コニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コニカ株式会社Konica )は、かつて存在した日本カメラ、写真用フィルムメーカー。2003年ミノルタとの合併により、現在はコニカミノルタとなっている。

写真用フィルム[編集]

1873年に、東京麹町の薬種問屋小西屋六兵衛店が、写真関係商品、石版印刷材料の販売を開始したことに始まり、のちに小西六写真工業株式会社へと発展し、1987年コニカ株式会社と改称した。1903年、国産初の印画紙を発売、1940年11月3日には国産初のカラーフィルムであるさくら天然色フヰルム(後のサクラカラーリバーサル)を発売。日本の写真用カメラフィルムのトップブランドの1つとして成長した。また東京都新宿区にある新宿中央公園の区民の森は、1902年に、乾板・印画紙の工場である「六桜社」が設けられた場所であり、記念碑として写真工業発祥の地が建てられている。

戦後の国内シェアは、さくらカラー(後に「サクラカラー」に表記変更)がフジカラーを圧倒する状態が続いた。しかし、1970年代に入ると圧倒的な広告費を投入して知名度を向上させたフジカラーが逆転、サクラカラーはその後、コニカカラー、コニカミノルタカラーフィルムを経て事業撤退するまでの間ついに首位の座を奪いかえすことはできなかった。

1987年に日本以外でのブランド名であるコニカに統一し、社名もコニカ株式会社に変更。フィルムもサクラカラーからコニカカラーに商標を変更した。この際、コーポレートカラーを色(朱色)から色(コニカブルー)に変更している。

コニカミノルタ東京サイト日野(旧 日野事業所)の所在地東京都日野市「さくら町」の名はこの場所で上記のさくら天然色フヰルムを生産していたことにちなんで命名されたもの。

2006年、写真フィルム使い捨てカメラ・感材(印画紙・薬品)を含めたDPE分野の事業を大日本印刷(DNP)に譲渡して撤退し、コニカブランドのフィルムは事実上消滅した(その後2009年にDNPも生産を打ち切る)。

映画用フイルム[編集]

コニカは銀塩フィルムの最大手として、映画用フィルムの製造も手がけた。

かつてカラー映画用フィルムはテクニカラー・システムという方式が世界の主流であった。これはプリズム分解式のカメラで3原色ごとに3本のモノクロフィルムを使って撮影し、プリントの段階でカラー化するという、後のテレビカメラに通じる方式だが、フィルムのコストとプリント工程が増加するという欠点もあった。

これに対し、1942年に小西六はフィルムの記録面を3層にし、1本のフィルムを3工程で現像することによりカラー化する「コニカラー・システム」を開発した。当時にあっては画期的なシステムだったが、時局柄世界に広まることはなかった。しかし日本映画界には歓迎され、映画界と2つの車輪となってシステムの完成に尽力した。

しかし1951年富士写真フイルムが1本のフィルム・1工程現像の映画用カラーリバーサルフィルムを発売したことで、コニカラー・システムの優位性は覆されてしまい、以降コダックと富士フイルムの世界を二分する商戦の中で埋没していくことになる。

家庭用を主体とする8ミリフイルムでは、富士フイルムとの対立から当初コダックのスーパー8陣営についた。「世界で通用するコニカのスーパー8」をキャッチコピーに拡販を狙うが、スーパー8に因縁のある富士フイルムのシングル8の徹底した世界展開により優位性は得られなかった。

カメラ[編集]

カメラの製造販売にも力を注ぎ、1903年には国産初の商品名を持つカメラ「チェリー手提暗函」を発売。戦前から「ミニマムアイデア」、「パール」シリーズや「パーレット」シリーズ、「リリー」シリーズなどの大衆~上級者向けの高品質カメラを数多く作り名を馳せた。

戦後は「コニカI」から出発。フィルムメーカーという商品戦略上の理由もあり、基本性能を生かしたまま誰でも扱いやすい製品群が生み出された。一例がフラッシュを内蔵しシャッターを押すだけで誰でも簡単に写真が撮れる「ピッカリコニカ」、世界初のオートフォーカス機構を採用した「ジャスピンコニカ」であり、日本中の家庭にコンパクトカメラが浸透するきっかけを作った。

また記録写真用に特化された「現場監督(防塵、防水機構採用)」で知られるコンパクトカメラや、ワインダーを内蔵した一眼レフカメラFS-1等後に主流となる機能・機構を盛り込んだ数多くの名機を世に送り出した。写真愛好家の中では「ヘキサー」「ヘキサノン」レンズのブランド名で馴染みがある。

