エスビー食品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスビー食品株式会社
S & B Foods Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 2805
略称 エスビー(ヱスビー)、S&B
本社所在地 日本の旗 日本
103-0026
東京都中央区日本橋兜町18番6号
設立 1940年昭和15年)4月5日
業種 食料品
事業内容 スパイス&ハーブ、加工食品など
代表者 代表取締役会長 山崎勝
代表取締役社長 江戸龍太郎
資本金 17億44百万円
売上高 単体1069億円、連結1157億円
2007年平成19年)3月期)
決算期 3月31日
関係する人物 山崎峯次郎(薬元売り出身)
外部リンク http://www.sbfoods.co.jp/
テンプレートを表示

エスビー食品株式会社(エスビーしょくひん)は、日本の大手加工食品メーカーである。

ハウス食品と共に日本を代表するカレー香辛料などを製造・販売する企業である。登記上の名称はヱスビー食品株式会社である。日本で国産カレー粉を初めて販売した会社とされているが、異説もある(詳しくはカレー粉参照)。

略歴[編集]

  • 1923年(大正12年) - 山崎峯次郎が日賀志屋として創業。
  • 1940年(昭和15年) - 株式会社日賀志屋設立。
  • 1949年(昭和24年) - 商号をヱスビー食品株式会社に変更。
  • 1961年(昭和36年) - 東京証券取引所第2部に株式上場。
  • 2005年(平成17年) - 江戸龍太郎が創業家以外で初めての社長に就任。

登記上本社は東京都中央区日本橋兜町にあり、また、「スパイスセンター」という本社事務所が東京都板橋区宮本町にある。スパイスセンターはかつては板橋工場があった所で、敷地内に国会議事堂を模した建物があった(エスビーカレーの缶には国会議事堂の絵がデザインされている)。

レトルトカレー市場への参入は1970年(昭和45年)に「サンバード チキンカレー」で参入するものの、販売が振るわず一旦撤退。しかし1982年(昭和57年)に「フォン・ド・ボー ディナーカレーレトルト」で再参入を果たす。これは「カレーというのは元来調理した肉・野菜を入れてじっくり煮込むもの。3分間で出来るカレーなんてものは邪道だ」という創業者・山崎峯次郎(1903年(明治36年) - 1974年(昭和49年))の意向が強く影響していたと思われる。

社会人陸上部の活動でも知られており、瀬古利彦(同社スポーツ推進局長)などが所属していたが、2013年3月末で廃部となった(詳細は#陸上競技部も参照)。

1977年(昭和52年)に「S&B スナックチップ」でスナック菓子事業に参入するが、採算が採れないなどの理由で2003年(平成15年)に菓子事業から完全に撤退した(ライバルのハウス食品は販売継続、のちに東ハトに事業譲渡された)。ちなみにスナック菓子のラインアップには、「S&B 5/8チップ」のほか「S&B スナックトースト」「S&B アメリカせんべ」「S&B あ・られチップ」「S&Bスナック 鈴木くん しお味」「S&Bスナック 佐藤くん チーズ味」「田中くん」「山本さん」「S&B キャプテン翼スナック」「S&B 機動戦士Zガンダムスナック」などが存在していた。

ロゴ・社名[編集]

登記上の正式な名称は冒頭の通り、「ヱスビー食品」であるが、1992年(平成4年)7月から、対外的には「エスビー食品」の表記を使用している(マイナーチェンジでない)。「ヱ」としているのは、商標の漢字表記が「恵寿美」であったため。

社名の由来は、1930年(昭和5年)制定の商標が「ヒドリ」(太陽と鳥)で、翌1931年(昭和6年)に「太陽=Sun」と「鳥=Bird」の頭文字の「S&B」を商標に併記した。後にスパイス&ハーブ(SPICE & HERB)の略でもあるとされた[1]

「S&B」の表記はイギリスカレー粉の老舗メーカーであり、世界ではじめてカレー粉を商品化したといわれる「クロス・アンド・ブラックウェル社」(C&B社)の名を意識したものであるとも言われている。

主な商品[編集]

2013年(平成25年)5月現在

即席カレールウ[編集]

