く土曜23時台前半もノンスクランブル枠となり、こちらでは自局製作・アスキー・メディアワークス協力のゲーム情報番組ゲーム★マニアックス」が放送されている[23]

海外での編成[編集]

  • 海外では日本国内で放送されたテレビ番組の受け入れ先として、アニメ以外の番組や日本国内ではCS局で放送されていない作品[24]も放映されることがある[25]
  • 基本的にアジアの各局では、放送時期に違いはあるものの、放送番組はほぼ一致している場合が多い[26]。ただし、すでに現地の放送局で放送されている場合、その国でのみ放送されないことがある[27]
  • 韓国では、放送法上の義務編成比率規定[28]が存在するため、韓国製アニメも放送されている。また、「トゥーニバース」など他アニメ専門チャンネルで過去に放送された作品も放送している。
  • 中央ヨーロッパではA+を買収しアニマックス中央ヨーロッパとして進出。

主な番組[編集]

※公式サイト内の番組一覧も参照

番組枠[編集]

現在[編集]

  • nicktime(月曜 - 金曜 9時00分 - 9時30分)
  • 3時できゅん!(月曜 - 金曜 15時00分 - 16時00分)
    • アニメの帯番組枠。女性向け作品を放送。
  • 人気アニメ夕方ドカン!(月曜 - 金曜 17時00分 - 19時00分)
    • アニメの帯番組枠。2011年の「ジャンプアニメ3連発」が前身で、2012年より開始。六時半蔵に代って週替わりから日替わりの過去のアニメ作品を再放送する。男子向け作品で占められている。
    • ルパン三世』はデジタルリマスター版で放送している。深夜帯にリピート放送している。
  • HAPPY SUNDAYS 〜ハッピーサンデーズ〜(日曜 7時30分 - 9時30分)
    • 2000年頃より開始。その前は、後述の『ビッグサンデーズ』枠で放送された子供向けの作品を再放送していた。ファミリー向けの作品を放送。初期は4作品を2作品2話連続放送でローテーションしていたが、現在は4作品を1話ずつ放送している。
  • ビッグサンデーズ〜BIG SUNDAYS〜(日曜 21時00分 - 23時00分 作品により終了時刻に変動あり)
    • 劇場版アニメやOVAなどを放送。現在は、毎月1回先月アニマックスで放送された『名探偵コナン』の一挙放送や『STUDIO MUSIX』の放送も行っている。
  • サンスペ〜SUNDAY SPECIAL〜(日曜 11時00分 - 13時00分 作品により終了時刻に変動あり)
    • 『ビッグサンデーズ』枠の再放送を行うことが多いが、2011年11月より第1日曜日は必ず「おまかせ!アニマックスNAVI」を放送(2012年1月・8月を除く)。単発で作品を放送することもある(低年齢層向け作品であることが多い)。
  • ミッドナイトシアター(土曜 24時00分 - 26時00分)
    • 『ビッグサンデーズ』や翌日に放送される「サンスペ〜SUNDAY SPECIAL〜」と同等の内容。
  • サタデーナイトFEVER(土曜 24時00分 - 30時00分 作品により終了時刻に変動あり)
    • 過去にアニマックスで放送された作品を一挙放送(2クール作品の場合は2週に分けて放送)。

過去[編集]

