池田昌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いけだ まさこ
池田 昌子
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京府
生年月日 1939年1月1日(75歳)
血液型 A型
身長 154 cm
職業 声優俳優ナレーター
事務所 東京俳優生活協同組合
声優活動
活動時期 1950年代 -
ジャンル アニメ吹き替えナレーション
俳優活動
活動時期 1948年 -
ジャンル テレビドラマ映画
デビュー作 風の子
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

池田 昌子(いけだ まさこ、1939年1月1日 - )は、日本声優女優ナレーター東京俳優生活協同組合所属。

東京府東京市小石川区(現東京都文京区)出身。身長154cm、体重42kg[1]血液型A型オードリー・ヘプバーンの吹き替えや、アニメ『銀河鉄道999』のメーテル役などで知られる。

概歴[編集]

人見知りを治すため、小学5年生時に児童合唱団に入り、そこから児童劇の世界へ。1948年昭和23年)、綴り方集を映画化した『風の子』(山本嘉次郎監督)で子役としてデビュー。

その後、舞台の仕事を始めるようになり、ラジオドラマで声優業を始める。1969年昭和44年)以降フジテレビ系『ライオン奥様劇場』のNMCプロ製作の昼メロに主要な役で立て続けに出演。そこで知り合った助監督、後に監督脚本家の浜田紀政と結婚した。家庭を持ったことにより、それまで行なっていたテレビドラマなどの顔出しの仕事をなくし、時間の都合のつく声の仕事に専念した。ナレーションの仕事も多くこなし、朗読会なども開催している。

政宗一成が主宰する言霊群団「夢吽空」のメンバーとして後進の指導なども行っていたが、現在は退団している。女優としてのデビュー作である『風の子』は、ロケが行われた石川県羽咋市で、2000年以降数回再上演会が行われたことがある。そのイベントには池田自身がはるばる駆け付けている。

2007年平成19年)第1回声優アワード功労賞を受賞した。

人物、エピソード[編集]

声優業が専業として確立する以前から活動している人物の中には、声優について「舞台の仕事がない時の副業、アルバイトにすぎない」という認識を持つ者が多いが、池田は声優という職能を確固たるプロと考えている数少ない人物である。実際、あるテレビドラマのプロデューサーから「吹替の仕事ばっかり力入れてやってちゃダメだ。吹替なんて所詮裏街道じゃないか。女優だったらちゃんと表街道歩け」と言われたことに反発し、「裏街道で結構じゃない!」と声優専業の意志を固めたという[2]。役者としての基本ができていなければ意味がないという見解は他の同世代の人物と同意見であるが、「声優」という職業を単独で考えている点が異なっている。

ファンに対して、声優としての姿勢=在り方は非常に謙虚であり、『銀河鉄道999』関連のインタビュー他、声優としての仕事に関しては「ファンの持つキャラクターへのイメージを壊したくない」という信念から滅多に顔を見せることがない。近年の代表的な例では『ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』のDVD特典映像における声優陣のインタビューにおいて、池田だけ声のみの出演となっている。一方、舞台やひとり語りにおいてはパンフレットその他紹介等において顔出しを拒むことはほぼない。

池田は吹替収録の際、自分が担当する役の人間関係そのままに振る舞う役作りをしており、同様の役作りをしている野沢那智と共演する作品では、池田と野沢が会話の少ない役で共演する場合「本番以外で両者はほとんど会話をしない」という[3]

洋画の吹き替えで共演の多い声優として上記の野沢、中村正が挙げられる。

昭和30年代、『999』の原作者・松本零士はフランス映画『わが青春のマリアンヌ』の吹き替え版をテレビで観ていて、ヒロイン・マリアンヌの吹き替えの声が非常に気に入り、そのイメージを念頭においてメーテルの声を想定したのだという。そのことを池田に話すと、マリアンヌの声は池田当人だったと聞き、まったく知らなかった松本は非常に驚いたという[4]

オードリー・ヘプバーンの吹き替えについて[編集]

オードリー・ヘプバーンの数少ない担当声優の1人である。最初は散発的での吹き替えであったが、1970年代以降は池田がほとんどの局でヘプバーンの吹き替えを担当するようになり、「ヘプバーンの声は池田昌子」と呼ばれるほどイメージが定着していった。

