シド・チャリシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シド・チャリシー
Cyd Charisse
シド・チャリシーCyd Charisse
『闘牛の女王』の予告編より
本名 Tula Ellice Finklea
生年月日 1921年3月8日
没年月日 2008年6月17日(満87歳没)
出生地 テキサス州アマリロ
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ニコ・チャリシー (1939-47)
トニー・マーティン (1948-2008)

シド・チャリシーCyd Charisse1921年3月8日 - 2008年6月17日)はアメリカ合衆国女優ダンサーである。1950年代ハリウッド黄金期にミュージカル映画で活躍し、フレッド・アステアジーン・ケリーの相手役として知られる。

日本ではシド・チャリシーと表記されることが多いが、発音に近い表記はシド・シャリッシ、シド・シャリッス、あるいはシド・チャリースである。

人物と経歴[編集]

デビュー[編集]

チャリシー(本名:Tula Ellice Finklea)はテキサス州のアマリロ生まれ。兄弟からは“Sis”と呼ばれていた[1]。彼女はロサンゼルスでバレエを学び、その後“Siderova”という芸名でバレエ・リュスに参加した[2][3]。第二次世界大戦勃発後、チャリシーはロサンゼルスに戻り、コール・ポーター作のミュージカル映画 Something to Shout About のダンサー役で女優デビュー。映画の振り付け師が、ジーン・ケリーを見いだした人物であったことから、チャリシーはメトロ・ゴールドウィン・メイヤーでミュージカル映画を専門に手がけるプロデューサー、アーサー・フリードの創作集団「Freed Unit」に参加することになった[2]

ミュージカル黄金期[編集]

当時のMGMの二枚看板はフレッド・アステアジーン・ケリーだったが、チャリシーはその二人の相手役をつとめる幸運に恵まれた。

チャリシーが初めてアステアと共演したのは、短編映画『ジーグフェルド・フォリーズ』(1946)。二度目の共演作『バンド・ワゴン』(1953)ではヒロインに扮し、彼女とアステアのダンスは絶賛された。1957年、チャリシーは再びアステアと組み、『絹の靴下』に出演。これはグレタ・ガルボ主演映画『ニノチカ』(1939)のミュージカル版リメイク作品であり、彼女はガルボの有名な役を演じた。アステアは彼の自伝でチャリシーに惜しみない賛辞を送っている。

ジーン・ケリーとは『雨に唄えば』(1952)で初共演し、『ブリガドーン』では準主役で出演。『いつも上天気』(1956)では、ケリーと並んで主役をつとめた。

1952年には、チャリシーの美しい脚に500万ドルの保険が掛けられて話題となった[4]。この保険金額は、それまでのベティ・グレイブルの記録を抜いてハリウッド史上ナンバーワンとなった。

多彩な活動[編集]

1950年代後半、ハリウッドのミュージカル黄金期に終焉が訪れ、チャリシーがダンスを披露することはなくなった。しかし、チャリシーはそれからも女優として、映画やテレビに出演し続けた。チャリシーの活動は多岐に渡り、ブルー・メルセデスの I Want To Be Your Property (1987)とジャネット・ジャクソン Alright (1990)のミュージックビデオには、カメオ出演して話題を呼んだ。また、1990年には活動的な熟年層を対象にしたエクササイズビデオ「Easy Energy Shape Up」を発売した。

チャリシーは80代を迎えても現役であり、ハリウッドの黄金期を取り上げたドキュメンタリーに度々出演している。2001年には、ギネスブックの特集で「最も価値のある脚」の持ち主として取り上げられた。2006年には、アメリカ合衆国における文化勲章、National Medal of the Arts and Humanitiesを受賞した[5]

私生活[編集]

チャリシーは1939年にニコ・チャリシーと結婚し、長男を出産する[1]1947年に離婚。1948年に歌手のトニー・マーティンと再婚し、次男を出産。彼女は亡くなるまで、60余年の長きに渡ってマーティンの妻であり続けた。

2008年6月17日ロサンゼルス病院にて心臓発作で亡くなった。87歳。 [6]

主な出演作品[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b Cyd Charisse dies in LA at 86
  2. ^ a b Wollen, Peter (1992). Singin' in the Rain. London: British Film Institute. pp. 42. ISBN 0-81570-351-8. 
  3. ^ Missiaen, Jean-Claude (1978). Cyd Charisse, du ballet classique à la comédie musicale. Paris: Henri Veyrier. pp. 38. ISBN 2-85199-186-8. 
  4. ^ http://www.imdb.com/name/nm0001998/bio
  5. ^ Washington Post coverage of her award presentation at the White House
  6. ^ Legendary dancer Cyd Charisse dies, CNN

外部リンク[編集]