  • 六時半蔵(月曜 - 金曜 18時30分 - 19時00分)
    • 2005年12月1日から2011年6月30日までに6年間放送をしていた。キッズステーションも同じ時間帯に似たような枠があったが、2011年5月からは週変わり放送から日変わり放送に変わった。対象年齢がやや上。
  • GEKKIN7(月曜 - 金曜 19時00分 - 19時30分)
    • 2008年5月より開始。この枠が設立されるまでは、前日の『MEGA ZONE』の作品を再放送していた。『MEGA ZONE』の一部の作品の放送時間を移動して放送している。『六時半蔵』より多少高い対象年齢。週刊少年ジャンプ週刊少年サンデーの作品が主である。2011年7月1日からは『六時半蔵』の枠のアニメが30分繰り下がってこの枠に移行し、それまでの放送時間枠のアニメも第2枠に繰り下げとなり、『GEKKIN7』は1時間放送となっている。2011年9月時点では『GEKKIN7』枠としてのアナウンスはされていない。
  • MEGA ZONE(月曜 - 金曜 22時00分 - 23時30分)
    • 『LEVEL22』の旧称と言える枠である。22時00分 - 22時30分までは週刊少年ジャンプや週刊少年サンデーなどで連載されている漫画原作が主で、22時30分 - 23時30分までは深夜アニメやUHFアニメ、アニマックスオリジナルアニメなどを主に放送。22時00分 - 22時30分に放送されたものと22時30分 - 23時30分放送されたものでは翌日のリピート放送時間が違う。2007年10月15日以降は、この枠の番組中のCM明けに独自のロゴが右上に数秒間表示されていた。
  • LEVEL22(月曜 - 金曜 22時00分 - 23時30分)
    • 2008年5月より、『MEGA ZONE』に代わって開始した。『MEGA ZONE』で放送されていた作品が、時間帯を変えて放送されている。22時00分 - 22時30分には深夜アニメUHFアニメを含む)の放送を行っている。22時30分 - 23時00分には、当日の『GEKKIN7』枠後半(19時30分 - 20時00分)で放送されたアニメを再放送している。2011年7月27日をもって、翌日14時00分の再放送が終わった。2011年9月時点では『LEVEL22』枠としてのアナウンスはされていない。
  • BLACK ANIMAX(2008年12月 - 2009年1月)
  • 昼アニ(月曜 - 金曜 11時00分 - 12時00分、12時30分 - 13時30分)
    • 2009年1月より開始。女性向けのアニメ作品を放送する。12時00分 - 12時30分は少年向けの作品なので含まれない(ただし、本枠のアニメの中で少年誌が原作の作品もある)。

製作参加作品[編集]

製作協力として参加した作品[編集]

独占放送の作品[編集]

オリジナル番組[編集]

マラソン放送[編集]

毎年夏には、テーマに沿ったアニメ作品の一挙放送や厳選されたベストエピソードを中心とした24時間を越えるマラソン放送企画が恒例になっている。下記のアニマックス大賞の発表や、受賞作品の放送も同時に行われる。2008年は、例年の夏ではなく秋に行われた。2011年から2013年までは放送がなかった。

企画名 備考
1998年 ガンダム33時間マラソン
1999年 装甲騎兵ボトムズ40時間ノンストップマラソン
2000年 日本のアニメベスト100 1位は『機動戦士ガンダム
2001年 サンクス!サンライズ!
2002年 東映アニメヒーロー大集合
2003年 行け!行け!東京ムービー
2004年 ロボドリーム2004
2005年 熱闘!アニメバトル2005
2006年 ぶっちぎり36時間!きみも東映アニメ王 公開声優オーディション開催
2007年 歌って歌って24時間!みんなのアニソンベスト500 第1回全日本アニソングランプリ 決勝大会放送
2009年 アニメがニッポンを元気にする ANIMAX MUSIXダイジェスト版放送
2010年 ボイスパワー2010
〜あなたに響け!あの声、あの歌、あのセリフ〜
2014年 TMSアニメ50年のDNA[29]

アニマックス大賞[編集]

2002年から、『明日のアニメ界で活躍する人材の発掘』を主旨として開催されている。毎年変わるテーマにそったアニメにふさわしいシナリオを募集し、一流のスタッフとスタジオによってアニメ化される。2007年開催の第6回ではシナリオ以外の小説、コミックの募集と同時に韓国・香港・フィリピン・台湾・タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・インドのアジア10か国と地域からの募集も行った。2008年開催の第7回は、従来のシナリオのみの募集となっている。

スーパークマさん[編集]

第1回の大賞受賞作品。テーマは「アクション・ヒーロー」。

太鼓とバチを持った大きなクマのぬいぐるみ、スーパークマさん。普段は子供達が集まるワンダーランドでピエロと一緒に楽しい芸で毎日子供達を楽しませているが、子供達のピンチの時には助けに駆けつける子供達のヒーローであった。ある日ワンダーランドに賊が出現し子供達を襲撃する。そこへスーパークマさんの出番を奪って可憐なバレリーナ人形のスーパードールが賊たちを退治した。出番を奪われ落ち込むクマさんだったが……。

アズサ、お手伝いします![編集]

第2回の大賞受賞作品。テーマは「21世紀のスポ根」。

野球部にロボットを使ってもよい。そんなルールができた頃、連敗続きと部員不足で廃部寸前のひなびた野球部は、部の存続をかけロボットを購入することを決意したが、強力なロボットには手が出せず、安く手に入れたメイドロボット「アズサ」しか購入できなかった。それでも、部員になれないよりましと特訓させるが……。

ほとり〜たださいわいを希う。〜[編集]