  • S&Bゴールデンカレー - 1966年(昭和41年)発売開始。ロングセラーを誇る同社の即席カレールウとしての基幹商品。
    • S&Bカレーハーフ ゴールデンカレー
    • S&Bゴールデンカレー ミルポワ(B-5) 業務用 1kg入り - 味の仕様は1996年(平成8年)当時の家庭用版のゴールデンカレーとほぼ同一の仕様となる。一般消費者もオンラインショップなどを通して入手することができる。
    • S&Bゴールデンカレー 業務用 中辛輸出仕様 1kg入り - 油脂は植物油脂を使用しており、に由来する原材料は一切使用されていない。一般消費者もオンラインショップなどを通して入手することができる。
  • S&Bディナーカレー - プレミアム系即席カレールウ。
    • S&Bカレーハーフ ディナーカレー
  • S&Bとろけるカレー - 2001年(平成13年)発売開始。同社の即席カレールウとしての最主力商品。発売開始当初、ハウス食品の「こくまろカレー」とパッケージロゴが似ていることで論議を呼んだ。
    • S&Bカレーハーフ とろけるカレー
    • とろけるカレー 業務用 1kg入り - 家庭用版同様、甘口・中辛・辛口が存在する。一般消費者もオンラインショップなどを通して入手することができる。
  • S&Bこい とろけるカレー - 2012年(平成24年)発売開始。とろけるカレーの横展開商品。
  • S&Bとろける おいしさギューッととけ込むカレー - 2013年(平成25年)4月発売開始。先述のとろけるカレーの廉価版にあたる商品。
  • S&Bハピファミカレー - 2013年1月発売開始。原料にミルクはちみつりんごバナナを使用し、まろやかな風味に仕上がっている。また、完成品1皿につき、牛乳約100ml分のカルシウムを含有している。また、CMキャラクターに地獄のミサワ(CMで使用している名義は『しこくのミサワ』)が描いたイラストを起用している。なお、2013年(平成25年)3月の出荷分までの初回限定パッケージ、および同年7月 - 8月の出荷分の夏季限定パッケージに限り好みの辛さに調整して食べる直前に振りかける特製スパイス「辛さ自在スティック」(2本)が添付されていた。
  • S&Bカレーの王子さま - 子供向けカレーの元祖。
  • S&B王室料理人 地中海カレー(旧・王室料理人ダニエル・マルタンの地中海カレー) - 三ツ星フランス人シェフのダニエル・マルタンが監修を行った即席カレールウ。ルウに含まれる原材料に濃縮されたオレンジ果汁イタリア産のトマトスペイン産のオリーブが使用されているのが大きな特徴となっている。
  • S&Bスパイスフェスタ
  • S&B和風カレー - かつおだしを使用したカレー。主にカレー丼、カレーうどん、カレー南蛮そば等に使用。
  • S&B赤缶 カレーミックス - 2003年(平成15年)発売開始。缶入りの顆粒状即席カレールウ。後述するS&Bカレー粉を基本に即席カレールウにアレンジしたもの。当初は160g入り(8皿分)の内容量で発売されていたが、2005年(平成17年)2月のリニューアルより200g入り(10皿分)の内容量に変更された。


即席シチュールウ[編集]

  • S&Bディナーシチュー - プレミアム系即席シチュールウ。
  • S&Bとろけるシチュー
    • S&Bシチューハーフ とろけるシチュー
  • S&B濃いシチュー
  • S&Bシチューの王子さま

即席ハヤシ・ハッシュドビーフルウ[編集]

  • S&Bゴールデンハヤシライス
  • S&Bディナーハヤシライス - プレミアム系即席ハヤシルウ。
  • S&Bとろけるハヤシ
    • S&Bハヤシハーフ とろけるハヤシ
  • S&B濃いハヤシ - 2013年10月現在既に絶版となったS&B地中海デミグラスハッシュドビーフの事実上の後継商品。原材料にはトマトは一切使用されておらず、代わりにマッシュルームのほか、カカオなどが使用される。

レトルト食品[編集]

レトルト食品の商品展開

カレー・シチュー・ハヤシ他[編集]

  • S&Bなっとくシリーズ
    • なっとくのカレー
    • なっとくの和風カレー
    • なっとくのビーフシチュー
    • なっとくのクリームシチュー
    • なっとくのハヤシライス
    • なっとくの中華丼
    • なっとくの牛丼
    • なっとくの豚キムチ丼
  • S&Bカレー曜日
  • S&Bディナーカレー
  • S&Bカレーの王子さま
  • S&Bシチューの王子さま
  • S&Bスパイスフェスタ
  • S&B地中海トマトのハヤシライスソース 
  • S&B地中海デミグラスハッシュドビーフ
  • セブンプレミアム ビーフカレー - セブン&アイ・ホールディングス開発商品。エスビー食品製造なので便宜上ここに記した。

