雨に唄えば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雨に唄えば
Singin' in the Rain
監督 ジーン・ケリー
スタンリー・ドーネン
脚本 アドルフ・グリーン
ベティ・カムデン
原作 アドルフ・グリーン
ベティ・カムデン
製作 アーサー・フリード
出演者 ジーン・ケリー
デビー・レイノルズ
ドナルド・オコナー
音楽 ナシオ・ハーブ・ブラウン
撮影 ハロルド・ロッソン
編集 アドリアン・フェイザン
製作会社 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年4月11日
日本の旗 1953年4月1日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

雨に唄えば』(あめにうたえば、原題:Singin' in the Rain)は、アメリカポピュラーソング及びそれを主題歌にした1952年公開のミュージカル映画

歌曲[編集]

アーサー・フリード作詞、ナシオ・ハーブ・ブラウン英語版作曲によるポピュラーソング。1929年公開のMGM作品『ハリウッド・レヴィユー』で用いられ、「ウクレレ・アイク」ことクリフ・エドワード英語版が歌って以来、スタンダード・ナンバーとなった。

また『ザッツ・エンターテインメント』の冒頭でこの曲が紹介されるなど、作詞者フリードが後にMGMミュージカルの名プロデューサーとして名をはせたこともあり、同社のミュージカル作品を象徴する曲としても知られる。

映画[編集]

トップ・ハット』『バンド・ワゴン』『巴里のアメリカ人』などと並ぶミュージカル映画の傑作として知られる。

サイレント映画からトーキー映画に移る時代を描いたコメディあふれるバックステージ(舞台裏)・ミュージカルハリウッドを代表する名作のひとつであり、今なお、色あせることなく輝きを放っている。

特にジーン・ケリーが土砂降りの雨の中で、主題歌を歌いながらタップダンスを踊る場面は、映画史に残る名シーンとされる。

元々はアーサー・フリード(作詞)とナシオ・ハーフ・ブラウン(作曲)のコンビの過去のヒット曲を集めたミュージカルとして企画された。よって楽曲のほとんどはこの映画のために書かれたものではなく、特にタイトルナンバーはこの映画の前にも後にもたびたびMGMの映画で使われ、ジュディ・ガーランドなど多くのスター達が歌っている。ドナルド・オコナーの歌う「メイク・エム・ラフ」は新曲だが、コール・ポーターの「ビー・ア・クラウン」のパロディ曲である。

アメリカ映画協会(AFI)発表したミュージカル映画ベストの第1位、アメリカ映画主題歌ベスト100の第3位、アメリカ映画ベスト100の第10位、情熱的な映画ベスト100の第16位に選出された。

あらすじ[編集]

サイレント映画全盛の時代、俳優ドン(ジーン・ケリー)と大女優リナ・ラモント(ジーン・ヘイゲン)はドル箱の映画スターであり、大スター同士のカップルともてはやされていた。しかし実際は、リナが一方的にドンに惚れているだけであった。そんな中、ドンは駆け出しの女優キャシー(デビー・レイノルズ)と恋仲になってしまう。

やがて世界初のトーキー「ジャズ・シンガー」が大成功をおさめたことにより、ハリウッドにトーキーの波が押し寄せる。

そこで彼らの映画会社では、当時作りかけだったドン&リナのサイレント映画を無理矢理トーキーにすることに決定。しかしながら、トーキーのノウハウを知らなかったことに加え、一番の問題はリナが致命的な悪声の持ち主であったために映画の試写会は散散な結果に終わる。そんな映画を公開したら俳優人生が崩壊してしまうと危機を感じたドンとその親友コズモ(ドナルド・オコナー)、キャシーの三人は映画をミュージカルに作り替えることを思い立つ。あとはリナの声をどうするのかが問題だったのだが…。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ東京版 フジテレビ版 PDDVD
ドン ジーン・ケリー 愛川欽也 井上孝雄 堀川りょう
キャシー デビー・レイノルズ 池田昌子 岡本茉莉 加納千秋
コズモ ドナルド・オコナー 八代駿 広川太一郎 大塚智則
リナ ジーン・ヘイゲン 堀絢子 向井真理子 安藤麻吹
シンプソン ミラード・ミッチェル 河村弘二 中村正 仲野裕
デクスター ダグラス・フォーリー 近石真介 勝田久 田坂浩樹
ドンのダンスパートナー シド・チャリシー
ゼルダ  リタ・モレノ 小林美穂

批評[編集]

  • 「ズタ袋のような衣装はいただけないが、音楽は素晴らしい。」(ロンドン・イブニング・スタンダード誌)
  • 「天国のように素晴らしい。ミュージカル映画史上最高の作品だね。ジーン・ケリーとスタンリー・ドーネンは監督として素晴らしい仕事をしているし、この映画のジーン・ケリーは、とにかく素敵だよ。ドナルド・オコナーのナンバー`Make Em Laugh`も奇跡的な素晴らしさだ。」(メル・ブルックス

日本での舞台化[編集]

ドン・ロックウッド:東山紀之、キャシー・セルダン:薬師丸ひろ子
コズモ・ブラウン:川平慈英、リナ・ラモント:花山佳子
宝塚歌劇団星組
ドン・ロックウッド:安蘭けい、キャシー・セルダン:陽月華
コズモ・ブラウン:大和悠河、リナ・ラモント:真飛聖
  • 2008年
宝塚歌劇団宙組
ドン・ロックウッド:大和悠河、キャシー・セルダン:花影アリス(陽月華の休演に伴う代役)、
コズモ・ブラウン:蘭寿とむ、リナ・ラモント:北翔海莉

その他[編集]

  • 作品中(オープニングタイトル、エンドロール、など)に著作権表記が無かったため、公開当時の米国の法律(方式主義)により権利放棄とみなされ、パブリックドメインとなった(このため、英語版ローカルにフェアユース扱いながら高解像度のスクリーンショット、英語版とウィキクオートにセリフの抜粋が収録されている)。
  • 百貨店などでは、外でが降り出したことを店内に知らせるため、BGMとして用いられている場合がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]