2000年代初めからはコンパクトデジタルカメラとしてDigital Revioシリーズ(RevioはもともとAPSカメラの商標名で、のちにデジタルカメラのシリーズが投入されたが、末期にはデジタル機も単に「Revio」として発売された)が投入されたが、フィルム事業にも影響しかねない分野だけに集中的な開発は行われず、後にミノルタと合併した際にはデジタル現場監督と一部の銀塩コンパクトカメラのみを残して先方の商品群に飲まれ、姿を消すこととなった。

2006年1月19日、コニカミノルタホールディングスは翌2006年3月末に写真フィルムからレンズ・カメラに至る全ての写真関連分野から撤退することを発表した。「α」ブランドを含むデジタル一眼レフカメラについては先に提携を発表していたソニーに譲渡し、同時期をもって長年続いたコニカのカメラ事業は幕を閉じた。

その他の商品[編集]

他の商品としては「U-bix」ブランドの複写機シリーズがあり、1980年代にはマグナックスMagnax )というオーディオブランドで音楽用カセットテープも手がけ、その後もコニカミノルタへの統合までコニカブランドでカセットテープ・ビデオテープの販売を行っていた。

ミノルタとの合併[編集]

2003年4月1日に事業子会社を設立し持株会社化した。同年8月には写真機・複写機大手のミノルタを完全子会社化しコニカミノルタホールディングスを発足させた。同年10月1日ミノルタ株式会社をコニカミノルタホールディングスに合併させて、その事業をコニカミノルタホールディングスの事業子会社に分割した。この結果、写真フィルム事業は以下のように再編された。

  • 一般用カメラフィルム - コニカミノルタフォトイメージング(コニカミノルタカメラを2004年合併、事業譲渡や関連法人の解散を行い、2011年3月31日で法人を解散)
  • 医療用・印刷用フィルム、機器等 - コニカミノルタエムジー
  • 複写機 - コニカミノルタビジネステクノロジーズ

2013年4月1日にグループ内の再編に伴ってコニカミノルタエムジーとコニカミノルタビジネステクノロジーズを含む事業子会社7社をコニカミノルタホールディングスへ合併。事業会社となった同社はコニカミノルタ株式会社に商号変更した。

沿革[編集]

本節の出典は、特記ない限り、コニカミノルタホールディングス株式会社 有価証券報告書 ‐ 第107期(平成22年4月1日~平成23年3月31日)第一部「企業情報」 / 第1「企業の概況」 / 2「沿革」。

  • 1873年(明治6年)- 東京麹町小西屋六兵衛店が、写真関係商品、石版印刷材料の販売を開始。
  • 1885年(明治15年)- 小西屋六兵衛店が、東京市内に工場を作り、写真機、台紙、石版器材の製造を開始。
  • 1902年(明治35年)- 小西屋六兵衛店が、東京淀橋(現在の西新宿)に工場「六桜社」を作り、乾板、印画紙の製造を開始。
  • 1921年(大正10年)- 小西屋六兵衛店を改組し、合資会社小西六本店に移行。
  • 1923年(大正12年)- 合資会社小西六本店が、小西写真専門学校創設。現在の東京工芸大学[1]
  • 1936年(昭和11年)12月 - 合資会社小西六本店が、別会社として、東京日本橋室町に株式会社小西六本店を設立。
  • 1937年(昭和12年)2月 - 前年に設立された株式会社小西六本店が、株式会社小西六と改称した上で、合資会社小西六本店を吸収合併。
  • 1943年(昭和18年)4月 - 株式会社小西六が、小西六写真工業株式会社と改称。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 小西六写真工業株式会社が、東京証券取引所に上場。
  • 1987年(昭和62年)10月21日 - 小西六写真工業株式会社が、コニカ株式会社と改称。ブランドを「コニカ」に統一。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - コニカ株式会社が、純粋持株会社に移行。
  • 2003年(平成15年)8月5日 - コニカ株式会社が、ミノルタ株式会社を完全子会社化し、コニカ株式会社はコニカミノルタホールディングス株式会社となる。

脚注[編集]

  1. ^ 東京工芸大学公式サイト「建学の精神・沿革」

関連項目[編集]

CM出演・関係者(特記無しは「サクラカラー→コニカカラー」のキャラクター)

外部リンク[編集]