包装米飯[編集]

包装米飯の商品展開
  • S&Bごはんシリーズ - 1990年(平成2年)から展開中。
    • つややかなごはん
    • 麦ごはん
    • 五穀ごはん
    • 十六穀ごはん
    • 発芽玄米ごはん
    • 赤飯
    • 五目ごはん
  • S&Bピアットシリーズ
    • カレーライス
    • ハヤシライス
    • ピラフ
    • チャーハン
    • ドリア

香辛料[編集]

S&Bテーブルコショー
  • S&Bカレー粉 - 1950年(昭和25年)発売開始、ロングセラー商品の一つ。別称「赤缶」
  • S&B粉からし
  • S&B粉わさび
  • S&Bテーブルコショー
  • S&B味付塩こしょう
  • S&B SPICE & HERBシリーズ
  • S&Bスマートスパイスシリーズ
  • S&B有機スパイスシリーズ
  • S&B FAUSHONスパイスシリーズ
  • S&B マジックソルト
  • S&B七味唐がらし - 創業当初からの商品

チューブ入り香辛料[編集]

  • S&B本生シリーズ
    • からし
    • わさび
    • にんにく
    • しょうが
  • S&B風味推薦シリーズ(本生シリーズの廉価版)
    • からし
    • わさび
    • にんにく
    • しょうが
  • S&B洋風マスタード
  • S&B洋風つぶ入りマスタード

中華調味料[編集]

ラー油[編集]

ラー油[編集]

  • ラー油 - 定番商品。赤いキャップが特徴的。
  • ラー油(唐からし入) - 上記商品に粗挽きの唐辛子を追加したもの。
  • 四川風ラー油 - 約20粒漬込んだ花椒独特の香りと清涼感のある辛味が特徴。辛さは通常ラー油の約1.8倍。緑色のキャップがついている。

具入りラー油[編集]

  • ぶっかけ!おかずラー油- 社会現象を起こした桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」の競合商品。桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」と同様に一時期品切れ状態となった[2]
    • ぶっかけ!おかずラー油 ピリ辛 - 上記商品の派生商品。辛さレベルをアップさせたもの。
    • ぶっかけ!おかずラー油から油を減らしてみました。 - 「ぶっかけ!おかずラー油 ピリ辛」から油を減らし、カロリーを20%、脂質を40%カットした派生商品。
  • 落合シェフのかけチャオ! イタリアンラー油 - オリーブオイルをベースに、フライドガーリック、アンチョビ、オリーブなどイタリア料理に多様される食材を加えたラー油。
  • ぶっかけ!おかずカレー - フライドオニオンとカレーのスパイスの風味が特徴。
  • ぶっかけ!おかずわさび - わさびの風味を油と組み合わせた一品。
  • 李錦記 具入り辣油 - 香港式の具入り辣油。

のせタレ![編集]

  • のせタレ!ラー油ごま - 練りごま・すりごま・炒りごまの三種とラー油を組み合わせた一品。
  • のせタレ!ラー油おろし - 大根おろしの入ったポン酢の風味も感じる一品。
  • のせタレ!ラー油ねぎ塩 - 長ネギと玉ねぎが入った一品。

その他[編集]

  • ラー油ごまだれ
  • ラー油ぽん酢
  • 生風味スパゲティソース ラー油高菜

調味料・その他[編集]

  • S&Bおでんの素 - 鹿児島枕崎産の鰹節北海道日高産の昆布を使用したおでんの素。おでんはもとより、鍋物茶碗蒸しなどいろいろな和風料理に使用出来る。顆粒状のおでんの素ではトップシェアを誇る。
  • S&B京風おでんの素 - 醤油を一切使わず、北海道産の真昆布、鰹節、さば節、むろあじ節、いりこなど厳選されただしに拘った、あっさり風味のおでんの素。化学調味料無添加。
  • S&Bカレーおでんの素 - 2010年(平成22年)8月発売。カレーおでんやカレー鍋、カレーうどんなど和風カレー料理に最適なおでんの素。いりこだしをベースとした「煮込み用だし」とカレー粉・鰹節をベースとした「仕上げ用だし」の2袋体制。
  • S&Bスパイスソース - 自社製香辛料を使用したウスターソース類。粘度別にウスター・中濃・とんかつの3種がある。
  • S&Bチャーハンの素
  • S&Bドライカレーの素
  • S&Bチキンライスの素
  • S&Bブラウン缶 デミグラミックス - 缶入りの顆粒状デミグラスソースミックス。
  • S&B白缶 ホワイトソースミックス - 缶入りの顆粒状ホワイトソースミックス。 
  • S&Bホンコンやきそば - かつては全国で販売されていたが、2013年現在は北海道大分県及び宮城県仙台市のみでの限定販売になっている。

