テクニカラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テクニカラーTechnicolor)はカラー映画の彩色技術を開発した企業またはその彩色技術の通称である。フィルムの現像、プリント、テレシネなど、ポストプロダクションを行っている。1916年にアメリカ合衆国で起業し、その後数十年に亘り進化を続けた。現在は現テクニカラー社の一部門となっている。同社で処理された映画作品は、クレジットでCOLOR BY TECHNICOLORと表示され、テクニカラー作品などと呼ばれることが多い。 同業のデラックス社とは長年のライバル関係にある。

概要[編集]

テクニカラーはイギリスで開発されたキネマカラーに次ぐカラー映画彩色技術として、アメリカ合衆国で1916年に開発した。当初はキネマカラー同様に二色法だったが、その後に世界で初めて三色法での彩色技術として確立した。

1922年から1952年の間にハリウッドでカラー映画の制作に広く使用された。テクニカラーの色純度の高さは定評があり、『オズの魔法使』『雨に唄えば』などのミュージカル映画、『ロビンフッドの冒険』『ジャンヌ・ダーク』などの衣装に凝った映画、『白雪姫』『ファンタジア』などで使用された。また『哀愁の湖』『ナイアガラ』などのフィルム・ノワールでも使用された。

「テクニカラー」はテクニカラー映画社(Technicolor Motion Picture Corporation、現テクニカラー社の一部門)の登録商標である。

歴史[編集]

二色法[編集]

テクニカラーの原点は赤・緑の二色法プロセスであった。これは、被写体をプリズム分解し、赤緑それぞれのフィルターを通した映像を一本のモノクロフィルムに交互に記録するという方式であった。少し進化させ二本のフィルムに減色法で記録する方式で、『十誡 (1923年)』『オペラ座の怪人 (1925年)』『ベン・ハー (1925年)』などの作品のカラー部分が制作された。二本のフィルムを映写用に貼り合わせていたため焦点が合わないという技術的問題や、映写用フィルムの耐久性の問題があった。

そのため、二本のフォルム画像を新しいフィルムに転写する「ダイ・トランスファー方式」が採用された。これで上映技術も向上し多くの映画が制作されたが、1930年以降大恐慌の影響や、カラー作品が興業成績の向上につながらず、テクニカラー社は財政面で苦戦した。

三色法[編集]

1930年代の3本フィルム方式のテクニカラーカメラ

ハリウッドはカラー映画時代の本格化に向かっていたが、大恐慌の影響で映画業界の不振のため、製作費が高額なカラー作品の制作が減少した。しかしフルカラー映画技術の開発も進み、テクニカラー社は三色法による技術を開発した。特別なカメラを使用し被写体をプリズム分解し、赤青緑それぞれのフィルターを通した画像を三本のモノクロフィルムに別々に同時に記録し、その後「ダイ・トランスファー方式」で一本の映写用フィルムを作成すると言う方式であった。1932年のウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)制作のアニメーション短編映画作品『花と木』がこの方式初の作品となり、第1回アカデミー短編アニメ賞を受賞した。ディズニーは興行的成功を収め、その後1935年まで三色法によるカラー作品制作の独占契約を結んだ。

1935年のRKO制作『虚栄の市』がこの方式を使用した世界初の長編作品となり、1936年のパラマウント映画制作『丘の一本松』は初めて屋外撮影を実施した作品となった。そして1937年12月に公開されたディズニー制作の世界初のカラー長編アニメーション映画『白雪姫』は興行収入6,100万ドルという桁外れの成功を収めた。日本では「総天然色」と訳されて宣伝された。

1930年代中頃にアメリカ合衆国のイーストマン・コダックと、ドイツアグフア三原色を三層に記録するカラーフィルムを開発した。テクニカラー三色法で撮影に必要な大きなカメラが使用出来ない時には、カラーフィルムによる撮影が行われるようになった。

ダイ・トランスファー方式[編集]

フィルムによるカラー方式での撮影が主流になると、テクニカラー社は褪色しやすいイーストマン・カラー等に変わってダイ・トランスファー方式でネガからプリントを起こす方法を発案した。1954年には大型のビスタビジョンTodd-AOウルトラ・パナビジョン70テクニラマなどからも高精細で美しいプリントを作成出来るようにした。但し1960年中頃より、高画質であるものの高コストで時間のかかるダイ・トランスファー方式はアメリカでは採用されなくなり、1974年の『ゴッドファーザー PART II』を最後の作品とし、テクニカラー社はダイ・トランスファー方式のプリント施設を閉鎖した。

1997年になり、テクニカラー社はダイ・トランスファー方式によるフィルム制作を再開させた。これは1960年代-1970年代に行なっていたプロセスの改良版で、『オズの魔法使』『ファニー・ガール』『裏窓』『地獄の黙示録・特別完全版』などのフィルム再生で限定的に使用され始めた。その後、『トイ・ストーリー』などの大予算のハリウッド映画でも採用された。

2000年以降、デジタルリマスターが普及してくると三色法の評価が一変した。というのも、特に実用初期の発色フィルムにおいては、技術の未成熟等の事情により、約半世紀の時間の経過によって、整備された環境で保存されているマスターフィルムでさえ著しい褪色が発生している。そのため、デジタルリマスターしても、元の発色が再現できるとは限らなかった。一方、テクニカラーは原理的に「3本のモノクロフィルム」であるため、それほど大きな褪色は起こらず、デジタルリマスターも容易に行えた。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』特別編におけるデジタルリマスターでは、ジョージ・ルーカスが個人的に保有していたテクニカラー版を参照して色調整が行われた。また、画面上のノイズの補正にしても、発色フィルムの場合、「元の映像の一部か、ノイズか」の区別が付きにくいことが多いが、テクニカラーであれば、3本のフィルムを相互比較すれば、ノイズかどうかの判別は、比較的容易であった。

2002年には再びダイ・トランスファー方式によるフィルム制作は中止された。

3D映画[編集]

1953年に3D映画撮影カメラを発表した。3本フィルム方式のカメラを2台使用し、6本のフィルムを一度に使用するものであった。この方式で撮影された映画は2本のみであった。

外部リンク[編集]