パナビジョン (会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パナビジョン (Panavision) はカリフォルニア州ロサンゼルスウッドランドヒルズ英語版を本拠地とする映画撮影機材と写真レンズを供給する会社である。

歴史[編集]

ロバート・ゴットシャルク英語版によって1950年代ワイドスクリーンブームの時にアナモルフィック・フォーマットの投影レンズを開発する会社として設立された。パナビジョン社は近代的な映画製作者達の要望に応えるため、徐々に取り扱い品目を増やしていった。1954年に最初の製品を投入した。もともとはシネマスコープの周辺機器の会社であったが、アナモルフィック・ワイドスクリーンのレンズのシリーズにより、すぐに業界のリーダーとなった。

会社設立当社から、国籍、人種を問わず優秀な技術者を世界中から集めた。そのうちの一人日系アメリカ人の宮城島拓生は、現在も続く社のロゴをデザインした。

1972年に軽量な35mmパナフレックス英語版を投入し、映画製作を革命的に変えることとなった。 1999年にはミレニアムXL、2004年にはデジタルビデオジェネシスと画期的な製品を投入した。

設備レンタル企業[編集]

パナビジョン社は撮影機材の製造と同時に設備レンタル会社として運営されており、ほとんどの同業他社と違い、商品在庫をすべて所有している。このため最終的な小売価格の下落の心配なく、研究開発や高品質な生産設備に充てる投資が可能となっている。また商品在庫をすべて所有することで、新製品のみならず、所有商品すべてを常に最新の状態に保てる。また、映画撮影機材製造の競合企業であるアーノルド&リヒター社の映画カメラもレンタル機材としてラインナップしている。

カメラ[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]