月刊コミックブンブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

月刊コミックブンブン』(げっかんコミックブンブン)は、ポプラ社がかつて発行していた月刊児童向け漫画雑誌

概要[編集]

プレコミックブンブン』として、2003年12月6日に創刊(2004年1月号)された。

創刊当初の雑誌コンセプトは童話、児童文学と少年漫画雑誌の中間を狙ったものであり、「プレコミック」とはこの意味である。また、男子向け・女子向け・両性向けの作品が混在していた。その後『月刊コロコロコミック』のような児童向け漫画誌に転換、ほとんどの作品が男子向けとなり女子向けのものは少なくなっていた。同社からの童話、児童文学のコミカライズ作は転換後も連載されてはいたが、創刊当初よりは雑誌全体の連携色は薄まっていた。

編集は2004年1月号(創刊号)はマッグガーデンが、2004年2月号から2005年2月号まではポプラ社とマッグガーデンの共同出資で設立した編集プロダクション・株式会社ビープラスが、それぞれ行っていた。合弁は2005年に解消され、ビープラスがポプラ社に吸収合併されたため、2005年3月号以降はポプラ社が編集をした。

児童誌としては珍しく「この漫画はフィクションです。実在の人物・事件とは関係ありません。」と但し書きがついていた。

創刊当初からマッグガーデンとの合弁解消までは、『月刊コミックブレイド』や初期『月刊少年ガンガン』で知られた作家の作品が多かったが、合弁解消後はそれも少なくなっていた。

2008年10月15日に発売された2008年11月号から新装刊。名称をそれまでの『プレコミックブンブン』から『月刊コミックブンブン』に改めた。その際『月刊コロコロコミック』と同じサイズとなり、毎月6日発売から毎月15日発売になるなどの変更が行われた。

2009年9月15日に発売された2009年10月号限りで休刊(事実上廃刊)。なお、該当号の表紙には「最終号」の文字が書かれていた。

単行本である「ブンブンコミックス」は、毎月10日に発売されていた。

アニメ化一覧[編集]

NHK
テレビ朝日系列
テレビ東京系列
フジテレビ系列

休刊時点での連載作品[編集]

連載終了作品[編集]

2004年9月号 - 2006年12月号終了[編集]

2007年1月号 - 12月号終了[編集]

2008年1月号 - 12月号終了[編集]

2009年1月号 - 9月号終了[編集]

発行部数[編集]

  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 80,309部[1]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 62,838部[1]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 40,984部[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。

外部リンク[編集]