第3回の大賞受賞作品。テーマは「ロボット」。

とある病院に入院している少年スズは小倉涼の記憶をデータとして取り出した人格素子を移植されたロボットであった。スズは故人となった涼の身代わりとして生み出され、記憶の定着のために入院していた。ある日、スズは入院している清水ほとりという少女と出会う。ほとりは徐々に記憶を失いながら死に至る病気を発症していた。記憶が増えていくスズと記憶が失われていくほとり。対照的な二人の行く末は……。

リリとカエルと(弟)[編集]

第4回の大賞受賞作品。テーマは「冒険アクション」。2006年に集英社りぼん夏の増刊号で漫画化もされた。

父母と一緒に遊園地に遊びに来たリリはフロッグ城にて勇者の剣を抜きいて大蛇を倒し、異空間のフロッグランドへ迷い込む。リリの前に現れたカエル王は卵が孵りカエルになる前に希望の扉を開ければ願いが叶い、開けなければリリをカエルにしてしまうと言い出した。さらに上空から将来リリの弟として生まれるというスーツ姿の近藤と名乗る男が降ってきた。カエル王に与えられた様々な試練を乗り越えていく姉と弟(?)の結末は……。

  • 原作:吉成郁子(原題は「リリと三つの袋と(弟)」)
  • 監督:門由利子
  • キャラクターデザイン:小松こずえ
  • 声優:西村ちなみほか
  • 制作:東映アニメーション

ゆめだまや奇談[編集]

第5回の大賞受賞作品。テーマは「あなたがアニメにしたいストーリー」。

なほは父と弟のジュンとの三人暮らし。母はすでに亡くなり家ではなほがジュンの面倒をみていた。年頃ゆえ友達と遊びたいなほだが弟の存在でうまくいかず苛立つ毎日を送っていた。ある日、なほの目の前に「ゆめだま屋のコタロー」と名乗る優男が現れる。コタローはなほを夢の世界へと案内するが、気がつくとなほはジュンの夢の中へ迷い込んでいた……。

タカネの自転車[編集]

第6回の大賞受賞作品。テーマは「わたしがアニメにしたいストーリー」。

書家[編集]

第7回の大賞受賞作品。テーマは「アクション」。

  • 原作:西道賢二
  • 監督・絵コンテ:山田誠
  • キャラクターデザイン:小島大和
  • 美術監督:伊藤弘
  • 音楽:川井憲次
  • 声優:中尾明慶ほか
  • アニメーション制作:Production I.G

ナレーション[編集]

番宣などのCMナレーションには2人の男女声優が起用されており、作品や告知などの内容の性格の違いによって使い分けている。

その他[編集]

放映権のねじれ現象 [編集]

アニマックスでは多数の人気作品を放映している。それ故に多岐にわたる作品によっては他の放送局と放映権でねじれ現象が発生している作品もある。ねじれ現象が起こっている主な作品は次の通り。

名探偵コナン 
ルパン三世
銀魂』・『BLEACH』・『NARUTO -ナルト-
  • アニマックス - 劇場版
  • キッズ - テレビ通常版
それ以外にもCS局で先に放送された番組を遅れて本局で放送する例が増えている(特にテレビ東京製作の作品の一部。この場合は、ほとんどがAT-Xで初放送となっている[31][32])。

海外での展開[編集]

台湾では同じ番組を日本語オリジナル版および中国語吹き替え版の両方を、それぞれ別々の時間帯に放送している(ただし、何れか一方しか放送しない番組もある)。また同じソニー・ピクチャーズ系列のAXNで、一部のアニメ作品を再放送している。この他、香港では一部の番組で2か国語放送を行っている。また日本より厳しい番組レイティングが行われている韓国や台湾では、番組開始前に等級表示を行っている。台湾では、本局の進出前には「超視」(Super TV)内で、一部の番組が放送されていた(ロゴなども本局のものを使用していた)。

以前は日本と同じロゴが使われていたが、2010年5月3日より、アニマックスアジア各局(韓国除く)、ブラジル、ポルトガル、ドイツ、中南米各局と再びロゴマークが変更されている。またブラジルを含む中南米各局は2011年5月から「Sony Spin」にチャンネル名が変更となり、アニメは深夜のみの放送となった。

アニマックスとガンダム[編集]

  • ガンダムシリーズ』が放送されることが多く、常に何らかのシリーズ作品が放送されている程である。年末年始やゴールデンウィークの特番期では、シリーズの映画を断続的に放送することがある。特にアニバーサリーイヤー(下一桁が4と9の年)では本数が増える。2014年ではファーストシリーズがHDリマスター版での放映を開始、『機動戦士ガンダムUC』の一挙放送を行っている。
  • 特に劇場版の上映開始前には特別番組が組まれ、『Ζガンダム』の上映前では富野由悠季Gacktの独占インタビューを交えた内容になり、『機動戦士ガンダムUC』の上映前では声優陣の特別談話を交えた内容になった。