工場[編集]

関連企業[編集]

歴代CMキャラクター[編集]

他多数

提供番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

陸上競技部[編集]

エスビー食品陸上部は、1954年に創部以来、2012年までオリンピックをはじめとする国際大会の代表選手を輩出。マラソンでは瀬古利彦が国際大会において優れた成績を収め、ダグラス・ワキウリソウルオリンピック男子マラソンにて銀メダルを獲得した。駅伝では全日本実業団対抗駅伝競走大会において1984年(昭和59年)第29回大会から4連覇を達成した他[3]、準優勝3度を飾る等強豪として知られる。

2012年8月31日、エスビー本社が記者会見を開いて『2013年3月末日を以て陸上競技部を廃部し、59年間の歴史に終止符を打つ』ことを発表したが[4]、翌年1月6日、ソーシャルゲーム大手のDeNAがエスビー食品陸上部を受け入れることが分かった。スポーツ推進局長を務める瀬古と竹澤健介[5]を除く所属する選手ら全員が同社へ移籍した[6]。瀬古も2013年4月1日より、DeNA陸上競技部の監督に転身している。

氏名 略歴
中村清 陸上競技部監督として瀬古・中村・新宅・佐々木・ワキウリらを指導。門下よりオリンピック代表を多数輩出。
瀬古利彦 モスクワオリンピックロサンゼルスオリンピックソウルオリンピック男子マラソン日本代表。競技生活引退の後に陸上競技部監督として、金井・櫛部・武井・花田・渡辺らを指導。日本陸上競技連盟役員を務めた。日本オリンピック委員会委員。のちにスポーツ推進局局長。
中村孝生 モスクワオリンピック男子5000m日本代表。日本陸上競技選手権大会男子10000m優勝(1982・1983・1985年)。現・陸上競技部競技部長。
新宅雅也 モスクワオリンピック男子3000m障害・ロサンゼルスオリンピック男子10000m日本代表。男子3000m障害元日本記録保持者。
佐々木七恵 ロサンゼルスオリンピック女子マラソン日本代表。1983年東京国際女子マラソン・1985年名古屋国際女子マラソン優勝。女子マラソン元日本最高記録保持者。
ダグラス・ワキウリ ソウルオリンピック男子マラソン銀メダリスト。世界陸上競技選手権ローマ大会男子マラソン金メダリスト。
金井豊 ロサンゼルスオリンピック男子10000m7位入賞。エスビー食品陸上競技部員交通死亡事故で事故死。
坂口泰
遠藤司 ソウルオリンピック男子10000m日本代表。
武井隆次 2002年アジア競技大会男子マラソン3位入賞。2002年びわ湖毎日マラソン優勝。競技生活引退の後、陸上競技部監督を務めた。
花田勝彦 アトランタオリンピック男子10000m、シドニーオリンピック男子5000m・10000m日本代表。
櫛部静二 1998年全日本実業団対抗陸上競技選手権大会男子10000m優勝。
川内勝弘
渡辺康幸 アトランタオリンピック男子10000m日本代表。のちに早稲田大学陸上部駅伝監督となる。
西田隆維 世界陸上競技選手権エドモントン大会男子マラソン9位。
国近友昭 アテネオリンピック男子マラソン日本代表。
上野裕一郎 世界陸上競技選手権ベルリン大会男子5000m日本代表。
竹澤健介 北京オリンピック男子5000m・10000m日本代表。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 企業理念と経営指針 エスビー食品株式会社、2013年1月30日閲覧
  2. ^ 『ぶっかけ!おかずラー油』の品薄に関するお詫びとお知らせ エスビー食品、2010年7月20日閲覧
  3. ^ DeNA瀬古総監督 初日本一で給料上げて 社長に直談判”. スポーツニッポン (2013年12月25日). 2013年12月29日閲覧。
  4. ^ エスビー陸上部が廃部 約60年の歴史に幕 瀬古氏「さみしいがやむを得ない」 スポーツニッポン 2012年8月31日閲覧
  5. ^ 暫くフリー状態で活動した後、同年7月に住友電工へ入社。
  6. ^ DeNA、陸上参入!エスビー食品受け入れでキヨシと瀬古合体!! スポーツ報知 2013年1月7日閲覧

外部リンク[編集]