2009年平成21年)にオードリー・ヘプバーンの生誕80周年を記念してDVD-BOXが発売された。これに伴い新たな吹き替え収録が行われることになり、ヘプバーンの声には再び池田が当てられた。このとき、すでに70を超えていた池田はさすがに無理なのではないかと思い、断ろうと思ったこともあったが、「いえ、池田さんがいいんです」という言葉で池田は「それならもうやるしかない」とヘプバーンの吹き替えを承諾し、『昼下りの情事』『おしゃれ泥棒』で再び声を当てた[5]

池田はオードリー・ヘプバーンを演じやすい女優の1人として挙げており、「普通の(グラマラスな)ハリウッド女優に比べるとキメの細かい芝居をされるので、それが日本人の感性にすごく合っている気がします」と語ったこともある[5]。また、ヘプバーンを「常に何かを求めて、常に誰かに愛を注いでいる。そういう彼女の本質的なものがスクリーンに現れている」と評価をするコメントをしている[5]

オードリー・ヘプバーンの幻の主演作と言われていた『マイヤーリング』予告編のナレーションを行った際に、「私はこれまでオードリーの声を担当することができてとても幸せでした。毎回収録のたびに、彼女の美しい姿を見ることができたからです。彼女は私にとって絶対的な存在です。『マイヤーリング』を見て、まるで『戦争と平和』のシーンが浮かんでくるほど、まったく変わらない美しさに溢れたオードリーに逢えて嬉しく、また懐かしくも思いました」とコメントした[6]

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1967年

1969年

1972年

1973年

1976年

1978年

1979年

1980年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1990年

1992年

1995年

1997年

1998年

1999年

2000年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2009年

2010年

2011年

  • 日常(第2話予告ナレーション)

2012年

  • 宇宙兄弟(金子・シャロン)
  • 名探偵コナン/まじっく快斗(セリザべス・マクシミリアンド・イングラム女王)

2013年

OVA[編集]

1987年

1988年

1990年

1991年

1995年

1997年

1998年

1999年

2000年

2002年

2005年

2007年

劇場アニメ[編集]

1979年

1980年

  • 銀河鉄道999 ガラスのクレア(メーテル)
  • 地球へ…(マザーイライザ)

1981年

  • さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅(メーテル)

1982年

1983年

1985年

1986年

1987年

1991年

1992年

  • サイレントメビウス2(巫由伽・リキュール)

1996年

1998年

  • 銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー(メーテル)

2000年

ゲーム[編集]

1992年

1997年

  • DESIRE(マルチナ・T・ステラドヴィッチ)

1998年

2000年

2001年

2006年

2007年

2008年

2009年

  • ディシディア ファイナルファンタジー ユニバーサルチューニング(暗闇の雲〈日本語版戦闘ボイス〉)

2010年

2011年

特撮[編集]

吹き替え[編集]

女優[編集]

実写[編集]

アニメ[編集]

CD[編集]

CM[編集]

  • サントリー - 『ダカラ』「よからぬブルース・メーテル篇」(2006年) - 『銀河鉄道999』のキャラクターを起用したCM。メーテル 役
  • アニマックス銀河鉄道999(メーテル)
  • ファミリーマート - アニマックススペシャルくじ銀河鉄道999 - メーテル 役
  • 日本コカ・コーラ - 『綾鷹』「日本全国綾鷹試験 板前さん篇」(2011年) - ナレーション
  • 日本生命 - みらいサポート 女性時代「2011年の女性たちへ篇」(2011年) - ナレーション
  • アビバ - スキルUPエクスプレス(2013年) - 『銀河鉄道999』のキャラクターを起用したCM。メーテル 役

その他[編集]

映画[編集]

  • 富士山頂(1967年、東映)- 野中千代子

映画 予告編[編集]

テレビドラマ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『タレントデータバンク』より。
  2. ^ 吹替の帝王 オードリー・ヘプバーン役 池田昌子インタビュー
  3. ^ 『太陽がいっぱい』のインタビューで野沢那智による発言。
  4. ^ サンケイ出版『新竹取物語 1000年女王 劇画版 PART4』
  5. ^ a b c オードリー・ヘプバーンの生誕80周年記念 DVD-BOXの取材に関して
  6. ^ オードリー・ヘプバーン幻の主演作の予告編が解禁。一番キレイな頃の彼女に会える! 2013年11月6日 ムービーコレクション
  7. ^ HUNTER×HUNTER : キメラアントの「女王」役に“メーテル”池田昌子”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2013年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]