その他[編集]

  • 開局時のブランディングは、映像作家の越智敏郎を中心に音楽専門チャンネルのスペースシャワーTVとChannel [V](香港)のスタッフが担当した[33]
  • ジャンクションは開局から何度か変更されており、現在のものは2006年10月1日から使用されている(アイキャッチ・番組CMのスーパー・次番組案内などがリニューアルされ、番組ロゴの配色も「青+緑+白」から「青+白」に変更された)。
  • 開局当初は同じグループのAXNも含めて本社のあるニューピア竹芝ビルよりソニーPCLに委託して送出が行われていたが、現在はスカパー!に委託されている。
  • ポッカサッポロフード&ビバレッジ[30]東京靴流通センター・The Shoes日清食品などの本局限定で放送されているCMがある。その他、P&GマクドナルドなどのCMもよく放送されている。また加入者数の多いチャンネルであることから、他局の宣伝CMもよく放送される。
  • 1999年秋にはスカパー!の363チャンネルにおいて、AXNとの混合編成を取る「アニマ」の試験放送を行った。これはスカイサービスの受信が出来ないスカパー!専用チューナーの所有者を対象として行われたものである。しかし数週間で放送は終了し、現在に至るまで特にその後の動きはない。
  • BS11の『ANIME+』枠では、開局間もない頃の土曜23時台に放送されている番組のうち本局でも放送されている作品では番組の開始と終了時に本局のロゴのアニメーション映像が流れ、放送中には右上のBS11のロゴに加え右下には本局のロゴが表示されていた[34](作品の番宣CMでも同様。また、本局の携帯サイト「ANIME MAX」などの関連CMも放送された)。この放送については、『ANIMAX、BS11に進出!』と宣伝されていた(「BS11で無料先行放送」という位置付けである)。
  • 2008年7月1日より2010年3月末まで、オンラインショップ「アニマックスショップ」の運営をJ SPORTSを運営するジェイ・スポーツ・ブロードキャスティングに委託していた。
  • ベムベムハンターこてんぐテン丸』の放送中に、画面が数十分静止する放送事故が発生した。[いつ?]
  • 時折、チャンネル初出作品(本放送)が週替わりで放送されている期間中でも「プレイバック」として日替わり放送することがあり、「プレイバック」の話数が本放送に追いついた場合は、その放送終了後「プレイバック放送のお知らせ・作品名次回(第○話)放送日時」の表示と「○○(作品名)のプレイバック放送は本日で終了させていただきます。第○話以降はご覧の時間でお楽しみ下さい」というナレーションが挿入される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新たなBSデジタル放送にWOWOWやアニマックスなど”. ITmedia (2009年6月11日). 2010年7月20日閲覧。
  2. ^ 海外のアニマックスは、ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンが統括しており、日本のアニマックスと直接は関係が無い
  3. ^ 視聴可能世帯数が開局12年目にして800万世帯を突破 -デジタルケーブルテレビ市場の99%を獲得[リンク切れ] - 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン 2009年8月28日
  4. ^ 賃貸マンション最大手レオパレス21の入居者専用インターネットサービスであるレオネットのCSベーシックコースで無料で視聴できる、厳選4チャンネルのひとつ。
    CSチャンネルの楽しみ方|レオパレス21賃貸アパート専用ブロードバンドサービス-レオネット(2012年10月閲覧、レオネットレオパレス21)
  5. ^ 「アニマックス」1位に[リンク切れ] - 2010年3月4日 読売新聞
  6. ^ アニメ専門チャンネル<アニマックス>開局13年で総加入世帯数が有料多チャンネル放送局として初の900万世帯を突破 2011年8月18日 アニマックス
  7. ^ スカパー!e2が新しいBSデジタル放送を提供 ~2011年10月よりスカパー!e2は新たなステージへ~ (PDF) 2011年6月24日 スカパーJSAT
  8. ^ スカパー! 11月チャンネルインフォメーション 2013年10月17日閲覧。
  9. ^ 1970年以前の極端に古い作品は少ない
  10. ^ 例えば、「気が"ちが"う」は一部が無音修正される。
  11. ^ アニマックスブロードキャスト・ジャパン社長の滝山正夫はかつてフジクリエイティブコーポレーション(FCC)(フジテレビ(現フジ・メディア・ホールディングス)の子会社)でアニメの国際販売を担当していた(「ドラゴンボール」を欧州に広めた男 日本アニメ輸出の第一人者、アニマックス滝山社長に聞く - 2013年4月24日 東洋経済オンライン)。また、BS移行前にスカパー!の衛星基幹放送事業者であったサテライト・サービスはフジテレビ系の企業である。一時期、同局の編成の都合で打ち切られた作品を完全放送する例も少なくなかった。
