虚栄の市 (1935年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
虚栄の市
Becky Sharp
監督 ルーベン・マムーリアン
ローウェル・シャーマン[1]
脚本 フランシス・エドワーズ・ファラゴー
原作 ウィリアム・メイクピース・サッカレー
ラングドン・ミッチェル(戯曲化)
製作 ケネス・マクゴーウァン
出演者 ミリアム・ホプキンス
フランシス・ディー
音楽 ロイ・ウェッブ[1]
撮影 レイ・レナハン
編集 アーチー・マーシェク
製作会社 パイオニア・ピクチャーズ
配給 RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1935年6月13日
日本の旗 1935年8月
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 $950,000(見積値)[2]
テンプレートを表示

虚栄の市』(きょえいのいち、原題:Becky Sharp)は1935年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。イギリスの作家ウィリアム・メイクピース・サッカレーの長編小説『虚栄の市(原題:Vanity Fair)』(1847年 - 1848年)を原作とした1899年初演の戯曲『Becky Sharp』(ラングドン・ミッチェル英語版脚色)を映画化した作品である[3]。 3色法テクニカラーを使った初めての総天然色長編映画で、それまでの3色法を使ったカラー映画は短編か白黒映画の一部のシーンだけがカラーというものだった[4]ローウェル・シャーマン監督が撮影開始直後に肺炎で急死したため、ルーベン・マムーリアンが監督を引き継ぎ、完成させた。

ミリアム・ホプキンス第8回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b クレジットなし。Becky Sharp (1935) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年4月30日閲覧。
  2. ^ Becky Sharp (1935) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年8月6日閲覧。
  3. ^ サッカレーの『虚栄の市』を映像化した作品は、1911年サイレント映画以降、映画やドラマとして数多く製作されている。
  4. ^ 3色法テクニカラー以前にも赤と緑の2色のフィルターを使ったキネマカラーや2色法テクニカラーなどによるカラー映画は1910年代から存在した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]