  12. ^ MBSのキー局であるTBSやその系列局の製作作品は、東京放送ホールディングス(TBSHD)が資本参加するライバル局のキッズステーションで放送されることが多い。
  13. ^ ただし『おねがい♪マイメロディ きららっ★』については、2013年現在も放送されていない。
  14. ^ 魔法少女まどか☆マギカ』および、土曜夜22時台のノンスクランブル枠(無料放送枠)にて放送される作品の様に一部例外もある。
  15. ^ ただし、過去には『アキハバラ情報局』シリーズなどのようにCM中も表示されていた例がある。
  16. ^ これについて、アニマックスの公式サイトでは「番組の不正コピー対策で著作権保護のため、アニマックスのロゴを広く認知してもらいチャンネルを回した際にアニマックスと認識してもらうため」と説明している(ANIMAX よくあるご質問[リンク切れ])。
  17. ^ 番組開始までの映像:前番組の放送時間(時刻ではない)や一覧が表示されるまでのスポットCMの時間により開始時刻までの時間がまちまちであるため、それを是正するために流される
  18. ^ ヤッターマン(リメイク版)』の第36話以降(冒頭の「ドクロベエさまからのお願い」)のように、アニメ自体に離れて見るように注意喚起するシーンが含まれている場合を除く。
  19. ^ 無料枠の現況:毎週土曜の夜は無料放送 アニマックス公式サイト 2012年6月8日閲覧。
  20. ^ BSアニマックス、最新のテレビアニメの無料放送枠を新設、最新作をより多くのアニメファンに向けて全国放送 7月7日スタート、毎週土曜日夜10時から新作アニメ2本と新制作番組を放送(2012.6.8 アニマックスブロードキャスト・ジャパン)
  21. ^ BSアニマックス(スカパー!(110度))だけではなく、スカパー!プレミアムサービススカパー!SDスカパー!プレミアムサービス光も無料対象。
    週間番組表ダウンロード(PDFファイル)(2013.1 第5週までを2013.1.14確認)
  22. ^ 2014年10月期は、『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』および、UHFアニメ空の境界』(TV放送版)が放送中。
  23. ^ 「ゲーム★マニアックス」の公式サイト(アニマックス)
  24. ^ 例:『涼宮ハルヒの憂鬱』は、台湾および韓国のアニマックスでは放送されている(日本ではスカチャンにて2011年3月1日に全話一挙放送。2012年にはAT-X・キッズステーションでも放送)。また『魔法少女隊アルス』は、番外編『THE ADVENTURE』がテレビ放送されていないが(DVDに収録されたのみ)、台湾および韓国では放送されている。
  25. ^ 海筋肉王 〜バイキング〜』や、後述の『ミュージックステーション』、複数の番組を独自編集の上、ひとつの番組としてまとめた『惡搞測試王(Super Big Product Fun Show)』(使われているのは『よしもとサンサンTV』、『吉本超合金』、『上方芸能三国志』、『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』)など)。
  26. ^ 台湾と香港では同じ中国語でも番組タイトルが異なる場合が多い
  27. ^ 例えば『ミュージックステーション』は、海外ではアニマックスアジア各局で放送されているが、台湾では別の日本専門チャンネルがすでに放送しているため、台湾では放送されていない。
  28. ^ 一国家製作の番組を、全体の60パーセント以内にする
  29. ^ アニマックス内の特設サイト
  30. ^ a b アニマックス版「ポッカ100レモン」のCMナレーションや、マスコットキャラクター「レモンマン」の声も演じている。
  31. ^ テニスの王子様』・『アイシールド21』・『ケロロ軍曹』・『ハヤテのごとく!』・『D.Gray-man』など。
  32. ^ AT-Xではテレビ東京による全日帯作品の殆どが、テレビ東京と同時期の放送となっており、遅れて放送する場合でもほとんどが初放送となる。これは、AT-Xがテレビ東京の関連会社であるためで、優先されるのは当然の成り行きであるといえる。
  33. ^ 日本一頑固な映像表現者“越智敏郎”という人物
  34. ^ ロゴの形は同じだが、表示される時と消される時もアニメーションとなっていた(通常はフェードイン、およびフェードアウト)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]